2017.07.30

アニメ番組レビュー(2017年6月終了分)

6月で終了したアニメを、独断と偏見で面白かった順に寸評。

リトルウィッチアカデミア(リンク先は音が鳴るので注意)(2クール)
「ど根性ガエル」や「ガンバの冒険」が無性に見たくなる、そんな作品
色んな登場人物に見せ場があり、話が先に進むほどにキャラが愛おしくなっていく
ストーリーも面白く、終盤に向けて盛り上がっていくのが見事

進撃の巨人 Season2(リンク先は音が鳴るので注意)
内容を知った上で見ていても画面に釘付けになる面白さ
躍動感あふれる動きは今作でも健在
てっきり2クールだと思って見始めたら、まさかの1クール…もう少し先まで見たかったなあ

夏目友人帳 陸
にゃんこ先生が大活躍したり、怖い話もあったり、色々バラエティに富んでいて面白かった
特に4話&5話がすごく良かったなあ
核心に触れるような展開もあり、続きが楽しみ

アリスと蔵六
前半はバトルシーン多め、後半は雰囲気が一変して日常生活がメイン
どちらも丁寧に描かれていて、好感が持てる内容に仕上がってた
なんだか優しい気持ちになれる作品

ゼロから始める魔法の書(リンク先は音が鳴るので注意)
ケモノと魔法使いによる、なかなか面白い道中記
割とよく見る剣と魔法の世界だけど、設定に工夫が見られるので引き込まれた

オトナの一休さん(2クール)
破天荒な一休宗純そのものを体現したようなアニメ
歌ったりターミネーターが登場したりまさかのメタ展開があったり…いやあ楽しませてもらいました!

アキンド星のリトル・ペソ
ペソくんかわいい!ってだけで見始めたけど、意外とシュートというかブラックというか、なかなか面白い
意外と深い話もあって、印象に残る作品

ベルセルク次篇(リンク先は音が鳴るので注意)
劇場版からストーリーとキャラデザインが飛躍した前期と違って、すんなり話に入れた
ただ前期の方が「この先どうなるんだろう?」って引き込まれたかな

正解するカド
1話から驚かされる展開、どんどん大きくなっていく話、これいったいどうやって終わらせるんだろうと思ったら・・・
もうちょっとスマートな解決方法が良かったなあ

覆面系ノイズ
音楽要素を満載にした王道な少女マンガ
人の話を聞かず、猪突猛進なところが昔の朝ドラの主人公みたい(笑)

グランブルーファンタジー ジ・アニメーション
絵は綺麗だし声優陣豪華だし、お金かかってるのがよく分かる反面、展開が王道すぎてちょっと…
意外性がないから、見ていてそんなに楽しくなかった
ああでも最後のオマケみたいな1話はすごく好き、グラブルならではか(笑)

ソード・オラトリア
本編(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)と、所々でリンクする外伝
ただ展開が割と月並みなので、本編の方が面白かった

月がきれい
キャラデザインや水彩画のような色合い、それにOP/ED曲もすごく好き 挿入歌もほぼ完璧
では面白いかと言われれば…なんか見ていてイラッとするんだよなあ(苦笑)
何も起こらない凄く地味な「一週間フレンズ」といった印象

ID-0
全話とおして、本編直後の円盤発売告知のクイズCMの方が面白かったんですけど(笑)


途中で見切ったけど印象に残った作品もついでに。

・弱虫ペダル NEW GENERATION
16話で見切り
学生スポーツの宿命であるところの世代交代が真正面から取り上げられていて面白かった
でも他校のライバル達のキャラのアクが強すぎて、見ていて気持ちよくないので離脱


結局、46本見始めて(継続含む)、終わってみれば完走14本+継続4本(ぼのぼの、信長の忍び、サクラクエスト、僕のヒーローアカデミア)でした。


今回も、アニメ作品評価アンケート調査ブログ「アニメ調査室(仮)」のアンケートに参加します。
評価基準は、以下のとおり。

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可


2017夏調査(2017/4-6月期、終了アニメ、47+3作品) 第45回

01,つぐもも,F
02,恋愛暴君,F
03,カブキブ!,F
04,月がきれい,D
05,ひなこのーと,F

06,アリスと蔵六,A
07,正解するカド,C
08,覆面系ノイズ,C
09,スタミュ 第2期,x
10,エロマンガ先生,F

11,ベルセルク次篇,B
12,タイガーマスクW,F
13,ソード・オラトリア,C
14,アトム ザ・ビギニング,F
15,リトルウィッチアカデミア,S

16,アキンド星のリトル・ペソ,B
17,クロックワーク・プラネット,F
18,まけるな!! あくのぐんだん!,F
19,ワールドフールニュース PartII,x
20,戦隊ヒーロー スキヤキフォース,x

21,グランブルーファンタジー ジ・アニメーション,C
22,終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?,F
23,アイドルマスター シンデレラガールズ劇場,F
24,レゴニンジャゴー 時空の支配者編,x
25,ロクでなし魔術講師と禁忌教典,F

26,冴えない彼女の育てかた♭,x
27,僧侶と交わる色欲の夜に…,F
28,武装少女マキャヴェリズム,F
29,銀の墓守り(ガーディアン),F
30,フレームアームズ・ガール,F

31,ゼロから始める魔法の書,A
32,ピカイア!! 第2シリーズ,x
33,兄に付ける薬はない!,F
34,王室教師ハイネ,F
35,夏目友人帳 陸,S

36,世界の闇図鑑,F
37,有頂天家族2,x
38,Room Mate,F
39,sin 七つの大罪 (11話まで),F
40,進撃の巨人 Season2,S

41,笑ゥせぇるすまんNEW,F
42,ラブ米 WE LOVE RICE,F
43,ID-0 (アイディー・ゼロ),D
44,弱虫ペダル NEW GENERATION,F
45,喧嘩番長 乙女 Girl Beats Boys,F

46,ツインエンジェルBREAK,F
47,BanG Dream! (バンドリ),F
48,超游世界 (ネット配信),x
49,南鎌倉高校女子自転車部 (第13話),x
50,テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス (第13-25話),A


{総評、寸評など}
今期はちょっと途中で総集編放送するの大杉なんじゃ(苦笑)
「アリスと蔵六」は話の転換部分だったからすごく自然だし前もって予定されていたような感じだったけど、それ以外は唐突すぎて違和感ありまくり。
まあ放送に間に合わないから急遽総集編、って場合はタイミングなんて考えてられないんだろうけど。
そんな総集編を見るたび、「SHIROBAKO」のシーンが思い浮かびます(笑)


---
関連記事:
アニメ番組レビュー(2017年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年9月終了分)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.25

アニメ新番組チェック(2017年7月開始分)

2017年7月開始アニメのチェック。
すべて1話目のみの評価です。並びは視聴順。
チェック対象:43本

◎:とても面白くて続きが気になる
メイドインアビス
プリンセス・プリンシパル

○:面白い
将国のアルタイル
バチカン奇跡調査官
セントールの悩み
THE REFLECTION

△:とりあえず次も見てみようかな
賭ケグルイ
ナイツ&マジック
妖怪アパートの幽雅な日常
DIVE!!
時間の支配者
異世界食堂
ボールルームへようこそ
天使の3P!
ひとりじめマイヒーロー
ようこそ実力至上主義の教室へ
地獄少女 宵伽
無責任ギャラクシー☆タイラー
SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語~FANTASY PICTURE STORY~

×:1話で十分ですありがとうございました
ひなろじ~from Luck & Logic~
Fate/Apocrypha
バトルガールハイスクール
潔癖男子! 青山くん
恋と嘘
アホガール
徒然チルドレン
縁結びの妖狐ちゃん
スカートの中はケダモノでした。
ナナマルサンバツ
RWBY Volume 1-3 :The Beginning
捏造トラップ-NTR-
コンビニカレシ
アクションヒロインチアフルーツ
最遊記RELOAD BLAST
18if
異世界はスマートフォンとともに。
ゲーマーズ!
クリオネの灯り
カイトアンサ
はじめてのギャル
魔法陣グルグル
イケメン戦国時をかけるが恋は始まらない
ノラと皇女と野良猫ハート


印象に残った作品を何本かピックアップ。

「メイドインアビス」
世界観もキャラもすごく好き!見ていてわくわく楽しめそう

「プリンセス・プリンシパル」
雰囲気が良い 車の挙動がルパン三世を彷彿とさせてグッド(笑)
91DAYSと幼女戦記を併せ持ったような感じ

「将国のアルタイル」
王道をいく感じで見応え有り TBSが夕方5時くらいから放送しそう(笑)

「THE REFLECTION」
えーアメコミかあ、と思ったら意外と面白かった 間の取り方が上手いね

「地獄少女 宵伽」
笑うセールスマンみたい


今期は微妙な作品が多いような…まあ初回を見ただけだから、今後化けてくれることに期待


過去の放送開始時点での評価。
 2017年04月期(42本) ◎:4 ○:13 △:7 ×:18
 2017年01月期(34本) ◎:0 ○:7 △:4 ×:23
 2016年10月期(48本) ◎:8 ○:6 △:9 ×:25
 2016年07月期(42本) ◎:2 ○:8 △:10 ×:22
 2016年04月期(46本) ◎:2 ○:11 △:10 ×:23
 2016年01月期(33本) ◎:3 ○:5 △:11 ×:14
 2015年10月期(32本) ◎:2 ○:13 △:8 ×:9
 2015年07月期(34本) ◎:0 ○:7 △:13 ×:14
 2015年04月期(27本) ◎:2 ○:10 △:8 ×:7
 2015年01月期(22本) ◎:1 ○:7 △:6 ×:8
 2014年10月期(34本) ◎:2 ○:11 △:10 ×:11
 2014年07月期(29本) ◎:1 ○:6 △:10 ×:12
 2014年04月期(41本) ◎:3 ○:11 △:13 ×:14
 2014年01月期(34本) ◎:0 ○:11 △:14 ×:9
 2013年10月期(31本) ◎:2 ○:8 △:10 ×:11
 2013年07月期(29本) ◎:1 ○:7 △:4 ×:17
 2013年04月期(24本) ◎:4 ○:4 △:6 ×:10
 2013年01月期(19本) ◎:4 ○:5 △:3 ×:7
 2012年10月期(25本) ◎:1 ○:8 △:6 ×:10
 2012年07月期(19本) ◎:1 ○:4 △:6 ×:8
 2012年04月期(24本) ◎:3 ○:8 △:8 ×:5
 2012年01月期(13本) ◎:1 ○:4 △:5 ×:3
 2011年10月期(21本) ◎:5 ○:8 △:5 ×:3
 2011年07月期(20本) ◎:2 ○:5 △:5 ×:8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.11

Linked Horizon Live Tour 2017『進撃の軌跡』 in 東京国際フォーラムホールA

Linked Horizonのライヴツアー「進撃の軌跡」、東京国際フォーラム公演(二日目)に参加してきました。

Linked Horizonとしてのライヴを観るのは、2013年7月のトーク&ライブイベント「自由への進撃」以来。
「主宰Revoのライヴ」って意味では、2015年5月のSound Horizonの9th Story Concert以来になります(ああこの時は今日と同じ会場だった)。

座席は1階28列右方向(PAブースの近く)。
ちょうど2階席の屋根がかかり始める位置でしたが、特に音が籠もることもなく快適でした。


Sound Horizon関連のライヴでは、すっかりお馴染みのシンクロライトリストバンド(主催者が色をコントロールできる、腕時計型ペンライト)。
以前は腕時計と同じようにバンドの穴で位置調整していたものが、伸縮できるゴムになって着けやすく。
おまけに場面によっては虹色に光ったりして、形は同じでも割と進化してました。

壁をイメージしたような幕が上がって、始まった公演。
本編2時間+アンコール1時間くらいかな?

先日発売された、ツアータイトルと同じ名前のアルバム「進撃の軌跡」の曲と共に進行。
驚いたのが、ほぼ全編にわたってアニメの映像が使われていたこと。
主題歌が流れるときには使われるかなあ、程度だと思っていたら、まさかこんなに頻繁に登場するとは(゜Д゜)
まさに製作委員会全面協力といった感じです(笑)
おかげで曲を聴きながら感情はいりまくり。盛り上がりもすごかった。
まあ時々映像に釘付けになっちゃうわけですが(笑)

このライヴの観客は鎖地兵団ってことになっているので(進撃の巨人を愛するLinked Horizonおよびそれを応援する面々)、まさに自分が「進撃の巨人」に参加しているような気分が味わえます。
・・・途中でウォール教徒になった場面もあったけど(笑)


割ときっちり決まった感じの本編とは異なり、アンコールはフリーダム(ぐだぐだとも言う)。
なんか以前の領拡ツアーみたいな雰囲気でした。

楽曲を流しつつ一部の楽器の音を強調したり(今日はベースだった)、メンバー紹介でハンネスさんに対する思いを尋ねてみたり。

そして日替わりアンコール曲は、まさかの「MOON PRIDE」
ももいろクローバーZに提供したこの曲、歌姫の人数と同じだってことでチョイスされたようです。

最後は移動王国国歌ではなく(Sound Horizonのライヴじゃないから)、「心臓を捧げよ!」のカラオケで締め。

次は相模原にて心臓を捧げてまいりますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.23

毛虫に襲われる

庭の手入れをしていて、毛虫に襲われました。
半袖で作業していたのが原因です(苦笑)

夕方に終えたときにはなんともなかったのに、夜になったら両腕に無数の赤い発疹ががが。
(半袖のままでは、外を歩けないレベル)

痒みも強烈で、家にあったムヒソフトはほぼ効かず。
メントール成分の入ったかゆみ止めを塗って、その晩はしのぐことに。
ムヒソフトよりは効いたけど、それでも夜中に痒くて目が覚める始末。
ググったら「1-2週間は痒みが続く」とか書いてあって軽く絶望する(苦笑)

翌日、いろんなWebページで絶賛されていたムヒアルファEXを購入。
さっそく使用してみると…
さすがに塗った直後に痒みがぴたっと止まることはなかったけど、それでも15分くらいで痒みが退いていきました。
5時間くらいでまた少し痒み出すので、塗り直す、これの繰り返し。

結果、3日ほどで痒みが治まりました。
発疹がほぼ消えたのは、発症から10日後。完全に見えなくなるには1ヶ月くらいかかったかな。


結論:
・どんなに暑くても半袖で作業しない
・ムヒアルファEXすごい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

仕事の前にシンナーを吸うな、 in よみうり大手町ホール

シティボーイズの公演に行ってきました。
2年ぶりの新作コントです。しかも1本のみ。
だからこぢんまりした会場でひっそりやるのかと思ったら、意外と大きな場所で驚く(笑)

その会場はよみうり大手町ホール

定員503名、天井の高い本格的なホールでした。
16列左方向からの鑑賞。列ごとに段差があり、とても見やすくて◎。

なんか前に来たことあるような…と思ったら、それは日経ホール。
どちらも大手町で、新聞社の建物内にあるから勘違いしたようです。

シティボーイズチラシ表 シティボーイズチラシ裏

ゲスト:ライス
演出・構成:三木聡
演出補:坪田塁
音楽&ピアノ生演奏:大竹涼太(大竹まことの息子)


三木さんとは「ウルトラシオシオハイミナール」以来17年ぶり。
コント1本とは言え、時間にして30分ほど。
赤を基調としたセットで繰り広げられる、シティボーイズならではの世界を堪能しました。

今回見たのは、全5公演の1本目で、まさに初演。
大竹さんが重要なセリフを間違えて(取り違えて、かな)本気でくやしがってました(笑)
「鍵のないトイレ」(1992年)で強烈な印象を残した「瓶ブタジャム」まさかの再登場や、シティボーイズならではの所作というか流れがあったりと、昔から見ている人にはたまらない内容。

最後は舞台に大量に降り注ぐフリスクで、コント終了。
(散らばった)フリスク回収箱が設けられてました。


あ、ライスのコントも畳み掛けてくるところが面白かったです(こちらは20分ほど)。
シティボーイズの次に登場するのは、プレッシャーもかなりあったんじゃないかと思いますが、なかなかの出来映え。

最後のトークコーナーでは、きたろうが「お笑いスター誕生!! 」で勝ち抜いていた時の裏話をさらっと話して観客を困惑させる(苦笑)
ああ、勝ち抜きの舞台裏ではそんなことになっていたのねー。

今回の公演でもシティボーイズの輝きは全く変わっていなかったので、今後もゆるく続けていって欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

「ひよっこ」リタイア

NHKの朝ドラ「ひよっこ」、8週目でリタイアしました。
勤めていた工場が閉鎖されるかも、といったあたり。

特につまらなくはないんだけど、さりとて面白いわけでもなく、まあもういいかなあ、と。
ああ、お父ちゃんの行方は気になるのでその後も飛ばし見はしてます。一週間分を3分ほどで。

せっかく有村架純を起用してるんだから色んな面を見たんだけど、役どころがあまりにも普通すぎる…
主人公の仲間(しかも登場するのは一時期だけ)がたくさん出てくると、それだけ主役の個性が埋没しちゃう気がするんだけどなあ。
これが親兄弟や親友なら基本的に終盤まで出番あるから、そんなに気にならないんだけどね。


---
これまでに見た朝ドラを時系列で4段階評価。
◎:すごく面白かった ○:面白かった △:最後まで見たけどイマイチ ×:途中で見るのを止めた

 ○心はいつもラムネ色
 ◎はね駒
 ◎あぐり
 ○天うらら
 ×やんちゃくれ
 △あすか
 ○私の青空
 △オードリー
 ○ちゅらさん
 △ほんまもん
 ○さくら
 ×まんてん
 △こころ
 ×てるてる家族
 ×天花
 ×わかば
 ×ファイト
 ×風のハルカ
 △純情きらり
 ◎芋たこなんきん
 ×どんど晴れ
 ×ちりとてちん
 ×瞳
 ×だんだん
 ×つばさ
 ×ウェルかめ
 ◎ゲゲゲの女房
 ×てっぱん
 ◎おひさま
 ◎カーネーション
 ○梅ちゃん先生
 △純と愛
 ◎あまちゃん
 ◎ごちそうさん
 ×花子とアン
 ○マッサン
 ×まれ
 ○あさが来た
 ○とと姉ちゃん
 ×べっぴんさん
 ×ひよっこ

一時期は傑作揃いだったけど、最近はパッとしないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

アニメ番組レビュー(2017年3月終了分)

3月で終了したアニメを、独断と偏見で面白かった順に寸評。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season(2クール)
「1stシーズンで終わっとけば良かったんじゃ…」なんて思いは見始めてすぐに消失、でも見終わった今「それもよかったかも…」なんて思えた、そんな作品(別の意味で、ね)
話数の関係か、出来事のキッカケから行動に移るまでの過程が省かれているシーンが幾つかあったけど、そこはもう少し丁寧に描いて欲しかったかな

3月のライオン(2クール)
いかにも「シャフト」な演出が、この作品にドンピシャだった
最初は暑苦しいだけだった二海堂くんがどんどんプリチーに(笑)

幼女戦記
今期のダークホースであり、インパクトではナンバーワン
タイトルどおりなのに、看板に偽りありな不思議でガチな作品(笑)

鬼平(リンク先は音が鳴るので注意)
実写版とのキャラの違いは2話目を見る頃には気にならなくなった
最後に「インスピレイション」が流れないのが不思議なくらい、よく出来てたと思う
実写ではなかなか描けない部分がきっちり映像化されていた反面、尺が半分なので端折り気味に話が進むのがちと残念

鷹の爪GT(4クール)
NHKからWebに移ったことで、際どいネタがだいぶ増えた気が(昔に戻ったとも言う)
いつの間にか準レギュラー扱いの森田の的確なツッコミが見ていて気持ちいい

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期(リンク先は音が鳴るので注意)
1期と合わせ、行動を共にするキャラクターたちのエピソードが丁寧に描かれていてよかった
ただラスボスは唐突な感じがしないでもなく…ってまだ最終話放送されてませんが(苦笑)
アニメのテイルズシリーズはハズレが少ないねえ、安心して見てられます

昭和元禄落語心中 助六再び篇
最後そこまで話が続くのか、と思ったけど、最後まで面白うございました
生で落語が見たくなる、そんな作品

亜人ちゃんは語りたい
てっきり「萌え」全開な内容かと思いきや、割と真摯な内容で面白かった
見ていてすごくあったかくなる作品
ただ学校関係者やその家族以外の登場人物は、とってつけた感じで全く魅力が無かったのが、ちょっと残念

戦国鳥獣戯画 乙
戦国時代の色々なエピソードを、個性的な動物で描いていて面白かった
実際の「鳥獣戯画」の如く、絵巻物を見ているかのように話が進んでいくのが素敵

信長の忍び(2クール)
テンポがいいし、概ね史実に沿って話が進むので歴史の流れが分かるのも○
4月から2期が始まってるけど、(楽しいだけに)最後まで見たいような見たくないような…

ねこねこ日本史(32話)
ひたすら猫がかわいい勉強まんが
まさかの第2シリーズが始まって驚く(笑)

小林さんちのメイドラゴン
最終回、それまでといきなり展開が変わるから劇場版かと思った
ファフニールさんが良い味出してた、彼を主人公にした話が見たい(笑)

ACCA13区監察課
見ていると焼きたてのパンが食べたくなる作品
ちょっとオサレな雰囲気が「花と太陽と雨と」みたいだった

CHAOS;CHILD
いきなり展開がポーンと飛ぶ箇所があって( ゚д゚)ってなるたびに、徐々に興味が失われていった
おかげで話が盛り上がるほど、見ていて盛り下がる結果に


途中で見切ったけど印象に残った作品もついでに。

・この素晴らしい世界に祝福を! 2
4話で見切り
内容は以前と変わってないけど、作画が酷すぎてリタイア 流し見でも気になるレベルって相当なんじゃ…(苦笑)

・クズの本懐
2話で見切り
22時台のドラマのような展開が、自分には合わず
でもOPとED曲は今期屈指ではないかと

・クラシカロイド
8話で見切り
クラシックをアレンジした音楽はものすごくいいんだけど、いかんせん話がつまらなすぎて耐えられず


結局、41本見始めて(継続含む)、終わってみれば完走14本+継続3本(弱虫ペダル、オトナの一休さん、ぼのぼの)でした。


今回も、アニメ作品評価アンケート調査ブログ「アニメ調査室(仮)」のアンケートに参加します。
評価基準は、以下のとおり。

S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし、(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可


2017春調査(2017/1-3月期、終了アニメ、68+2+1作品) 第44回

01,鬼平,A
02,風夏,F
03,幼女戦記,A
04,闇芝居 4期,x
05,信長の忍び,B

06,双星の陰陽師,F
07,銀魂 新シリーズ,x
08,戦国鳥獣戯画 乙,B
09,超・少年探偵団NEO,F
10,魔法使いプリキュア!,x

11,霊剣山 叡智への資格,x
12,亜人ちゃんは語りたい,B
13,遊戯王アーク・ファイブ,x
14,南鎌倉高校女子自転車部,F
15,青の祓魔師 京都不浄王編,x

16,ふるさと再生 日本の昔ばなし,x
17,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん,F
18,昭和元禄落語心中 助六再び篇,B
19,マーベル アベンジャーズ・アッセンブル,x
20,スクールガールストライカーズ Animation Channel,F

21,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season,S
22,レゴ ネックスナイツ (ロックモンスター編),x
23,フューチャーカード バディファイト DDD,x
24,チェインクロニクル ヘクセイタスの閃,F
25,バトルスピリッツ ダブルドライブ,x

26,この素晴らしい世界に祝福を! 2,F
27,リルリルフェアリル 妖精のドア,x
28,ちいさなプリンセス ソフィア,x
29,デュエル・マスターズVSRF,x
30,小林さんちのメイドラゴン,C

31,ガヴリールドロップアウト,F
32,なめこ せかいのともだち,F
33,ピアシェ 私のイタリアン,F
34,がん がん がんこちゃん,x
35,ベイブレードバースト,x

36,ちるらん にぶんの壱,F
37,どちゃもん じゅにあ,x
38,政宗くんのリベンジ,F
39,ハンドシェイカー,F
40,カミワザ・ワンダ,x

41,ねこねこ日本史,B
42,にゃんこデイズ,F
43,タイムボカン24,F
44,けものフレンズ,F
45,クラシカロイド,F

46,エルドライブ,F
47,セイレン,F
48,プリパラ,x
49,ぼのぼの,x
50,クズの本懐,F

51,アイドル事変,F
52,うらら迷路帖,F
53,3月のライオン,A
54,あはれ! 名作くん,F
55,Rewrite 2ndシーズン,x

56,Spiritpact (スピリットパクト),F
57,あいまいみー Surgical Friends,F
58,MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang,F
59,TRICKSTER 江戸川乱歩「少年探偵団」より,F
60,AKIBA'S TRIP THE ANIMATION,F

61,NARUTO ナルト 疾風伝,x
62,SUPER LOVERS 2,x
63,ACCA13区監察課,C
64,CHAOS;CHILD,D
65,ALL OUT!!,F

66,One Room,F
67,彼岸島X (ネット配信),x
68,ナンバカ 2期 (ネット配信),x
69,ろんぐらいだぁす! (全12話),F
70,はいふりOVA 前編,x

参考調査
t1,テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期 (24話まで),B


{総評、寸評など}
1月の時点では「今期は低調だなあ」って思いましたが、終わってみれば前期から継続のオルフェンズ&3月のライオンに加え、幼女戦記&鬼平など、なかなか見応えのある作品が多かった印象。
それぞれジャンルもバラバラなので、見ていて面白かった。

「ぼのぼの」は、現時点(5/2)で5/6放送予定の第56話の予告が流れているため、まだ続いていると判断して上記評価には加えてません。


---
関連記事:
アニメ番組レビュー(2016年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2016年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2015年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2014年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2013年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年9月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年6月終了分)
アニメ番組レビュー(2012年3月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年12月終了分)
アニメ番組レビュー(2011年9月終了分)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«アニメ新番組チェック(2017年4月開始分)