« 時代の変わり目 | トップページ | 新たなる橋 »

2004.03.30

芝居「フレンズ」 in パルコ劇場

3月平日イベントファイナル。
さすがに今月は仕事休みすぎたかな。

「フレンズ」は、七瀬なつみ&わが永遠のアイドル斉藤由貴の二人だけで行う芝居。
高校時代の同級生だった二人が、ふとしたきっかけでメールのやりとりをしてゆく、おはなし。

メールのキャッチボールが台詞になってるので、それぞれが舞台の左右で一人芝居をしてるような感じ。
二人の奥では崎谷健次郎が時にBGMや歌を奏で、上方のスクリーンにはメールの画面や風景などが映し出されるようになってます。
映画でもドラマでもない、舞台ならではの構成&雰囲気がいいですね。

いやぁ、斉藤由貴の声音、昔から全然変わらないなぁ。
あのやわらかい感じがイイ!

芝居も非常におもしろかったです。
まぁホントにメールだけだったら、文面から受ける印象の行き違いとかがあるはずだけど(メールは感情まではうまく伝わらないからねぇ)、それを台詞としてしゃべってるわけだから、違和感は感じられず。

これ観てたら、映画「ハル」を思い出しました。あれを8年も前に撮った森田芳光はすごいね。

|

« 時代の変わり目 | トップページ | 新たなる橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/373838

この記事へのトラックバック一覧です: 芝居「フレンズ」 in パルコ劇場:

« 時代の変わり目 | トップページ | 新たなる橋 »