« 最近目だつ折り込み広告 | トップページ | 20周年一夜のデキゴト »

2004.04.20

過去の遺物ぢゃなかったのね

大画面TV競争の“ダークホース”――「リアプロ」の可能性
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/13/news001.html

薄型大画面TVは、みんな「高い」と思っている
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/19/news086.html

「リアプロ」の存在は知ってたけど、とっくに過去の遺物だと思ってました。大型の家電販売店でも隅っこの方にしか置いてないし。
・・・でもこの記事読む限り、そうでもないらしいですね。

プラズマ/液晶とほぼ同スペックで、価格が半分以下となれば、そりゃあリアプロを買いたくなるよなぁ。
現在後れを取ってるメーカーが、起死回生で注力したら面白いことになりそう(ソニーとか)

|

« 最近目だつ折り込み広告 | トップページ | 20周年一夜のデキゴト »

コメント

最近、IT Mediaのコラムに勢いがあって楽しませてもらってます。

自分も薄型テレビというのはニーズがあるものの
現在の価格では一般的なものではないと思っていたので、
あの記事は何度も読み、日本上陸を期待しています。

個人的には高価な薄型テレビよりプロジェクタ(SCREENに写す大きい方です)の方に興味があるのですが、
周りの人に聞かれることが多いのは薄型テレビですからね。
情報としては押さえておきたいところです

投稿: seki | 2004.04.21 11:19

日経エレクトロニクスだったかな?
読む機会があったのですが各社かなり投資し始めているようですね。
現在では正面から見てプラズマと同等の明るさ、厚みは40cm程度らしいですが、
これからの投資で20cmを切る位の厚みと視野角を広くしていくのが目標だとか。
記事にのっていた今後のシェア予測では液晶+PDPよりもリアプロの方が2年後には出荷台数が多くなるそうです。(40インチ以上で)

投稿: seki | 2004.05.08 23:47

ITmediaの記事にもありましたが、フルハイビジョン(1080p)の時代になったらいい勝負できそうですね。
現行のプラズマ/液晶も、フルハイビジョンではパネルの値段が上がるだろうから、そこにお値打ち価格のリアプロが登場して・・・
フルハイビジョンでの放送はいつぐらいから始まるんだろ?
(現行ハイビジョン(1080i)でも充分きれいなのに、あれ以上美しくなんのかぁ)

これでしばらくは、TVの買い時が難しい時期ですね(苦笑)

投稿: らきどら | 2004.05.10 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/468858

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の遺物ぢゃなかったのね:

« 最近目だつ折り込み広告 | トップページ | 20周年一夜のデキゴト »