« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.31

セイコーエプソン、薄型テレビ市場に参入

エプソンが国内で液晶プロジェクションTVを発売開始
http://www.epson.co.jp/osirase/2004/040531.htm

57V型が56万円、47V型が46万円。
税込価格で1インチ1万円を切ってるところはさすが・・・だけどもう少し安くないとインパクトに欠ける気がする。
接続がD4端子までってことは720pだから、フルハイビジョン(1080p)ではないし。

直販のみだから値崩れの心配がない反面、展示場所が限られるから、どれだけ存在をアピールできるか、ですね。
秋葉原にあるエプソンのショールームでも展示するようだから、一度見に行ってこようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.30

鬼束ちひろはどこへ行く

はやねさんとこのココログにも書かれてますが、鬼束ちひろが所属事務所との契約を終了、とのこと。
・・・滅多なことでは驚かないわたくしですが、これにはびっくりしたよ。

CCCDで発売された「いい日旅立ち・西へ」(次の「私とワルツを」はCD)、今春の「本人の意向ではない」シングルボックスなど、事務所とうまくいってないような感じはしたけど、こうゆう事態になってるとわ。

移籍先の発表なり、インディーズからの発売なり、吉報を待ちたいところです(羽毛田さんとのコンビもどうなるか、気になるところだけど)。

またライヴで「月光」聴きたい・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.05.29

木皿泉、あらわる

先日の朝日新聞に、脚本家木皿泉のインタビュー記事が。

この名前聞いてピンと来るヒトは、「やっぱり猫が好き」か昨年の日テレドラマ「すいか」見てた人だと思いますが、その「すいか」の脚本が向田邦子賞を受賞した記念のインタビューのようです。

「すいか」は面白かったなぁ。去年見た中では、文句なくナンバーワン。
明らかに普通のドラマとは「空気」が違うし、日常の風景を割と淡々と描いているのに、なぜか引き込まれてく。
喧騒のあとの誰もいない部屋が映し出されて、BGMはヒグラシの鳴き声のみ。それだけのカットが妙に印象に残るドラマでした。

ぼちぼち暑くなってきたから、もう一回見ようかな(DVDの発売が真冬で、季節が正反対だったためそのまま封印されてる(笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.28

祝!「ひみつの花園」発売

映画「ひみつの花園」のDVDが7月20日に発売されることを知るのでソッコー予約する(笑)
映画「ウォーターボーイズ」の監督矢口史靖が1997年に製作した作品です。

以前、NHK衛星で放送していたのをたまたま見たんだけど、たいへん面白い映画ですね、これは。
こんなストーリー↓。

>>お金が大好きな咲子は銀行に就職するが、銀行強盗事件に巻き込まれてしまう。この事件から生還し、青木ヶ原の樹海に盗まれた5億円が眠っているのを確信した彼女は単身捜索を始めることに。

この、お金を見つけるための周到な計画とパタリロ顔負けのすさまじい行動力がコミカルに描かれていくわけですが、まぁとにかく、主演の西田尚美が素晴らしい(この映画観てから、彼女がわたくし的ナンバーワン女優)
脇役もくせ者揃いだし。

「そろそろもう1回見たいなぁ」と思っていたところだっただけに、グッドタイミング。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.27

ふられ気分でRock'n'Rooll

STAR digioの最新チャートで「ふられ気分でRock'n'Rooll」が流れていたので聴いてみる。
予想どおり、曲はTOM★CATの曲のカバーだったけど、歌い手のあまりの下手っぷりにあきれる(苦笑)
・・・まったく、DROPSって誰?(^_^;) これぢゃあ原曲が哀れだよ。

TOM★CATと言えば、アラジンと並んで「一発屋」として有名ですが(笑)、けっこうイイ曲出してるんだよね。
アルバムに入ってる「ON THE STREET」なんか名曲だし。
昔、久松史奈も何曲かカバーしてたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.26

駅のエスカレーター なぜ上りばかり?

↑は、5月12日の朝日新聞に載っていた記事。
確かに、地下鉄なんかでエスカレーターが一つだけの場合、大抵は上りで、下りはほとんど無いですね。

記事には、「上りの方が運動負荷が大きいから」とゆう東京メトロからの回答が載せられてますが、便利さなら上りだけど、「どっちが困るか」で言ったら下りが無い方が困るんぢゃないかなぁ?

以前、足をけがして階段の上り下りがやっとできる状態だったとき、怖かったのは下りの方でした。誤って足を踏み外したら、下まで落ちるからね(苦笑)

ハイキングとか行っても、疲れるのは上りだけど下りの方が怖いし、調子に乗ってバタバタ駈け降りると膝を痛めるし(まぁそれが↑の状態なんですが)。


ところで、エスカレーターを歩くヒトのために、関東は右側、関西は左側を空けているようですね。
確かに東京では、自然と立ち止まるヒトは左、歩くヒトは右にきれいに分かれています(静岡もこのパターンだった)。

でも、「エスカレーターの正しい乗り方」によれば、歩いたり走ったりしてはいけないらしい。

「動く歩道」も歩いちゃダメなんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.25

カレーピラフとレーズン

スーパーで夕食用にカレーピラフ(ドライカレーと同じ?)を購入。
中にレーズンが入ってるのに気づいたのは、食べる直前。

・・・カレーピラフなんて久々に食べたから、買うときに全然気にしなかったんだよねぇ。しかし、「炒めし」にレーズン入れるのは「ヒトとして間違った行い」だと思うけど違うのでしょうか?(笑)
酢豚にパイナップルが入ってるのは気にならないし、サラダにリンゴが入ってるのは全然おっけーなんだけど、「ご飯とレーズン」の組合せは許せません。

幼稚園の頃、友達の家で「レーズンがたくさん入った炒飯」を食べた時のことを思い出したよ(あれ以来、レーズン苦手)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.24

ロード・オブ・ザ・リング ザ・コンサート

「劇中の音楽を6楽章にまとめ上げ、フルオーケストラで演奏」
8月30/31日 東京国際フォーラムホールA
料金:S-11000円 A-9000円 B-7000円 C-5000円
https://www.lotr-passport.jp/event/classic/

こんなのやるんだ。
音楽なかなかよかったから、生で聴いたらさぞかし迫力あるんでしょう、興味あるなぁ。
でもさすがに料金高いですね。ライヴ2回分か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.23

ケータイにムービーを転送する

「最近のケータイはPCから手軽に転送できる」とゆう話を聞いたので、早速試してみました。
PC用のムービーを変換して、携帯電話(A5502K)へ転送です。

使った素材:iPodのCMサザエさんバージョン
(シルエットの人々がiPod片手に踊ってるCMのサザエさん版で、本物かと思うほどクオリティが高い)

元のファイルはmov形式で2553KB。
これをアップルのQuickTimeProを使ってAMC形式に変換すると、283KBに。
AMCは、EZムービーが再生可能なフォーマットです。

で、変換したファイルをSDminiカード経由で転送して、あっけなく作業完了。
これでA5502K上で見ることができるようになりました。
画面は小さいけど、しっかり再生されて満足。

ちなみに、QuickTimeのPro版は3780円(今回、勢いで購入した(笑))。
最初、AMCに変換しようとしたときに「お前の環境ではこの圧縮形式に対応してないゼ(意訳)」と言われてうまくできなかったのですが、QuickTimeの再インストールで解決。以前インストールした際に、「最小構成」にしてたのが原因のようです。

A5502Kでは、見るだけなら6MBまではOKらしいので(AMC形式)、今度はもっとでかいファイルに挑戦してみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.22

「24 TWENTY FOUR」、見終わる

5月3日のBSフジ一挙放送をD-VHSのLS3モードで録画し、今日までちまちま見てました(LS5モードはブロックノイズが目立ちすぎるので断念)

ええと一言で言えば「バカ家族の自分勝手な行動に周りが振り回されていく」ドラマです(笑)
なんか、見ていて登場人物に共感できないばかりか、最後は反感抱いてたよ(苦笑)

ドラマの売りであるリアルタイムにしても、「24時間」に起こる出来事を描いてはいるけど、そこに必然性が感じられず「とりあえず色々詰め込んでみました」的な感じがするし。
ヒッチコックの映画に2時間がリアルタイムで進行するヤツがあって、それと同じような時間に追われる緊張感があるのかと思ったけど、そうゆうわけでもなし。

「ツインピークス」見てた時みたいに、「続きが気になって止められない」ことは全然無くて、「全部録画したから最後まで見るか」って感じ。

でも最終話が緊張感あってなかなか面白かったから、それが救いか。
エンディングも納得。

まぁツッコミどころ満載なので、時間つぶしにはいいかも。
(シーズン2は見る気ないけど)

そうそうこのドラマ、やたらとAppleとDellのPCばかり出てきます。
CTOみたいな近未来オフィスにはApple製品はよく似合いますが、さすがにあんだけ出てくると嘘くさい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.21

本命、いまだ来たらず

エニーミュージック、5月20日からサービス開始 シングル158円から
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0404/20/news028.html

エキサイト、ポータル初の音楽配信サービスを開始
http://nikkeibp.jp/wcs/j/it/308601

OCNの音楽配信サービスが6月スタート、今年度中に30万曲を配信
http://nikkeibp.jp/wcs/j/comp/308595

なんかいきなり色々と動きがありましたね。

4月に始まったモーラを加えれば、これで4つ。

気合いが入ってるのは、モーラとエニーか。
それぞれの出資会社がすごいです。まとめるとこんな感じ。

モーラ:レコード会社連合
エニー:家電メーカー連合

で、この2つは連携してるので(どっちもソニーの仕組み使ってる)、顔ぶれだけ見れば最強ですね。

さてさて、この最強チームは成功するのでしょうか。
お願いだから、売上あがらずに半年後くらいに「日本では音楽配信サービスは育たない」なんて結論出さないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.20

アマゾン期間限定割引キター!

1万円以上お買い上げで、Amazonギフト券【1000円分】還元!
2004年5月17日(月)~6月16日(水)まで。詳しくはこちら

なかなかの割引率。でわ早速注文を・・・と思ったけど、1万円分買うのもけっこうつらいのでしばし保留(苦笑)
こんなことなら、マウスもアマゾンで買えばよかったなぁ(←意外と安い)
でも後の祭り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.19

火曜25時の三つ巴

日テレ:モンスター~攻殻機動隊
テレ東:ウルトラQ
フジ:ワールドダウンタウン

上に挙げたのは火曜深夜に関東で放送してるテレビ番組。
モンスターとウルトラQは4月の放送開始から知ってたけど、ダウンタウンの番組知ったのは先週のこと。
「ダウンタウンの深夜番組なんて、久しぶりだなぁ」などと思いつつ見たら、なかなか面白いですね、これ(二人がコメンテーターとして外国の番組に出演してるって設定なの?)

・・・これにより、火曜深夜は3チャンネル視聴決定。
アニメ、ドラマ、バラエティとバランスも取れていてグッド。
しかし、どれも25時前後に放送してるので、なかなかつらいです(昨日は野球が延長になんなかったら、フジ~テレ東が重ならなかったのに…)。

とゆうわけで、この時間帯はビデオを2~3台動かして(笑)なんとか視聴してます。
(この時期は野球の放送延長も影響するから、いつか録画失敗するであろう(苦笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.18

ヨドバシをカシコク利用する

ヨドバシドットコムで商品情報表示させると、「店舗で商品を見て買いたいならこちら」とゆうボタンがあります。
これ押すと、その商品の店舗別在庫状況が表示されるので、買いに行く前に「アタリ」をつけてから出かけることができて、大変便利。
しかも情報が頻繁に更新されてるから、これ使うようになってから「店まで行ったけど目当ての商品がない」とゆう事態が回避できるようになりました。

ヨドバシ通販は1万円以上でないと送料無料になんないからあんまり利用しないのですが、この在庫状況見るためにサイトは結構利用してます。

この仕組み使って、店頭で扱ってる全商品の在庫状況確認させてくれないかなぁ。
今は当然ながら、通販可能なアイテムしか表示されないわけですが、これだと取扱アイテムが限られるんだよねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.17

新型MS、汝の名はMX510

マウス買いました、Logicoolの光学式タイプ、MX510
ヨドバシ千葉店で5280円ナリ(税込/15%還元)。

ゲームで遊ぶときに便利なように、ボタンがたくさん付いてるヤツが欲しかったのです(これは8ボタンある)。

海外ではシャア専用赤いヤツが発売されてるようですが、国内未登場なのが残念。

今までのマウス(DellPC付属の3ボタンマウスで、これもLogicool製)との比較。

よい点
・側面のボタンがデフォルトでブラウザの「戻る/進む」に割り当てられており、便利
・カーソルの動きがなめらかになった(微妙な操作にもしっかりついてくる)

悪い点
・一回りでかい(もう慣れた)
・スクロールホイール近辺のボタンが押しづらい

ちなみに、マウスパッドは「最強」の呼び名が高い「AirpadPro」を使用してます。
値段も最強だけど(苦笑)、光学式特有の「突然カーソルが行方不明になる」ことが全く無くなるので、導入する価値あり。

そうそう、「XWheel」とゆうソフトを使うと、アプリケーション別にボタンへのキー割り当てを変更できたりして、すこぶる便利です。これもオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.16

ナビウォークの更新具合を検証する

「ナビウォークに表示される地図はどのくらい新しいのか」を確認するため、近所で使ってみました。
以下、その結果のメモ書き。

その1:コンビニの表示
ミニストップが半年前まであった場所に行き、ナビウォークで現在位置表示。
結果、ミニストップは表示されず・・・でもよく考えれば「ミニストップ」自体が地図に現れない可能性もあるので、確証は得られず(今まで地図上でミニストップ見たことないので)。
他のコンビニでは、セブン/ローソン/ファミマ/サンクス/ampmは表示を確認済み。
ファストフードも、ケンタッキーとマクドナルドは確認済みだけど、モスは見たことないなぁ。


その2:新しくできた橋
この3月に開通したばかりの、西葛西~南砂を結ぶ清砂大橋をチェック。
これがナビに現れるか否かで、ルートは大きく変わるはず。

橋の近くでナビを起動し、南砂駅までナビさせる。
しか~し、ナビは無情にも清砂大橋を無視し、その北にある葛西橋を指し示す。
従って、この橋は認識されていないようだ。

ここで疑問が。「この橋の真ん中あたりでナビ起動したらどうなるんだろ?」
取材班(笑)は早速橋の歩道へ。雨降ってるからか、歩行者はおろか、自転車すら通らず。
歩道は思ったより広く、葛西橋みたいに歩行者が自転車に抜かれるのに難儀する・・・なんてことはなさそう。

清砂大橋
誰もいない橋・・・

橋の真ん中でナビ起動。
現在地が道路であることは認識されているようだ。
でも、ナビはその道路をはみ出して進路を表示してました(笑)

以上、調査メモでした。
・・・ここまで書いて気づいたのですが、ナビウォークで表示される地図って、おそらくNAVITIMEのサイトにある地図と同じモノ。
ってことは、別に現地まで確認に行かなくても、Web上で調べられたのね(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.05.15

市原にリベンジ! hitomiライヴ in 市原市民会館

今日は、初めてhitomiライヴを観るために市原市民会館へ。これがhitomi2年ぶりのライヴで、そしてツアー初日。
この会場に来るのは、今年の1月以来、2度目です。

市原市民会館は千葉県市原市にあります。
会場へのアクセスは、JR内房線五井駅からバスで会場前まで行くか、駅から小湊鐵道に乗り換え、上総村上駅で降りて歩くか。
前回来たときは、小湊鐵道経由で帰ろうとして駅の場所が分からず(辺りは真っ暗で目印も何にもない)五井駅まで歩いたので、今回はそのリベンジ。
ま、秘密兵器がありますからね(上記の体験がナビウォーク購入の直接の動機だったりする(笑))。

小湊鐵道は、小湊鐵道株式会社が運営する私鉄で、JR五井駅にそのまま乗り入れています。
目的地の上総村上までは一駅で140円ナリ。
小湊鐵道車両
上総村上駅案内

駅降りて、さっそくナビウォークを起動。
市民会館までは約15分、全然迷わずに辿り着けました。
道中、「ここは地元のヒトしか通らんだろう」なんて道を進んだりして、なかなか楽しかったです。
画面にはセレモニーホールや医院、神社に史跡なんかも表示されたので、自位置の目安と共に、土地のことも少し詳しくなったような気がしていい感じ。
ちなみに、行きと帰りでは別の道をナビされました(なんでだ?)
往復で30分ほど使用して、760パケット。

で、肝心のライヴですが。
アルバム発売後のツアーなので、最初は新しい曲が中心(だと思う・・・って最近の曲はあんまり知らない(^_^;))でしたが、中盤からは懐かしい曲も。
「BUSY NOW」「GO TO THE TOP」「by myself」「PRETTY EYES」「Candy Girl」が聴けたので、いや~満足です。
ライヴ自体は2時間弱でしたが、行ってよかった。遠くまで来た甲斐がありました(笑)公演時間や新旧取り混ぜた演奏曲など、先日のTMライヴが思い出されましたが、あれよりも満足度は高かったよ。

でも、いい会場ですね>市原市民会館
そんなに大きくなくて(27列目と聞いて真ん中へんかと思ったら、だいぶ後ろだった)、ステージからなら視界の範囲に全体が収まる感じ。
市原からツアーが始まるパターンって割とありますが、「勢い」をつけるには丁度いい会場なのかも。
また、客席は全体が傾斜になっていて、どの場所からも見やすくなっているのも◎

ところで、小湊鐵道で帰ったヒトは多分6名だけ(30分に1本しか来ないからね)。
やっぱり、普通はここまで歩こうとは思わないようですね(笑)

そうそう、JRの料金ですが。
西船橋~五井まで通しで買うと570円。
これを、西船橋~千葉、千葉~五井と分けて買うと計520円。
なんで分けて買った方が安いの?(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.14

DellからのDM

Dellからダイレクトメールが届きました。
電子メールでの案内は登録してる関係上毎週届くけど、郵便物が来るのはこれが初めて。

PC購入してから1年半、ぼちぼち買い替えろってことでしょうか?(笑)
(ちなみにFFモデル・・・なのにFF未使用のままで、その箱はマウスパッド置き場と化しているのは内緒)

過熱気味だったCPUのスピード競争も一段落したようで、今のPCでもまだ全然ストレス無く使えてます。
以前なら、2年もすれば速度が2~3倍になって「買い替えなくちゃ」と思ったものですが、現状からすればあと2年くらいは全然問題なく使えそうです。いいことだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.13

静岡ホビーショー開幕

今日から静岡でホビーショーが開幕です。

小学生の頃、学校から5分くらいの所にある市民体育館が会場だったので、土曜に学校終わってから行ってました。
狭い会場にひしめき合うように各社のブースがあったけど、そんなに人も多くなく、なかなか牧歌的な雰囲気でした。

その後ガンプラがブームになって、会場も広いところに移りましたが、来る人もすごく増えた覚えがあります(バンダイブースは、人だかりがすごかった・・・)。

あの頃は当然のごとくガンプラ作ってたので、ホビーショー(当時はプラモデル見本市って名前だった気がする)の帰りになじみの模型屋に寄っては、今見たばかりの新作を待ちわびつつガンプラ買って帰ったものです。

バンダイ、田宮、イマイ(と言えばロボダッチ)、ハセガワ、アオシマ・・・色んなメーカーがあったなぁ。

ちなみに静岡でこの展示が開催されるのは、プラモデルが地場産業だからです(模型メーカーの本社や工場が静岡県内にある)
今でもそうなのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.12

任天堂の新型携帯ゲーム機

任天堂の新型携帯ゲーム機、「Nintendo DS」が遂に公開されました。

http://www.nintendo.co.jp/n10/e3/index.html
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040512/nds.htm
http://www.itmedia.co.jp/games/e3/2004/news/news040512/06/index.html

見た目はゲームウォッチ(マルチスクリーン)ですね。
2画面あることと、タッチパネル&ワイヤレス通信機能が、今までに無かった感覚のゲームを作り出してくれるんだろうか?

「画面がきれいになりました」とか「携帯機でも3Dがバリバリ動きます」なんて事は、もはや「ウリ」になんない時代だと思うので、それ以外の要素を強く望みます。
ってゆうか、そうゆうう方向に広がってかないと、ゲームの間口が広がらないよね。

もう、始めてスーファミの画面見たときのような衝撃(カルチャーショック)とは出会えないんだろうなぁ(ゲームの画面見て感動した最後の体験は、PSのリッジレーサー)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.05.11

Flash版ゼビウス

ネット見てたらこんなものが。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwkd4612/Xevious/XeviousB.html
※ゲームが始まると音も鳴るので、仕事中の大きなお兄さんは注意しよう!

ゲーム開始直後にいきなりトーロイドと共にタルケンが現れるので、難易度高め。
ちょっと遊んでみましたが、ちゃんと所定の位置でブラスター撃てばソルも出てくるのに感動。
でもムズカシイや。
もちろん、アンドアジェネシスなんて見れません(苦笑)

・・・などとゼビ語のキャラクター名がすらすら出てくるゼビウス。
やっぱりこのゲームは特別な存在です(ちなみに1982年のゲーム)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.05.10

アトラスとわたくし

地図作成シミュレーション「ネオアトラス2」PC版発売決定
http://www.4gamer.net/news/history/2004.05/20040507165136detail.html

「アトラス」は、主にアートディンクが発売しているゲーム。
「アトラス」(2作)と「ネオアトラス」(3作)の2系統があり、前者は主にPC向けで、後者はゲーム機向け。

ゲームの目的は「自分だけの世界地図を作ること」。
大航海時代のポルトガルから始まり、都市の産物を貿易することで利益を上げ、それを元手に船長雇って未開の海を冒険。
うまいこと陸地が見つかって、都市に珍しい産物でもあれば、それを貿易してお金稼いで・・・の繰り返し。
時には海の怪物と戦ったり、伝説の秘宝を求めて謎解きをしたりもします(「ネオ」シリーズの方が、イベントが豊富でこうゆう要素がが強い)。

もう、全てが楽しいゲームです。
「自分で地図を作る」過程なんて、もうたまりません(笑)
↑まぁ実際は、航海の報告を聞いて、その内容を信じるか否かで地図が変化してくわけだけど。
かな~り、中毒性が高いですね。
探検に重点を置くか、貿易に重点を置くかでゲームの遊び方も変わってくるし、両方のバランスも取れてます。

初めて遊んだのは、初代アトラスの体験版(雑誌ログインの付録)。
ふと始めたら、もう止まらない。朝までずっと遊んでました。
体験版だから当然途中で終わるんだけど、最後まで遊びたくて、すぐに製品版を買いに行ったなぁ。

でも、最近新作が出ないんだよねぇ。
このゲーム、オリジナリティに溢れているし、うまくすれば世界に通用すると思うんだけどなぁ・・・

今回移植される「ネオアトラス2」はPS(2にあらず)のみで発売されていた作品。
動作ももっさりしてるし、パッドでの操作はやりにくいし、何よりセーブに時間がかかる・・・って実際やってないので想像だけど(でも多分あってる)、これらがPCで快適にできるのであれば言うこと無しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.09

鈴木祥子 in 東京キネマ倶楽部

今日は鈴木祥子のライヴに行ってきました。
学生の頃にはよく聴いていたので、名前を聞いて懐かしくなったわけです。

会場である「東京キネマ倶楽部」は、山手線の鶯谷駅(←これ昔読めなかった)の近くにあり。
この辺りに出かけるのは初めてのことなので、ここで早速「ナビウォーク」の出番ですよ(笑)

◆自宅での事前準備
会場の住所を調べ、PCからNAVITIMEのサイトにアクセス。
住所からQRコードを取得して、携帯のカメラ使って取り込む(いや~、この機能すごいね、大変便利です)。
QRコード使って表示された地図(=会場ある場所)を目標地点として設定(目標は20箇所まで設定可能)。

これやっとけば、目標設定までのパケット代が節約できるし、着いてすぐにナビ開始できるので・・・って受け売りですが(笑)

QRcode
↑QRコード

今回は日比谷線で行ったので、入谷駅からナビスタート。
地下鉄の出口がちょうど四つ角だったのですが、目の前のドトールがしっかりナビに表示されており、迷うことなくGO。

今回実感したのは、「電子コンパス」の便利さ。
自分の向いている方角に合わせて地図を回転してくれるので、地下鉄降りて駅構内で地図確認しても地上に出ると方向分からないから適当に当たりをつけて進んだら全然違ってた・・・ってゆう悩みともこれでオサラバです。

いやぁ、ナビウォーク(電子コンパス付)最強!! iPodに続いて、マストアイテム認定~(笑)


そうそう、ナビが案内してくれるのは、「建物の位置」であって「入り口」ではないので、多少注意が必要です。
「到着したはずなのにそれらしい建物がない」と思ったら、ぐるっと回らないと入り口がなかったので。

今回、ナビを使ってたどり着くまでの所要時間は5分弱。
使用パケットは460でした(最初に誤ってナビに関係なく現在地表示させちゃったので、実際はもう少し減ると思う)

え~と来週は、都心から少し離れた場所でナビウォークを活用する予定です。
地図がどこまで詳しく表示されるのか、楽しみ♪


さて、到着した建物の前は、長蛇の列。
会場が6Fなので、エレベーターぢゃないと上がれないため、それ待ちのようです。
でかいハコでも無いのに、開場から開演まで1時間もあったのを不思議に思っていたのですが、ここで謎が解けました。

10分ほど待たされて、中へ。
会場は3階分吹き抜けになっており、ステージの後ろにはスクリーンがあり、ドリンクバーも併設されている多目的ホール。
その装いと雰囲気は、「昭和のホール」と呼ぶのがふさわしい感じです。

ライヴ自体も、ホールの雰囲気にマッチしたすばらしい内容でした。
やっぱり鈴木祥子の声は素敵だねぇ、昔と全然変わってないや。
ピアノを弾き、キーボードを奏で、ギターをつま弾き、ドラムを叩く・・・様々なパフォーマンスを披露してくれました。
曲に合わせ、時に独りで、時にバンドで。

あ~、でもピアノ弾き語りの出来るヒトっていいですねぇ。
そうゆうシンガーソングライターには、結構好きな人が多いです(谷山浩子、川村結花など)。


◆おまけ
ライヴ前の隣のカップルの会話。
(DISK GARAGEのフリーペーパー見て)
「あ~、TM NETWORKだって、まだ活動してたんだ」
「横浜アリーナでライヴかぁ、ちゃんと活動してなきゃ、こんなとこでできないよね」

・・・まぁ普通のヒトは、活動終了したまんまか、終了知らずにずっと活動してたと思うか、どっちかだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.08

外付けHDDあぼーん

MacとWindows双方で使ってる外付けHDDがあぼーん(苦笑)
今年に入って3回目なので、もはや定常化されてきた気もする。
やはり、使い方が特殊なんだろうか・・・とゆうわけで、現在の使い方の覚え書き。

使用してるHDDはFireWire(IEEE1394)接続。
両機種で使用できるように、FAT32フォーマット。
ここに音楽データが保存されていて、MacのiTunesから直接アクセスしてます。
Windowsで使う時は、ケーブルをWindows機に接続し直します。

MacにこのHDDを接続した状態で、さらにiPodを差し込むと、たまに「この装置は前回適切に片づけられていません」のメッセージが。
この時、HDDのアクセスランプは点灯しっぱなし。
ランプが消えたときには、HDDの中身はきれいさっぱり消えてる、とゆうわけ(^_^;)

おそらく、HDD内のファイル管理情報が壊れたんだろうけど、やっぱりFAT32で運用してるからだろうか・・・

そんなわけで、HDDのバックアップは欠かせません。
最近はあぼーんしてなかったから、前回のバックアップは1ヶ月前。
で、今復旧作業してます(苦笑)
やっぱり、週に1回はバックアップしなくちゃダメですね。

そうそう、iTunes自体は本体HDDに入ってるので、HDD復旧してバックアップからデータ戻してやれば、普通に再生されます(曲の登録情報が生きてるから)
これがもし、登録情報があぼーんしたら・・・と考えるととてもコワイです。


そうそう、HDDクラッシュは伝染するとゆう俗説があるので、これ読んだ方はお気をつけください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.07

Excelと1-2-3

情報整理すんのに表計算ソフト使うと便利だから、Excel買おうと思い立つ。
ヨドバシドットコムで値段確認。
・・・Excel単品で買うと、3万円以上すんのか(^_^;)

Mac版は持ってるけど、マイクロソフトには「クロスアップグレード」って概念は無いのね。
↑ジャストシステムのATOKはこれが可能なので、Windows版をアップグレード価格で入手しました。

とゆうわけで、Lotus1-2-3買ってきました。懐かし~。
PC98の時代にはバリバリ使ってたけど、もうすっかり忘れてるよ。
「関数の頭には@つけるんだよな~」などと懐かしがりながら使ってます。

でも、さすがにWindows版は98版よりも使いやすくなってますね。
これが1980円(税抜)なんだから、いい時代だよなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.05.06

しつこい広告

最近、東京メトロ(旧営団)の地下鉄で、中吊りが丸々映画「デイ・アフター・トゥモロー」の車両に何度も遭遇。
最初はインパクトがあってよかったけど、さすがにず~っとこればっかなので見飽きた(笑)
これって長く続けるほど、広告に対する負の要素が高まって宣伝が逆効果になるんぢゃ・・・

この監督、以前の「インデペンデンス・デイ」もイマイチだったからなぁ(初めのうちの爆破シーンとかはすごくよかったのに、後半の展開には呆れるばかり・・・)、今回は如何に?

ところで、地下鉄の中吊り広告を検索するサイトってもう無くなったんだ。
営団が民営化されたからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004.05.05

文明開化の音がする

携帯電話買いました。機種はauのA5502K(京セラ製)。
キャリアと機種の決め手は、「ナビウォーク」。
画面がでかくて見やすいのと、電子コンパス内蔵でナビ時に常に地図を正方向に向けてくれるところがイイ!

「反応速度が少し遅い」とか「夏にはWIN対応のナビ機が出る」などの情報がありましたが、なにしろ今まで使ってたのがアステルのPHSだから、すべてが高速&高性能だし、それに「欲しいときが買い時」なので、購入時に迷い無し。

試しにナビウォークを使ってみましたが、ナビ自体の便利さに加えて、「今、自分の周りに何があるか」が表示されるので(コンビニや主要な建物)、現在地が直感的に分かりやすいです。
消音モードでも曲がり角が近くなると振動で教えてくれるのも◎

難を挙げれば、自分の位置がうまく補足されないと「現在地の近くのどこか」に位置表示されてしまうため、初めての場所だとワケ分からん状態になってしまうだろうこと。

今回は自宅の周りで使用したので「勝手知ったる場所」なわけですから、週末に全然知らない場所で使って見ることにします。

A5502K

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.05.04

D-LOOPのアルバム発売まであと1週間

河村隆一の「Missing you」聴いて、「曲がすごくいいな~」と思ったら作曲は葉山拓亮(D-LOOPのヒト)なのね、納得。
河村隆一の歌を初めて気に入りました。
LUNA SEA時代には「ROSIER」「TRUE BLUE」とゆう突然変異的な名曲があったけど、あれ以来だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.03

ヨドバシの野望

ヨドバシカメラ、新宿駅東口に大型新店舗(日経流通新聞 4月27日)

東口にバラバラに点在している店を統合して、10月にも別の場所に売り場面積3倍にした「新宿東口店」を作るようです。
場所は「じゅらくエイト」って書いてあるけど、どこだ?
「じゅらく」と聞くと、お茶の水と秋葉原の間にあるヤツしか思い浮かびません。

しかし、秋葉原店(来年秋)造る前に、こんな動きがあるとわ。
新宿東口は、おそらくビックカメラの方が優勢だろうから、一戦交えるわけですね。
まぁ新宿はヨドバシの本拠地だからなぁ。
今後の成り行きが楽しみです。

・・・誰かこんな争いが追体験できる経営シミュレーション作ってくんないかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.02

もたいまさことシティボーイズ

昼。
渋谷のユーロスペースで映画「バーバー吉野」を観る。

とある田舎町、その町の少年は皆、同じ髪型をしていた。そこへ東京から転校してきた男の子がその髪型を断固拒否、それを知ったバーバー吉野のおばちゃん(もたいまさこ)は・・・

いやあ、面白かったですよ、これは。
伊豆の美しい風景の中で展開する、郷愁を誘うような出来事の数々がユーモアたっぷりに描かれます。
少年4人組は王道の組み合わせ(主人公/チビ/デブ/メガネ)だし、もたいまさこの演技も存在感ありまくりでイイ!

映画見終わって出てきたら、次の回がすでに「立ち見になります」の告知が・・・
こんなにお客さんも入ってるのに、単館公開なのがもったいない。

バーバー吉野公式ページ
http://www.pia.co.jp/pff/barbar/


夜。
天王洲アートスフィアにてシティボーイズの公演?を観る。
出演は、あの3人の他に中村有志・チョップリン(小林幸太郎・西野恭之介)で計6人。3年連続で観に来てますが、う~ん、ちょっとイマイチ。
いや、もちろん笑いどころ満載で面白いんだけど、なんてゆうか、「お腹の底から笑える」ような展開が無くて、表面的な笑いが多かった。
舞台を広く使っての動きも少ないし・・・ってさすがに3人も歳だからかなぁ。
また、ベテラン陣に比べるとチョップリンは影が薄いし(去年はYOUとか出てたので、それと比べるとどうもね)。

・・・とまぁ色々書きましたが、やっぱり期待してるので来年も行くでしょう(チケット取れれば、だけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.01

「萌え」について考える

みなさん、こんにちは。
「萌え」について考える、の時間の時間の時間がやって参りました(笑)

この本が売れてから、「萌え」とゆう言葉を普通のメディアでも見かけるようになりましたね。
「Web現代」に専用コーナーがあるのはまぁいいとして、朝日新聞の夕刊にも特集組まれちゃうのはどうかと思いますが(しかし、PCと違い、新聞の活字で見ると違和感ありまくりだったよ(笑))

さて、今日はこの「萌え」について理解するために、NHK教育で放送してるアニメ「カードキャプターさくら」(以下CCさくら)を見てみました。
この「CCさくら」、4月から再放送として始まったのですが、この再放送の知らせをチビッコよりも「大きなお兄さん達」が喜んだとゆう代物であります。
ちなみに、2ちゃんねるに「CCさくら」の板(スレッドにあらず)が存在してることからも、人気のほどがうかがえます(他にアニメが板の名前になってるのって、エヴァとシャア(笑)くらいかな)。

「小学校高学年の女の子が、ひょんなことから(※アニメってこの表現がピッタリくるシチュエーションが多いよなぁ)カードキャプターとなり、その活躍を描いてます」…って書いても、見ないと何のことか分からないよな(笑)

「CCさくら」の名前は知ってたけど、見たのは今回が初めて。
いやぁ、男女問わず「萌えキャラ」たくさん出てきますね(笑)
なんか、これをNHKでやってるのは間違ってる気がしないでもないけど、さすがに絵のクオリティは高いな~。
あと、最近のアニメに多い「内輪だけで閉じてる」ような印象を受けないところに好感が持てます。

ま、わたくし的には「萌え」はしませんでしたが、なかなか面白かったので来週も見ようと思います(笑)
今回、2ちゃんねるの実況も横目で見てたのですが、わずか30分の番組で3スレ消化しちゃうとわ、恐るべし。


ところでこの作品、原作はCLAMPなんですね。「魔法騎士レイアース」面白かったなぁ。


NHKアニメワールド CCさくら
http://www3.nhk.or.jp/anime/sakura/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »