« 外付けHDDあぼーん | トップページ | アトラスとわたくし »

2004.05.09

鈴木祥子 in 東京キネマ倶楽部

今日は鈴木祥子のライヴに行ってきました。
学生の頃にはよく聴いていたので、名前を聞いて懐かしくなったわけです。

会場である「東京キネマ倶楽部」は、山手線の鶯谷駅(←これ昔読めなかった)の近くにあり。
この辺りに出かけるのは初めてのことなので、ここで早速「ナビウォーク」の出番ですよ(笑)

◆自宅での事前準備
会場の住所を調べ、PCからNAVITIMEのサイトにアクセス。
住所からQRコードを取得して、携帯のカメラ使って取り込む(いや~、この機能すごいね、大変便利です)。
QRコード使って表示された地図(=会場ある場所)を目標地点として設定(目標は20箇所まで設定可能)。

これやっとけば、目標設定までのパケット代が節約できるし、着いてすぐにナビ開始できるので・・・って受け売りですが(笑)

QRcode
↑QRコード

今回は日比谷線で行ったので、入谷駅からナビスタート。
地下鉄の出口がちょうど四つ角だったのですが、目の前のドトールがしっかりナビに表示されており、迷うことなくGO。

今回実感したのは、「電子コンパス」の便利さ。
自分の向いている方角に合わせて地図を回転してくれるので、地下鉄降りて駅構内で地図確認しても地上に出ると方向分からないから適当に当たりをつけて進んだら全然違ってた・・・ってゆう悩みともこれでオサラバです。

いやぁ、ナビウォーク(電子コンパス付)最強!! iPodに続いて、マストアイテム認定~(笑)


そうそう、ナビが案内してくれるのは、「建物の位置」であって「入り口」ではないので、多少注意が必要です。
「到着したはずなのにそれらしい建物がない」と思ったら、ぐるっと回らないと入り口がなかったので。

今回、ナビを使ってたどり着くまでの所要時間は5分弱。
使用パケットは460でした(最初に誤ってナビに関係なく現在地表示させちゃったので、実際はもう少し減ると思う)

え~と来週は、都心から少し離れた場所でナビウォークを活用する予定です。
地図がどこまで詳しく表示されるのか、楽しみ♪


さて、到着した建物の前は、長蛇の列。
会場が6Fなので、エレベーターぢゃないと上がれないため、それ待ちのようです。
でかいハコでも無いのに、開場から開演まで1時間もあったのを不思議に思っていたのですが、ここで謎が解けました。

10分ほど待たされて、中へ。
会場は3階分吹き抜けになっており、ステージの後ろにはスクリーンがあり、ドリンクバーも併設されている多目的ホール。
その装いと雰囲気は、「昭和のホール」と呼ぶのがふさわしい感じです。

ライヴ自体も、ホールの雰囲気にマッチしたすばらしい内容でした。
やっぱり鈴木祥子の声は素敵だねぇ、昔と全然変わってないや。
ピアノを弾き、キーボードを奏で、ギターをつま弾き、ドラムを叩く・・・様々なパフォーマンスを披露してくれました。
曲に合わせ、時に独りで、時にバンドで。

あ~、でもピアノ弾き語りの出来るヒトっていいですねぇ。
そうゆうシンガーソングライターには、結構好きな人が多いです(谷山浩子、川村結花など)。


◆おまけ
ライヴ前の隣のカップルの会話。
(DISK GARAGEのフリーペーパー見て)
「あ~、TM NETWORKだって、まだ活動してたんだ」
「横浜アリーナでライヴかぁ、ちゃんと活動してなきゃ、こんなとこでできないよね」

・・・まぁ普通のヒトは、活動終了したまんまか、終了知らずにずっと活動してたと思うか、どっちかだよなぁ。

|

« 外付けHDDあぼーん | トップページ | アトラスとわたくし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/568940

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木祥子 in 東京キネマ倶楽部:

« 外付けHDDあぼーん | トップページ | アトラスとわたくし »