« 時代が変わったようだな… 坊やみたいなのがパイロットとはな | トップページ | 宮部みゆき、小説『ICO』発売 »

2004.06.09

千住博展 in 日本橋高島屋

千住博展

新聞のチラシに惹かれて、日本橋高島屋(初めて行った)へ日本画家千住博の展示会を見に行ってきました。
仕事帰りに行ったので、着いたら19時前。
そしたら何と入場料が半額になってました(18時以降半額)。
そん時は「ラッキー」って思ったけど、生鮮品ぢゃないんだから閉店が近いからって半額にするのも変な気がする。

チラシでは東山魁夷の絵に似てるような印象を受けましたが、実際はそうでもなし。
人物や建物を描いたものは好みに合わなかったけど、風景画は迫力があってよかったです。
どの絵も間近で見るより遠くから見た方がいい感じでした。

上の画像にあるバカでかい瀧の絵には照明があてられていて、時間が経つと光の具合が変化していくサマが幻想的。
光のあて方一つで絵の印象も変わるものですね~。

この展示会、14日まで開催してます。

ところで、エレベーターガールってまだこの世に存在してんのね。
今日はこれに一番感動したよ(笑)

|

« 時代が変わったようだな… 坊やみたいなのがパイロットとはな | トップページ | 宮部みゆき、小説『ICO』発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/742627

この記事へのトラックバック一覧です: 千住博展 in 日本橋高島屋:

« 時代が変わったようだな… 坊やみたいなのがパイロットとはな | トップページ | 宮部みゆき、小説『ICO』発売 »