« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.31

Where did the computer go?

遂にキター!!
今回はえらくシンプルなデザインだなぁ。iPodと並べて置くにはいいかも。

でも、発表されたのがiMacだけってのがちょっと寂しい・・・

http://www.apple.com/jp/imac/

| | コメント (11) | トラックバック (0)

マダー?

ただいま18:15
先ほどから仕事せずに2ちゃんねる実況に張りついてますが(笑)、なかなか発表されませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、いよいよ

本日17時(日本時間)、Macworld Paris開幕です。
Appleの新製品、何が出るか楽しみだなぁ。

とゆうわけで、続きは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.30

メガドライブ大全

メガドライブ大全、9月下旬発売。

以前、ゲーム雑誌「CONTINUE」(最近、唯一面白いと思えるゲーム雑誌)で特集された「メガドライブ大全」の内容が大幅にパワーアップして登場、のようですね。内容は、

・国内で発売されたメガドライブ全ソフトの詳細レビュー!!
・メガドラ関係者インタビュー!!
  中 裕司(『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズ)
  小玉理恵子(『ファンタシースター』シリーズ)
  内藤 寛(『シャイニングフォース』『シャイニング&ザ・ダクネス』)
  宮路洋一(『シルフィード』『ルナ・ザ・シルバースター』)

・・・買うしかないな、これは(笑)
3200円(税別)なんて「おぉ~い!高いなぁ!」と思ったら、初回特典GENESISフィギュア付き…ってこれはいらないんだけど(通常版はいくらなんだろう?)


多分今まで買ったゲーム機の中で、一番稼働時間が長かったのはメガドライブぢゃないかなぁ(次点:スーファミ)、メガCDも買ったし(笑)
当時、スーファミはF-ZERO&RPG用、それ以外のジャンルはメガドラって感じで、ハードを遊び分けてた気がします・・・ってセガハードのRPGにはたいした作品が無いのが原因だけど。

買ったゲームはクリアするまで遊んだし、お金無かったから買えるゲームも限られてたし、ゲームをしていた時の「密度」が今とは異なる気がします。

---
2004/09/02
さっきアマゾンで予約しちゃいました(笑)
初回特典付きのヤツ(こっちしか予約できない?)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.08.29

「サカつく」の日々

最近、ヒマな休日はPS2の「サカつく2004」ばかり遊んでます。
平日に遊ぶと睡眠時間に甚大なる影響を与えるので、平日プレイ禁止令を自ら発布するくらいだから、結構ハマってると言ってよいでしょう。

現在17年目。かれこれ200時間近くは遊んでるでしょうか。
このシリーズ、過去に18年遊んだのが最長なので、それを超えるのは確実か。
ゲーム自体が面白いのはもちろんだけど、前作(サカつく3)までに比べて完成度が高くなってるので無駄な待ち時間が無くなったのが大きいかな。

具体的に上げてみると…
・ロード時間短縮&待っているのを意識させない工夫
・他チームの選手検索が簡単にできる
・試合後のニュースが無くなったので、試合を見てもそんなに時間かからず
・選手の能力爆発の多発
・ショートカットキーで必要な画面に簡単アクセス
・ライバルチームが機能するようになった(前作のライバルは一度もJ2から浮上して来なかったのに(笑))

まぁ上に挙げたような改善点のおかげで、今のところ「ゲーム」が「作業」にならずに済んでます。
シミュレーションゲームって、とどのつまり同じような作業の繰り返しなんだけど、それをユーザーに「作業」と感じさせない演出が大事なんだよな~、とこのゲーム遊んでると痛感しますね。
選手の能力だって数値の上がり下がりでしかないのに、それを「今まで枠に飛んでなかったシュートが、ゴール角を狙えるようになった」などと視覚に訴えられると、作業を忘れて感情移入してしまうわけで。

チームが安定しているところに有力新人が現れ、誰も首にできないけどでも新人獲りたい・・・こんなに真剣に悩む乗って、仕事でもないよなぁ(苦笑)

そんな完全なる妄想世界の「脳内リーグ」で、まだしばらくは遊べそうです(今まで一度も優勝したことない、ヴィクトリーズカップ制覇が当面の目標だな)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.28

チケット連敗中

10月のスキマスイッチと12月のHYのライヴ、共に先行予約に失敗。
スキマスイッチについては、捲土重来を期して望んだチケット発売日(今日ですね)にも取れずorz(イープラスだけど、開始後わずか1分半で終了とわ・・・まぁ会場がリキッドルーム恵比寿だから、かな~り小さいのかな?)

ライヴにはよく行くので色々なチケット予約サイトを利用しているのですが、こうしたサイトの知名度が上がるにつれ、争奪戦も激しくなってる気がします。

どうしても行きたければオークションで入手すればいいんだろうけど、なんかそれは「負け」な気がするんだよねぇ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.26

点と点

ドコモとモトローラが3G携帯を共同開発
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/it/327292

モトローラについては、以前こんな記事も。

iTunesが携帯電話でも利用可能に--アップル、モトローラと提携
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20070058,00.htm

共同開発するFOMA端末の発売予定は来春。
Appleの音楽配信、ひょっとしたら日本市場は正面突破ではなく、まずは搦め手でくるのかもね。


今日はこんな記事も見かけました。ここにある「援軍」とはiTMSの事ですが、詳しくは記事をご覧あれ。

iPod、首位を譲るも“援軍”の知らせ
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0408/20/news070.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.08.25

映画に行こうと思ったら

ふと、クドカン脚本の「69 sixty nine」を観たくなったので、Yahoo!で上映館を調べてみる。
すると・・・

も、最寄りは新潟ですか・・・

え~、公開したの、1ヶ月くらい前ぢゃん。


最近、映画館での公開期間が短くなってるように感じるのは、気のせい?
まぁ、客が入らなかったらどんどん作品を入れ替えてくんだろうけど、首都圏にはたくさんの映画館があるんだから、1館くらい上映していてもいいのに・・・

シネコンブームのおかげでスクリーン数は増えているようですが、なんかやってる映画は同じのばかりで、個性が感じられないんだよねぇ。
選択肢は増えたけど、選択の自由は狭まった感じがします。

最近、DVDがソッコーで発売されるのも影響してるのかな?


まぁ「69 sixty nine」も、最初から単館系で上映してくれればよかったのかもしれないけどさぁ(単館なら、2ヶ月くらいは上映してくれるから)、でもその場合は上映館が限られるから、見られる人も減るわけで。


「観たかったのに見逃した」ような作品ばかりを上映する映画館があればなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.24

巨人戦視聴率4.2%

先日「放送延長すんな」って書いたプロ野球巨人戦ですが、なんだか視聴率がすごいことになってますね。

巨人戦は9日連続視聴率1ケタ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/08/24/07.html

ってゆうかさぁ、高校野球なら分かるけど、この時期プロ野球試合やってるんだ、知らなかったよ(苦笑)

しかし4.2%って(^_^;)
同じテレ朝で日曜の早朝にやってる「ふたりはプリキュア」より低いぢゃん(笑)
(ドラえもんにはダブルスコアで完敗)

こりゃ、球界再編に関係なくとも、TV放送は再編必至か?
このままだと来年は、延長どころかゴールデンタイムでの放送すら無くなるかもなぁ。

既得権益を守ろうとして努力を怠ると、いざというときは脆いのでしょうか?
次は音楽業界・・・の番かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.23

自転車のマナー

飲酒運転、2人乗り…悪質自転車の摘発強化 警視庁
http://www.asahi.com/national/update/0816/015.html

ここ数年、自転車乗ってるヒトのスキルが低下してるような気がしてなりません(歩道において)。

スレスレの距離なのに後ろから高速で追い抜いていったり(あれは怖い)、「その隙間は通り抜けられないでしょ」ってとこに無理矢理入って歩行者とぶつかったり、ベル鳴らせば誰でも避けてくれると思ったり・・・

もちろん、全員そうってわけぢゃないけど、なんつうか、「周りの動きを予測できず、自分本位でしか行動できない」ヒトが多い気がするんだよねぇ。思考能力が低下してるってゆうか。
学生は暗記することで評価され、モノもテレビもより簡便なものがもてはやされる、そんな「考えずとも生きていける」国に住んでいると、だんだんとそうなってくるのかねぇ、ってちょっと大げさか(苦笑)

まぁこの調子でわ、自転車の事故は今後も増え続けるんぢゃないかなぁ・・・
そのうち、自転車で事故ったらマナー教習とかに参加しなくちゃならなくなるかも(笑)

歩道を自転車が我が物顔で走っていくのもどうかと思いますが、あれは上岡龍太郎的思考で言えば歩行者になるんだったかな?
(以前パペポTVの信号無視の話で「機械は機械同士でルールを守ればいい、歩行者がそれに従う必要ないやろ 自転車は・・・ヒトが漕いでるから歩行者扱いかな?」などと言ってた)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.08.21

アステルの終焉

アステル東京、アステル網とのローミング終了へ
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0408/17/news021.html

アステルのPHSは、解約したこの4月まで2年半使ってました。
メール端末としては最強だったし、基本料金も安かったので、エリア縮小がなければ使い続けていたと思います。
前身である東京電話アステルにはいい印象しかないけど、逆に鷹山には悪いイメージしかない(苦笑)
一体、鷹山はアステルに何をもたらしたんだろう?

ここ数年で急進してきたIT関連企業って、株価対策とかもあると思うけど「とりあえずふろしきをひろげてみる」的な構想が多いような気がします。
光通信、鷹山、ソフトバンク(←まぁここは割とそれを実行しちゃうところがスゴイけど)・・・

最近は、ライブドアのプロ野球がらみの動向が気になるなぁ。
(本気・・・なんだよね?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.20

クル?

ソニーは追いつけるか? 日本で巻き起こるiPod旋風
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0408/20/news041.html

↑の記事にこんな記述が。

 Apple東京本社でインタビューに応じた、元ソニー社員で現在Appleの副社長を務める前刀禎明氏によれば、iTunes日本版は来年中に提供される予定で、料金は1曲99セントの米国と同程度になる。

ヤツらの足音が聞こえて・・・きた?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

探検隊、アマゾンへ

驚くべき情報が隊長の元へ!!

アマゾン河口付近で猛威をふるっている吸血コウモリ。血コウモリは、人が寝静まる頃になると村に飛来し家畜や人々を襲う。さらに恐ろしいのは、噛み付かれ出血した際にコウモリの唾液から感染する狂犬病ウイルス。このウイルスに感染し発病したものは100%死に至るという。
今年3月から猛威を奮い、既に15人もの犠牲者が出ている。
藤岡弘、探検隊は、この吸血コウモリ対策活動に参加、吸血コウモリ探検に出発した。そして、吸血コウモリとの死闘を続ける藤岡弘、隊長の元に、とんでもない情報が飛び込んできた!

それは、アマゾンの動物研究者バルマキール氏から「アマゾン最深部で謎の生物を目撃し、遠目だがビデオに録画した。」という、未確認生物の存在を示唆するもの。
VTRを確認するため急遽バルキマールの住むマナウスへと飛んだ。そこに移っていたものは、藤岡隊長の想像を遥かに超えた不思議な映像であった。
「確実に未知なる生物がいる!」藤岡隊長の言葉を受け探検隊はアマゾン奥地へと、急遽向かう事にした。


ギャガーン!!、水曜スペシャル(現スイスペ)キターーーー!!
9/8の水曜日、今から放送が楽しみです。

今回はアマゾンか~、やっぱ探検といえばアマゾンだね(笑)
(昔、アマゾン学術探検ってゆうゲームがあったなぁ)

前作は、これはウルルンか?と思うくらい、探検シーンが少なかったから(最後が牛飛びって・・・)、今回は期待が高まります。
今からSWATのテーマ曲聞いてテンションを上げておかねば。

藤岡弘、探検シリーズ公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/tanken/

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.08.19

新iMacへの誘い

アップルから来たメールにこんな文面が。

■ 完全に新しくなる iMac情報に一番乗り
eメールアドレスをご登録された方に、新しいiMacの最新情報を
お知らせします。

□ ご登録はこちらからどうぞ
http://enews.apple.co.jp/W7RT045C254EB21EC9A7E3FB476A90

完全に、今月末発売を既定路線にして動いてるようですね(笑)
同様のサービスはiPod miniの時もやってたけど、あれは「国内発売に関する情報をいちはやくお届け」だったから、今回みたいにまだ発表もしていないマシンについて肯定した上で(更に)情報提供しますよ~、なんてアップルにしては珍しい。

でも、こんなに新iMacに対して熱心なのは、よほど製品に自信があるのか、売れないとヤバイからなのか、さて・・・

今月末のアップルストア心斎橋オープン(8/28)と同時に新製品公開、だったら衝撃的だけどな~でもパリのエクスポは31日からだから無理か・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.08.18

「開国」はマダデスカ?

iTunesになぜなれない? 顧客志向が必要な日本の音楽配信
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20040815/148558/

ここ数ヶ月、Webメディアに加えて一般メディアも音楽配信に関する問題点を取り上げるようになってきましたが、↑の日経BP社の「IT Pro」での記事もそのひとつ。なかなか骨太で的確な内容になっています。

レコード会社がCD-Rの便利さを認めつつも,iTMSのやり方に簡単に賛同できないのは,それがCCCD(コピーコントロールCD)の導入を進めてきた彼らの立場と矛盾するからだ。「パソコンへの楽曲コピーを禁止したCCCDを店頭で売っておきながら,音楽配信ではCD-Rからコピー制限のない音楽CDを作れる状況を作れば,小売店が黙っていない」(前出の担当者)。

まったく、目先のことしか考えないから、こんなことに(笑)

こんな自家撞着なレコード会社を救うプランを考えてみました。

・CCCDをソッコーで廃止(既発のものは再販保護対象外にして、小売店に好きな値段で売らせる)
・そしてCCCDは「無かったこと」にする(笑)
・CDと配信サービスでは音質が違うことを「積極的に」アピールする
・CDと音楽配信、相互の利点をきちんと啓蒙しつつ、iTMSに参入♪

avexも生まれ変わったことだし(笑)、そろそろみんなで「損して得取れ」な発想に切り替えてもいいんぢゃないかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.17

ファミコンクローンのニュータイプ

任天堂がファミコン本体の製造を中止してから、いくつかのファミコンクローンが発売されてきましたが、また新型が登場しました。
その名は「ポケファミ」
こちらのファミコンプラザのホームページに、詳細説明あり。


ポケファミ


なんかこれ、イイ!
携帯型なのにTVにも出力できるってのがステキ♪
でも、カートリッジそのまま挿すって事は、けっこうでかいのか???

15000円近い値段は初代ファミコンと同等・・・あとはそこまでしてファミコンで遊びたいか(しかも携帯して)、とゆう熱い思いがあるかどうかですね。

正直、現時点ではPSP(ソニーの新型携帯ゲーム機)より、こっちの方が欲しいよ(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.16

ランチャーって素晴らしい

ランチャーが大好きです。
ランチャー無しではPCは使えない、とさえ思ってます。

ランチャーってのは、いちいちデスクトップやメニューからでなくてもアプリケーションを呼び出せる代物のことですが(詳しい説明はこのあたりに)、一度使ったらやめられない止まらない「かっぱえびせん」のごとく離れられなくなるわけです。
(まぁアプリを同時に立ち上げることが無ければ必要ないかも)

はじめてランチャー使ったのは、Mac用のDragThingとゆうヤツ(シェアウェア)。
OS9時代は必須アイテムでした。
Macはマウスが1ボタンだから、こうした「デスクトップを快適に使うツール」はある意味必須とも言えます(笑)

OSXになってからは、OSの標準機能でランチャーがついてるので、それを使用中。

Windows98では「BarBerPLUS」を愛用。
DragThingには及ばないけど、シンプルでよくできたソフトです。

しかしWindowsXPでは「BarBerPLUS」が起動しない・・・ので別のソフトを探し回ったところ、しっくりくるヤツがなかなか見つからないんだな、これが。

個人的に「よいランチャー」だと思える条件としては以下5点。
・シングルクリックでアプリが起動できる
・ドラッグ&ドロップに対応
・マウスだけで操作できる
・ウィンドウに埋もれず、すぐに呼び出せる
・シンプルイズベスト

でも、全部を満たすヤツって見つからないんだよね~。
探し方が悪いのかな?

・・・とここまで書いて、あらためて探しに行ったら「nrLaunch」とゆうソフトが使えそうな感じなので、しばらく試用してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.15

いちいち、美しい

チャン・イーモウの映画「英雄(HERO)」を見ました。

彼の作品は、これまで「初恋のきた道」(←この作品のチャン・ツィイーは、反則だと思えるくらいに綺麗ですね)「菊豆」「至福のとき」の3本を見たのですが、それらとの映像の質の差に愕然。

なんてゆうか、いちいち、美しい映画です。

ストーリーはまぁたいしたことないんだけど(なんか、黒澤明の「羅生門」を思い出したよ)、特筆すべきは色へのこだわり。
場面ごとに衣装や空間、道具の数々の色を統一させているのですが、それでも全然派手ではなく、むしろ落ち着いて見えるところが東洋的とゆうか、なんかスゴイ。

今まで、色で感心した映画は「天と地と」「Dolls」の2本あるけど(どちらも内容はよく覚えてない(笑))、これはそれ以上だなぁ。

ところで、映画監督が色とか調度品にこだわりだすと作品自体の質が落ちてくような気がするので(往年のクロサワや、最近の北野武)、チャン・イーモウがそうなりませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.14

ドンペンくん

ドン・キホーテ秋葉原店の中央通り側外壁に“ドンペンくん”看板が!
http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2004/08/04/650947-000.html?24b

結局、秋葉原のドン・キホーテは14日にオープンしたようですね(当初は10日の予定だった)。
ヤマギワもリニューアルしたし、これで中央通りもにぎやかになりますね。

今回、上の記事で気になったのは「ドンペンくん」。
家の近所にドン・キホーテはあるから、あのペンギンみたいなキャラクターの存在は知ってたけど、ちゃんと名前があったとわ。

でも、全然かわいくないですね、これ。
萌えキャラでないことは確かだな(笑)

---
2004/08/17
秋葉原ドンキの店内レポートがあったので、内容追加。

アキバを変えるかドン・キホーテ――アキバドンキ潜入レポート
http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0408/16/news043.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.08.13

扇風機とわたくし

扇風機を買いました。

「とんでもなく暑くはないけど部屋にいるだけで汗ばむ」
そんな時でも今までは仕方なくエアコンつけてましたが、これで状況は変わる・・・はず。

今まで買わなかった最大の理由は「設置スペース」。
扇風機は暑いときにしか使わないから、涼しくなれば無用の長物…なのに割と場所を取るので、見合わせていた次第(うちは収納スペースが少ないのだ)。

「扇風機があればエアコンつけずにすむのに・・・」
などと思っていたところで出会ったのがこれ、ボックス型扇風機。

ボックス型扇風機

これならオフシーズンは棚の上にでも置いておけるし、しかも空気の撹拌用としても使用可能、ナイス♪

まぁそんな経緯で、昨日購入したのでした。
すでに在庫処分セール中で、3980円のところが2980円、ナイス♪

早速使ってみたところ・・・

ヒトは、風を受けると体感気温が4度下がると聞いたことあるけど、あれはホントですね。
室温34度(^_^;)でも、窓開けて扇風機回せば無問題♪
↑室内には熱を発するものが多いので、必要以上に室温が上がるのです
(だから冬場でも暖かい(笑))


そんなわけで残暑のさなか、おそまきながら快適生活の始まりです。

---
2004/09/08追記

さて、購入から1ヶ月ほど経過したので、ここで使用レポートを。
今回購入したのは、森田電工のBOX扇、MF-356BT(ブルーメタリック)とゆう代物。
音は全然うるさくないし、満足してます。

気になる点としては、コメント欄にも書いたけど「通常の扇風機と違って風がどの方向に吹いてくるかが分かんない」のと、「タイマー使うとカチッカチッってタイマーが巻き戻る音?が少し気になる」ことでしょうか。

そうそう、スイッチ入れるとマイナスイオンが出るらしいですが、効果のほどは不明です(笑)
青く光ランプがちょっといい感じな位か(たまにジィーって音がしてるけど、あれはマイナスイオンを生成してるんだろうか)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.12

つながらないしあわせ

名古屋市交通局、市営地下鉄のホームを「圏外」に
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/20133.html


なんか最近、どんどん「圏外」が少なくなってますね。

まぁ上の場合は心臓ペースメーカーに誤動作のおそれがあるってのが理由だけど、コンサートホールや美術館など、他のヒトの迷惑になるところも電波を届かなくすればいいのに
(サントリーホールは電波繋がらないようにしてるんだったかな)。

「どこでも繋がる」ことの方が異常だと思うけどなぁ。
繋がらない事って、そんなに不便で不安なことですか?

---
2004/08/24追記
こっちにも詳しい記事があったのでリンクを追加。

○地下鉄ホームをわざと“圏外”に、名古屋市が電磁波対策
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20040824/148932/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.11

まぎらわしくないですか?

仕事帰り、地下鉄で何気なくトビラ上の広告を見ていると、生茶にそっくりな広告が。
「なんだ、パクリかよ」と思ってよく見ると、同じキリンの「酔茶チューハイ」の広告だった(笑)

止め絵で見る限り、単に松嶋菜々子を小泉今日子にしただけみたいなんですが、手抜き?
生茶のイメージが頭にあるから、どうしてもお酒の広告には見えないんだよね・・・ってそれが狙いなのか?


キョンキョンの離婚後初CMは爽やかな和服姿で
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200407/gt2004072903.html

↑どうでもいいけど、上の記事のキャプションは大きなお世話って感じですね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.10

プロ野球の放送時間延長に思う

現在のプロ野球の土台を構成しているヒトたちには、選手やファンのことをこれっぽっちも考えていないことが明らかになった今日この頃ですが(苦笑)、巨人戦の視聴率が凋落をたどっている今、放送時間を延長してメリットを感じるヒトよりも、逆にデメリットを感じる人の方が多いのではないでしょうか?

昔と違って地上波以外にも選択肢は増えてきたのだから、野球放送は地上波は時間固定、終わりまで見たいヒトはBSやCSって棲み分ければいいのに(で、その固定の放送終了時間を21時にするのか22時なのかは、各局の判断で)

せっかく時間延長しても試合終了まで放送できるとは限らないわけだし(NHK除く)、放送時間ずれるし、今のまま続けてもいいこと無いと思うけどなぁ。

・・・なんか、最近のプロ野球がらみのデキゴトって、「古き良き時代」のいい面も悪い面もすべてひっくるめた「象徴」であるように思えてしょうがないです、はい。
「ゼロから作り直そう」って動きはないのかしら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.08.09

オリンピックの公式ソングって・・・

前から気になってたことだけど、オリンピックって公式ソング多すぎ。
ちょっとググってもこんだけ見つかったから、もっとたくさんあるのでしょう。

・アテネ五輪日本選手団の公式応援ソング(KOKIA)
・日本ホッケー協会公式ソング(大黒摩季)
・アテネ五輪日本代表応援ソング(サザン)
・NHKのアテネ五輪公式ソング(ゆず)
・CX系「アテネ五輪」イメージソング(森山直太朗)

ワールドカップの場合はどこのチャンネル見ても同じ曲が流れていた気がするから、これはオリンピックに限った現象なのでしょうか。
だとすれば、これは放送の仕方の違いなんだろうか?(W杯:1社独占 五輪:各局放送)
なんか、統一感なくて盛り上がりに欠ける気がする。

ついでに書くと、局単位でキャスター(有名人含む)送り込んでお祭り騒ぎするのが、どうも馴染めません(しかも年々その傾向が強くなっている気が・・・)
なんてゆうか、マスコミが人工的に感動を作り上げてる部分が多い気がするんだよねぇ(こうやって踊らされるのは好きぢゃない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.08

村上春樹の新作長編

発売が発表になったのか、あるいは予約が解禁になったのか。
amazon/イーエスブックス/楽天ブックス、から立て続けに案内が来た、村上春樹の新作「アフターダーク」。
講談社から9月7日に発売のようです。

最近はずいぶん本を読まなくなって(映画鑑賞とTV/PCゲームと読書、3つ同時にはなかなか成り立たない)、新作を即購入して読むのは、もう村上春樹くらい。

まぁ、「少年カフカ」を読むために「海辺のカフカ」を再読しようと思いつつ、時間取れなくて今にいたっておりますが。

村上春樹に興味を持ったのは、「ノルウェイの森」がベストセラーになった頃。
図書館に行っても、当然「ノルウェイの森」は順番待ちで借りられるはずもなく、棚にあった長編を順番に読んでいったらハマってました。

一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」。
あの小説の二重構造と、図書館のある街の雰囲気は、もう最高ですね。何度読んでも面白い。
話がなんとなく似ている「海辺のカフカ」もよかったけど、内容がだいぶ明るくなったのは、作風が変化しているからだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.08.07

シェンムーオンライン、中国で展開

セガ、オンラインゲーム3タイトルを中国で本格展開
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040804/sega.htm
シェンムーといえば、その内容よりも「制作費70億」ってことの方が有名な(笑)、ドリームキャストの大作ゲームですが、これがオンラインゲームとして、しかも中国で展開とわ。
↑元々、日本(横須賀)と中国が舞台のゲーム

シェンムーの「遺産」は色々あるだろうから、使わない手はないってことでしょうか。


「1」は遊んだよ・・・スペースハリアーのために(笑)(ゲーム中に出てくるゲーセンで、スペハリが遊べたのです)
素材が一流でも、出来上がる料理が一流とは限らないってことを思い知らせてくれるゲームだったなぁ(笑)

そうそう、主人公がリアルな画面の中を歩き回るようなゲーム(最近増えてきたね)を見るたびに、シェンムーの画面を思い出します・・・ってトラウマなのか、これ(苦笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.08.06

ジャレコ、燃えろ!!ジャレココレクションを発売へ

一時期はパシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン株式会社とゆう、とんでもなく長い名前だったジャレコが、「燃えろ!!ジャレココレクション」を発表。

機種はGBAで、秋発売予定。お値段5040円ナリ。

注目の(笑)、収録タイトルは以下の6本・・・って野球とテニスしか知らないや。

燃えろ!!プロ野球
燃えろ!!プロ野球'88
燃えろ!!プロテニス
燃えろ!!プロサッカー
燃えろ!!ジュニアバスケット
燃えろ!!柔道うおりあ~ず

・・・これってやっぱ、ファミコンミニがあんなに売れちゃったから、発売することにしたのかなぁ?
だとしたら、とんでもない「思い違い」な気が・・・(笑)

そうそう、「燃えプロ」と言えば、このHPが有名ですね(ってサイト見つかんなかったからアーカイブだけど)


GBAでのレトロ企画、だんだん「なんでもあり」になっていくんだったら、メーカー超えて格闘ゲームコレクションなんて作ってくんないかなぁ。
収録希望タイトル
・アーバンチャンピョン
・イーアールカンフー
・スパルタンX
・カラテカ
・キン肉マン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.05

鈍獣 in パルコ劇場

今日は宮藤官九郎が脚本を書いた芝居「鈍獣」を観にパルコ劇場に行ってきました。
出演は古田新太・生瀬勝久・池田成志・西田尚美・乙葉・野波麻帆。
行方不明になった作家の行方を求め、作家が少年期を過ごした町のゲイ・バーを訪れた雑誌編集者(西田尚美)が見たモノは・・・

まぁ芝居観に行くと、途中で一回は眠くなっちゃうものなのですが(笑)、今回はそんな暇さえ与えられず、息もつかせぬ展開で最後まで連れて行かれました。

出演の6人とも、いろんな役をやるわ、台詞は多いわで、誰一人脇役がいない感じ。
これってアドリブが入り込む余地があるんだろうか?
かなりのテンポで芝居が展開するから、誰かが止まっちゃったらエライことになるような気がします。
これで昼/夜と2回公演があるわけだから、やっぱ役者のヒトはすごいね。

途中、「太陽を盗んだ男」とか「MONSTER」などのネタもサァーっと流れていったりするので、「元を知ってるヒトにはより楽しめる」あたり、クドカンワールド全開ですね。

この芝居、途中の休憩を挟んだ前半と後半で「色」が違います。
前半はひたすら笑かしておいて、後半は徐々にサスペンス&ホラーな展開に。
最後はあっけにとられたけど、充分満足できました。
できればもう一回観たいところだけど、さすがにチケットが取れません(苦笑)
(芝居は実際に観るまで面白いかの判断がつかないから、事前に2公演分買うのは勇気がいりますね)

ちなみに、今回は西田尚美目当てだったのですが(笑)、意外と乙葉の演技がすごかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.04

ロード・オブ・ザ・リング、RPGで今冬発売(PS2/GC)

ロード・オブ・ザ・リング 中つ国第三紀』、エレクトロニック・アーツから今冬発売予定。

前に発売されたのはアクションアドベンチャーだったけど、今回はRPG。
RPGの原点となった作品をRPGで遊ぶ、なんてちょっと不思議な感じ。

画面見る限り、なかなか面白そうなので期待しておこうかな。

とりあえず、ドラクエ8と発売時期が重なんないことを祈ります(笑)
(同時期だったらドラクエやるし、発売直後に遊ばないと永遠に遊ばない気が・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.03

ヨーダ退任

今日はもう何にもないかと思ったら、avex依田会長退任のニュースがダメ押しか。
もう、何聞いても驚かないぞぉ(笑)

浜崎あゆみ「avexの終焉」発言

max復帰報道

ヨーダ退任


今日はエイベックスデーだったのね(苦笑)
まぁこれで表向きは丸く収まるんだろうけど、はてさて。

とりあえず気になる事2つ。

・役員会の決定がこんなにあっさり翻っていいわけ?
・ヨーダが今回同時に会長を退任した、日本レコード協会の今後


「今回はみなさまに大変ご迷惑をおかけしました。新生avexの手始めといたしまして、弊社製CCCDをお持ちのお客様は、着払いで送っていただければ無償でCDと交換するサービスを実施いたします」
とかやんないかなぁ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.02

見た目のインパクトは大事だね

教科書の表記通りに数式を表示する関数電卓
http://www.casio.co.jp/release/2004/fx_82es.html

複雑な数式がそのまま表示されるってのは、見た目にもインパクトありますね。
ちょっと欲しいけど、関数電卓が必要な機会って、あんまりないな~。

過去、いちばん関数電卓を使用したのは、PC98で「インサイダーズ」とゆうRPGを遊んだとき。

PC98の内部を探検しながら脱出を図るゲームで、二進数やクロックなどPCを構成する要素について学ぶこともできるとゆう素敵な内容。
敵を倒して宝箱を開ける時に、AND/OR/NOT/XORなどの論理演算が必要だったので(笑)、その時に関数電卓が大活躍(いや、補数とか出てくると面倒くさいぢゃん・・・って分かるヒト少ないか)

非常に地味なゲームでしたが、ゲームデザインは秀逸でした。
RPGとしても名作。

知ってるヒトも少ない幻のゲームだったのですが、この本に収録されたおかげで普通に遊べるようになりました。
ちまちまとレベルアップ作業とかするのが好きで、ちょっと理系なヒトにはオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.01

avex内紛!!

先日の鬼束ちひろの件といい、日曜の夜に何気なくYahoo!見てるとびっくりするような音楽ネタにぶちあたりますね。

松浦氏退社でエイベックス分裂
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jul/o20040731_10.htm

2004年、ヨーダの圧政から逃れたmaxは、同士と共に新しいレコード会社を設立。
Apple社と契約を結んだ国内レコード会社1号となった。
これを機に、iTMSが日本でも開始され、他社も追随したのであった。
レンタルで名をあげたmaxだったが、音楽配信で再び、音楽シーンの先頭に立つのだった…

・・・なんて展開をキボン(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »