« ドンペンくん | トップページ | ランチャーって素晴らしい »

2004.08.15

いちいち、美しい

チャン・イーモウの映画「英雄(HERO)」を見ました。

彼の作品は、これまで「初恋のきた道」(←この作品のチャン・ツィイーは、反則だと思えるくらいに綺麗ですね)「菊豆」「至福のとき」の3本を見たのですが、それらとの映像の質の差に愕然。

なんてゆうか、いちいち、美しい映画です。

ストーリーはまぁたいしたことないんだけど(なんか、黒澤明の「羅生門」を思い出したよ)、特筆すべきは色へのこだわり。
場面ごとに衣装や空間、道具の数々の色を統一させているのですが、それでも全然派手ではなく、むしろ落ち着いて見えるところが東洋的とゆうか、なんかスゴイ。

今まで、色で感心した映画は「天と地と」「Dolls」の2本あるけど(どちらも内容はよく覚えてない(笑))、これはそれ以上だなぁ。

ところで、映画監督が色とか調度品にこだわりだすと作品自体の質が落ちてくような気がするので(往年のクロサワや、最近の北野武)、チャン・イーモウがそうなりませんように。

|

« ドンペンくん | トップページ | ランチャーって素晴らしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/1207228

この記事へのトラックバック一覧です: いちいち、美しい:

« ドンペンくん | トップページ | ランチャーって素晴らしい »