« ファミコンクローンのニュータイプ | トップページ | 新iMacへの誘い »

2004.08.18

「開国」はマダデスカ?

iTunesになぜなれない? 顧客志向が必要な日本の音楽配信
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20040815/148558/

ここ数ヶ月、Webメディアに加えて一般メディアも音楽配信に関する問題点を取り上げるようになってきましたが、↑の日経BP社の「IT Pro」での記事もそのひとつ。なかなか骨太で的確な内容になっています。

レコード会社がCD-Rの便利さを認めつつも,iTMSのやり方に簡単に賛同できないのは,それがCCCD(コピーコントロールCD)の導入を進めてきた彼らの立場と矛盾するからだ。「パソコンへの楽曲コピーを禁止したCCCDを店頭で売っておきながら,音楽配信ではCD-Rからコピー制限のない音楽CDを作れる状況を作れば,小売店が黙っていない」(前出の担当者)。

まったく、目先のことしか考えないから、こんなことに(笑)

こんな自家撞着なレコード会社を救うプランを考えてみました。

・CCCDをソッコーで廃止(既発のものは再販保護対象外にして、小売店に好きな値段で売らせる)
・そしてCCCDは「無かったこと」にする(笑)
・CDと配信サービスでは音質が違うことを「積極的に」アピールする
・CDと音楽配信、相互の利点をきちんと啓蒙しつつ、iTMSに参入♪

avexも生まれ変わったことだし(笑)、そろそろみんなで「損して得取れ」な発想に切り替えてもいいんぢゃないかなぁ?

|

« ファミコンクローンのニュータイプ | トップページ | 新iMacへの誘い »

コメント

激しく同意ですねぇ。
日本は著作権を運用する側の意見が強すぎて、実際の著作権者及び消費者がほっとかれてる状況ですよね。
自分の場合、iPod買ってからCDを買う率が上がったんですよ。やっぱり常に自分の側に音楽を聴く環境があればもっと曲が欲しくなるんですよ。ネット配信で1曲100円程度であれば、試しに聴いてみようって気持ちにもなるし、そこからそのアーティストを追う事になったりする訳で・・・。
とっととiTMS開始して欲しいものです。

投稿: Looka | 2004.08.19 18:08

エックセレ~ンット!!(笑)
かつてwalkmanが日常生活の一部にしてくれた音楽を、iPodはより身近な存在にしてくれたわけで。
こんなに音楽に対する需要が高まっている今、日本の音楽業界はCCCDや強固なDRMで一体何を「保護」しようとしてるのか、納得のいく答えを聞きたいですね。
(だいたいさぁ、なんで普段CDなんかを積極的に購入してるヒトが一番不利益を被らなきゃならないわけ? ブツブツ…)

投稿: らきどら | 2004.08.20 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/1227935

この記事へのトラックバック一覧です: 「開国」はマダデスカ?:

« ファミコンクローンのニュータイプ | トップページ | 新iMacへの誘い »