« ブレイクスルーできるかな? | トップページ | 液晶連合 »

2004.09.02

ヤマト運輸のたたかい

ヤマト運輸、民業圧迫訴え 新聞全面広告で「対決宣言」
http://www.asahi.com/money/topics/TKY200408270138.html

個人的に、「様」をつけてもいいと思える企業が3社あって、そのうちの1社がこの「ヤマト運輸」なのです(残りは、アマゾンとヨドバシ 一昔前なら電波新聞社も(笑))

荷物を「指定された時間帯に」「ていねいに」「確実に届けてくれる」。この3つがきちんとできるのって、クロネコヤマトくらいではないでしょうか。

「宅急便」とゆう言葉自体を創出した企業であり(※ヤマトの登録商標なので他社は使えない)、常に規制と戦い続ける企業。

今度の相手は手強いけど(佐川も郵政よりだからなぁ)、がんばれ~!!

ちなみに、ヤマト運輸に興味あるヒト(いるのか?)は、小倉昌男(ヤマト運輸の元社長)の「経営学」とゆう本がオススメです。

・・・まぁ、家の近所に郵便局の本局があるから、荷物の受け取りについて言えば郵便局の方が便利なんだけどね(当日の夜には直接引き取りに行けるから)


|

« ブレイクスルーできるかな? | トップページ | 液晶連合 »

コメント

そんな相手の話題になってしまいますが、
今日のワールドビジネスサテライトにローソン社長が生出演だそうです。
"郵便局コンビニ化戦略~ローソン新浪社長が生出演~"
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

投稿: seki | 2004.09.03 07:01

情報ありがとう(^_^)/
ローソンは別に好きぢゃないけど、あの社長の「セブンイレブンと同じことやってちゃ勝てないから、独自路線を充実させる」ってゆう意気込みはけっこう好きです。

投稿: らきどら | 2004.09.03 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/1340360

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト運輸のたたかい:

» 感動をよべないのは差別化したとはいえない [40歳の人と読む本]
小倉昌男 経営学 先日、ヤマト運輸が郵政公社を提訴しました。 そのヤマト運輸を大きく飛躍させた小倉昌男氏のこの本を読むといかにお役所と戦い、知恵を絞り自ら道... [続きを読む]

受信: 2004.10.01 20:39

« ブレイクスルーできるかな? | トップページ | 液晶連合 »