« ハッピーアップの恩恵 | トップページ | iPod、60GBは上位機種? »

2004.10.11

ベートーヴェンとブラームスの恋文に寄せて in 第一生命ホール

森本レオの声を生で聴くために(笑)、「ベートーヴェンとブラームスの恋文に寄せて」行ってきました。
クラシックのコンサートなんて、中学生の頃に「新世界」聴くために行った「石丸寛ゴールドブレンドコンサート」以来です(笑)

会場の第一生命ホールは、勝どきにあるト~リ~ト~ン♪トリトンスクエアにあります。
総座席数767のコンサートホールで、サントリーホールを小さくしたような感じでした(裏側の席も、パイプオルガンも無いけど)。イスは幅広で、座りやすくて○。


今回の構成はこんな感じ。

◆出演
チェロ:ルイジ・ピオヴァーノ
ピアノ:ルイザ・プレイエル
朗読:森本レオ

◆演奏曲
ベートーヴェン ピアノソナタ月光より第一楽章
ベートーヴェン チェロ・ソナタ 第3番イ長調作品69
クララ・シューマン スケルツォ第2番ハ短調作品14
ブラームス チェロ・ソナタ 第1番ホ短調作品38
encore1
サン・サーンス 白鳥の湖
encore2
サン・サーンス ???…タイトル忘れた(^_^;)


え~と、「月光」しか知りませんでした(苦笑) ちなみにこの曲、「PC版テグザーのエンディングで流れる曲」と言った方が、分かるヒトがいるかも。

内容は2部構成になっていて、前半はベートーヴェン、後半はブラームス、それぞれの恋文を森本レオが朗読するところから始まり、演奏へ(レオ退場)、とゆう流れ。
正味100分ほどの中で、朗読は15分くらい。ずっとしゃべっていて欲しかったところだけど、それだと演奏の妨げにもなるんだろうから、そうゆうわけにもいかず、残念。

いやぁ、森本レオの朗読するところを生で見られるなんて、もうそれだけで元は取れましたね。
最後三人で挨拶したときに、森本レオが最前列の女の子にデジカメ渡して記念撮影してる姿が、なんだか楽しそうだったなぁ。

終演後、演奏の二人はCD購入したヒトにサインしてたけど、その場に森本レオの姿は無し(いたら、何でも買ったであろう(笑))。

観客の大半は、年配層のヒトばかり。
この中に森本レオ目当てのヒトが一体、何人いたのだろうか?(笑)


その後の行動はキーワードにて。

勝どき~月島~門前仲町
黄色いムーの子孫とデザートもんじゃ
電池が切れるまで
やっぱりガイジン
明太子、生エビ、豚キムチ、ベビースター、牛
幻の歴史書、増刷か?
死ぬまでに一度、もんじゃが食べたい…
ジョナサンのマロンサンデー399円(スポンジとコーンフレークによるボリューム感演出で★☆☆☆☆)

|

« ハッピーアップの恩恵 | トップページ | iPod、60GBは上位機種? »

コメント

どうも、お疲れさまでした。

コンサートはもう少し朗読があると嬉かったんだけど
ねぇ(笑) まぁレオ目当てはそうそういないでしょ
うねぇ(^-^;)

でも、音楽目当てにしてもマナーのなさも目立ってた
な〜。中途半端なヒトが多かった感じ(笑)

もんじゃ美味しかったから許すけど〜♪

投稿: さときん | 2004.10.13 23:38

公演のアンケートに「内容のバランスは?」「今後も朗読付きコンサートあれば来る?」などと質問項目があったから、評判よければ次もあるかもね。
ここはやはり、アンケート記入してFAX送るべきなのか・・・?(笑)

マナーは確かに良くなかったですねぇ。まぁ年齢層ゆえに演奏中に携帯とか鳴らなかったのは不幸中の幸いか(苦笑)

投稿: らきどら | 2004.10.15 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/1660402

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンとブラームスの恋文に寄せて in 第一生命ホール:

« ハッピーアップの恩恵 | トップページ | iPod、60GBは上位機種? »