« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004.11.27

そして伝説へ

ただいま、11月27日の午前8時を少しまわったところ。
わたくし、これから冒険の旅に出ることになりました(笑)
したがいましてこのココログ、4-5日更新されませんので、あしからず。

でわ、行ってきます(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.26

カラーって素晴らしい(笑)

今まで、iTunesでアートワーク(ジャケット写真)登録するなんて面倒な作業でしかないと思っていましたが・・・

いやぁ、カラーってほんと、素晴らしいですね(笑)

iPod photo買ってから、せっせとアートワーク登録作業に勤しんでます。
やっぱ、iPod画面にジャケット表示させると見栄えがいいよね~(拡大表示もできるし)

そんなNew iPodをここ数日使ってみての簡単レポート。

・電池の長持ちが実感できる

旧機種では二日に一度は必ず充電してましたが、今は四日に一度でOK(もっとも、旧機種は使用開始から1年半経過してるけど)


・起動時のアップルマークがカコイイ!!

なんだか立体的で素敵です


・写真表示が快適

話には聞いてましたが、これはスゴイ。目にもとまらぬ速さでスクロールさせることが可能です。ただし専用ファイルを作って表示させてる関係上、PCからの転送時には少し時間がかかります


あと、レジュームからの復帰時にほんの一瞬だけ右側の音量が大きくなります。
さほど気にならないので、他のヒトもそうゆう症例が出てるかは不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.25

この組み合せ、誰が望むのか

新型PS2とEyeToyカメラの同梱パックが12月発売
http://www.itmedia.co.jp/games/gsnews/0411/25/news05.html

ドラクエも発売になるし、年末はPS2本体が品薄になると思われる今日この頃。
そこへ来て、この同梱パック。これ、どう見てもEyeToy在庫処分+抱き合わせ販売なんぢゃ・・・

ユーザーが喜ぶものをお得な値段で組み合わせるのがセット商品だと思うけど、SCEの場合は「数字を作りたい」ものがセット商品なんでしょか?(以前もラチェットパック、とかあったなぁ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.24

dreamのニューアルバム

その活動はもはや伝説の逝き域に達している、dreamのニューアルバムが12/8にリリース。
その内容は・・・

1. Bomb A Head !(from m.c.A・T )
2. 寒い夜だから・・・(from TRF)
3. 夢見る少女じゃいられない(from 相川七瀬)
4. Can't Stop Fallin' in Love(from globe)
5. ILE AIYE~WAになっておどろう~(from AGHARTA)
6. ESCAPE(from MOON CHILD)
7. Oasis(from Do As Infinity)
8. M(from 浜崎あゆみ)
9. Every Heart-ミンナノキモチ-(from BoA)
10. I love dream world

歌い直しセルフカバーの次は、他のavexアーティスト曲のカバー。
なんか、選曲が微妙な気が・・・曲に統一感もないし。

何年後かに、小室哲哉作曲一覧とかのサイトに「dream/Can't Stop Fallin' in Love」などと載って、「はて、これ一体何?」とか思うんだろうか。

dreamも、松室麻衣が抜けた時点で活動終了すればよかったのに(苦笑)
やはり「鳴り物入り」だからそうもいかなかったのか・・・


いちおう、詳細はこちら。
http://www.avexnet.or.jp/dream/info/index.htm
このページ見て、今のdreamが7人だとゆうことを初めて知ったよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.23

びっくりドンキーのティラミスパフェ

気まぐれ連載、本日のパフェ(笑)

びっくりドンキーの「ティラミスパフェ」
値段:380円くらい
評価:★★☆☆☆

ティラミスも食べられるパフェ、だと思ったら、ティラミスがメインのパフェでした(苦笑)
下の方には、森永のチョコフレークみたいなヤツが。
ここの層が厚く、おまけにメインがティラミス故にクリームがあんまし下に降りてこないから、チョコフレークだけ食べてる気分に(笑)
最下層付近では、コーヒーゼリーが登場。「チョコ」と「コーヒー」は別物だと思うんだけどなぁ。
やはりこの値段で多くを求めてはいかんのだろうか?

ちなみに、メニューにはチョコレートパフェもあったけど、トッピング以外はは同じなんだろうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.22

iPod photo見参

気がついたらAppleStoreに注文していた、「iPod photo 60GB」が届きました。
通算三台目。5GB→20GB→60GBとステップアップ。
携帯やカメラを次々買い替える人々の気持ちが少し分かった気がします(笑)

iPodタワー
箱をタテに積んでみました。

iPod上から
iPod上部の図。写真上から60GB、20GB、5GB。

iPod横から
横に並べた図。これも上から60GB、20GB、5GB。


実際のところ、三台の中で「photo」が一番薄いです。
もっと厚いと思っていたので、なんか不思議な感じ。

しかし、梱包の仕方がケーブル一つとっても非常に丁寧ですね。
箱から出すのがもったいなくなってしまう。
こうゆうところは、他のメーカーも見習えばいいのに。

iPod本体の質感は、以前のが高級品だとすれば、今回のは普及品といったところでしょうか。でも、決して安っぽくはないです。

実際の使用感については、日を改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

遊佐未森 mimori yusa concert tour 2004 "autumn leaf" in Zepp Tokyo

遊佐未森のライヴに行ってきました。
会場はZepp Tokyoでしたが、オールスタンディングではありません(笑)
以前、SHIBUYA-AXでライヴやったときも座席指定だったけど、指定にするなら「ライヴハウス」でやる意味があるのだろうか、とゆう気がしないでもない(苦笑)

毎年、秋のツアーはアルバム発売に合わせて行っているようですが、今年は発売がないため、ツアータイトルである「autumn Leaf」をテーマにしての展開でした(秋っぽい曲がかかるわけですね)。

そのため、セレクトされた曲も多岐にわたり(知ってる曲は1/3くらいだったけど)、特に終盤の盛り上がりはなかなか。
なんてゆうか、「あぁ、ここはライヴハウスなんだなぁ」って感じ(笑)

懐かしの「君の手のひらから」も聴けたし、満足度は高し。
ちなみに、公演時間は18:12から二時間ちょうど。
しかし、遊佐未森のライヴでグッズ売り場にあんなに人が並んでるのは初めて見た。これも場所柄なんだろうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.20

和製傑作箱庭ゲームに待望の続編登場

アートディンクの名作「A4」(A列車で行こう4)の流れを汲む、A7が発表されました。
発売予定は2005年2月10日。

A4は学生の頃に遊んだなぁ。
畑しかないところに鉄道ひくと、徐々に人が集まってきて建物が建っていく。
「カタンカタン・・・」ってゆう電車の音を聞いてるだけでしあわせな気分になれるゲームでした。

PSでも発売された、続編のA5とA6は3Dになって車窓モードとか搭載されて、「ちょっと方向が違うんぢゃ・・・」と思っていただけに、この原点回帰はうれしいです(大元の1作目まで戻るとパズルゲームになっちゃうけど(笑))

デモンストレーションでは東京の駅周辺を再現。複雑に張り巡らせたレールの上を列車が走り、道路には自動車が往来する。夜になるとビルに灯りがともり見事な夜景を見せ、雨や雪などによってさまざまに表情を変える。

う~、早く遊びたい・・・
PCの動作が遅く感じたら、即、グラフィックボード交換だな(笑)


次は「アトラス」シリーズを復活させてプリーズ。
(アートディンク自身が原点回帰してくれればいいのに)

公式サイト
http://www.a-7.jp/

サイバーフロント、「A列車で行こう7」を正式発表
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20041119/a7.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

globe、decadeツアー追加公演

globeのdecadeツアー、追加公演が発表になっていますね。

来年の1月20/21日がNHKホール、24/25日が大阪フェスティバルホール。
全部平日ナリ(苦笑)

詳細はこのあたりに。

http://www.avexnet.or.jp/globe/news_m.html
http://www.excite.co.jp/music/special/globedecade/sch.dcg


NHKホールは、なんだか落ち着いてみられるので結構好きです。
どこぞで先行予約があれば、1/21に挑戦しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

春遠からじ

ついに、キター!!

米アップル、日本で音楽配信・来春メドに10万曲
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20041118AT1D1704R17112004.html

問題は価格だけど、さて・・・
記事に「交渉に入る」なんて書いてあるところから、「みんなもレコード会社にプレッシャーかけてね(はあと)」なんてことを言いたいのかなぁ、と思ってしまいます(笑)

---
2004/11/19追記

一夜明けての、アップルの談話。ま、当然のごとく従来どおりの内容です。

日本でのiTunes Music Store提供は「できるだけ早期に」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/19/news027.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

メモ:MDのビットレート

家に帰るとMDの楽曲移行作業、な毎日が続いてます。
作業中、MDのビットレートってどんなもんだろ?と疑問に思ったので、今日はそのメモ書き。


元々のATRAC:292kbps
MDLPのATRAC3:66/105/132kbps
Hi-MDのATRAC3plus:45/64/256kbps


下記ページに、分かりやすい表あり。

MDの種類と収録時間
http://minidisc.noihjp.com/Kind.php


ちなみに、stardigioはMP2の192kbpsらしい。

圧縮方法が違うから単純比較できないけど、音質はMD(ATRAC)>stardigio(MP2)かな。
だったら全部MDの曲を移行しちゃえばいいんだけど、1500曲くらいあるのでそうゆうわけにもいかず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.16

テーマ曲の破壊力

近所のサンクスで、「ドラゴンクエスト8」のプロモーション映像を流し始めました。
おそらくは、予約販売促進の一環なのでしょう。

いや~、あの曲(ドラゴンクエストのテーマ)聞くと、無性にドラクエやりたくなりますね(笑) まさに、破壊力バツグン。
FFの「クリスタルのテーマ(って言うのか?)」も同じような破壊力があるけど、やっぱりドラクエの方が上か。

プロモ見ると、フライング販売を割けるためかわざわざ「朝7時発売」を強調してますが、コンビニはともかく普通のゲームショップは開店を早めなきゃいけないから大変ですね。

・・・当日は早起きして引き取りに行かねば(笑)
唯一の心配事は、突然の延期。ここまで来て延びたら社会的影響が大きいから無いとは思うけど、ドラクエに延期はつきものだからなぁ、さて…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.11.15

Goodbye MD ?

iPodを使い始めてから、MDは全く使わなくなりました。
この後もMDをメインで使用することはまず無いと思うので、MDで録音した曲たちをHDDへ移すことに。

1993~2000年の曲がほとんどなのですが、メジャーな曲はアルバム持ってたり、stardigioでかかるのですでにHDDにあり。
したがって、移行はマイナーな曲を中心に行います(でも300曲くらいある・・・)。

MDからの移行で最も問題となるのは、SCMS(Serial Copy Management System)の存在。
「デジタルで録音したものは、デジタル出力できない」ようになってるわけですが、これが激しく邪魔。
何故、自分で録音した曲を(そのまま)移させてくれないのよ?
これなら、ムーブ可能な(デジタル放送の)コピーワンスの方がましか?

今回は友人から魔法の箱(笑)を借りてきたことでこの問題をクリア。
これで、ROMANTIC MODEとかMisty EyesとかABYSSとか、stardigioでかかんないようなアーティストの曲をiPodで聞くことができるようになります。

あと一週間ほど、ひたすらこの作業の日々が続く・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.13

日展 in 東京都美術館

知り合いが入選したので、日展を見に東京都美術館(上野にある)に行って来ました。
ちなみに、日展については年一回開催されてるのと、むかし工藤静香が入選して話題になったくらいしか知識無し。

混雑を避けようと朝10時に行ったにもかかわらず、人でいっぱい(会場は9時から・・・って早いな)。おまけに展示作品もいっぱい(笑)

最初のうち、普通に美術館で観覧するような感じで見ていったところ、どこまで行っても展示部屋が続くため、20分で断念。あとは「見る」から「歩き回る」に変更。

やっと見終えたと思ったら、そこは「日本画」の展示フロアで、他にも「洋画」「彫刻」「工芸美術」「書」がある・・・

まぁでも、当然ながら通常の美術展と違って作品に統一性は全くないので、色んなものをまとめて見られた、とゆうことでは面白かったです。
短時間でたくさんの作品を見たので、頭は完全にオーバーフローしましたが(笑)


でも、なんで絵画はみんなあんなにバカでかいんだろう?
(目立たなければ負け、なのか?)

そうそう、来てる人たちは、年齢層の高いヒトと、高校生くらいまでのヒトに二極化されてました。なんか、不思議な空間だったな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.12

グッドデザイン賞ってさぁ

今年のグッドデザイン大賞がNHKのテレビ番組に決まった、というニュースが少し前にありました。
大賞は、グッドデザイン賞を受賞した中から選ばれるわけですが、そのグッドデザイン賞って結構な割合で受賞してるんですね(2004年は2593件中、1263件が受賞)。

グッドデザインが「すべてのもの」を対象にしているのではなく、「応募された中での選考」だってことは以前から知ってましたが、5割近くが受賞してるとわ・・・


こんだけ受賞してるから、近年広告などで「Gマーク」を見かけることが増えてきたのか。
しかし大賞ならともかく、受賞だけだと(この件数なら)あんまし価値がない気がするのは、気のせいでしょうか?(審査料払ってまで受賞する値打ちがあるんだろうか?)

最近の受賞件数
2004 1263
2003 1097
2002 990
2001 1290
2000 895

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.11

1年前にこんなソフトが発売されてたら買ったかもなぁ

最新ゲームはホームシアター向け?~「Halo 2」を体験してきました
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/10/news021.html

この記事読んで、初めてXboxが欲しくなりました。
買わないけど(笑)


Xboxと言えば、ここ見るとけっこうワイドテレビ対応(16:9表示)のゲームも出てますね。

パンツァードラグーンオルタ」のワイド&5.1ch対応には激しく惹かれます。
・・・買いませんが。

ソフト買ったら、希望者には本体付けてくれればいいのに(笑)>Xbox

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.10

はやいモノレール

仕事でイメージデータ関連の展示会を見に、東京流通センターへ。
この展示会は、毎年この時期、同じ会場で開催されています(昨年は、隣で「セガ プライベートショウ」を開催していて、あやうくそっちに吸い込まれそうになった(笑))

会場へは浜松町からモノレールに乗って行くのですが、大江戸線開通以降、「大門」での乗り換えも可能になったので、東西線からも行きやすくなりました。

ところでモノレールですが、いつの間にか快速が走るようになっていたんですね。
何も考えずに乗ったら快速だったので、あやうく羽田空港まで拉致されるトコでした(笑)
(※快速の停車駅は、浜松町・天王洲アイル・羽田空港のみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.09

自力では何もできない業界に未来はあるのか

ITmediaの音楽に関する対談記事、なかなか読み応えのある内容です。

対談 小寺信良×津田大介(2)――音楽ファンとレコード会社の“思い”は、なぜすれ違うのか
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/05/news055.html

対談 小寺信良×津田大介(3)――コンテンツ業界は今、なにをするべきか
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0411/09/news007.html


これ読むと、なんか暗澹たる気持ちになってきますね。
日本の音楽業界がどん底を見ないと、iTMSは開始されないのだろうか?


アメリカでも以前は音楽配信が全然普及せず、「何やってもP2Pには勝てない」状況だったところにiTMSが登場。その「ユーザー視点なコピー制限」などの理由で市場を席巻したわけですが、結局日本も、iTMSが始まらなければ状況は変わらないのか。

自力では状況を変えることができない、日本の企業はホント情けないですね。
「日本ではアメリカと違いレンタルCDが普及してる」と言ったところで、より利便性の高いサービスが主流になっていくのは必然なのだから、なんで「流れに乗った」サービスを展開しようと思わないのかねぇ。流れを止めようといくら努力しても、水量が増えればそのうち防げなくなることが理解できないんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.08

華原朋美を久々に見た気がする

約一週間遅れで「僕らの音楽」の華原朋美の回を見る。
・・・核心だらけのすげぇインタビューだなぁ(笑)
これ、登場がglobeと逆だったら、明らかに何者かの意思を感じるところですね。
しかし、「遠峰ありさ」は無かったことになってるのか?(苦笑)

番組とは関係ないけど、「I BELIEVE 2004」を聴きました。
なんか、歌謡曲になっちゃった感じ。
曲って、アレンジでこんだけ変わるんですね(編曲は松井寛)。
一回でお腹いっぱいになったので、うちの音楽ライブラリから削除決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.06

銀座で衝撃の液晶テレビに遭遇する

久々に銀座へ。

まずは味噌カツ好きの友人のために「矢場とん」へ。
ロースカツ定食はなかなかに美味。
ちなみにタレは迷わず「ソース」を選択(笑)(この店では邪道だけど)
(味噌煮込みうどんはいいけど、味噌カツはねぇ・・)


次は、AppleStore銀座。
iPod Photoの在庫は40G/60Gともに潤沢(有楽町ビックカメラは、品切れ&入荷待ちだった)
実機触りましたが、第2世代所有者としては、全然厚くないですね、これ。
写真の表示具合も良好。でもカラー液晶の最大のメリットはソリティアな気がしました(笑)


最後はソニービル。
1FにVAIO用の23型フルHD液晶ディスプレイが展示してあり、BSデジタル放送を受信してましたが、画質は×に近い△って感じ。
なんだか、全体的にぼけぼけな映像でした(調整しても変わらず)。
発売は12月だから、まだ試作品なのか、それにしても・・・

その後、上の階でQUALIAの液晶テレビを見る。
いやぁ、これはすごいテレビですね。
「プラズマと比べてちょっと暗い」のが液晶テレビなのに、極めて明るいバックライトを積むことで明るさ問題を解消したのがこれ。
消費電力も凄いけど(550W)、この鮮明さはすごい。おまけにフルHD画像。
画像を見て衝撃を受けたのは久しぶりです。
ま、値段もスゴイですが(46Vで約110万円)。

近日中にテレビを購入予定のヒトは、この画面を見ない方がいいと思います、他のが色あせて見えるから(苦笑)
問題は、バックライトの寿命がどのくらいあるか、だよなぁ。

ちなみに、バックライトを積んでいるのはVAIOのヤツも同じなのですが、やはり「テレビ」と「PC+テレビ」では別モノなのでしょうか?

---
2004/11/22追記

週末にヤマダ電機に展示されていたQUALIA実機を改めて見てきました。
あれ、なんか違う・・・こないだはあんなに綺麗だったのに。
どうやら、ソニー製のデモ映像がQUALIAに最適化されすぎてたようです(笑)
実際のBSデジタルや地上波の映像を見る限り、特に際だった感じはありませんでした・・・いやそれ以上に、赤色作りすぎ(笑) 浦和レッズのユニフォームが別物に見えたよ(苦笑)
あと、映画で暗い部分が映し出されたとき、黒がベターっとしてしまうのはやはり液晶の宿命か…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.05

気になる製品達

最近Webで見かけた、ちょっと気になる製品四種。


iPodをフラッシュライトとして利用できるキット――フォーカル
http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0410/25/news053.html

iPodソックス
http://store.apple.com/0120-APPLE-1/WebObjects/japanstore?productLearnMore=M9720G/A


ハロで芳香剤革命――「ハロマテラピー」誕生秘話
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0411/01/news009.html

バンダイ、「世界最小」のガンダム・フィギュアを同梱した玩具菓子
http://nikkeibp.jp/wcs/j/lifestyle/339642

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.04

しょせんはテレビ局の自己満足か?

地震の影響か、番組の放送延期が相次いでますね。
昨日の「プラネテス」とか、「あぐり」とか(あぐりは2週間丸々放送無し…)
まぁ、番組編成上の問題とか、ニュース速報などで放送が無くなるのはやむを得ないと思いますが、理解できないのが「配慮による放送中止(または延期)」。

最近の地震関連では、ブラックジャックやポケモン、こないだの噴火だと映画「ボルケーノ」など。
あれって基準が曖昧だし、「放送しないことがニュースになる」ことで余計に印象づけられるだけなんぢゃ・・・

だいたい、普段は配慮のかけらもないような番組を流しておいて、こうゆう時だけ「配慮」と言われても、説得力のかけらもないと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.11.03

新札とイオカード

昨日市原へ行った際に利用したJR、すでに券売機に「新札対応」のシールが貼ってあってびっくり。
もっとも、まだ新札を見たことがないので実際に試すことはできなかったのですが。

今回の新札への対応は、どこも素早いようですね。やればできる子だなぁ。
・・・二千円札は黒歴史ですか?


西船橋の駅で、券売機にイオカードを拒否され、二度びっくり(笑)
(↑残り金額がハンパなカードを使って切符を買おうとした)
やっぱりこの駅は特殊だからだろうか?
(東京メトロと接続してる関係上、改札もイオカードとパスネットのコンパチ仕様)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.11.02

globe decade-access best seasons 1995-2004- in 市原市民会館

globeの十周年ライヴツアー、初日の市原市民会館に行ってきました。
まさか年に三度も市原に来ることになるとわ(笑)
しかし相変わらず遠いですね、心理的距離では、静岡市民会館よりも遠い(苦笑)

会場に着いたのは18時少し前。
「オレンジレンジ当会館にて公演決定 4200円」と壁に貼ってあったのを見て「globe一回の料金で二度見れるのかぁ(嘆息)」と当然のごとく思ったわけですが、終わってみると「この金額も許せるかも」と思える内容でした。

なお、今回は「音をきちんと再現するため」に24bitフルデジタルな音響システムを使ってました。
この会場、元々音の抜けが良いのですが、それを差っ引いてもかなり音がクリアに聞こえたように感じました。

以下、これから行くヒトのために当面はマスクしときます。
↑2004/12/24、年内公演も終了したので解除しました

公演グッズ
ここを見ると一目瞭然。
http://shop.excite.co.jp/store/servlet/eplas.goods.GoodsListServlet?sc=globe
これ以外に、各会場限定25セットで帽子となんかのセットを売ってました。
今回はDVD「GVD globe decade Vol.1~globe real document~」を購入。


ライヴ概要
メンバーは、globeの4人3人プラス葛城哲哉。
ライヴは二部構成で、途中に15分の休憩あり。そして休憩中は携帯の使用可能(笑)
休憩時間は全面スクリーンでカウントダウンが行われると共に、URLが表示されてアクセス&書き込みができるとの告知が(書き込んだ内容はリアルタイムでスクリーンに表示される)。
この間、DVDの告知もあり。途中、売り子さんが席までグッズを持ってきてくれました。

ライヴの時間ですが、開始が18:34で、終了21:17でした。
休憩の15分を除いても二時間半ほど。
二時間くらいであっさり終わるかと思っていただけに、いい方に裏切られました。

セットリスト
第1部
01. Feel Like dance
02. Joy to the love
03. DEPARTURES
04. Anytime smokin' cigarette
05. Wanderin' Destiny
06. Perfume of love
07. FACE
08. FREEDOM
09. still growin' up
10. OVER THE RAINBOW
第2部
11. FACES PLACES
12. Sa Yo Na Ra
13. Can't Stop Fallin' in Love
14. Precious Memories
15. DON'T LOOK BACK
16. wanna Be A Dreammaker
17. genesis of next
18. Love again
encore
19. Many Classic Moments
20. Is this love

「Precious Memories」以外はシングル曲。
聞きたかった曲はほとんど入ってるので大満足。
最近の傾向か、後半に行くにつれてトランス色が強くなってました。
「wanna Be A Dreammaker」のアレンジが良かったのと、「Is this love」がちゃんと聴けたのがよかった~(いつもライヴでは客捌けの時にかかってたからなぁ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

タイピングで壁紙をゲットせよ

今日のglobeライヴに備え、時刻表などを調べている最中、xboxアーケードの「炎のミニゲーム道場」がオープンしたことを知る。
早速タイピングゲームに挑戦・・・う~ん、なかなか1位になれんな。

とゆうわけで現在、タイムアタック中です。ただいま41秒。あと少しなんだけど。


---
あれから50分が経過。
36秒出したので自己満足に浸りつつ、寝ることにします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.01

任天堂とソニーの思惑

PSPの値段が19800円(税抜)に決まりましたね~。
「税込」でこの金額にしなかったのは、「少しでも金額を上乗せしたい」あらわれでしょうか?
しかし、ホントにこの金額で発売するとわ・・・
もっと高く売りたかったんだろうなぁ。


以下、勝手な推測。
今回SCEは、任天堂の携帯ゲーム機に関する動向を2つ読み違えたと思います。

一つ目はNDSの発売時期。GBA(SP)自体の売れ行きは全然衰えていないわけだから、任天堂はGBAをもっと引っ張るんでしょ、とSCEは予測したのではなかろうか。
任天堂が次世代機に移行する前に、PSPを「携帯ゲーム機の高級なヤツ」として普及させてしまえばオッケー、と考えたのでわ?(当然、GBAと比べれば画質も圧倒的に上なので、相応の値段をつけても売れるだろうし、ある程度PSPが普及しちゃえば、後から任天堂が新型機発売しても恐れるに足らず)

二つ目は、NDSの価格。任天堂がNDSの価格を発表したタイミング(SCEが記者会見する少し前)からして、PSPに対する対抗意識は見え見え。
しかもあんな値段(15000円-税込)をつけられたからには、SCEとしても対抗できる値段にせざるをえず。
ゲームに詳しいヒトなら、両機種の性能差からして金額にある程度開きが出るのはやむなし、と思うでしょうが、普通にCMとかで初めて存在知るヒトからすれば、価格差から受ける印象はかなり大きいでしょう。「PSP? あの高いヤツね」とか思われてはいけないわけです。


ま、わたくし的には、今のところハードに興味あるのはNDS(タッチパネル)、ソフトに興味あるのはPSPです(もじぴったんとリッジレーサー)。
年内は購入予定ないです、多分(笑)


任天堂に“ニッキュパ”を封じられたPSP
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0928/kaigai122.htm

「守る任天堂、攻めるソニー」、携帯ゲーム対決で負けられない事情
http://nikkeibp.jp/wcs/j/biz/337532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »