« セブンイレブンの鍋焼きうどん | トップページ | PSPをめぐる悲哀 »

2004.12.14

IBM PCの思い出

米IBM、全PC事業を中国レノボに売却
http://nikkeibp.jp/wcs/j/biz/348201

今までIBMのPCを使ったことはないんですが、このニュースは感慨深いですねぇ。


その昔、FM-7ユーザーだった頃は富士通が大好きだったので、富士通とIBMの著作権紛争の頃は「IMB憎し!」とか思ってた時代がありました(苦笑)

IBMが鳴り物入りで「JX」を投入したときには、「お~、日本にもIBM-PCの時代が来るかも」と思ったもんですが、全然そんなことにはなりませんでしたね。
しかしあの頃のIBMは、枕詞に「巨人」と付くのがふさわしいような存在に感じらたなぁ。
ちなみに、当時のわたくし的「IBM-PC」のイメージは「AppleIIと並んで洋ゲーができるマシン」です(笑)
ログインの海外ランキングみては、ウルティマやシェラのアドベンチャーゲームで遊びたいなぁと思ってました(おかげでスタークラフトは神のような存在だった・・・)。

その後セガと組んで「テラドライブ」投入したときには、「なんかIBMも必死だよなぁ」と思いましたが(笑)(確か高橋由美子が宣伝してたよなぁ)、まさかDOS/V(Windows)の時代になるとわねぇ・・・


まぁ、今回のニュース聞いたときにこんなことを思った次第です。
PC98が無くなったときの郷愁に似てるかも。

|

« セブンイレブンの鍋焼きうどん | トップページ | PSPをめぐる悲哀 »

コメント

TERA Driveですか…拾いました。
ついでにPSも拾いました。

自分で買ったIBMPCはTP230です。
おそらくSonyがvaioを出さなければ
IBMと東芝を行き来していたと思います。

何となくスタンダードの安心感がありました。
しっかりしたキーボード技術などこだわりを感じるマシンが多かったので
今後、そのこだわりがどの程度受け継がれていくのか注目してます。

ちなみに自分のPC暦はPC-8001からスタートしてます。
ので、日本語が使えるPCで当時は対抗モデルがあったのかはわかりません。
PC-6001や8801が出てきた頃には各社から出ていた気がします。
MZとかFMとかね

投稿: seki | 2004.12.15 22:44

PC-8001、ナツカシー!! 友達の家で見たことあります。
僕が購入したときには、FM-7、PC-8801、X1で悩みました。
最初に買ったソフトは「ポートピア連続殺人事件」(笑) メモ用紙の暗号解読するまでに2ヶ月くらいかかったなぁ・・・

投稿: らきどら | 2004.12.16 18:53

PC-8001は今でも大切にとってあります。そもそもの始まりのようなマシンですからね。
あの頃のPCいいよな。もう少し先に行ってMSXとかでもいいな。今の技術なら電池駆動できないものだろうか?ニーズがないよな…

投稿: seki | 2004.12.17 19:05

いやいや、電子ブロックが復刻され、MSXだって1チップになる時代ですから何が起こるか分かりませんよ(笑)
とわ言え、まずはNECがROMとかを無償で公開してくんないと始まりませんが(この辺はX68000を無償公開したシャープを見習ってほしいなぁ)

投稿: らきどら | 2004.12.20 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/2267470

この記事へのトラックバック一覧です: IBM PCの思い出:

« セブンイレブンの鍋焼きうどん | トップページ | PSPをめぐる悲哀 »