« 日曜午後8時と言えば・・・ | トップページ | 久々に牛丼を食す »

2005.01.14

ワイシャツのボタン付け

ワイシャツのボタンがはずれました。
「ボタンが取れたら寿命だな」などと達観するほど太っ腹でわないので(笑)、物入れから裁縫セット(いちおう持ってる)を引っ張り出す。

ボタン付けって毎回やりかた忘れるので、そのたびに昔Webから印刷した「正しいボタンの付け方」ってヤツを見ながら作業します。

これに載ってるやり方だと、最後に「玉どめ」をしなくていいからラクなんだよねぇ。
その分取れやすいってワケでもないし(今まで一度も取れたことない)。

ホントはリンク先など貼りたいところなのですが、既にそのページは「Not Found」になってました、残念(印刷した日付を見たら1999年だった)。

・・・と思ったら直接参照できない形のヤツはありました(なぜかダウンロードされる)
写真無いから意味ない気もするけど、これ、貼り付けておきます。


神戸マイスター(服職人) 佐伯博史さんに教わる
正しいボタンの付け方

日本一の腕前を誇る洋服のマイスター佐伯さん。ボタン付けひとつにしてもやはり違います。なんと!最後に玉結びをする必要がありません!

-付け方-

(1)まずボタンを付ける位置に×印をつけ、そこから1cmほど離れた所へ布の表側から針を入れ、布の間を通して×印の中央に糸を出し、ボタンの穴に通す。

(2)ボタンの糸のかけ方は、表が「二」の字、裏が「×」の字になるようにかける。これを2回くりかえす。

(3)2回目の糸がボタンの最後の穴を通ったら、その糸でボタンの足を巻く。ボタンを付ける布地と同じくらいの厚さが確保できるように巻けばよい。

(4)足が巻けたら、針を×印の中央に入れて布地の裏に糸を出し、ボタン裏で「×」の字になっている糸の、クロスしている部分を2回巻いてやる。

(5)巻いた糸を布地の中を通して1cmほど外側へ出し、糸を切る。最後に表側の玉結びを切ってできあがり。

|

« 日曜午後8時と言えば・・・ | トップページ | 久々に牛丼を食す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/2571408

この記事へのトラックバック一覧です: ワイシャツのボタン付け:

« 日曜午後8時と言えば・・・ | トップページ | 久々に牛丼を食す »