« これがホントのグローバル視点? | トップページ | Do As Infinity LIVE TOUR 2005 -NEED YOUR LOVE- in 松戸・森のホール21大ホール »

2005.03.19

名作はハードの末期に降臨す

メガドライブの「エイリアンソルジャー」、ロクヨンの「罪と罰」など、得てして名作と呼ばれるゲームは、そのハードの命運が尽きようとしているときに生まれることがあるようです。


数ヶ月後にはXbox2の詳細が発表されようかという今、Xboxのプラチナパックを買っちゃいました(笑)
(本体+ゲーム4本+DVD再生キットのセット販売)
この時期に本体買おうと思ったのは、アクションRPG「Fable」がやりたかったから。

レジに「Fable」持っていって、店員さんに「本体も買う」と行ったときの、彼の微妙な表情が忘れられません(笑)
なんてったって、週に全国で400台しか売れないハードだからねぇ(※他のハードは数万台単位で売れてる)


そんなXboxの、ファーストインプレッション。

・意外とデカくない(ビデオデッキくらいあると思ってた)
・でも存在感はバツグン(象が踏んでも壊れなさそう)
・ロクヨンのデザインを直線的にして「二回り」大きくした感じ
・(発火の危険があるらしい)アダプタは交換されてた
・付属のTV接続ケーブルが、金メッキになってて驚いた
・起動やゲームの立ち上げはきびきび動いてイイ感じ
・ゲームのデータセーブが速いです(Xboxはメモリカード買わなくても、本体内蔵のHDDにデータ保存してくれる)


しかし、まさかXbox買うなんてねぇ・・・1週間前には想像もできなかったよ。
でも、プラチナパックぢゃなければスルーしてたと思います。だって、プラチナパックが2万円、本体のみだと1.7万円だから。
いかにプラチナパックが捨て値お買い得か分かります。


で、その「Fable」ですが、まだ序盤だけど、いやぁ面白いですよ、これは。
本体ごと買って悔い無し。


「自由度の高い」RPGは割とたくさんあるけど、自分の行動で街の人々の態度が如実に変わるのが新鮮です。

襲われている商人を助ければ手を叩いて喜んでくれ、街を歩けば「英雄だわ」なんて囁く声が聞こえてくる・・・(※実際にしゃべる)、いやぁ冒険って気持ちいいですね(笑)


ゲームの感じとしては、マイトマ+ウルティマ+ゼルダ(ロクヨン版)+ダークロード(ファミコン)といったところでしょうか。
ちなみに、作者はポピュラスで有名なピーター・モリニュー。

別に戦闘してレベル上げなくても、買い物や会話や釣りしてるだけでも楽しいゲームなんて、ロクヨンのゼルダ以来。
「自分がその場にいる感じ」が強く味わえるゲームです。


あ~、ゼルダと言えば、GAMECUBEで発売予定のゼルダの新作が凄そう。
(任天堂のHPに思わず見とれる動画あり)

ロクヨン版の直系、正統進化版って感じですが、これも「ハード末期の名作」となるのかなぁ・・・

|

« これがホントのグローバル視点? | トップページ | Do As Infinity LIVE TOUR 2005 -NEED YOUR LOVE- in 松戸・森のホール21大ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/3393555

この記事へのトラックバック一覧です: 名作はハードの末期に降臨す:

« これがホントのグローバル視点? | トップページ | Do As Infinity LIVE TOUR 2005 -NEED YOUR LOVE- in 松戸・森のホール21大ホール »