« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005.04.30

Tigerとタイガー

昨日、Mac OS X v10.4 "Tiger"が発売に。

「Tiger」発売、アップルストア銀座に1,000人の列
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0429/apple.htm


上は「PC Watch」の記事ですが、その中にこんなくだりが。

 Tigerという言葉に反応して、プロゴルファーのタイガー・ウッズ氏のイベントと間違えたり、長瀬智也さん主演の人気テレビドラマ「タイガー&ドラゴン」の出演者が来ているものと勘違いしたりといった人も見られた。


こないだもらったコメント、あながち的はずれでもなかったみたい(笑)>A-RooMのヒト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.27

Tigerまであと2日

Macの新OS「Tiger」(Mac OS 10.4)がもうすぐ発売になります。
当然発売日に買う・・・と言いたいところですが、うちの非力なiMac(G3/400MHz)には荷が重いので、今回はスルー。現在、Panther(10.3)すら載せてません。

いちおうメジャーアップデートだけど、Windowsの感覚で言えば「98に対する98SE」「XPに対するXP(SP2)」ってあたりでしょうか。

これで有料(しかも現ユーザーへの優待価格とかない)なのにあんまり文句とか聞こえてこないところが、Appleのすごいところですね。
同じ事をMicrosoftがやったら、非難轟々な気がする・・・

まぁ新機能も満載で、ヴィジュアル的に変化した部分も多いので、その辺の「納得させ具合」はApple、うまいと思う。


iMac買ってから今年で6年目。
Tigerを搭載した「Mac mini」が発売されれば購入してもいいかなぁと思う、今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.26

イオカードってすでに販売停止だったのね

イオカード、じきに使えなくなるとわ聞いてたけど、もう買えなくなってるんだ(2005/03/31で販売終了、利用できなくなるのは2006/01頃)。
どおりで売ってるとこ見かけないわけですね。

代わりにSuica使えってことなんだろうけど、あれって初期投資(1500円+500円だっけ?)が必要なのが気に入らない(苦笑)


オレンジカード→イオカード、と利用してきただけに、無くなっちゃうのは少し寂しい(まぁ、最近はあんまりJR利用しないけどさ)。

まだイオカードが無かった頃、ライヴに行って帰りの切符買おうとしたら長蛇の列、だけどオレンジカード専用券売機はガラガラだったので並ばずに切符買えたのはいい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.25

「パタリロ西遊記!」アニメ化

「パタリロ西遊記!」、2005年6月にキッズステーションで放映開始
http://www.hakusensha.co.jp/patalliro/index.html

美しさは、罪~♪
パタリロのアニメって、劇場版「スターダスト計画」以来かな? だとすれば22年ぶり・・・ってそんなに時間が経っているのかとゆう事実にしばし驚愕(笑)


マンガの「パタリロ!」は現在も連載継続中で、現在単行本77冊で少女マンガ界最長のはず(まぁあれのどこが少女マンガだって気もするけどね)

で、「パタリロ西遊記!」は単行本が8冊出ていて、本編?77冊とは別の外伝扱い。
パタリロにしては珍しく(笑)、話が完結してます。
(現在は「パタリロ源氏物語!」が連載されてる)

あれ? 上記アドレス見ると「月刊メロディ」7月号から「パタリロ西遊記!外伝」連載開始って書いてある・・・


今回のアニメ版「パタリロ西遊記!」、キャストはまだ未発表ですが、オープニングとエンディングはBerryz工房と美勇伝・・・ってハロプロかよ、これで見る気が30%減退(苦笑)

一体パタリロをどの年齢層に向けて売り出すつもりなのか・・・
(まぁキッズステーションで放送する時点で、なんか違う気もするけど、過去のアニメをNHK衛星で再放送しちゃうくらいだからいいのか)

挿入歌で「クックロビン音頭2005」とかやんないかなぁ。


ちなみに、このパタリロ、わたくしの幼少期の性格形成に最も影響を与えた作品です。
小学生の頃から単行本読んでるし、全巻持ってる(笑)

ここでパタリロがいかにステキな作品かを書き始めると長くなるので、それはまた、別のおはなし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.22

地球が惑星ゾラになる日

乗って操縦できる2足歩行ロボ、1台3600万で販売
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050421i505.htm

外観はアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するロボットそっくり。

って書いてあるけど、記事の写真、こりゃどう見てもウォーカーマシンでしょう(笑)
これで手を振りながら走ったら最高なんですが。


「LAND WALKER」って名前からは、MDの名作ゲーム「ランドストーカー」が浮かんだので、頭の中ではクォータービューの画面でウォーカーマシンが動き回る映像が(笑)(もちろんBGMは「疾風ザブングル」なのであった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.20

「おそ松くん」は偉大ザンス

アニマックスで「おそ松くん」を放送してることを途中から知り、毎日見てます。
あ、細川たかしが歌ってるヤツね。白黒時代のヤツではありません。

リアルタイムで見てた頃は確か土曜の18時半からの放送で、夕飯食べながら見ていて思わず吹き出したこともしばしば。
丁度このころ遊んでいたWizardry(FM-7版)では、キャラの名前に「でかパン」とか「だよーん」とかつけてました(笑) 懐かしいなぁ。

いやぁ、今見てもやっぱり面白いですね。あの笑いは普遍のモノだったんだなぁと実感。
わたくし的には、この「おそ松くん」と「コジコジ」がギャグアニメの双璧です。


そんな「おそ松くん」、改めて見てみると色々な発見があるものです。

「六つ子が六人兄弟」って設定以外は、人間関係も含めて違うこともしょっちゅうアリの、なんでもアリ
(「とーちゃん」も六つ子のとーちゃんでは無い回があるんだね~)

このアニメに脇役は存在しないし、「このキャラはいい人/悪い人」って決まりもない。
だから自由に設定ができるし、それぞれのキャラが立ってるから(個性ありすぎ(笑))、イメージとのギャップやセリフ回しだけでも充分面白い。


いやぁ、やっぱ「おそ松くん」は偉大だわ。
「イヤミ」と「チビ太」の掛け合いは神懸かり的だし(笑)、「ハタ坊」と「だよーん」の声は聞いてるだけで癒されます(笑)
(肝付兼太の声を聞くと、スネ夫でもジャングルクロベエでもなく、イヤミの顔が真っ先に浮かびます)

あと、声と言えば六つ子の声優に、林原めぐみや松本梨香の名前があったのも驚いた。


また、時には泣かせる回もあって(イヤミがイイ奴な時だ(笑))、「チビ太の金庫やぶり」とか最高です。


そんなおそ松くん、今は4話ずつDVDに焼いてます(笑) DVDレコーダー持っててホントに良かった!
(1~7話を見逃してるので、再放送に期待するザンス♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.19

WindowsXPのアップデート

どうせ「SP2入れろ」って言うんだろ~、と数日放置してあったWindowsアップデートの内容を確認したら、アップデート項目がたくさん出てきたのであわててインストール。

すると、アップデート中に今まで使ったこともないWindowsMessengerがタスクトレイに現れ、以後再起動しても常駐。
(たぶん、「Windows Messenger 用セキュリティ更新プログラム (KB887472)」の影響だと思われる)


コンパネの「追加と削除」から削除しようにも、Messengerはインストールされてないことになってる(なら、何故出てくるのだ?)

仕方ないので、一旦Messengerをインストール→再起動後にMessengerを削除、これでやっと消えてくれました。


「やって欲しくないことをやる」のはMicrosoft、得意だよなぁ。
(MS-Wordで余分なオプションがオンになってる、とか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.18

定期券と回数券

以下、メモ書き。


1ヶ月、定期代の実費は6820円(片道160円、5.1km区間)。
3ヶ月だと19440円で、6ヶ月にすれば36830円。

月に20日通勤した場合、片道あたりの単価はそれぞれ170.5円、162円、153.5円。


一方、回数券は11枚綴りで1600円だから、1枚あたり145.5円。
つまり、定期を1ヶ月で買おうが半年で買おうが、この場合回数券の方が得。


東京メトロの場合、同じ運賃でも距離で定期の値段は異なる(他も同じだと思うけど)。
仮に1.2kmの区間なら、6ヶ月定期でも33270円で、これは片道あたり138.6円。
(1ヶ月でも6160円で154円/片道)

これだけ近ければ定期買った方が得だけど、この距離なら充分歩けるわけで(苦笑)


今までずっと1ヶ月単位に定期券買ってたけど(連休があれば自分の意思で購入時期ずらせるから)、これからは回数券へ切り替えでウッドボール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.16

より子ライヴ 「YORICocoon episode I」 in Duo Music Exchange

より子のライヴを見に、渋谷のDuo Music Exchangeへ(場所はO-Eastの1F)
渋谷のライヴ会場ってだいたいこの辺りに密集してるんですが、ここって道玄坂を登ってこなくても、渋谷マークシティの中を抜けてくるとすぐなんですね。

そのマークシティの出口に、今ではすっかり珍しくなった回転扉を発見。
しかも、ちゃんと動いてます・・・でも象の歩みのように遅い回転なので、あれはあれで危ない気が。


さて、今日は整理番号順の入場で中は自由席、とゆうシステムになってました。
割とギリギリになって取ったチケットでしたが、無事に席を確保(こうゆう時は、一人だと空いてる場所を探しやすくて便利ですね)
立ち見も多数でて、ふと気づけば会場はいっぱいに。女性の方が多かったです。


開演前には、前日に出演したTBSの「NEWS23」の映像や「忘れられた桜の木」のPVを流してました。開演前アナウンスも、より子本人によるもの(しかも2回)。
曲の感じからして「おとなしい人」だと勝手に思っていたイメージが、ここで崩れる(笑)

そして開演。
最初は独りで弾き語りでしたが、キーボードは真正面にあるので、つまり客席の方向いて弾いてました。
その演奏は力強く、そして歌声は透き通っていて、ライヴで聴くにふさわしいアーティストだと思います。


途中、ギター弾いてみたり、自らのラジオ番組を模してお客さんが書いたアンケート読んだりリクエスト曲(椎名林檎やシンディ・ローパーなど)に応じたり、みんなで合唱したりと、盛りだくさんで密度の濃い内容でした。
なんか、ファンクラブイベントみたいなアットホームなノリだった。

・・・会場内の巨大な柱が邪魔で、ギター弾いてるとこやDJのトコは全然見られませんでしたが(泣)


アンコールで歌った最新シングル「忘れられた桜の木」、イイ曲です。

森山直太朗以降、雨後のタケノコのごとく桜を題材にした曲が発表されてますが、そんな凡百の曲達と十把一絡げにしたくない出色のデキ。
ピアノとヴァイオリンの調べが美しい、聴くほどに耳に馴染む名曲だと思います。

返す返すも残念なのは、このシングルがCCCDなこと。
ま、この曲が収録されたアルバム"Cocoon"はノーマルCDなので、これ買っちゃえばいいんだけど(笑)


今日はツアー最終日ということでしたが、また近くでライヴをやるなら、是非見に行くつもりです。

今月ライヴに行くのは今日が最後なのですが、行った三本(TMトリビュート、Do As、より子)どれもレベル高かったです、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.15

受難のB型

韓国で血液型占いブーム、B型男性への偏見広がる
http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=XRUOP4WDMAKWSCRBAELCFFA?type=entertainmentNews&storyID=8180430

わたくしもB型ですが(笑)、韓国のヒトは大変ですね。

「血液型による性格の違い」は、割と違いがあるんぢゃないかと個人的には思います。
もちろん、生まれ育った環境が性格形成に大きな影響を与えるんでしょうから、あくまでも「傾向的に」ですが。

中学生の頃にクラスメートの行動を血液型別に眺めてみたところ、色々と違いがあることがわかったので、それ以来血液型は信じるようになりました。


逆に、星座(生まれた日)による性格の違いは全然信じてません。
生まれた日が一日ずれたからその子の性格が変わるなんて、ありえないぢゃん。

と言っても、やっぱり気にはなるので、毎週末にこのサイトで「翌週の運勢」をチェックしてます(笑)
内容に含蓄があっていいですよ、ここ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

フジテレビからの手紙

フジテレビ(721+739)から手紙が届く。

「いつもご愛顧ありがとうございます。つきましてはステキなプレゼントを・・・」
などとゆう手紙かと思えば、(スカパー!の)視聴料金改定のご案内だった。

4月まで:735円(税込)
5月から:1050円(税込)

なかなかの値上げっぷりだな(苦笑)
桁が上がるとわ、ね。


普段なら「F1見るためだけに契約してる」から割に合わないんで解約するわけですが、今は「ウゴウゴルーガ」やってるからなぁ・・・

値上げの前提として4月から「ウゴウゴルーガ」始めたんだとしたら、なかなかの策士ですね(笑)
(この番組を見るために契約したヒトも少なからずいるはず)

5月からブルーパック(フジテレビやアニマックスやstardigioの視聴がセットになったスカパー!のパック)への切り替えを検討中。

なんかスカパー!の思う壺って気もするけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.13

来年の今頃は使えてるんだよ・・・ね?

米アップル:年内に音楽配信開始へ 市場拡大に弾み
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050413k0000m020125000c.html


日本ではレコード会社の厳格な著作権管理などが障害となり

お~、こんだけはっきり障害の理由が書かれると分かりやすくてイイ!
 
 

今後、主要レコード会社と交渉し、販売する楽曲数や販売料金など詳しい条件を詰める方針だ

エエ~、コレカラ交渉スルンデスカ?
まぁアップルは以前から「年内には開始予定」って言ってたから、それを守ってくれればいいか。
他の配信サービスも軒並み低調みたいだし。


・・・とここで終わるはずだったのに、こんな記事が。


年内開始はまたもやハズレ? 日本向け「iTunes Music Store」
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20082686,00.htm


さて、真実はどっちだ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.11

Do As Infinity LIVE TOUR 2005 -NEED YOUR LOVE- in 神奈川県立県民ホール

今日はDo As Infinityのライヴツアーで神奈川県民ホールへ。
ツアーは、先日の府中公演の後、近畿・東海を回って再び関東に戻ってきたわけですが、愛知岐阜でのライヴの様子はブログ「気ままなNotes...」を参照あれ。


入場直後に長尾大プロデュースの山本サヤカとAkiko(Amasia Landscape)のCDをCCCDでわ無いことを確認して購入。
おまけのポスターに(雨に濡れぬよう)ビニールかぶせてあったのが、気が利いてます>山野楽器


松戸、府中に続きこのホールにも初めて来ましたが、ここもイイ!会場ですね。
雨の中、暗闇に浮かび上がるホールの姿は壮観でした。
2階席、3階席からもステージが近く見えたし、音の抜け具合も心地よかった。

会場が左右に広いおかげで、今日は1階7列目、真正面は左側スピーカータワーでした(苦笑)


今日は開演前のアナウンスを亮君が担当、途中笑いを入れつつ(プレゼントのフェラーリは直接渡さず係員に・・・、とか言ってたな)、噛み噛みながらも最後までこなしてました。
おかげで開演前から盛り上がる会場。
いつもとは違うことが起こりそうな期待が高まります。


で、ライヴの内容ですが本編の構成は今までと同じ。
地元開催の亮くんはテンション高めで地元横浜トークを展開(笑)

防空頭巾の話から、「次は防犯グッズ作って売る(笑)」って言ってたけど、便利なもの作ってくれたら絶対買います。


そしてアンコールはなんと「おかわり二杯」で2曲追加の計5曲。
一度はあるかと思ったけど、鳴りやまぬ拍手&声援に二度も増えるなんて感無量ですね~。
そのたびにみんなで集まって相談する姿みてるとなんだかうれしくなりました。

会場からは「亮さん歌って~♪」の声が多く送られるも、それは叶わず。
やっぱり、今回の5曲+「UNDER THE SUN」が「アンコール用の引き出し」に入ってる曲なのかな?


今日の会場の盛り上がりは松戸公演以上だったと思います。手拍子も声援もすごかった。
(「Week!」の途中、一瞬演奏が止まるところでも手拍子が鳴りやまなかったのは横浜が初めて、だと伴ちゃんが言ってた)


Do As Infinityのライヴに行くのは、これで通算20回目になりますが(年に4~5回のペース)、やっぱり彼らのライヴは楽しくていいですね。
行くたびに元気をもらって帰ってくる気がします。

さて、次はツアーファイナルの武道館に行ってきます。


なお、当日の様子やセットリストはブログ「NEED YOUR LOVE」が詳しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.04.09

SPIN OFF from TM tribute Live 2005 in Zepp Tokyo

TM Networkのトリビュートライヴを見にお台場・Zepp Tokyoへ。
経由のために立ち寄った新木場駅、満開の桜並木が見事でした。


トリビュートと言っても、参加メンバーは以下の五名。TMファンには「言わずもがな」な面々です。

宇都宮隆/木根尚登/浅倉大介/葛城哲哉/阿部薫


で、セットリストはこんな感じでした。
昨日も同じ場所でライヴありましたが、今日とは内容が異なったようです。

01.Bang The Gong
02.CASTLE IN THE CLOUDS
03.Jean Was Lonely
04.雨に誓って~SAINT RAIN~
05.80's
06.THIS NIGHT
07.月はピアノに誘われて
08.MY BEST FRIEND(木根ソロ)
09.techno beethoven(浅倉ソロ)
10.SLASH!(ウツソロ)
11.Still Love Her
12.TIME
13.GIRLFRIEND
14.Twinkle Night
15.Get Wild
16.Be Together
17.DIVE INTO YOUR BODY
encore
18.ANOTHER MEETING
19.YOU CAN DANCE


いや~、すごかったですね。
「TMのライヴ以上にTMらしい」とは聞いてましたが、まさにその通り!!
浅倉大介のキーボードも割と控えめで(ソロを除く(笑))、どの曲も割と原曲に近い感じだったのが◎

そして「TIME」が生で聴けてさらに◎。
「Still Love Her」から「DIVE INTO YOUR BODY」まで続く、「これでもか」と言った流れは鳥肌ものでした。

アンコールが二曲と少なくてちょっと残念だったけど、やっぱりウツの体力がもたないのかなぁ?


TMは「終了」後のライヴにしか行ったこと無いんだけど、今まで行ったヤツは「なんか(終了前のライヴを何度も何度もビデオやLDで見てたのとは)違う」感じでした。

だから、「TMのライヴには行ったことあるけど、(あの頃のライヴを知らずに)行ったと言えるのか?」とゆう思いがずっとあったわけです。

まぁそんな思いも今日で無くなったわけで。
今回のライヴは「心残りだった過去のスキマを埋めてくれる」貴重な体験でした。


・・・今日のようなヤツを去年の横浜アリーナ(double decade)でやってくれればよかったんだけどね(笑)


そうそう、座席は1階4列目とゆう絶好のポジションでしたが、目の前は左サイドのスピーカータワー(笑)

おまけに音量がでかくて(振動で服がビリビリ震えるくらい)、翌日まで耳鳴りが抜けませんでしたYO(苦笑)
音がデカイのは構わないんだけど、ヴォーカルの音量もちょっと上げすぎなんぢゃ・・・


まぁTMも、三人揃えば「新しもの好きなヒト」のおかげで色々と変化するライヴが見られると思うので、これからも「オリジナル」と「トリビュート」別々にライヴやってくれることをキボン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.04.08

物欲を刺激する商品たち

発売されたら是非欲しいと思っていた製品が発売延期になってることを知ってがっかり。

■ フォーカル、iPod用ライト/レーザーポインタを延期
-「レーザーを日本の安全基準に適合させるため」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050329/focal2.htm


まぁ、買ったところで「こう使う!」ってのがあるわけぢゃなくて、「特に意味はないけど欲しい」んですが。

なんか、Mac(Apple)関係にはこういった「妙に物欲を刺激する商品」が割と多いと思います。


PowerMateとゆう名前の、「ボリュームつまみみたいなヤツ」もそう。

こりゃヤケにカッコいい!! 「PowerMate」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/8901.html


・・・このブログ書くために「powermate」でググって、たまたま上の記事にたどり着いたんだけど、ヤバイ、今すぐ欲しくなってきたよ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.07

ソニーは倒れたままなのか

ソニーの新世代HDDプレーヤー「NW-HD5」を試す
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/07/news002.html

「NW-HD」のシリーズはとしては4番目の製品となるが、型番に「5」が使用された理由は「4は不吉だから……」(同社)だからだそうだ。


なんか、ソニーってこうゆう「ゲンを担ぐ」ことをしちゃいけない企業だと思うんだけどなぁ。
色んな意味で「小さくまとまった」企業になりつつある気がします>ソニー

あえてジンクスに立ち向かう、そんな姿を見せてくれる日は来るんだろうか?


今回の「NW-HD5」は全く興味ないけど、先日発表されたヤツ(NW-E500/E400)はカッコイイですね。
久々に欲しくなったソニー製品です。


こちらの「(新)極私的視点」ブログでも、iPodとソニーのことが触れられています。
ソニーも「やればできる子」だと思うんだけど、どうなんでしょ?


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.06

森永アロエヨーグルトの改悪

わたくしが大好きな「森永アロエヨーグルト」、最近新しいヤツが発売になりました。

「森永アロエヨーグルト低脂肪4ポット」新発売のお知らせ
http://www.morinagamilk.co.jp/release/04/b/b0307.htm


これは1コが80gで、3コパックのと同じ容量です(2コパックのは90g)。

発売されたばかりとゆうこともあり、スーパーに行けば当然の如く3コパックの代わりにこの4ポットが置いてあるわけですが、わたくし的にこの商品は気に入らない(苦笑)

・本体容器が紙からプラスチックになった
・底の方がスプーンに引っかかって食べにくい
・食べ終わった容器を重ねられない
・アロエが少ない気がする(笑)

こんなところが、その理由。

不燃物が増えるのに加えて場所も取るんだから、まぁ始末に負えないわけで。
仕方なしに、2コパックを購入しているのであります。


早くスーパーに3コパックが復活しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.05

よみがえる「ミカンせいじん」

昨日から始まったフジテレビの「ガチャガチャポン」とゆう番組に、「ミカンせいじん」のコーナーがあるらしいので、コアなファンのヒトは要チェック(ミカンせいじんの30秒学習)

ソースは昨日のやじうまWatch

今朝知ったので、早速見逃したよ(苦笑)
BSフジでの再放送を見なくてわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.02

CS日本「Do As Infinity SHIBUYA-AX LIVE 2005」

2月24日にSHIBUYA-AXで行われたDo As Infinityの「NEED YOUR LOVEツアー予告編」の模様がCS日本で4月1日に放送されました。

CS日本はスカパー!110の日テレ系チャンネルです・・・ってのは昨日初めて知りました(スカパー!110自体未加入だし ちなみにBS Japanはテレ東系)
「無料放送」って書いてあったからダメモトでRec-POTで予約録画してみると、いやぁちゃんと見れました、ナイスCS日本!

しかし、予告編とは言えまだツアー中なのにテレビで見られるなんて驚きですね~。


ライヴで演奏された17曲のうち、15曲がオンエア。
↓のセットリストで、カッコが演奏されなかった曲。
途中、CMは入らず(まぁCS放送だから当然か)

01.For the future
02.Blue
03.rumble fish
04.楽園
05.ROBOT
(06.Heart)
07.Yesterday&Today
(08.柊)
09.Ever...
10.Gates of heaven
11.シグナル
12.135
13.冒険者たち
14.One or Eight
15.本日ハ晴天ナリ
encore
16.BE FREE
17.one flesh


放送時間90分の内、ライヴは正味75分。
会場では聞き取れないギターの音などが鮮明に聞き取れたりして、復習&予習にはもってこいです。
これでまたライヴに行く楽しみが増えました。
ライヴヴァージョンの「ROBOT」が家でゆっくり聴けるのもうれしい限り。


また、少しですがアンコール出待ちの舞台袖の様子の映像もあり、意外にも(と言ってはCS日本に失礼か)満足度高し。

番組終了後には「柊」、「For the future」、「魔法の言葉」、「BE FREE」(これは一部のみ)のPVも流れてました。


さて、保存用にDVDで録画し直そうと思ったら・・・スカパー!110ってコピーワンスなのかYO!!orz
あの画質(地上波なみ)でコピーワンスって納得できねぇなぁ。

やれやれ、手間かかりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.01

ライヴの座席

ライヴに行くときは、チケットは大抵一枚だけ取ります。
最近は色んなアーティストのライヴに行きますが、座席について経験則で言えることが一つ。

「一枚だけ取ると通路脇の席が圧倒的に多い(しかも必ず通路の左側、座席で言えば右端)」

いや、これはどのアーティストが、どこで取ったチケットが、でわなく満遍なくそうゆう傾向にあるようです。
今年行ったスタンディングを除く4公演(globe、レミオロメン、Do As Infinity×2)は全部これに該当する席でした。


席順決めるのに、普遍の法則ってあるんだろうか?


あ、エイプリルフールのネタではありません、念のため(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »