« 受難のB型 | トップページ | 定期券と回数券 »

2005.04.16

より子ライヴ 「YORICocoon episode I」 in Duo Music Exchange

より子のライヴを見に、渋谷のDuo Music Exchangeへ(場所はO-Eastの1F)
渋谷のライヴ会場ってだいたいこの辺りに密集してるんですが、ここって道玄坂を登ってこなくても、渋谷マークシティの中を抜けてくるとすぐなんですね。

そのマークシティの出口に、今ではすっかり珍しくなった回転扉を発見。
しかも、ちゃんと動いてます・・・でも象の歩みのように遅い回転なので、あれはあれで危ない気が。


さて、今日は整理番号順の入場で中は自由席、とゆうシステムになってました。
割とギリギリになって取ったチケットでしたが、無事に席を確保(こうゆう時は、一人だと空いてる場所を探しやすくて便利ですね)
立ち見も多数でて、ふと気づけば会場はいっぱいに。女性の方が多かったです。


開演前には、前日に出演したTBSの「NEWS23」の映像や「忘れられた桜の木」のPVを流してました。開演前アナウンスも、より子本人によるもの(しかも2回)。
曲の感じからして「おとなしい人」だと勝手に思っていたイメージが、ここで崩れる(笑)

そして開演。
最初は独りで弾き語りでしたが、キーボードは真正面にあるので、つまり客席の方向いて弾いてました。
その演奏は力強く、そして歌声は透き通っていて、ライヴで聴くにふさわしいアーティストだと思います。


途中、ギター弾いてみたり、自らのラジオ番組を模してお客さんが書いたアンケート読んだりリクエスト曲(椎名林檎やシンディ・ローパーなど)に応じたり、みんなで合唱したりと、盛りだくさんで密度の濃い内容でした。
なんか、ファンクラブイベントみたいなアットホームなノリだった。

・・・会場内の巨大な柱が邪魔で、ギター弾いてるとこやDJのトコは全然見られませんでしたが(泣)


アンコールで歌った最新シングル「忘れられた桜の木」、イイ曲です。

森山直太朗以降、雨後のタケノコのごとく桜を題材にした曲が発表されてますが、そんな凡百の曲達と十把一絡げにしたくない出色のデキ。
ピアノとヴァイオリンの調べが美しい、聴くほどに耳に馴染む名曲だと思います。

返す返すも残念なのは、このシングルがCCCDなこと。
ま、この曲が収録されたアルバム"Cocoon"はノーマルCDなので、これ買っちゃえばいいんだけど(笑)


今日はツアー最終日ということでしたが、また近くでライヴをやるなら、是非見に行くつもりです。

今月ライヴに行くのは今日が最後なのですが、行った三本(TMトリビュート、Do As、より子)どれもレベル高かったです、はい。

|

« 受難のB型 | トップページ | 定期券と回数券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/3746167

この記事へのトラックバック一覧です: より子ライヴ 「YORICocoon episode I」 in Duo Music Exchange:

« 受難のB型 | トップページ | 定期券と回数券 »