« WindowsXPのアップデート | トップページ | 地球が惑星ゾラになる日 »

2005.04.20

「おそ松くん」は偉大ザンス

アニマックスで「おそ松くん」を放送してることを途中から知り、毎日見てます。
あ、細川たかしが歌ってるヤツね。白黒時代のヤツではありません。

リアルタイムで見てた頃は確か土曜の18時半からの放送で、夕飯食べながら見ていて思わず吹き出したこともしばしば。
丁度このころ遊んでいたWizardry(FM-7版)では、キャラの名前に「でかパン」とか「だよーん」とかつけてました(笑) 懐かしいなぁ。

いやぁ、今見てもやっぱり面白いですね。あの笑いは普遍のモノだったんだなぁと実感。
わたくし的には、この「おそ松くん」と「コジコジ」がギャグアニメの双璧です。


そんな「おそ松くん」、改めて見てみると色々な発見があるものです。

「六つ子が六人兄弟」って設定以外は、人間関係も含めて違うこともしょっちゅうアリの、なんでもアリ
(「とーちゃん」も六つ子のとーちゃんでは無い回があるんだね~)

このアニメに脇役は存在しないし、「このキャラはいい人/悪い人」って決まりもない。
だから自由に設定ができるし、それぞれのキャラが立ってるから(個性ありすぎ(笑))、イメージとのギャップやセリフ回しだけでも充分面白い。


いやぁ、やっぱ「おそ松くん」は偉大だわ。
「イヤミ」と「チビ太」の掛け合いは神懸かり的だし(笑)、「ハタ坊」と「だよーん」の声は聞いてるだけで癒されます(笑)
(肝付兼太の声を聞くと、スネ夫でもジャングルクロベエでもなく、イヤミの顔が真っ先に浮かびます)

あと、声と言えば六つ子の声優に、林原めぐみや松本梨香の名前があったのも驚いた。


また、時には泣かせる回もあって(イヤミがイイ奴な時だ(笑))、「チビ太の金庫やぶり」とか最高です。


そんなおそ松くん、今は4話ずつDVDに焼いてます(笑) DVDレコーダー持っててホントに良かった!
(1~7話を見逃してるので、再放送に期待するザンス♪)

|

« WindowsXPのアップデート | トップページ | 地球が惑星ゾラになる日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/3783712

この記事へのトラックバック一覧です: 「おそ松くん」は偉大ザンス:

« WindowsXPのアップデート | トップページ | 地球が惑星ゾラになる日 »