« The boss came. | トップページ | 無料なNAVITIME、サービス終了してたのね »

2005.06.16

「耳をすませば」と聖蹟桜ケ丘

映画「耳をすませば」10年でモデル多摩の京王・聖蹟桜ケ丘駅周辺/東京
http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/06/15/20050615ddlk13040001000c.html

聖蹟桜ケ丘は「しあわせの聖地」だと勝手に認定してますが(笑)、あそこはホントにいい所ですね。


ジブリの映画「耳をすませば」(以下、耳すま)のモデルとなった場所が、この聖蹟桜ケ丘だと知ったのは、今から7~8年前のこと。

「耳すま」のシーンが書き込まれた地図(ネット上にあった)を片手に、早速訪れましたよ(笑)
当時は調布に住んでいたので、聖蹟桜ヶ丘までは電車で約10分の距離。

電車を降りて駅前の商店街を抜け、橋を渡って曲がりくねった坂道(途中に杉村神社(笑)がある)を上れば、そこは高級住宅街。
先に進めば地球屋のあるロータリーがあり、さらに進むと団地の一角に給水塔が。

一回りすると3~4時間かかるので、ハイキングには丁度いい感じ。
5回くらいは行ったかなぁ、オフ会で大勢で行ったこともありました(笑)


自然が豊富なので(桜の時期は美しかった…)、今の季節ならアジサイが綺麗に咲いてると思います。
「耳すま」見てから行けば感動できること請け合いですが、それ関係なくてもちょっと気分転換したいヒトにはオススメの場所です。

|

« The boss came. | トップページ | 無料なNAVITIME、サービス終了してたのね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/4580945

この記事へのトラックバック一覧です: 「耳をすませば」と聖蹟桜ケ丘:

« The boss came. | トップページ | 無料なNAVITIME、サービス終了してたのね »