« なかなかのぞんざいっぷりだね | トップページ | ハガレンとドラえもん »

2005.08.15

企業の器

アップルに10万曲を提供する東芝EMI、音楽配信の採算と効果とは
http://japan.cnet.com/svc/nlt2?id=20086297


傘下に家電メーカーとレコード会社を抱えているとゆう点で、東芝とソニーは似た立場にあると思いますが(両社とも携帯音楽プレイヤーを発売している点も同じ)、音楽に対する考え方は全然違うようで。


「(iTMSに楽曲を提供することで)販路が拡大する。また、音楽配信サービスにユーザーの関心が集まり、結果的に販売量は伸びると考えている」
      (上の記事より)
 
 

「価格決定権は譲れない」
     (2005/08/10の日本経済新聞朝刊、SMEJのヒトの「おことば」)


ソニーってさぁ・・・

|

« なかなかのぞんざいっぷりだね | トップページ | ハガレンとドラえもん »

コメント

Sonyも意固地なところがあって難ですが
apple以外のプレーヤーしか選べないiTMSも意固地な気がするので
両者開放していただきたいですなー
sonyでもiRiverでもiTMSが聞けるようになって欲しいです。
もちろんiTMSでSMEやサザンやユーミンとかどんな曲でも買えるなら

投稿: seki | 2005.08.16 07:58

今回はいつもにも増して、Apple(ジョブズか)強気ですからねぇ(苦笑)
ユーザーの立場に立ってiTMS始めたわけだから、その気持ちは忘れないでいてもらいたいもんです。

投稿: らきどら | 2005.08.16 23:38

価格決定権がSMEにあるならSMEが参加するのか
それまでappleは手に入れる必要があるのか
ちょっとわかりませんけど…

自分の都合のいい解釈ではなくて
例えば
「こんなにすばらしいプレーヤー以外で
音楽を聴く必要があるのだろうか?答えはもちろんNo!」
とかいうのではなくてね。

やっぱり今までオーディオ機器を出してきてる
他社さんのプレーヤーにも対応してもらいたいです。
appleがとりあってくれないので
以前どこかのメーカーがソフト対応させてしまったことがあったと思うのですが、
現実的な面で前向きに取り組んでもらいたいです。

他社のプレーヤーで聞けたとしても
「この操作性から離れることはないだろう」
くらいのことを言ってくれないかな?
appleほどの器の企業ならさ

投稿: seki | 2005.08.17 00:25

今のAppleはiPodが利益の源泉だし、おまけに互換機路線がキライだから(笑)、独り勝ちが続く限り、それを自ら手放すことはしないんでしょうね~。

そもそも、iTMSと他の配信サイトの間で品揃えや価格、DRMにさほど違いがなければiPodでも他社のプレイヤーでも使い勝手のいい方をユーザーが選択できる状況になると思うんですが、(iTMSが圧倒的なシェアを持つ)米国ではそんなに違いがあるのかなぁ?

今の日本の状況からしたら、まだ邦楽についてはiTMS以外のサイトの方が充実してるんだから(しかも価格やDRMはiTMSに近づいてる)、ここでソニーあたりがその優位性をアピールしてソフト&ハードの両面作戦に出ればいいのに(愛のメモリーに便乗なんかしてないで、さ)

投稿: らきどら | 2005.08.17 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/5480895

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の器:

« なかなかのぞんざいっぷりだね | トップページ | ハガレンとドラえもん »