« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.31

セレブなコンビニは成功するか?

輸入チーズや生鮮野菜…牛角系、高級コンビニ展開へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20050825i506.htm

“セレブ御用達”のコンビニはいかが――。


あの~、ホントに「セレブ」なんて呼ばれるヒト達はコンビニなんかいかないと思うんですけど(苦笑)
(自称を除く(笑))

高級コンビニって言えば、むかし(10年以上前)高島屋が「生活彩家」とゆうワンランク上な品揃えをしたコンビニを展開してましたが、あんまり成功しなかった記憶が・・・
(現在、生活彩家はポプラが運営)

まぁあの頃に比べればコンビニの数も増えてるし、チェーン間で差別化も必要だから「コンビニ=安くはないけど必要なものは揃う」って認識が変わる可能性はあるし(実際、台頭著しい100円ショップにコンビニが参入してる)、パイが大きいからニッチ戦略も取れるわけで。

でもやっぱり「セレブ」はコンビニに行かないと思うけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

混沌の街、秋葉原をゆく

今日は休みだったので、買い物ついでに秋葉原を散策してきました。


銀座線を神田で降り、書泉ブックタワーに寄りつつ昭和通りから電気街へ向かおうとすると、見慣れぬ道路が・・・
そこを抜けたら、JR秋葉原駅「中央口」とつくばエクスプレス(TX)の駅が出現、すでに亜空間に突入した模様です(笑)
電波少年の如く目隠しをして連れてこられたら、「幕張デスカ?」と思う景色が広がっています。

せっかく来たので、TX秋葉原駅へ。
・・・なんか、ものすごい賑わってるんですけど。
地下へ降りる途中、「あきばお~」の広告がデカデカとあって、びっくり。

改札は、地下3Fあたりでしょうか。記念にパスネット買おうと思ったんだけど、券売機に大勢並んでるので買えませんでした(苦笑)
大江戸線なんかより、よっぽどにぎわってますね。でも券売機少なすぎ。
(夕方に再度訪れたら、臨時のパスネット売り場ができてた)

このTX秋葉原駅、上りのエスカレーターが2基あって、右側は高速タイプ。
これが乗るところからして高速なので、何も考えずに乗ると少々危険かも。
そのうち、転倒事故が起きて問題になって2つとも通常速度になる、に100イバー(笑)


閑話休題、TX秋葉原駅を出て、JRの中央口から電気街口に向かおうとすると、両者を結ぶ連絡通路ができてました。これはなかなか便利です(電気街口の、コンビニの脇に出る)。

ここに来れば、いつもの見慣れた風景に。
でもなんだか、以前来たときよりもTEPCOひかり軍団とメイド(笑)が増殖している気が。
(平日の昼間にメイドがたくさん歩いていて違和感ない街なんて、世界中探しても秋葉原くらいであろう)


まぁでも、秋葉原はこっち側にいた方が落ち着きますね。
これでヨドバシが開店(9月16日)したら、この街はどうなるんだろ?
ますます混沌の度合いを深めていく・・・んだろうなぁ、きっと。

混沌と言えば、ラオックスの各店舗がまたリニューアルしてました(これで何度目だ?)
Mac館が昔の場所に戻り、ザコンの上階に書籍フロアが復活、など。
ザコンは、こないだまでは詰め込みすぎってイメージだったけど、今度は逆にゆとりが有りすぎる気が…


帰りは葛西行きのバスに乗って帰ってきましたが、バス乗り場も駅前からヨドバシ真正面に移転してました。
(移転先を丁寧に教えてくれた、TEPCOひかりのおねいさん、ありがとう)

次はヨドバシオープン後に訪れるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

24時間テレビとマラソン

24時間テレビなんて、ダウンタウンが司会をやって以降全然見たこと無いんだけど、こんなサイトがあるんですね~。

24時間マラソン2ちゃんねる監視プロジェクト
http://tv2426.at.infoseek.co.jp/

このプロジェクトが開始される前の放送までは、放送終了直前のエンディングにランナーがゴールしていました。
しかし、このプロジェクトが始まった2003年、翌年の2004年の放送では共に放送終了まで間に合わず、次の番組の途中で中断し、臨時番組でゴールシーンを放送しています。

2ちゃんねる、恐るべし(笑)

ここと2ちゃんねるの実況板を眺めつつ、テレビ見たらなかなか面白そうだなぁ。
もっと早く、ここの存在に気が付いていれば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.25

帰ってきた伝説のバカゲー

渡哲也24億円ゲームで声優デビュー
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20050823_20.htm

セガ、PS2「龍が如く」制作発表会開催
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050823/ryu.htm


ゲームは制作費24億円の大作で、

制作に3年を要した、セガ渾身の新規タイトル


お~、シェンムーだ、シェンムーが帰ってきた(笑)

こうゆうリアル志向な画面のゲームって今でこそ増えてきましたが(XboxのFableとか)、最初に見たのがシェンムーなので、そういうヤツ見ても全部シェンムーに見えてしまいます(笑)

しかしこれは本家セガが発売するわけだから、シェンムーの正統なる後継者ってことになるんでしょう。


まぁその「シェンムー」、細部にこだわりすぎて肝心のゲーム性が置き去りだったわけですが、さて、セガはあれから学習したんでしょうか?
(いちおうクリアしたけど、移動がだるかった事とゲーム内ゲーセンで遊べたスペースハリアーが面白かった事しか覚えてない)

発売予定は今冬になってますが、これが延び始めたり、CMで制作費24億、とか言っちゃうようだと、シェンムーと同じ道をたどることになるかもしれませんね(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

つくばエクスプレス、運行開始

本日より、秋葉原~つくばを結ぶ、つくばエクスプレスの運行が開始されました。
(あれ? 「つくば」っていつから平仮名になったの?)

秋葉原からつくばまで、最速で45分。いやぁ、茨城も近くなりましたね。
昔はよく「茨城に行くにはパスポートがいる」とか「通貨はイバーだ」などとチャットで話してたのに(笑)
(東京に住んでいても、茨城は「faraway」なイメージがある)

そのつくばエクスプレスのレビューがさっそくITmediaに。

あの「つくばエキスプレス」に“開業時初乗り”してきました
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0508/24/news110.html

改札はパスネットで通過できる。

ん、あれ? スイカぢゃないの???
と思ったら、「つくばエクスプレス」ってJRぢゃないんだ、ずいぶん前から「常磐新線」って言い方してたから、JRだとばかり思ってたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

アニメと声優の関係

劇場版Zガンダムのフォウ役を島津冴子さんに戻せ
http://wiki.livedoor.jp/eternalfour/d/FrontPage

(livedoor Wikiなんてあるんだ…)


10月に公開される劇場版ゼータガンダム2作目の声優交代の件が話題になってますね~。
この予告編を先日劇場で見ましたが、(これ見る限りでは)そんなに違和感なかった気がしました。
まぁ、実際に全編通してみないと評価はできませんが。

予告編はここで実際に見ることが出来ます。

これが実写の映画だったら、俳優が変われば姿形も演技も変わるから、見てるうちに慣れてくるってゆうか、そんなに気にならないんでしょうね。
でも、アニメで声優変わったキャラの姿を変えたら「誰それ?」ってなっちゃうからねぇ。

あと、アニメだと見るヒトにとってそのキャラがどれだけ印象深いかで、違和感のあるなしが変わってくるんでしょうね。


最近見た中では、劇場版の「母をたずねて三千里」(ペッピーノさん)と「キャプテン」(イガラシ)にかなり違和感を感じました。

できれば、TV版も劇場版も同じ声優使うのがいいよね。


でも今調べたら、「キャプテン」は劇場版の方がTV版よりも早かったんだ~。
ぢゃあ、そっちの方が本家か。
最近、アニマックスで「キャプテン」の続編である「プレイボール」が始まったけど、それはどんな感じなんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

劇場版鋼の錬金術師 シャンバラを征く者~見てきました

昼間、ふと思い立って上映館を検索すると、近くの映画館でもまだ上映していることが判明したので、早速行ってきました。

劇場はワーナー・マイカル市川妙典。21時を過ぎた最終上映ってことで1200円でした。
(常時この値段なら、映画をもっと見に行くんだけど・・・)


いやぁ、面白かったですよ、ハガレン劇場版。
テンポもよく、終劇まであっという間。
なんか、アメリカではそのまま放送できないような感じですが(苦笑)


この話、二つの世界で話が展開する上に、「何か見たことのあるヒト」が別の役柄で多数出演しているので、話を追っかけるのに精一杯でした(脳内変換が追いつかない)。

でも、これなら「すでにいないヒト」でも存分に活躍できますね。
色んな意味で、便利な設定だなぁ。


ところでこの劇場版、TV版の続きから始まるので、そっちを見てないヒトは「???」かも。
(いや、見ていても出だしは「???」だったけど)

映画見てたら、「オネアミス」や「エヴァ」や「ラピュタ」のシーンが頭に浮かんできたので、そのあたりが好きなヒトも楽しめるかもしれません(「千と千尋」もか)。

今、これ書きながら頭の中では「魂のルフラン」が鳴り響いてます(笑)


音響も迫力あってよかったです。
アクションシーンの効果音や、序盤のパーティー?のシーンで会話が四方八方から聞こえてくる所など。


結末は、まぁあれでいいんではないかと。
なんか、今後も話が続いたら一人ずつ移住(笑)しそうな気もしますが。


・・・あっちの彼がああなっちゃったのは、同じ世界に同時に同じヒトは存在できないからかなぁ、でもそう考えるとエドが一旦戻った時点でそうなる事が決まっていたのか・・・だとすると・・・なんて考えたくなるくらい、パラレルワールドってのは魅力的な設定ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.18

「不具合」とゆう言葉

宮城沖地震 東北新幹線、不具合で一時運転見合わせ
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050817k0000e040032000c.html

「不具合」って言葉は、自分としては「プログラムのバグなんだけど作った側からすればバグって言いたくないから別の言葉に置き換えた」って意味合いで捉えていたので、こうゆう一般的な話の中で使われていると、どうも違和感を感じてしまいます。


ちなみに、電子広辞苑(第四版)で「不具合」を調べると以下のようになってました。

(製品などの)具合がよくないこと。また、その箇所。多く、製造者の側から、「欠陥」の語を避けていう。

・・・昔からある言葉だったのか。でも、「製造者の側から」って認識は正しいのね(笑)


上の記事では、本文でも

小山駅(栃木県小山市)構内の信号制御装置の不具合で一時運転を見合わせた。

って書いてあるから、見出しもこのことを指してるんだろうけど、この場合、ただの「故障」ぢゃないのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.17

懐かしいアーティスト名がたくさんでてくるスレッド

【消息】好きだった消えた女性シンガー【不明】
http://music5.2ch.net/test/read.cgi/musicjf/1115831524/l50

↑は2ちゃんねるの邦楽女性ソロ板にあるスレッド。

ここ見てると、懐かしいアーティストの名前がたくさん出てきます。
ABYSS、松坂晶子、桃乃未琴、木村由姫、佐々木ゆう子、GAO、昔よく聴いたなぁ・・・

アーティストによっては、現在の動向も書き込まれていたりするわけですが、FBIのボーカルの女の子(サックス吹いてた)が、現在のshelaだったのには驚いた。
なんか、イメージが結びつかないんですけど(でもそう言われてみれば声は同じか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.16

ハガレンとドラえもん

原作者・荒川弘に聞く 映画「鋼の錬金術師」
http://www.asahi.com/culture/theater/TKY200507250335.html

※TV版の結末が、さらっと書いてあったりするので未見のヒトは注意

この記事読んで、ハガレンの作者が女性だと知ってびっくり。
いや、てっきり「メカ好きな兄ちゃん」だとばかり思ってたので。

先日、エドが人体の構成要素を列挙するシーンを見ていたら、それと似た話を昔ドラえもんで読んだのを思いだしたんですが、そのあたりにもハガレンの原点があったりするんでしょうか?
(のび太が燐やら炭素やらを集めて人体錬成(笑)しようとしたら、ミュータントが産まれて一騒動・・・って話だった気がする)


で、劇場版。
「ぼちぼち見に行こうかな」と思ってYahoo!で都内近郊の上映館検索したら、ほとんどの上映期間が「~8/18」(苦笑)
それ以外の表示があっても、「~8/5」「~8/12」・・・ってもう終わってんぢゃん、最新の情報を載せようよ>Yahoo!
(仕事終わってから映画観るのって、かなり気合いが必要なんだよねぇ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

企業の器

アップルに10万曲を提供する東芝EMI、音楽配信の採算と効果とは
http://japan.cnet.com/svc/nlt2?id=20086297


傘下に家電メーカーとレコード会社を抱えているとゆう点で、東芝とソニーは似た立場にあると思いますが(両社とも携帯音楽プレイヤーを発売している点も同じ)、音楽に対する考え方は全然違うようで。


「(iTMSに楽曲を提供することで)販路が拡大する。また、音楽配信サービスにユーザーの関心が集まり、結果的に販売量は伸びると考えている」
      (上の記事より)
 
 

「価格決定権は譲れない」
     (2005/08/10の日本経済新聞朝刊、SMEJのヒトの「おことば」)


ソニーってさぁ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.08.11

なかなかのぞんざいっぷりだね

久しぶりに、サイバラ級の「ぞんざいキャラ」と遭遇(笑)


トリダヨリ


いや~、ぞんざい感でいっぱいですね。
ちょっと買ってみるか(↑は「トリダヨリ」ってタイトルの本の表紙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

久々に発売日に買いたくなったゲーム>タイトーメモリーズ下巻

8月25日にPS2で発売予定の、「タイトーメモリーズ下巻」。
往年のアーケードゲームが25本収録されています。
収録タイトルやゲーム画面は、ここが分かりやすいかな。


この中で特に期待してるのは、「ちゃっくんぽっぷ」と「ニュージーランドストーリー」。前者はFM-7で、後者はメガドライブで相当遊びました(ニュージーランド~は半年ほどかかってクリアした)。

他にも、「バルーンボンバー」「フロントライン」「クイックス」「エレベーターアクション」など、当時よく遊んだゲームがまとめて収録されてるので、久々に発売前から楽しみにしてる一本です。


(タイトーのゲームと言えば、真っ先に「究極タイガー」や「飛翔鮫」などの一連の縦スクロールシューティングが頭に浮かぶんですが、あの辺のタイトルは今は亡き東亜プランが作ってるから収録は無理か…)


ところで、これの上巻が先日発売になったわけですが(こっちは興味を惹くタイトルが少ないのでスルー)、なぜか25タイトルのうち5タイトルは、最初からは遊べない(おまけに条件も分からない)とゆう謎の仕様(苦笑)

抗議が殺到したのか、発売日のうちに出現方法を公開

タイトー、PS2「タイトーメモリーズ 上巻」「奇々怪界」など5タイトルの出現方法を公開
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050728/taito.htm

さらに抗議が増えたのか、その直後に5タイトルの出現コマンドを公開

最初に25タイトル公開しておいて、そのうち5タイトルをロックするなんて一体・・・
コマンド公開するくらいなら、最初っから全部遊べるようにしとけばいいぢゃん。
これがタイトークオリティか。

で、下巻も同じ仕様のようです(^_^;)

★「ガンフロンティア」「エレベーターアクション」「クイックス」「フロントライン」「ニュージーランドストーリー」 以上、5タイトルはゲームを初めて起動した時には、遊ぶことができません。 ある条件を満たすことにより、遊ぶことができるようになります。

ニュージーランドストーリー、真っ先に遊べないのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

東芝「RD-X5」、一部の機械に不具合発生

東芝のDVD/HDレコーダー「RD-X5」でHDD容量誤認識の不具合が発生(ただし特定ロット内の一部のみ)。
このあたりに詳細記事あり。

600GB HDD搭載の「RD-X5」で“500GB”しか録画できない不具合-HDDのファームウェアが原因
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050809/toshiba2.htm

HDD録画可能時間について
http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/support/info/rdx5.html


うちにあるX5は不具合ロットに該当しなかったのでセーフ。
しかしまぁ、元の容量がデカイだけに、最初に確認しない限りは「録って消し」を繰り返してれば気づかないかもね(これが200GB→100GBだったらすぐに気づくだろうけど)。

ちなみに、600GBあれば約270時間の録画が可能なわけですが(標準画質/アナログ放送の場合)、これが500GBなら約220時間となります。


買った当初、「270時間なんて半年かかっても使い切れないだろう」などと思ってましたが、実際使い始めたら3ヶ月で一回転。
現在は2ヶ月ペースです(スカパー!を活用するようになったからか…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.08

iTMS、早くも日本でNo.1に

日本版iTunes Music Store、サービス開始から4日で100万曲販売
http://review.japan.zdnet.com/news/c20086200.html


 「iTunes Music Storeは、わずか4日間で日本におけるNo.1のオンラインミュージックストアとなりました。日本の他の音楽配信サービスが1ヶ月で達成した実績の倍にあたる曲数が、iTunesではわずか4日で販売されたことになります」(アップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズ氏)


お~、すごい。早くも格の違いを見せつけましたね。

このままいけば、1ヶ月もすれば累計ダウンロード数でもNo.1になるんぢゃなかろうか。
一度加速し始めた流れは、なかなか止められないからね。

アメリカでiTMSが始まった当初も(最初は約20万曲の品揃え)、「こんなん売れるのかよ」って様子見だったレコード会社が、その圧倒的な実績を見せられて積極的に楽曲提供を行うようになったので、日本でも同じ流れを期待したいところ。


オープンしてから毎日アクセスして色々と試聴してますが、ビーイング系(B'zやGIZA関連など)とファイナルファンタジーの楽曲の充実っぷりはすごいですね(FFは1から10まである(笑))。
反面、「鳴り物入り」なavexの品揃えがイマイチ…ってゆうかかなり不満なので(アーティストによってかなり偏りがある)、はやく充実させてプリーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.04

東京エスムジカPresents「Urban Folklore~正しいヴィオロンとの遊び方~」 in 渋谷チェルシーホテル

今日は東京エスムジカのライヴに行ってきました。

チェルシーホテルって名前からしてどんなとこかと思えば、そこは普通のライヴハウス。

オープニングアクトに高鈴が登場。ギターとヴォーカルの二人組です。
声もいいし、曲もなかなかでしたが、スタンディングで似た感じの曲調(バラード系)を5~6曲続けて聴くのはちょっとつらかった・・・


そして東京エスムジカ登場、女性2+男性1のグループだと今日初めて知りました(女性のツインボーカル)。

曲の印象と違ってみんな若そうなのには驚いた。
序盤、スクリーンに映し出される映像が東南アジアの影絵劇でしたが、それが彼女たちの「たゆたうアジアンテイスト」とマッチしてました。

ゲスト奏者の、ヴァイオリンの太田恵資さんもすごくよかった(演奏も、人柄も、多芸ぶりも、そしてノリも(笑))。

聴きたかった曲もみんな聴けたし(月凪/月夜のユカラ/月影のワヤン/希望の帆を掲げ)、今日のライヴに大変満足したので、10月に行われる次のライヴチケットも勢いで購入。


帰宅後、知らない曲もあったからiTMSで早速ダウンロード・・・したかったんだけど、東京エスムジカは一件もヒットせず。
ビクターはまだ参加してないのかなぁ?

しかし、(ライヴのために有給使った)今日がちょうどiTMSオープンの日でよかった。
お昼前後に様々に飛び込んでくる情報を見てたら、とても仕事など手に付かなかっただろうからね(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上喜撰キター!、iTMS日本上陸

いやぁ、やっとiTunes Music Store(iTMS)が始まりましたね。
しかも、東京国際フォーラムでの発表直後からスタートするなんて、粋な計らいはApple(ってゆうかジョブズか)らしい。


自分もさっそく11時過ぎにiTMSにアクセスしたのですが(え? 仕事ってナンデスカ?)、この時点ではアメリカのストアに繋がるのみ。
でも「2ちゃんねる」見てると、「○○(←アーティスト名)の曲キター!」の書き込みが多数。
(この時点では、まだiTMSが正式にオープンしたとの情報は無かった)


「ん? これは壮大な釣りか?」と少し不安になりつつ、書き込みにあった「一回フランスのストアに行ってから検索したら出てきた」だとか「いや、ギリシアのサイトからなら行ける」といった方法をいちいち試すも、ダメ。

一拍おいて、正午過ぎに再度挑戦すると、今度は成功。
「浜崎あゆみ」で検索して曲がズラズラと表示された時は、いやぁ感動しましたね。

まだ立ち上がったばかりで不備もあるようですが(ジャンルの分け方が謎だったり、名字だと検索できてもフルネームだとダメだったり)、この辺が整備されてくれば非常に使いやすいサービスになるでしょう(楽曲のデータベースとしても充分使えそうだ)。

登録されている曲もアーティストによって(今のところ)だいぶ異なるようです。
しばらくは毎日チェックせねば。

早くRuppinaの曲をたくさん登録してください>avex
(まだ1曲しかない)


今日は結局、記念にglobeの「iTMSオリジナルアルバム」を購入。
1曲が数秒でダウンロードできるし、アートワークは最初から登録されてるし、便利だなぁ。


そうそう、トップページを見るたびに松崎しげるの「愛のメモリー」の順位が上がっていたのには笑いました。
(2ちゃんねるに、「愛のメモリーを1位にする」スレッドがあったな(笑))


今回、iTMSを本格的に体験して分かったのですが、iTMSは曲のアドレスをURL表示できるおかげで、
  誰かが書いたオススメの曲のアドレスを見る
  ワンクリックでiTMSの画面に飛ぶから、すぐに試聴できる。
  気に入ればワンクリックで購入
ってのができるのがスゴイですね(これによって衝動買いが誘発されるわけか(笑))。

このあたり、「使う側の視点に立って」サービスが構築されているのがよく分かります。


ところで、今日のiTMS関連の動きがYahoo!のトップページに登場しなかったのは、やっぱり意図的?(トピックス一覧には記事があった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.03

あうとらん?

Yahoo!でみかけた広告。

あうとらん?

これ見てると、どこからか「MAGICAL SOUND SHOWER」が聞こえてくる…ような気がします。
車も赤いし(笑)(左に寄ってるのは気になるけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

Apple、複数ボタンマウスを発売

21世紀になってもG5が発売されても1ボタンだったApple純正マウスに、遂に複数ボタンのタイプが登場。

http://www.apple.com/jp/mightymouse/

さすがApple、単純なホイール付きマウスなんて出してきませんね。
説明読むとすばらしく使いやすそうだけど、こればっかりは実際使ってみないとねぇ。

ちなみに、Appleは今まで1ボタンマウスしか発売してないけど、MacOS自体は2ボタンにも、スクロールホイールにも対応してます(自分もiMacはホイール付きマウスで操作してる…ってゆうかさすがに今どき1ボタンではやってらんない)


ところで、「マイティマウス」ってなんか聞いたことあるなぁと思ってカタカナでググってみると・・・こんなヤツでした。
アメコミ版ミッキーマウス?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

Janne Da Arc tour 2005 JOKER in 市川市文化会館

Janne Da Arcのホールツアーの初日、市川市文化会館(千葉県)に行って来ました。
曲調とボーカルの声が好きで割と昔から聴いてるんですが、ライヴに行くのはこれが初めてです。


文化会館のホールは2階建て。自分の席は2階の後の方でしたが、傾斜が充分にあったのでステージの様子はよく見えました。
1階も、最前列とステージの距離が非常に近く、ステージ左右にパフォーマンスできるスペースが張り出していたり、なかなかライヴ向きな会場です。

ところで、市川市には「文化会館」と「市民会館」があって、お互いが駅の反対側にあるからややこしい(苦笑)
実際、「間違えて市民会館に行った」とゆう声を会場で耳にしました。
(自分も、家で下調べした時に最初疑いもなく市民会館の地図を見てた)


さて本日のライヴ、観客の95%くらいは女性でした。
ファン層からして女性が多いとは思っていたけど、ここまで極端とわ…
(ライヴ前、男子トイレに入ったら無人だった(笑))

ツアータイトルにあるように、先日発売されたアルバム「Joker」からの曲が中心だったようで、自分が知ってた曲は全体の1/4くらい。
(でも「Lunatic Gate」が聴けてよかった)

初日とは思えないくらいの盛り上がりで、お客さんとの一体感もあって楽しいライヴでした。
「あんまり曲知らなくても楽しめる」ライヴっていいですね。


デビューから6年以上経過してる彼らですが、昔っから曲の感じが変わらないので、安心して聴けます。

GLAY、ミスチル、ラルク、La'cryma Christiなんかは以前と曲調が変わった気がして今はあまり聴く気になれないんですが(でも最近のラルクは少し戻ってきた気がしてうれしい)、Janne Da Arcはこのままの路線を突っ走って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »