« 2006年3月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年5月

2006.05.15

すみやの思い出

CCCがすみや買収、CD・DVD販売最大手の体制固め
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20060515AT2F1500515052006.html

「すみや」を知ってるのは、静岡と神奈川のヒトくらい?

昔は音楽関係の小売りでは、新星堂がトップで「すみや」が2位だったけど、そのどちらもTSUTAYA傘下になるのか…


学生の頃は、CDやLDやPCゲーム買うのによく利用してました・・・ってゆうか、静岡市内では他の選択肢がほとんど無かった(苦笑)

地域独占しちゃえばいわゆる「殿様商売」ができるわけで、さすがに限界がきたってところでしょうか。


2台目のPC(NECのPC-9801RX)を七間町の「すみやパソコンアイランド」で購入したので、ここにはよく通っていたよ。
SMC-777の4096色表示を店頭デモで見てびっくりしたり(ソニーのVAIOよりも人々のHiTBiTよりも前のPC)、MZ-2500のゼビウスでよく遊んだりしたもんだ・・・


まぁ、「パソコンアイランド」はとっくの昔に無くなってるから(PC関連の売り場は、本店近くのメディア館?に移った後、2年ほど前に消滅)、いま懐かしむこともないんだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

カルチョビットに期待!

いま一番期待してるゲームは、5/18にGBA用として発売される「カルチョビット」。
ベスプレ&ダビスタの作者の手による、サッカーチーム育成シミュレーションゲームです。

公式ページ
http://www.nintendo.co.jp/n08/bixj/index.html


今年はW杯イヤーだから様々なサッカーゲームが発売されますが、間違いなくこれが一番地味だね(笑)
ものっすごくチープな画面で選手達がうごきまわる様がステキです。


試合中に選手の弱点見つけて特訓してまた試合…、この繰り返しのようですが、「サカつく」をシンプルにしたような感じかな?

こうゆうゲームはテンポが大事だから、さくさく遊べるようになってるといいんだけど。
(先日発売された「欧州版サカつく」は、この点がイマイチらしいので見送った)


パスワード対戦ができなさそう(通信ケーブルのみ対応している模様)なのが残念。
でも、一人で遊んでも充分面白いことを期待してます。
(まぁその気になれば、手持ちのGBAプレイヤー使えば一人二役できるし(笑))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.11

GW中のゲーム状況~その2

3日前に書いたヤツの続き。

◆FF12

まずはFF12についての補足(まだ終わってない…)

こんだけ映像キレイで内容もいいのに、唯一残念なのが「画面サイズ」。
なんでワイド対応ぢゃないんだ・・・
DQ8がそうだったから、FF12も当然対応してると思ったのに・・・

通常画面が4:3、ムービー画面は16:9。
その通常画面も、ステータスとかが画面の端まで使って表示されてるから、画面を疑似ワイド(パノラマ表示)にすると、文字が切れてしまう。

仕方ないので、4:3表示で遊んでます。
以前は画面の焼き付きが怖くてめったに4:3表示は使わなかったけど、さすがにプラズマ4年も使ってると、そんなのどうでもよくなってきたよ(苦笑)


◆テトリスDS

発売日に買ったのに、何度遊んでもマラソンモードがクリアできず(120~130ライン消すのが限界だ…)
なんか、ゼルダのBGM聞くと緊張するんだよねぇ、上の画面も見たくなるし。

で、試しにマラソンモードを何度もクリアしてる友人と「DSどうし」で対戦したところ、30回やって一度も勝てずorz
(その後、ハンディ2つ付けてやっと1勝 テトリス向いてないのかしら?)

そんなわけで、未だWi-Fiに接続したことはありません(マラソンモードクリアするまでは…)。

ところでこのゲーム、BGMをCDにしてくれたら絶対欲しい!
クラブニンテンドーの景品にしてくれないかなぁ)


◆おいでよ どうぶつの森

クリスマス前に引っ越してきて、いまだに毎日遊んでいるゲーム。
今まで色んなゲームで遊んできたけど、これだけ毎日継続して遊んでいるのは初めて。

もう最近は、花に水やって住人達と会話して店冷やかしてコーヒー飲む、を繰り返しているだけなんだけど、それだけでも楽しいんだよねぇ、不思議だ。
もはや生活の一部になってます。

携帯機になったことで「いつでもすぐ遊べる」と同時に、「すぐ電源切れる」ので、据置機(GAMECUBE)で遊んだ時みたいに「一度森に行ったら帰りたくなくなる」気分も薄まっているようで、安心して遊べます(笑)

で、こないだ久々に据置機版「どうぶつの森」の封印を解いたら、当然の如く村はそこに存在し、おまけに色んな住人から「51ヶ月ぶりだね、どこ行ってたの? 心配したんだよ」とか言われて、ものすごい衝撃を受けました。

もちろんこれは、最後に遊んだ日からの日数計算してメッセージを表示してるにすぎないんだけど、「ホントに留守してたんだよなぁ」とその時間の重さを実感した次第です。

どうぶつの森、恐るべし。このゲームのROMには、神が棲んでいるね。


そういや、公式HPにある「森の生活を楽しむための50(?)の方法」っていつになったら「その3」以降が更新されるんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.10

ゲーム機以外のなにものでもない、Nintendo Wii

任天堂、E3 2006 Media Briefingを開催
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060510/nin2.htm

早朝3時近くまで、任天堂のE3 2006 Media Briefingのストリーミング中継を見てました。
「遊び」に徹しているところが最近の任天堂らしくて◎。

数年前、AppleのJobsがやってた基調講演を同じように見てたときは画像も音もガタガタだったけど、今回はストレス無く見ることができました。技術の進歩ってすごいね。


今日は新型ゲーム機「Wii」の価格や発売時期が知りたかったんだけど、残念ながら発表されず。
代わりに、開発中のゲーム映像や実際のゲーム画像などがてんこ盛り。
さすがGameCubeの延長線上にあるハードだけあって、ゲームの開発は順調に進んでるようですね。

で、あのヌンチャクコントローラー使ってゲームやってるところを初めて見たわけですが・・・

ゼルダとかテニスとかかなり面白そうだけど、あれを全部コントローラ振り回して遊ぶのはちとつらい気がします(30分も遊べば、ぐったりしそうだ あと、多人数で遊ぶには、それなりに広い場所が必要な感じ)。

従来のようなパッド操作と容易に切り替えられるといいんだけどなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.09

もはやゲーム機にあらず

昼前に2ちゃんねる見ていたら、「PS3は59,800円」とか書いてあって、「いくらなんでもこんなに高くないだろ」と思ったらマジだったのね!

高いゲーム機だ・・・

しかもこの値段でも「機能制限版」(HDDの容量少なかったり、端子がなかったり)で、フルスペックモデルはオープン価格(おそらく7万円超)とわ。


Blu-rayドライブ搭載がひとつのウリにはなってるけど、読み込みしかできないからねぇ。
これぢゃあ今のところPS3には全く興味なし。
この値段で書き込み可能!とかなら、かなり購入意欲をそそられるのに。

PS2が登場した頃は「ゲームができてDVDも見られてかなりお得」と思ったけど、今はDVDにも普通に書き込める時代だから、Blu-rayで綺麗な映像が見られる(だけ)ってのはさほど大きな購入動機にはならない気がします。

SCEは「このスペックだからこの値段でも当然」とか思ってるんだろうけど、さて、これが受け入れられるんだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.08

GW中のゲーム状況~その1

今年のGWは、ほとんどFF12やってました。
・・・が60時間ほど投入するも、いまだ終わらず。進行状況はまだ2/3程度の模様。

周りでFF12を始めた友人たち(当然、古くからのゲーマー)から、「今回は面白いよ~」とゆう話は聞いていたけど、実際よいデキですね。


フィールド画面と戦闘画面が同じで、敵の位置があらかじめ表示されているから、戦闘時のディスク読み込み無し&エンカウント多発によるストレスが無し。
その戦闘も「だいたいは」オート設定できるから、FFシリーズに必須な「盗む」も気軽にできて◎。
(RPGで戦闘してるって言うよりは、アクションRPGで狩りをしてるって感覚)


そして何より、寄り道が楽しい~。

前作(FF10。10-2にあらず)は、勝手にどこかに連れて行かれて、移動範囲が制限されたマップの中で「ここでイベント進めろ」、で終わったら次のエリアへ…てな風に「やらされてる感」が大きかったけれど、今回は割と好きに歩き回れるので、本編中断してあちこち寄り道が可能に。

おまけにサブイベントも色々あるから、そっちに専念していると話の流を忘れる始末に(笑)


ところで、これ遊んでるとPSで発売された「ベイグラントストーリー」を思い出すよ。
序盤の暗い雰囲気の画面や音楽とか、戦闘におけるチェインの要素なんかがそれっぽい(まぁ作ってるヒト同じだからか)。

あれはスゴイゲームだったなぁ。PSの荒いポリゴン表示を逆手に取った見せ方が巧すぎて、最初のでも画面をず~っと見ていたよ。
いつか必ずクリアしたいゲームのうちの一つ。

でも、こうゆう「作り手の息吹が感じられるゲーム」って最近は減ってきたよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2007年1月 »