« すみやの思い出 | トップページ | この世の隅で、紡がれる »

2007.01.14

「武士の一分」観てきました

山田洋次監督、木村拓哉主演の「武士の一分」観てきました。
劇場は「丸の内ピカデリー2」。座席指定で椅子の座りごごちもよく、なかなかいい映画館でした(Webで事前予約もできるので、チケット並ばずに買えて便利♪)

評価は★★★。
映画自体は★★だけど、笹野高史(木村拓哉に仕える役)のさりげなく存在感のある好演にプラス一つ。

ストーリーはシンプルだし、登場人物も少なめ。派手なシーンもあまり無く、淡々と話が進むけれども、さりとて飽きること無し。
こうゆうのは、監督の力量なんでしょうね。

しかし木村拓哉の存在感って、良くも悪くもスゴイですね。
ドラマでも映画でも、「木村拓哉の○○」にしちゃうもんなぁ。


おまけ。予告編で見た映画の一言感想。

蒼き狼
 なんで主演が反町なんだろう? しっかし相変わらずの演技ですね(苦笑)

天国は待ってくれる
 最近はこの手の映画ばかりな気が…

ゲゲゲの鬼太郎
 なんか、実写版デビルマンと同じ香りがしなくないですか?

ハッピーフィート
 アメリカ人がペンギンを題材に映画作るとこうなるのか、う~む

墨攻
 お~、なかなか原作の雰囲気が出てるよ! 期待していい?


「墨攻」は元となった漫画も、そのまた元の小説も大好きなので、観に行くつもりです。
↑にリンク貼ってから気づいたけど、いきなりトップページからflash要求するサイト、多すぎ。


その後、渋谷に移動して最終日の「スーパーエッシャー展」を観ようとしたところ、チケット買うのに90~120分待ちで断念。
混雑してるだろうとは思ったけど、ここまでとわ、ねぇ。

|

« すみやの思い出 | トップページ | この世の隅で、紡がれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/13505204

この記事へのトラックバック一覧です: 「武士の一分」観てきました:

« すみやの思い出 | トップページ | この世の隅で、紡がれる »