« レベル49に到達 | トップページ | 選挙カー »

2007.04.15

コンフィダント・絆 in パルコ劇場

今日は三谷幸喜脚本・演出の芝居「コンフィダント・絆」を観に渋谷のパルコ劇場に行ってきました。

「彼らは芸術家であるがゆえに、結束し、芸術家であるがゆえに、憎しみ合い、芸術家であるがゆえに、それを隠した。」

↑は広告に載っていたコピー。19世紀のパリ、四人の画家が共同で借りているアトリエで起こるお話しです。


三谷作品にしては珍しく2部構成。と言ってもセットが変わるわけではなく、ストーリーの転換点で一拍あけたってとこでしょうか。
2部の直後に作家自身がアコーディオン持って登場するので、その場面を作るためだったかもしれません(笑)


・・・いやぁ「なんていい芝居なんだろう!」って唸るしかない内容でしたね、こりゃ。
今まで見た三谷作品の中で一番な気がします。とにかく、うまい、すごい。
「お腹を抱えて笑える」わけではないけれど、見終わった後に確実にココロに残る作品だと思います。

相変わらず、反復行動で笑わせるのがうまいですねぇ。分かっちゃいるけど笑っちゃう。今回は音楽でも、その反復をうまく使ってました。

中盤くらいまでは、ドタバタなども含みつつ軽い笑いが多かったのが、終盤話がシリアスになるにつれて、泣かせる笑いに。
その笑いが哀しみや辛さの上に成り立ってるだけに、深くて重いんだけど、でも笑える、みたいな感じで。


出演者も文句なし。みんな芸達者だし、一人ひとりの個性が出ていて「この人しかいない」と思わせる配役ですね。
ピアノの生演奏による音楽も◎。

劇中、生瀬さん演じるゴッホが誰かに似てるなぁ、と思ったらムーミンに登場するロッドユールでした。あんな感じの、ちょっとはにかんだような雰囲気出すのがうまいなぁ。
寺脇さんのワイルドなゴーギャンも良かった(^_^)/

いいトコ挙げたらキリがないので、この辺で。DVD出たら絶対買います。

「コンフィダント・絆」
作・演出:三谷幸喜
出演:中井貴一/寺脇康文/相島一之/堀内敬子/生瀬勝久
音楽・演奏:荻野清子


こちらのサイトに、見に行かれた方のブログ情報などまとめられていたので、紹介しておきます。
三谷幸喜 コンフィダント・絆:演劇鑑賞 劇団クチコミ情報局
http://www.engeki.maturika.net/nikki/01/post_46.html

こちらのサイトも。アコーディオン奏者は、日によっては登場しないんだ、見れてラッキーだったのか(笑)
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 『コンフィダント・絆』@PARCO劇場(4/19)&ユーミン
http://blog.livedoor.jp/an_punch1028/archives/50762207.html

|

« レベル49に到達 | トップページ | 選挙カー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/14714742

この記事へのトラックバック一覧です: コンフィダント・絆 in パルコ劇場:

» 三谷幸喜 コンフィダント・絆 [演劇鑑賞 劇団クチコミ情報]
はじめまして(^_^)コンフィダント・絆を 検索していてたどり着きました。今日 みにいきました。笑いあり涙ありで 非常に楽しめた舞台で大満足の舞台でしたねぇ!さすが三谷幸喜さん!テンポのよさには驚いてしまいました。またお邪魔させていただきますね。(^_^)... [続きを読む]

受信: 2007.04.20 01:37

» 『コンフィダント・絆』@PARCO劇場(4/19)&ユーミン [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
三谷幸喜作・演出、中井貴一、寺脇康文、相島一之、堀内敬子、生瀬勝久出演の『コンフィダント・絆』を観た。( ̄0 ̄;アッ 生瀬さん演出の『橋を渡ったら泣け』を観に行ったけど、つまんなかったからレビュー書いてないや(爆)ここでレビューを書いておこう(ぇ出演:大倉....... [続きを読む]

受信: 2007.05.03 11:23

« レベル49に到達 | トップページ | 選挙カー »