« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007.04.30

シティボーイズミックス PRESENTS「モーゴの人々」 in 天王洲銀河劇場

大好きな芸人が三人いるのですが、そのうちの一人、大竹まこと属するシティボーイズのライヴコントを観に天王洲銀河劇場に行って来ました。
ちなみに、後の二人は上岡龍太郎と松本人志。ついでに、シティボーイズは大竹まこと/斉木しげる/きたろうの仲良し3人組(笑)です。

会場である銀河劇場、元はアートスフィアとゆう名前だったのが、ホリプロが運営するようになってからこの名前に。
昨年改修したはずだけど、会場の雰囲気や設備は前と全然変わってない気がします(舞台上の仕掛けが増えたのかなぁ…)


今年のゲストは、毎年おなじみの中村有志と、大森博史/ムロツヨシ。
6年連続で観に来てますが・・・去年の方が笑ったかな。いとうせいこうがいたからか、よりブラックでシュールだった。今回は、「見たままを笑う」コントが割と多かったですね。

ま、この辺りはそのヒトの笑いの嗜好によって評価が変わるわけで。
もちろん、普通に話してるだけでも笑える三人だから(笑)、面白いことに変わりはないんですが。でももっと、お腹が痛くなるくらい笑いたかったなぁ、と。

バンドが生演奏したり(迫力が違いますね)、大竹まことが宙づりになったり(手間の割には…)、新しい試みも行いつつ、セットチェンジ中に流す映像とコントとのつながりが絶妙で全然待たされないところはさすがです。

(腹が出すぎて)体育座りができない斉木さんの体を張ったプレイで、美味しいところを全部持っていくのも例年どおりか(笑)
コントでは、大竹まことが崇め奉られるヤツと、中村有志が必見の「宇都宮さん」が面白かったなぁ。

今年もWOWOWでの放送が決定したようなので、お笑い好きのヒトは、是非。
今回はどこまで放送できるんだろう?(笑)

そうそう、パンフレットが今年は全冊サイン入り(買うまでは誰のサインか分からない)になったんですね。自分が買ったヤツは、斉木しげるのサインでした。当たりか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤城清治 光と影の世界展 in そごう美術館

藤城清治の美術展を、そごう美術館(そごう横浜6F)で開催していたので、外出ついでに行ってきました。

丁度10年前、山梨・昇仙峡の影絵の森美術館で実際の作品を見て、その緻密さと綺麗さに圧倒されたわけですが、藤城清治の名前は知らなくても、独特の影絵で描かれたコビトは知ってるヒトも多いはず。


「美術館とは言え、デパートだからなぁ」とあまり期待せずに行ったところ、なかなかどうして、充実の内容でした。
中は広くて展示作品も多く、休日の割には空いていたので、ゆったり鑑賞できたし、文句なし。

照明を落とした館内に広がる、幻想の世界。
特に印象に残ったのが、ステンドグラスを描いた影絵。これ、写真と見紛うばかりの美しさでしたよ。
あと、影絵と水と鏡を組み合わせた展示(これで一つの作品)が数点あるのですが、絵をのぞき込むと広がる無限(夢幻)空間には圧倒されます。これ見るだけでも、行く価値ありますね。

淡い色彩を使った作品もけっこうありましたが、これは一体どうやって作ってるんだろう?ってかこれも影絵なんだろうか?

もう80歳を超えてるってのに、今でも新作を次々発表してるところもすごい。
って、会期中の特定の日にサイン会やってんだ、スゲー。も一回行くかなぁ・・・

そんなわけでこの展示、少しでも興味があれば見て損はないと思います♪
2007/05/26まで開催中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.29

未変身でエルモアの荒地に立つ

夕方、とうがらしさん/アルさんと傲慢の塔11階層へ21Fスクロールの収集に行きました。

サキュバス×3を何セットか撃退していると順調にスクロールが3枚集まったので、目標を9枚に設定して上の階へ・・・でもダンシングソードは誰も相手にしたくなかったので、15Fまで(苦笑)

やっぱり、サキュバスが出現する階は緊張感がありますね。ふと気づけば囲まれてたりするから、あんまり気が抜けません。
なるべく自分にタゲ集まるよう心がけてみたんですが、同時多発的に寄ってこられると、なかなかうまくいかないもんです。

スクロールは最後の一枚がなかなか出ずに随分歩き回りましたが、全然マップ覚えられませんなぁ・・・ってやっぱり意識して歩かないとダメか。
無事に9枚目が出た時には、安堵と解放感で胸いっぱい(笑)のうちに狩り終了。


夜、ふと思い立って未変身で昼時間のエルモア荒地へ。
タゲ取らなくても勝手に寄ってきてくれるから楽かなぁ、と例によって安易な考えの元に実行された計画です。

確かに最初のうちはすごく順調だったのですが(わざわざ追っかけなくてもいいから)、エルモア一家×2とか遭遇するとダメですね。
ウィザード達から魔法ガシガシ喰らってるところに、ソルジャーが3体高速で向かって来た時は恐怖を覚えました(苦笑)
さらに雪男や虎にも追っかけられるし、さんざんな目に(笑)

結局、30分持たずに帰還(^_^;)
50個持ち込んだ桜の雫も、帰還した時には残り数個。ハイネケイヴや火山やDVCよりもPOT消費するとわ…
この計画、次の発動予定はありません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.28

我ら、火ゴレ討伐隊

小夜さん/シャリムさんとハイネ近郊で狩り。

森の中で狩りをするも、なかなか現れないモンスター達。たまりかねて引きに行ってくれた小夜さんが、ものっすごい数の蜘蛛を引き連れて凱旋(笑)
二人でちくちくタゲ剥がしながら攻撃して殲滅するも、なんだか物足りないので火山へ移動。
ここでシャリムさんがWIZにキャラチェンジです。

軽くよもぎ狩りのつもりが、なぜか火ゴレ狩りに(笑) ってゆうか、なぜか我々に寄ってくる火ゴレ。周りに他のヒトがいても、こっちに来る火ゴレ。あっちからも、こっちからも、火ゴレ。倒してもまたやって来る、火ゴレ(笑)

一所懸命叩いてる横で火タマゴがス~っと移動して他のパーティに倒されることも二度三度、なんだかみんなのために火ゴレ討伐してる気分になってきました。
一体誰が火ゴレに好かれてるんだろう???(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.27

春のヨモギ祭り

ヨモギ、貯まりますねぇ(笑)
狩り前に手持ちのヨモギを「桜の雫」に換えてるんですが、こいつは倉庫に入れられないからヨモギは増殖するばかり。
イベント終わる頃には5桁になってるんだろうか?(笑)

まぁでも、桜の雫のおかげで普段はあまり行かない狩り場(蟻穴とかDVCB2Fなど)にも行けるので、イベントの恩恵は大きいです。
イベント終了後、戦い方が雑になってんのが怖いですが…

そうそう、ヘイスト師も大助かりです♪ 彼に会うために、狩りは30分単位です(笑)
bテレ使ってまで戻るのは効率的にはいかがかとも思いますが、GPとGGPが減らずに増えてくのがとてもうれしいですよ(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.26

ホホホホワイトドラゴン

オークの森でホワイトドラゴンの鱗、拾いました(笑)
誰かの落とし物かと思って全チャを眺めてみましたが、それらしい発言は無かったので、ありがたく頂戴することに。

・・・後で調べたら、4種あるドラゴンの鱗の中で、ホワイト~はアデンのどこかに落ちてるものなんですね。てっきり竜の住処でしか入手できないと思ってました。
そして値段聞いてびっくり…ってゆうか唖然(^_^;)

ええと、まぁとりあえず、リネージュばんざ~い(笑)


その後、小夜さん/ユニさんと地下侵攻路へ。
道に迷いながらもB3Fに到着し、ディアド要塞に続く広場で狩り。

この場所で狩りをするのは初めてですが(通ったことは2回くらいある)、モンスターがPOTをまとめてたくさん落とすんですね~、ちょっと感心しました。
グリーンポーション×6とか、ステキすぎ(笑) ・・・でもダークエルフウィザードの攻撃がすごく痛いので、一人で来られる場所ではなさそうですorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.25

リネでお花見

本日のクラハンは「桜の森」。みんなでお花見です(笑)
メンバーは、アルさん/ゆきさん/小夜さん/香帆さん/Akiさん/水さん/らきどら。
着物姿の4人と、ウサギな3匹で記念撮影をしました。

みんなでお花見

ヨモギや団子を広げてまったりした後、傲慢の塔低層へヨモギ狩りに・・・ってアデナは出ないのにヨモギは出るんか(笑)

途中、うっかりコカトリス2匹に突撃したところで、「ちゃんと引け」と師匠から指導が。
自分の近くに来るまでは待ってたんですが、つい単騎の時のクセで攻撃を…
もっと全体の中での位置取り考えないとなぁ、ついでに早く道も覚えないと(苦笑)

途中でスト追っかけるヒト、アスさんが合流して8人のフルパーティに。
エンチャたくさんかけてもらって何が何だかワカラン状態でしたが、10Fで沸いてもみんなでガンガン処理できちゃうのがすごいです。

おかげで場所の割にまったり狩りができました。こんな「花見でみんな酔っぱらって勢いだけで来ちゃいました」みたいな狩りもいいですね、春らしくて(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.24

「桜の森」は風情がありますなぁ

ログイン後、さっそく期間限定お花見会場「桜の森」へ。

広くてきらびやかなマップですね。心和みます。最初ちょっと見とれてしまいましたよ。今年は桜を見る機会が多いなぁ。
これで5月になって、桜がいきなり藤棚になったりしたらスゴイんですが(笑)

水辺で「これは川なのか池なのか?」と思索にふけっていると、着物姿の水さんと遭遇。このマップに着物はよく似合いますねぇ♪

その後オークの森へ狩りに出て、ヘイスト師に会いに再び「桜の森」を訪れると、今度はとうがらしさんに遭遇。三色団子を買いに来たようです。
AC-4の効果が20分持続するアイテムですが、値段の割に成功率低すぎな気が…

ギランケイヴB2Fでオークスカウト軍団(笑)の合間を縫って狩りをした後、本日の締めで象牙の塔を訪れると今度はアルさんに遭遇。リビングアーマー相手に苦戦してたら色々エンチャかけてくれました、ありがと~(^_^)/

一日に3人と偶然会うのは初めてのことです。
広いようで狭い世界ですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.23

レベルアップ記念のお買い物

レベルが上がったことを勝手に記念して、シャイニングソウルベルトを買いました。
シャイニングスケイルがそこそこ貯まったのでいずれ作るつもりだったんですが、割と安価な出物があったので迷わず購入。

シャイニングソウルベルト:HP+20/MP+20/HPR+1/MPR+1

さすがにバランス取れてるだけあって、使い勝手はいいですね♪
現在は、これと水グローブ装備してMPR+6にしてますが、1時間の狩りならAC重視のシャドウグローブに付け替えてもMPは大丈夫そうです。
これでHPRが+11ってのも、なんか心強いし。

しかしやっぱりいい物はそれなりの値段がしますなぁ、今回つくづく納得しました(笑)
ついこないだ貯金が1M超えて喜んでいたんですが、レベルアップ直前に経験値復旧したのと今回の買い物で、また貧乏生活に。

経験値があまり増えない分、アデナが貯まるのを楽しみに狩りをする、今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.22

これがレベル49か…

久々にログインすると、色んな事に愕然としますね。
自分が、だだっ広くて誰もいないところにいて驚いたり(グルーディオの市場だった)、ギラン市場に行ったら「にんじんうさぎ」がたくさんいたり…。

まぁでも一番びっくりしたのは、経験値の上がらなさっぷり。
前回はレベル49になったタイミングでログオフしたので、今日が未体験ゾーンへの初挑戦なわけです。
最初オークの森でちょっと狩りしてたんですが、全然上がらない%を見てると、レベル50どころか安全圏の5%ですら、はるか彼方に感じます(苦笑)

その後、シルバーナイトタウンケイヴ2Fに移動して1時間狩りをしてみたところ、得られた経験値は0.312%。
今までは1.1~1.25%/時間くらいだったので、まぁ予想通りの値なわけですが(レベル48の約3.6倍)、頭でいくら理解しても、実際にこの数字見ると、ねぇ(苦笑)

まぁとりあえずは一日0.5%を目標に、のたりのたりと数字を積み重ねることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.21

日常と非日常

観劇で始まり、ライヴに終わった割と非日常な感じの1週間。
・・・ライヴなんかはバラバラで予定が入るので、後先考えずにチケット取っていくと、こんな感じに集中して収拾がつかなくなることが、たまにあります(苦笑)

後先考えずと言えば、先日観に行った「コンフィダント・絆」の大阪公演はチケットがかなり余っている!との衝撃情報が。
実際、イープラスで見たら平日はほとんど「空席あり」だったので、気がついたら千秋楽のチケット取ってました(笑)
そんなわけで、5/31は大阪に行ってきます(^_^)/・・・・・・日帰りですが(苦笑)

この1週間はリネージュ全然やんなかったわけですが、無意識に起動したりとか夢の中で狩りしてた、なんてことは無かったので、どうやらまだ中毒にはなってないようです、ひと安心(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

篠原美也子 BEAT OF RAIN in Shibuya O-EAST

よく歌い、笑い、しゃべるヒト、篠原美也子のライヴに行ってきました。
今日がちょうど、デビュー14周年になるようです。おめでとうございます(^_^)/

大昔、ニフティのどっかのフォーラムに「おすすめのアルバム」を紹介する会議室があって、そこで多くのヒトが薦めていた「満たされた月」を試聴もせずに買ったのが、彼女の曲を聴くようになったきっかけです。
で、2年くらい前にまだ活動していることを知って、久々にこのアルバム引っ張り出したら生で曲聴きたくなって、今回が3度目のライヴになります。

最初は曲と本人のギャップにかな~り驚きましたが(笑)(まるで中島みゆきだね、こりゃ)、さすがにもう慣れました。あっけらかんとして、カッコイイよなぁ。

さてライヴですが、発売直前のアルバム「桜花繚乱」からの曲を中心とした、相変わらずパワフルな内容でした。あっという間の3時間。ライヴ中だけ時間の流れが1.5倍速ぢゃないかと思うくらい充実してましたね。

会場の物販でその「桜花繚乱」を買って帰宅。
今、聴きながらこれ書いてますが、よいアルバムです♪
(「永遠を見ていた」と「春色」がいいなぁ)

そうそう、彼女のライヴに行くと最後にお土産もらえるんですが(セットリストと、一言メッセージ)、この辺りの細やかな心配りはステキですね。

公式?サイト
篠原美也子 Wkikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.20

家族の食卓

家族の食卓(作詞:斉藤由貴 作曲:岡本朗)

家族の食卓に 湯気たてて寄り添う
みんなで決めた 週末のメニュー
いつもの僕の椅子 見慣れた油絵には
みんなが集うよ 何も変わらずに
悲しいこと 苦しいこと 曇りガラスの向こう
しあわせなんてほんとは こんな夜の優しい家だね

もう20年以上も前の曲ですが、うれしい知らせや悲しい知らせを聞くたびに、ふとこの曲を思い出します。

「しあわせとは、ありふれた日常の中にこそある」。
後から振り返った時、暖かみを伴って浮かんでくる思い出こそが、しあわせってことなんじゃないかと思います。

これから明るい未来が待ってる人には、そんな日常がずっとずっと長く続けばいいと思うし、今ツライ思いをしてる人には、温かい過去の思い出がそのつらさを和らげてくれればいいなと思うわけです。

これ読むすべてのヒトが、しあわせでありますよ~に(^_^)/


・・・歌詞全文は、下記リンクの455番レスあたりにあるので、よかったらど~ぞ。
(この詞を二十歳くらいの時に書いた斉藤由貴はホント、すごいね)

暇な時に好きな歌詞を書くスレ
http://yasai.2ch.net/honobono/kako/1014/10146/1014650696.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.19

tribute LIVE III SPIN OFF from TM 2007 in SHIBUYA-AX

小室哲哉はいないけど豪華なメンツがサポートしてTMの曲をやっちゃうよライヴ(笑)に行ってきました。
メンバーはこの方々。

宇都宮隆/木根尚登/浅倉大介/葛城哲哉/阿部薫

前回のツアー(2年前)も行きましたが、回を重ねる毎に規模が大きくなってきますね。今回のツアー、最後はNHKホールだし。やっぱり、(自分も含めて)TMの曲を生で聴きたいヒトは多いんですねぇ。

今日は何と招待してもらったので(Aクンありがと~)、まぁいわゆる只見ですね。AXの2Fには初めて入りました。
ここから見ると、割と小さいですね、このホール。外から見ると巨大なイメージがあっただけに、ちょっと意外でした
(1Fの収容人数は、スタンディングで1500人 シートスタイルで500人だそうです)。

前回は選曲が神懸かり的だったので比べるとアレですが、今回も充分堪能できました。
「Love Train~Get Wild~Be Together~Self Control」この4曲を一気に演奏してくれるんだから、涙ものです。
アンコール最後が「Children of the New Century」ってのも渋いですね。しかしこの曲初めて聴いたときには、まさか21世紀になって生で聴くことができるなんて想像もしてませんでしたが…

ウツと木根さんのトークがちょいとグダグダではありましたが(木根さんは相変わらず面白いなぁ)、追加公演も期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.18

ゼリー状接着剤って便利

最近寒い日が続くので家でのココア消費が激しい今日この頃ですが、もう一袋買おうか迷う、微妙な季節ですねぇ。暑くなったらアイスココアに挑戦しますかね(アイスココアとミロはどう違うんだろう?(笑))

さて今日は接着剤のおはなし。
最近、iPodリモコンの根本の皮膜が破れて中の配線が見える状態に。
このまま放置すれば断線間違いなしなので、修復することにしました。

接着剤で周りを固めるのが手っ取り早いので、近所のホームセンターへ。
とりあえず強力な接着剤と言えばアロンアルファしか思い浮かばないのですが、今回買ったのはそのゼリー状タイプのもの。「タレない、しみこまないから陶器・木材にもぴったり。」のコピーに惹かれて購入。

・・・実際使ってみると、液状とは違ってそのまま固まりますね。看板に偽りなし。
繋ぎ合わせると言うよりは、固めて補強するような感じです。根本がうまく固定されたようで、今のところ問題なし。

ついでに、結び目がとれたストラップ(糸製)を修復してみましたが、これも問題なく固定されました。
用途の所には「プラスチック/金属/合成ゴム/木材/陶磁器」と書いてありますが、こうゆう物にも使えるんですね(まぁ使い方にもよるんでしょうが)。

そんなわけで、割と便利です、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.17

MPRについて考える

狩りをしているとMP不足に悩まされるわけですが、今日はMPとMPRについて考えてみました。
今現在、よく行く狩場でかける魔法はこんな感じ。

常時かける魔法
 シールド
 エンチャントウェポン
 ムービングアクセレーション
 ドレスマイティ
 ドレスデクスタリティー

状況に応じてかける魔法
 アンキャニードッジ
 バーニングスピリッツ
 ベノムレジスト
 ダブルブレイク

単騎だとだいたい1時間単位で狩りをするのですが、ベノムレジストはほとんど使えず、ダブルブレイクは相当ヤバイ時のみ、アンキャニー~とバーニング~はどちらか常にかけてるような状況です。
ちなみに、現在のMPRは+4(自然回復で+1と、ダークヘッドバンドで+3)。

さてこれを、借り物のシャイニングマインドベルトと、水グローブを装備してMPR+6にしてみました。

すると、アンキャニー~とバーニング~を同時にかけ続けても無問題に。まだMPに余裕あるので、ちょっとヤバくてもダブルブレイク使えちゃうし、グールがたくさん出てくればベノムレジストもOKです(笑)

たった2の差だけど全然違うなぁ…ってよく考えたら、それでも5割増しなんですね、侮りがたし。


そんな文句なしのMPR+6ですが、当然問題もあって、通常装備時よりもHPやACが減ってしまいます。
具体的にはこんな感じ。

通常装備との比較
 HP:-50
 MP:+50
 MPR:+2(+4→+6)
 AC:+3(3弱くなる…ってACの表記はややこしいな)

やっぱりHPが減るのがかな~り痛いから、MPR重視で行くときは、あまりつらくない狩場に限定してます。
でも、そんな狩場ならダブルブレイクとかあんまり使う必要もないので、なかなかムツカシイところではあります。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.04.16

選挙カー

あれに迷惑してないヒトっているんだろうか?
どう考えても、候補者の自分本位でしかないと思うんですが。

だいたい、こんな「自分さえよければ」なんて考えのヒトが当選するとろくな事が無いと思うので、選挙カーで名前連呼してる候補者には、投票しないようにしてます(笑)
おかげで以前、誰にも投票でき無くなっちゃったことがありますが(^_^;)

一度、みんなで一斉に「ノー」って言ったら絶滅すると思うんだけどなぁ。

以前も同じようなこと書いてるんですが、やっぱり何度も書きたくなりますね、こんだけ五月蠅いと(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.15

コンフィダント・絆 in パルコ劇場

今日は三谷幸喜脚本・演出の芝居「コンフィダント・絆」を観に渋谷のパルコ劇場に行ってきました。

「彼らは芸術家であるがゆえに、結束し、芸術家であるがゆえに、憎しみ合い、芸術家であるがゆえに、それを隠した。」

↑は広告に載っていたコピー。19世紀のパリ、四人の画家が共同で借りているアトリエで起こるお話しです。


三谷作品にしては珍しく2部構成。と言ってもセットが変わるわけではなく、ストーリーの転換点で一拍あけたってとこでしょうか。
2部の直後に作家自身がアコーディオン持って登場するので、その場面を作るためだったかもしれません(笑)


・・・いやぁ「なんていい芝居なんだろう!」って唸るしかない内容でしたね、こりゃ。
今まで見た三谷作品の中で一番な気がします。とにかく、うまい、すごい。
「お腹を抱えて笑える」わけではないけれど、見終わった後に確実にココロに残る作品だと思います。

相変わらず、反復行動で笑わせるのがうまいですねぇ。分かっちゃいるけど笑っちゃう。今回は音楽でも、その反復をうまく使ってました。

中盤くらいまでは、ドタバタなども含みつつ軽い笑いが多かったのが、終盤話がシリアスになるにつれて、泣かせる笑いに。
その笑いが哀しみや辛さの上に成り立ってるだけに、深くて重いんだけど、でも笑える、みたいな感じで。


出演者も文句なし。みんな芸達者だし、一人ひとりの個性が出ていて「この人しかいない」と思わせる配役ですね。
ピアノの生演奏による音楽も◎。

劇中、生瀬さん演じるゴッホが誰かに似てるなぁ、と思ったらムーミンに登場するロッドユールでした。あんな感じの、ちょっとはにかんだような雰囲気出すのがうまいなぁ。
寺脇さんのワイルドなゴーギャンも良かった(^_^)/

いいトコ挙げたらキリがないので、この辺で。DVD出たら絶対買います。

「コンフィダント・絆」
作・演出:三谷幸喜
出演:中井貴一/寺脇康文/相島一之/堀内敬子/生瀬勝久
音楽・演奏:荻野清子


こちらのサイトに、見に行かれた方のブログ情報などまとめられていたので、紹介しておきます。
三谷幸喜 コンフィダント・絆:演劇鑑賞 劇団クチコミ情報局
http://www.engeki.maturika.net/nikki/01/post_46.html

こちらのサイトも。アコーディオン奏者は、日によっては登場しないんだ、見れてラッキーだったのか(笑)
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο 『コンフィダント・絆』@PARCO劇場(4/19)&ユーミン
http://blog.livedoor.jp/an_punch1028/archives/50762207.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.04.13

レベル49に到達

今日でレベル49になりました。レベル48になってから、約40日。
序盤はあまりの数値の上がらなさにゲンナリでしたが、自分なりにペース掴んでからは割と早かった気がします(最近は1日2%以上を目標にしてた)。

・・・まぁ先先週の変身イベント中、3日で35%とか上げたしなぁ(苦笑)

ゲンナリ度3.6倍と言われるレベル49では、ペース掴むのにどのくらいかかるだろうか?
(とりあえず、年内にレベル50になってるといいんですが、さてさて…)


全然関係ないんですが、誰でも入れるようになった歌う島、レベルがある程度上がったキャラクターにはヘイストかけてくれないんですねorz>ヘイスト師
これで緑ポーション節約できると思ったのに、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.12

逆に混んでます

ラッシュ対策は「逆転の発想」
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/seikatsu/070329/skt070329001.htm

速さを追求するのではなく、あえて時間をかけることで遅れを無くすってことらしいですが、

ピーク時の混雑率198%(木場-門前仲町)の東京メトロ東西線も19日から、朝のラッシュ時に限り、大手町・中野方面に向かう快速を、木場駅手前の浦安-東陽町間に限り各駅停車に変えた。

3月のダイヤ改正でいつも乗ってる列車の快速通過待ちが無くなってやたら混むようになったのはこれが原因カー。
一本違うだけで、混み具合が倍も違うのが不思議です(この前後の時間に停まる列車はガラガラ)

やっぱりみんな、快速通過待ちがあるとそれだけ到着が遅れるから乗らないんですかねぇ。
自分の場合は、これのおかげで列車に乗れる確率が増える(=ドアが開いてる時間が長い)ので率先して乗ってるわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.11

ヤドカリ固いなぁ

本日のクラハンは海底へ。
メンバーは、Akiさん/ユニさん/水さん/アルさん/アスさん/とうがらしさん/らきどら。

「沸きが多少甘くなった」と風の便りに聞きましたが、確かに目の前でいきなりポコポコ沸かなくなった気がします…なぁんて海底来るのが2回目のオマエが言うなって感じですが(笑)

今日は水さんがDK変身でシャカシャカ敵をなぎ倒してくれたので、同じ前衛として心強かったですよ(^_^)

狩りの途中、一旦地上に引き返してアルさん&アスさんと合流。
なぜか合流したのはケイヴB3Fでしたが(そういえば、今日はすべてケイヴ内合流でしたっけ?)。

再び海底に降りると、「エヴァー」と叫びながら画面右下に消えるアスさん(買いに行ったのね…)。
モンスターを大量に引き連れて戻ってくれましたが、ちと多すぎな気が(笑)
でもうまいこと引いてくれたので、みんなでなんとか処理できました。
まぁ「多少の数」なら沸いて囲まれても、モンスターのHPが少ないおかげで何とかなるのが救いですね(ヤドカリは固いけど)。

途中、とうがらしさんとユニさんが時間落ち。
残った面々でちょっと上の方に移動してみると、ここは巣窟かと思わんばかりにやってくる大量のモンスターたち。
Akiさんとアスさんが周りで引いてくれてる間に中央で処理してたんですが、数多すぎ(とくにヤドカリ)。
こんだけBOXされると攻撃も満足にできないので、全然役立たずにorz もちっと囲まれないような位置取りを考えないとなぁ…
最後には手持ちのCPが切れて帰還。でもみんな無事でよかったです。

狩り中、シーシンガー(ボス)に二回遭遇しましたが、最初ボスだとは思いませんでした(同じ姿のヤツが精霊の墓にいるから)。
割とサクッと倒せましたが、それに見合った?ドロップはアデナのみ4Kと1K・・・

最後にハイネの勝手に別荘(笑)で、アデナとポーションを分配して本日の狩りは終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスモ、うれすぎ

パスモ、定期券除き新規発売中止…売れすぎてカード不足に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070411it06.htm

・・・なんかスゴイことになってるなぁ。こないだ作っといてよかったよ。
確かに最近、パスモ発券機の前によく列ができてますね。
この報道が、カード不足に拍車をかけるのか?
そのうちヤフオクにパスモが並ぶ日が来るんだろうか…

各私鉄の利用者からある程度正確な必要枚数が割り出せそうな気がするけど、それ以上に需要があったってことですかねぇ。
それとも、使い終わるたびにチャージせずに捨てちゃって新しく発券するヒトがたくさんいるからなんでしょうか?(苦笑)
(↑これ、職場でのSuikaの実話)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.10

「セクシーボイスアンドロボ」に期待しつつ、「すいか」を想う

セクシーボイスアンドロボ
松山ケンイチ/大後寿々花

タイトルとこの配役見ただけなら、普段なら目に止まらない本日放送開始のこのドラマ。
ところが脚本が木皿泉ってことで、かなり期待です。

木皿泉と言えば「やっぱり猫が好き」や「野ブタ。をプロデュース」などありますが、やっぱり「すいか」に尽きますね。

今まで色んな連続ドラマを見てきたけれど、こんなに印象に残っている作品はありません。発売と同時にDVDも購入したし、夏になると必ず見たくなるドラマです。

賄い付きのアパート「ハピネス三茶」で繰り広げられる、どこにでもあるような身近な日常のデキゴトの数々と、愛すべき登場人物たち。
見てる最中よりも、見終わった後でジワジワ来るモノがありますね。

ちょいとココロがバテ気味の時に見ると、少し元気がもらえます。
(豆腐の出てくる回とか好きだなぁ)

まぁ派手なシーンとか衝撃的展開とかほとんど無いので、人によっては退屈極まりないドラマだと思いますが。


「野ブタ。」もそうだけど、木皿泉の作品は登場人物がすごく大切にされている気がするのも、いいですね(^_^)。


ところで、「すいか」の数年後に似たようなキャストで放送された「神はサイコロを振らない」とゆうドラマ。
ものすごく期待して見始めたけど、なんかありきたりで面白くなかった…

やっぱりドラマは脚本が命だなぁとつくづく思いましたよ。
さて、セクシーボイスアンドロボは面白いんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.09

折れた下

アルさんとビズさんが傲慢の塔21階層にいるというので、途中参加。
順調に狩りを続け(ナイトメアって重なってると何体いるのか分かりづらいですね)、イフリートに会いに上階へ。
最初は「大丈夫かいな?」と不安に思ったけど、DE二人で囲めば割と短時間で処理できますね。
しかも今日はピッ狩りぢゃないから、ちゃんと回復してもらえるし(笑)

・・・そんなところに、危機は突然やって来る!

気がついたら結構な数のモンスターに囲まれてました。さぁどうしようかと思ったところに、ビズさんより「折れた下」と謎の指示が。
それ聞いて、「下の方にいくんだな~」と思い、二人について画面下方に移動。
それに連れてさらに増えるモンスター・・・

ここにきてようやく、ビズさん一人がタゲられてることに気づきました。
そのタゲを一匹ずつ剥がして順次叩く叩く叩く。そしてなんとか無事に危機脱出。

・・・実際は「俺タゲ」って言ってたんですね(笑)
「下の方に折れた柱があるからそっちに移動する」なんてとっさに解釈したのは、内緒です。

安心したのも束の間、再び似たような状況に。
同じ作戦に出ようとしましたが、さすがに今度はタゲが分散してうまくいかず、命からがら帰還。

この二つの戦いは、今までの狩りで一番緊張しましたよ。帰還した時には、足の裏まで汗かいてました(^_^;)


直後に同じメンバーで今度は傲慢の塔31階層へ。途中、こんな感じで構成が入れ替わりました。
アルさん/スヌープさん/らきどら
スヌープさん/らきどら
ブリさん/らきどら
アルさん/ブリさん/らきどら

なんだか列車入れ替えパズルみたいですな(笑)


夜は精霊の墓へ。この四日間で三回目。
すでに一回目と二回目のキヲクの境は曖昧です(苦笑)
今回は以下のメンバーでした。
ビズさん/ユニさん/とうがらしさん/Akiさん/水さん/アルさん/らきどら

参加人数も多いので、奥まで行かずに途中で狩り開始。
途中参加のアルさんが到着するまでは、戦闘が一段落する毎に休憩を入れる我々。
洞窟の端っこでひとかたまりになっている様子は、どうみても監禁状態でした(苦笑)
見張りの?アンデッドが巡回してたし。

一匹叩くとたくさん寄ってきて収集つかなくなるので、今回は地形を利用しての引き狩りです。
ブリさんが「折れた下」になって引いてきたモンスターを、ギリギリまで引き寄せてからみんなで攻撃。
最初のうちは間合いとかがつかめなくて、うまく立ち回れませんでしたが、慣れてくると位置調整(タゲられたら攻撃の当たらない位置に移動しておびき寄せる、とか)が少しはできるように。

同じ狩場でも、いろんな狩りのカタチがありますねぇ。

本日の戦利品は、アースグローブ。
こないだウォーターグローブを露店で買ってなければ、買い取りたかったなぁ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.08

ピッ狩り三兄弟

今日はピッ狩りの正式ルール?(笑)に則って、前衛のみ/回復完全自己責任、で狩りに出かけました。
メンバーは、ビズさん/ゼナンさん/らきどら、の(今だけ)アサシンマスター三兄弟。
向かう先は傲慢の塔低層!

場所が場所だけに、余分な荷物をギリギリまで減らしてバナナジュース100個持ち込みます。


ほとんど2Fで狩りしてましたが、三兄弟でBOXすると、ものっすごく殲滅早いですね(笑)
単発で出てくるモンスターなんて余裕です。まるでハイネ近郊で狩りしているかのようです。
でも逆にBOXされると、とたんに赤や橙にピカピカ光る三兄弟(笑)

ビズさんとゼナンさんは自己エンチャ魔法かけるタイミングがまったく同じなので、まるで双子のように同時に光ってました。
二人とも、MPに余裕ありそうでうらやまし~なぁ。

約1時間でPOTが尽きて帰還…ってあの場所に正直こんなに長くいられるとは思いませんでしたよ(笑)
しかも単騎並の経験値をもらえたので(1.14%…レベル48)、いかに効率よかったかが分かります。

ピッ狩りには、単騎ともパーティ狩りとも違う、独特の緊張感がありますね(笑)
また是非、行きたいなぁ。


その後、宝石ギャンブルに挑戦するビズさんについて水晶の洞窟へ。

・・・アサシンマスターにこんな明るい場所は似合いませんなぁ。もっとダークな雰囲気でないと(笑)
三兄弟で水晶の洞窟を進む姿は、なんだか間抜けです。

70個ほど宝石持ち込みましたが、めぼしい物は以下の通り。
袋を全部開けたら、重量96%になってました。
おかげで倉庫もそろそろ一杯に… 倉庫血盟立ち上げの時期かなぁ。

シャイニングスケイル×6
シルバーのピース×1
ゴールドのピース×1
ランプスチール×2
エヴァの遺産×1
エルヴンワッフル×1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.07

長い長い狩りの一日

今日はあちこちで狩りしましたよ~。

◆その1~シルバーナイトタウンケイヴB4F
ビズさん/シップさん/らきどら
ピッ狩り(ちょっと回復つき)しにSKTCにバナナジュースたくさん持って行きました。
ぐるぐる回ってみましたが、だいたい歩きながら倒せる(笑)ので、物足りなくなって場所移動。

◆その2~傲慢の塔21階層
ビズさん/シップさん/らきどら
・・・難易度上がりすぎ(苦笑) ナイトメアに囲まれたら自力回復では追いつかなくなって、自分だけ命からがら帰還(苦笑) ジュースじゃだめかぁ…

◆その3~ハイネケイヴB3F
ビズさん/シップさん/らきどら
そんなわけでHCに移動。一人だと沸いた時につらいこの場所も、三人いればなんのその。
途中でシップさんが落ちたので二人で狩りを続けたましたが、1時間くらいは無問題。
ってゆうか荷物重すぎて帰還したんですが。気がついたら赤POT50個も持っててびっくり。

◆その4~夢幻の島
ブリさん/らきどら
狩りはまだまだ続きます。
次は自分の希望で夢幻の島へ。ここでちゃんと狩りしたことなかったんですよね。
痛いヤツや美味しいヤツなど教えてもらいました。
帰還間際にボールライトニングから防具強化スクをゲット♪

◆その5~蟻穴
ブリさん/らきどら
ここもペアだと怖くないですね。沸いても一網打尽にできる攻撃魔法ってうらやましいなぁ。
二人でヤングムリアン追っかけてました。
ここも、二人とも持ちきれなくなったところで帰還。


ここまでが夕方。以下は夜になってからです。


◆その6~傲慢の塔31階層
ブリさん/藤さん/水さん/らきどら
主に37階で狩り。終盤はモンスターが沸いたので少しつらかったですが、この組み合わせ(前衛3+後衛1)でもいけるんですねぇ。

◆その7~精霊の墓
スヌープさん/藤さん/水さん/とうがらしさん/アルさん/らきどら
この場所に再び来る日がこんなに早く来ようとわ(笑)
ものっすごい人が多かったです。しかもほぼ大人数パーティ。人気スポットですね。
その影響か昨日よりもモンスターの数が少なく、みんな眠気との戦いでした。

◆その8~地底湖
スヌープさん/アルさん/らきどら
眠気より狩り!なメンバーで地底湖へ。20分くらいウロウロしてました。
やっぱりカメは固いですねぇ。

◆おまけ
帰還後に一人で象牙の塔6Fへ。
さすがに午前二時ともなると、誰もいませんね(笑)
デスから防具強化スクをゲットして、本日の狩りはこれにて終了。


・・・なんとも長い一日でありました。
単騎以外でこんだけあちこちで狩りしたのは、いつぞやの「スタンプラリー」に連れてってもらって以来です。
終わったときにはだいぶ右肩が痛くなってましたが(笑)、楽しかったですよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.06

精霊の墓

24時20分の便で海賊島に渡り、みんなで精霊の墓へ。
メンバーは、RIDGEさん/ブリさん/アルさん/とうがらしさん/らきどら。
週末の夜のこんな時間に大勢で狩りできるとわ、うれしいことです(^_^)

精霊の墓は、地底湖に行くときに経由しただけで、ここで狩りをするのは初めて。
最初、アルさん&とうがらしさんと三人で探検開始・・・一匹叩いたら小さいのがガンガン寄ってきて、ガシガシダメージ食らう我々(笑) 話には聞いてましたが、みんな連動してるんですねぇ、怖い怖い。
なんとか処理したものの、「この先どうなるんだろう?」と不安が頭をよぎりました(苦笑)

その後、RIDGEさん&ブリさん合流までは入り口付近でおとなしくしていて、合流後に奥へGO!

奥の方は割と落ち着いていて、一匹ずつ倒していけばまぁなんとかなる状態でした。
今日はウィズさん三人もいるから(戦うヒト/ブルジョアのヒト/びすたでカタコトなヒト)、安心して叩けるし。

でも、アンデッド一家?は怖いですなぁ。
ターンアンデッドはなかなか効かないし、アビスシングは固くて痛いし(今見たら、こいつレベル50でMR75%もあるのカー!)。囲まれると、けっこうやっかいでした。

新しい狩場に来るたびに、色んな事を覚えられるので楽しいですね。
パーティでの狩りにも少しずつ慣れてきた気がする、今日この頃です(あまり会話できないのは、相変わらずですが…)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.04.05

うさぎりんぐ

倉庫整理してたら、うさぎりんぐ発見!
1900円の本のオマケ(正確には、ラビットリングを買ったらもれなく付いてくる本)で、倉庫に届いていたのにすっかり存在忘れてました。

早速装備して狩りに出たら、メインランドケイヴでバグベアーから防具強化スクロールゲット!
うさぎりんぐスゲー・・・って違うか。

ちなみにこれ、買う時に随分悩みました。なんか「買ったら負け」って気がしたので(苦笑)
とわいえ、背に腹は代えられず。不要になっても、割といいお値段で売れるしね。

オマケの本ですが、意外と?使えます(下巻のみ購入)。
MAPとかは全然見ないんだけど、フィールド上のどの地域にどんなモンスターが生息してるか書いてあるのが、割と便利です。
Web上の情報だと、ケイヴや塔内のモンスターしか大抵載ってないので。

あと一個、うさぎりんぐ買ったら象牙の塔のリングはずせるんだけどなぁ。
象牙装備とお別れできるのはいつの日か…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.04

エルフのいない一日

本日は定期クラハンの日。最初は回復役が誰もいなかったので「みんなで弓装備で傲慢42F」などと言ってたところにウィズのお二人登場。
行き先は傲慢の塔21階層になりました。

そんな今回のメンバーは、レサさん/藤さん/水さん/とうがらしさん/アルさん/らきどら。
・・・エルフのヒトが一人もいないってのも珍しいですね。

この階層に来るのは2回目です。前は上階には来なかったので、イフリートには今回初めて遭遇。重なって出てくると、何体いるのかさっぱり分かりませんね(^_^;)

さて今回も、自分の未熟さが露呈する結果に。
モンスターが少ないうちはいいんですが、同時多発的に寄ってこられると、自分の周りにしか目が届かなくなってしまいます。
おかげで、ウィズさんが攻撃されてるのに自分は近くにいたイフリートを叩いている始末。

もっと周りの動きに気を配れないとなぁ…
次からは、後衛のヒトが攻撃されないような状況を作ってから、安心して?モンスターの群れに飛び込んでいくように心がけねば。


クラハンでは普段一人で行けないところに行けたり、色々教えられることが多いので、ホント感謝してます(^_^)/
みなさまありがと~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.03

DRMの無い時代がやってくるか?

【4月3日】英EMIが“DRM無し”音楽配信を実施
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070403/emi.htm

Appleが後押ししたDRM無し音楽配信への道
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0403/hot475.htm

イギリスのレコード会社がDRM(デジタル著作権管理)の無い曲をiTunesStoreで販売開始。
これで、従来は他PCへのバックアップや再生できる携帯プレイヤーに制限(iTunesStoreで買った楽曲は、そのままではiPodでしか再生できないなど)があったものが、制限なしに。

いいなぁ、海の向こうは。
DRM無しの楽曲は、音質が高い分値段も高めに設定されてますが、従来の物(DRM付き)もお値段据置で販売ってのがステキですね。
何にしても、買う側に選択肢が色々あるのはいいことです。


翻って日本のガチガチなDRMの現状は、2周遅れってとこですかね(邪悪なBSデジタル放送のコピーワンスもちっとも改善されないし…)。
「損して得取れ」って発想が横並び好きな日本の企業群には無いようで、悲しいなぁ。
まぁ、いちおうこんな記事も出てましたが。

東芝EMI、DRMなし販売は「検討中」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/03/news088.html

ビクターの外資身売りに絡んで、ビクターエンタテイメントの楽曲が電撃的にDRM廃止、とかならないですかねぇ。
ま、その前にビクターはiTunesStoreで「プラネテス」のサントラ売って下さい。絶対買いますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.02

NiGHTS復活

セガ、3Dアクション「ナイツ」の新作をWiiで発売
「NiGHTS: JOURNEY OF DREAMS」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070402/nights.htm

今までに何度も移植の噂が出ては消えていった、セガサターンのアクションゲーム。
あの独特の浮遊感がまた楽しめるのは、うれしい限りです。
リモコン振るだけで操作できるなら快適に遊べそうだし、そろそろWii買うかな~。

Wiiはバーチャルコンソールのタイトルも充実してきたので(アイスホッケーアクトレイザーかまいたちの夜、ヘラクレスの栄光3など…)、そちらも楽しみなところ。

まぁ、この辺りのゲームは買ったところでいつ遊ぶんだって話になるわけですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.01

地底湖探検

昨日と同じメンバー(とうがらしさん/ユニさん/らきどら)で地底湖へ。

ここに来るのは三度目ですが、前衛任されてモンスター叩いてると色んなことが分かりますね。
叩かなきゃ誰も寄ってこないとか、叩く前にカニから処理するとか、誰が毒持ちで誰が固いか、などなど。

このメンバーだとアンコウは30秒弱で倒せたのですが(時間分かるのは、とうがらしさんがイミューントゥハームかけてくれるから…っていつもかけてもらってスミマセン)、カメは手強いですね。
バーニングスピリッツ+ダブルブレイクでも2~3分は叩いてた気がします。
まぁ、カメ叩くのに熱中して、スロウかけられてヘイスト無効になってるのを忘れたり、カニが寄ってきてるのに処理しなかったり、そんなことしてるからだと思うんですが。

そうそう、今回初めてMP無くなって休憩してもらいました。DEなのにエンチャもらってるのにナゼ(苦笑)
なんか、場慣れしてないのがありありと分かる行動ですなぁ(笑)

2時間近くいましたが、色々勉強になりました。
地底湖いいですね。お金稼げるし、画面沸きしないし、少人数でもなんとかなるし。
今度来るときは、も少し効率よく動けるかな。


その後、二人のクエストに同行して海賊島の北部に初上陸。
様子見てる限り、けっこうクエスト厳しそうですねぇ(人捜ししたり、ボス探してさまよったり、順番待ちしたり)。
挑戦するのは、も少し後にするかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊佐未森 cafe mimo -桃節句茶会 Vol.7- in 草月ホール

今日は、「たゆたう人」遊佐未森のライヴを観に、青山にある草月ホールに行ってきました(ゲスト:かの香織)。
駅からの歩き道、赤坂御用地に散発的に咲く桜がなかなか綺麗でしたよ。

本日でデビュー19周年!だそうですが(MCで言ってた)、この人の歌声は昔っから全然変わりませんなぁ。

途中で井上陽水の「白いカーネーション」って曲を歌ったのですが、なかなか印象的な曲だったので、家に帰ってiTunesStoreで購入。
昔の曲のようですが、井上陽水ってこんな曲も作るんですねぇ。

この曲つながりで、映画「かもめ食堂」の話も少々(劇中で曲が使われていたらしいんだけど、記憶に無いや)。
昨年劇場で観ましたが、凛とした佇まいのステキな映画でした。見てると無性にお腹が減る映画でもあります(笑)

季節を感じさせる選曲の約2時間。彼女のライヴには何度も来てますが、今日が一番良かった気がします。
「この場にいられて、本当に良かった」と思わせてくれる内容でした。

特にアンコール最後の曲、「クロ」が良かったなぁ…
NHKの「みんなのうた」でも流れたから知ってるヒトも多いかも。聴いてると涙が出そうになる名曲です。


なんてゆうか、生き続けるチカラをもらった気がする、あったかい雰囲気のライヴでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »