« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007.07.31

同じものでも買いたくなるのはなんでだろう?

買っとけ! Blu-ray/HD DVD/DVD
アニメの次世代ディスク化、本格スタート
BD/HD DVD版「パトレイバー」「オネアミスの翼」
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070731/buyd244.htm

おおっと、AV Watchに激しく物欲をそそられる記事が(笑)
オネアミスはVHSとLDで持ってるんですが、この記事にあるみたいな画質の違い見せられちゃうと、次世代ディスク版が欲しくなりますなぁ。


ついでにこの記事も。

ファーストガンダム劇場版3部作がHDリマスターで再DVD化
-オリジナル音声収録。SDガンダムもカードダス同梱で初BOX化
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070725/bandai.htm

やっぱ、マ・クベは塩沢兼人ぢゃないとね!
まぁ塩沢さんと言えば、個人的には銀河英雄伝説のオーベルシュタインが一番印象に残ってますが。

このガンダムも、特別版のDVDは持ってるんだよねぇ。
・・・でもこれ、記事読む限りだと劇場版3部作セットなのね。
「哀・戦士編」しかいらないんだけどなぁ(笑)
(特別版も、これだけ持ってる)


全然関係ないけど、色々ある三部作の映画の中で、二作目が印象に残るモノは三作とも名画な事が多いと思います。
このガンダムもそうだし、スターウォーズ(EPI4-6ね)、インディジョーンズ、ロードオブザリング、など。
ふつうは真ん中が一番ダレそうなところを、しっかり作って次に繋げようとしてるところがイイ!ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.07.30

「錬金の箱」を開けてみると…

リネージュイベント「異界からの瘴気」も今日が最終日。
Tシャツもらった後、なんとか欠片が500個集まったので、ゴミからレアアイテムまで色々でるとゆう錬金の箱と交換することに。

どうせ交換するならと、オーレンにいる象牙の塔の研究者チーフに会いに行き、そこで欠片と引き換えに箱をもらいます。

ドキドキしながら箱を開けるとそこから出たものは・・・

オーキッシュクローク

工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工、微妙すぎ(苦笑)

そのまま道具屋に持ち込んで、25アデナと交換して終了。
もちっとイイ物でることを期待したんだけど、まぁこんなもんか。

でもこうやって、チマチマ何かを集めるイベントって、楽しいですね。
また似たような趣向のイベントがあるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.29

イベントTシャツもらいました

昨日までに集めた3000個の欠片を、イベントTシャツに交換。
昨日のうちに替えなかったのは、Tシャツの名前がよく分からなかったから(苦笑)

「ディフォンダブレットシューチェッツ」なんて舌を噛みそうな名前だし、他の2種類とも名前が似ていて紛らわしいったらありゃしない。
公式サイトで名前調べて、紙にメモして、間違えないように交換です。


このシャツの、わたくし的メリット/デメリットはこんな感じ。

 ・DEXが1下がる(もともとDEXはMAXだからまぁいいや)
 ・ACが1悪くなる(通常はTシャツ+4装備でAC-4、このシャツはAC-3)
 ・STRのエンチャもらうと、装備変更せずにstrが23になる
 ・水リングとの組合せで水属性に対する属性抵抗が35%に これでクラブマンの水ビームが無効化

今のところメリットの方がデカイので、しばらくは常用しそうです。
特に、水ビーム無効化でハイネケイヴをより自由に闊歩できるようになったのは気持ちいいですね。

で、早速行ったHCでの狩り中に、経験値が50%突破。
・・・当面の目標である、アサシンマスター変身まであと250%。まだまだ先は長いなぁ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.28

浜松にリネージュしに行く

静岡に帰省したついでに、友人に会いに浜松へ遠征。
静岡から浜松までは、だいたい80km。関東で言うと、八王子~千葉くらいの距離になります。

ところが友人にドタキャン喰らったので、しばらく街中を探索。
以前、2年半ほど住んでましたが、訪れるのは約7年ぶり。
昔は「風が強くて埃っぽい街だなぁ」と思ってましたが、今もその印象は相変わらず(苦笑)
駅周辺の百貨店やスーパーが閉店したせいもあり、昼間っからなかなかの閑散っぷりです。


でまぁ、時間余っちゃったので遠鉄(イマドキ初乗り100円ってスゴイな…)に乗ってネットカフェへ。
目的はもちろん、リネージュのネットカフェ限定イベントです。

・・・おかげで、延べ10時間のログイン達成。
試しに狩りしてみましたが、家と環境が違うのでかな~りやりづらいですね。
机の高さ、椅子の座り心地、キーボード…すべて違和感ありまくり。
まぁ、MS-IMEが一番の強敵なんですが(普段ATOKなので、とてもぢゃないけど使えない、これ…)
そんなわけで、あまりリスクを取らずにぬる~く象牙の塔で狩りしてましたが、なんとか、欠片3000個の収集も完了。

一体何しに浜松まで行ったのかよく分からなくなりましたが(笑)、それなりの充足感を得て帰還しました。
しかしネットカフェってのは、時間つぶすのにも最適な場所ですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.27

PC不調~その2

前回の続き。
このPC、HDDを1台増設してあって、そっちにはWindows98がインストールしてあるので、デュアルブート環境になってます。
昔のゲームなんかだとXPではうまく動かないモノも多いから、Windows98は必須だったりするわけです。

でまぁ、試しにこの98で起動すると、普通に立ち上がります。そんなわけで、問題はやはりXPにて発生している模様。
ここで何気なく、「そうだ、Cドライブをスキャンディスクしたら直るかも」と思い、XPがインストールされているCドライブにスキャンディスクを実施(最初からXPと98での使用を想定していたので、CドライブはNTFSではなく、FAT32でフォーマットし直してます)。

案の定、いくつかのエラーが見つかったので、すべて修復してスキャンディスクが完了。
祈るような気持ちでXPを起動させると・・・今度は勝手に再起動することなく、起動に成功!

がしかし、いきなり800x600の8色表示! まるで大昔のPC-9801の画面見てるみたいで新鮮でしたが(苦笑)
し・か・も、エクスプローラー開いてCドライブみると、なんかフォルダの数が足りない…
消えたフォルダは3つ。ダウンロードしたファイルを放り込むフォルダと、色々なゲームをインストールしたフォルダ、そしてWebからクリップした情報をテキスト化してあるフォルダ。

さっき98で立ち上げたときには普通にあったから、どうやらスキャンディスクでおかしくなった模様。
そもそも構造が違うんだから、98からXPの起動ドライブスキャンディスクするのはまずかったよなぁ、なんて思っても後の祭り。

まぁ正直、XPが立ち上がらなかったときよりも全然ショックが大きいわけで。
久々にものすごい絶望感を味わいました。
他にもおかしい箇所がいろいろあったんですが、その様子は次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

はじめてのネットカフェ

ネットカフェってやつに、初めて行きました。
マンガ喫茶すら今まで行ったことなかったので、まさに「初」。

まぁ行ったってゆうか、連れてってもらったんですがね。
もちろん、リネージュのキャンペーンが頭にあったのは言うまでもありません(笑)
たまたまセキュリティカード持ってたし、グッドタイミングでした♪

色々仕組みを説明してもらいましたが、座席と紐付けになってるんですね、よくできたシステムだなぁ。
基本料金の中でだいたいのことはできるし、こりゃまさにパラダイス(by桂小枝)、ですな(笑)

まぁなんつうか、世界が広がった感じがします♪

倉庫キャラをログインしっぱなしにして、約2時間。
残り8時間を、週末で稼ぐ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.25

海底で聞くサッカーの叫び

今日の定期クラハンはハイネケイヴB4Fの海底です・・・クラハンってゆうかヒトと狩りするのは久々です。
メンバーは、RIDGEさん/水さん/ゆきさん/Akiさん/アルさん/らきどら。

HCをここまで降りるのは久しぶり。途中がガンガン沸くから、辿り着くまでが一苦労。
狭いトコで沸くと、誰をタゲってるかが分からないから、その辺見極めつつ叩くのはけっこう面倒ですね(苦笑)

以前クラハンで来たときは、海底はなかなか厳しい場所ってイメージがありましたが、今回は割と穏やかな狩りでした。こんな静かでユラユラした場所でまったり狩りしてたから、眠くなるヒト続出でした(笑)
かといって、いきなり画面一杯に沸かれても途方に暮れちゃうんですけど。

せっかくなので水リング装備してみたけど、ヤドカリの魔法にはあんまり効果ないんですね。
喰らってもあんましダメージ受けないような気もしましたが、そもそも海底なんてほとんど来ないから以前と比較できず(笑)

ZEL2枚と消耗品、そして幾らかの欠片をもらって狩り終了。
あ~個人的には分配でGGPもらえたのがうれしかったです♪


ところでクラハンの間、とうがらしさんがサッカーアジア杯(日本vsサウジ戦)で得点が入るたびに絶叫してくれてました。
その様子から勝敗と得点を予想してみたんですが、後で確認したらその通りの結果でしたよ、的確な絶叫、ありがとうございました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24

最近気になるゲーム2本

今日は、発売されたら激しく欲しいゲームと、その存在がちょっと気になるゲームをご紹介。

◆Table Tennis(Wii)

ロックスターが技術の粋を込めた卓球ゲームがWiiに登場
http://www.inside-games.jp/news/221/22129.html

Xbox360で登場した卓球ゲームの移植版。正直、これとオブリビオンのためにXbox360本体を買うつもりでしたが、これでその動機の半分が無くなりました(笑)

テニスもそうでしたが、こうゆうゲームはパッドよりも本能の赴くままにリモコン振り回すのが似合ってると思うので、期待度高し。


パチパラ14~風と雲とスーパー海IN沖縄~(PS2)

北陸の雄、アイレムの放つパチンコゲーム・・・ってパチンコもパチスロもやったこと無いんですがね(一度やったら、間違いなくハマるであろうことが容易に想像つくから(笑) オンラインゲームも同じ理由で長らく遊ばなかったのに、今はこんな状態だからねぇ)

ぢゃあなんでこのゲームに興味持ったかと言えば、ゲームに収録されてるおまけ?ゲームの「パチプロ風雲録6」が激しく面白そうだから。

パチプロ風雲録とは
「パチパラ14」に収録されているストーリーモード「パチプロ風雲録6」は、 プレイヤーがパチプロとして数々の修羅場をくぐり抜ける、ギャンブラーRPGです。

ギャンブラーRPG…ステキな響きですね(笑)
なんかこうゆうノリのゲームって、大昔PCエンジンでナムコが出していたテニスやF1ゲームのおまけRPGと同じ感じがして大好きです。

ちなみにアイレムとゆうメーカー、古くはアーケード版ロードランナーの会社、少し前ならR-TYPEImageFightといった硬派シューティングゲームの会社、最近はエイプリルフールに命をかけてる会社です(笑)
ナナオの子会社だったんですね、さっき初めて知りました…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.23

「ピアノの森」と「花田少年史」

ヒトから借りっぱなしの「ピアノの森」(一色まこと)、14巻が発売されたので、9巻から一気読み。
いやぁ、何度読んでも、面白い。このマンガ、読み出すと止まりません。

サブタイトルに「The perfect world of KAI」と付いたこの作品は、森に捨てられていたピアノを弾いて育った「一ノ瀬 海」をめぐる物語。
「少しもカンペキなピアノじゃないのに こんなにも 愛おしい」と劇中で表現されるカイのピアノ、実際に聴いてみたいもんです。

ものっそいオススメしたいこの作品ですが、まだ完結してないので最新刊まで読んで続きが気になってジタバタしちゃうのが難点(笑)


その点、同じ作者の「花田少年史」は既に完結してるし、こちらも負けず劣らずクオリティ高いのでオススメです。
1ページずつ丹念に読みたいのが「花田少年史」で、続きが気になるから次々に頁をめくりたくなるのが「ピアノの森」ってとこでしょうか。

死線を彷徨う事故をきっかけに、成仏できずにこの世を彷徨う幽霊が見えるようになった花田少年の物語。
たまに読み返すと、その時のココロの有り様によって、胸にこみ上げてくるエピソードが毎回異なる作品です。


以前テレビアニメにもなって、これもなかなか原作に忠実でよかったんですが、肝心カナメの最終エピソードがアニメ化されてないので、ちょっと中途半端な印象あり。
このエピソードやんないと、作品タイトルの意味が分からぬまま終わるのになぁ…


ちなみに、どちらの作品も劇場映画として公開されてます。
「ピアノの森」は7/21から公開が始まったばかりのアニメ映画。なんか話題先行な気がするのと、最近のクラシックブームと一緒くたにされてるところがちと気に入りませんが、作品のデキが気になるところ。

「今まで誰も聴いたことがないような演奏」は、マンガでは絵とセリフを巧く使って表現されてましたが、アニメだと実際の音として表現されちゃうわけで、その辺りどう扱ったのかは興味あります。
近々観に行くつもり。

「花田少年史」は実写映画になりました・・・怖くて見てません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.22

PC不調~その1

先週、家のPCが割と深刻なトラブルに見舞われました(現在は、ほぼ復旧)。
まぁなかなかのトラブルっぷりだったので(笑)、その顛末を何度かに分けてレポートします。

そもそもの発端は、PC立ち上げた時にavast!(無料のウィルス対策ソフト 軽いので重宝してます)がウィルスに反応したこと。

Windows使ってる以上、ウィルスはそんなに珍しくないし、そもそもうちのWindowsマシンは主にゲーム&インターネット閲覧用。
メールにはMacを使ってるから、流出して困るような個人情報も無し。

そんなわけで、特に慌てることなくCドライブにウィルスチェックを実施 → いくつかウィルスが見つかったので隔離。
ついでに、スパイウェアも検索して見つかったヤツを削除。


ぢゃあ再起動して、も一回ウィルスチェックしようかと思ったら、PC立ち上がらず(^_^;)
BIOSあたりは普通に通過するのに、WindowsXPの読み込みが始まるとブルーバックに謎のメッセージが表示され(一瞬過ぎて読めない…)、勝手にリセットかかって再起動、またブルーバック画面で・・・以後ループ。

・・・さすがに愕然としましたね(苦笑) 立ち上がってくれないと、何にもできないからねぇ。
そんなわけで、次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

めがまっく

三度目?の復活でしょうか、マクドナルドのメガマック。今回初めて食べましたよ。
店に行くまで全く食べる気なかったんですが、友人が持ってたクーポンがメガマック絡みのみだったので、ポテトとドリンクのセットを購入。
やっぱクーポンは使わないとね…ってゆうか、マクドナルドでクーポン使わずに食事したら負けって気がする(笑)

で、メガマックですが…重量ありすぎ(笑) 味は普通ですが量が多すぎて飽きます。
これ一個でかなりお腹いっぱいになりました。よほどお腹空いてないと、ポテトは一緒に頼まない方がいいですね、今回思い知りました(苦笑)

マクドナルドはチキンタツタが無くなってからあんまり行かなくなったんだよなぁ。あれ、復活してくれないかなぁ?
もしくわ、エッグマックマフィンを常時売ってくれないかしら(早起きできないので、めったに食べられない…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.20

ハイネケイヴの混み具合

変身解除イベントの期間中、ずっとハイネケイヴB2Fに籠もってた時には「混んでてもそこそこ狩りできるぢゃん」とか思ってましたが、イベント終わった当日とその翌日は、ラッシュアワーかよ、ってな程に混んでました(苦笑)
まぁ、みなさま1ランク上の狩場から戻ってきたってとこでしょうかね。

広くなってる辺りで狩りしてると、常に他のPCが視界に入るような状態だったわけで、まぁそんな状況でも沸くときゃガンガン沸くのがHCのスゴイとこだと思いますが。


それが昨日になるとやや落ち着いて、割と空いてる状態に。まぁビズさんは「これでも混みすぎ」って言ってたから感じ方は人それぞれなんでしょう。

まぁ自分の場合、ここがあんまり空いてると沸いた時が怖いわけで(BOXされてる時に、画面の端々でピカっと青白く光ったヤツらに次々向かって来られるとねぇ…)、ほどほどに混んでいてくれないかなぁ、といつも行くたびに思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.19

未変身の効能

相変わらず、ハイネケイヴB2Fで狩りしてます。
ログイン → オークの森でオーガ狩り → ハイネケイヴ ってのが最近のパターンです。
オークの森では未変身で狩りするんですが、このおかげで、変身制限解除イベント終わっても、それまでとの落差に苦しまずに済んでます。

・・・イベント中も未変身で狩りしてましたから(笑)

同じように未変身で狩りする場所は、象牙の塔6F、そして沈黙の洞窟など。
後者は、たまに三國無双的気分を味わいたくなると、遊びに行きます。まだレベル低い頃はbテレが貴重品だったので、なるべくここから出ないようにして狩りしたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.18

ハーゲンダッツのティラミス

ハーゲンダッツのティラミス食べました。

いやぁ美味しいですなぁ、まごうことなくティラミスですね、こりゃ。
ティラミスは昔モスバーガーで売ってたのが好きだったんですが、あれよりうまいや。
ま、さすがに高い(326円)だけのことはあります。

ハーゲンダッツ、初めてバニラを食べた時はその味が衝撃的でしたが、ちょっとくどいですね。
個人的には、クッキー&クリームと抹茶が双璧です(「へき」って壁ぢゃないのね今気づいたよ…)

バニラ味なら、レディボーデンのヤツが一番好きです。安いのもポイント高し(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.17

傲慢低層に単独潜入

昨日、ハイネケイヴ通いの合間に傲慢の塔に単独潜入してみました。
一人で来るのは、以前11Fでサキュバスに瞬殺されて以来(苦笑)
場所は低層。イベントジュース250個持ち込みです。
こんだけのジュースとアサシンマスター変身なら、なんとかなるかなぁ、と。


2F。いきなりクモ×3と遭遇。なんとか退けるも、ガッツリ減ったHP。
その後3Fに向かう階段付近で、クモ×3とラミアに囲まれてあっさり帰還(^_^;)


再挑戦。今度は無事に3Fに到着(前を他のヒトが歩いてたから、モンスターがいなかった)。
しばらくウロウロしていると、メデューサ×3とラミアに囲まれて帰還(^_^;)


・・・単独潜入、約20分で終了orz
え~と、イベントジュースじゃとても追いつかないです。
あぁこのジュース、通常のヤツよりも回復量少ないんですね、イベント終わってから気づきました(苦笑)

まぁ、通常のジュースでも相当厳しいだろうなぁ。それこそCPガブ飲みとかしないと。
感覚的には、あとACが10くらい下がらないと厳しい気がします。
まだまだ自分には分不相応な場所ですね、ここは。


とりあえず、4Fへの階段近くまでは行けるようになりました…ってMAP中央から左右に移動するだけだから、これじゃMAP覚えた内にも入らんよなぁ、やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.16

激闘!ハイネケイヴ

変身レベル制限解除のラスト二日、ちょいとハイネケイヴB2Fに籠もってみました。
合計で約15時間(笑) ここは1時間ごとにPOT置きに帰還するので、15回ほど繰り返したことになります。

いやぁ、ここは適度に沸くから、どんだけいても飽きないですね!
シーハンターを速攻で倒すべく位置取りを工夫すると、受けるダメージが割と減るのがよく分かりました。
まぁ、たまに過度に沸いたり帰還のあおりを喰らって囲まれちゃうとかなりヤバイわけですが、その緊張感がイイ!(笑)
今回も途中、2~3回身の危険を感じて帰還しましたorz HPが200切ってる時に沸かれるとツライです…


で、この間の主な成果は以下のとおり

 魔法書(フィジカルエンチャントSTR) ×1
 シャイニングスケイル ×8
 ブランクスクロールLv2 ×32
 ブランクスクロールLv3 ×16
 強化緑POT ×3
 防具強化スクロール ×2
 アデナ:約360K


途中、自分の戦いっぷりをを見守ってる魔導師がいるなぁ、でもなんでバフバフ言ってるんだろ、と思ったら「パプリオンの信奉者」でした(笑)

過去に何度か遭遇した時は、慌てて真っ先に攻撃→取り巻きにHP削られて帰還、ってパターンだったから、今回は慎重に取り巻きから倒します。
最後、単独になってから勝負を挑みましたが、割とあっさり倒せました。これならダブルブレイク必要ないですね。
イベントジュース飲みながら、HP減ってきたなぁと思ったところで緊急用のCPを2個使ったくらい。

これが、一人で倒した初めてのボスです♪
ドロップは3639アデナのみでしたが、充実感を味わえたからいいや。
その30分後くらいにも見かけたから、ボスタイム中に一回倒して終わりってわけぢゃないんですね。


そんなわけで、充実の?二日間が終了。
明日からはマスター様から手下に戻ります。またしばらくはそのギャップに苦労するんだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.15

お芝居二本立て

昨日は芝居のはしごをしました。一日に二本観たのは初めてのことですが、どちらもなかなか面白い芝居でしたよ。


◆漢熟公演「マンガン電池」 in メガバックスシアター(荻窪)
職場の後輩が座長を務める劇団のお芝居。その本人が脚本も演出も出演もこなしてます。

事前にコメディだと聞いてたから、「コメディって難しいけどどうなんだろ?」と正直あんまり期待してなかったんですが(笑)、見終わったときの感想は「やべぇ、面白かった」。
なんか、してやられた感じ。

最初にドラクエのテーマが流れ、ドラクエ3的展開で最後にきれいにまとまったのが見事です。
登場した五人のキャラがきちんと書き分けられてるから、話も分かりやすかった。

途中、アニメや特撮のネタがふんだんに盛り込まれてましたが、それに頼り切ることなくうま~く利用してました。元ネタも大半は分かったから、世代的にはギリギリ同じってとこでしょうか(笑)
個人的には、「ベルばら」歌ったところがお気に入りです。

しかしよくもまぁ、普通に仕事もしながらこんだけの脚本書いて演出してセリフ覚えられるもんですね。
客席も満員だったし、次回公演も期待大だね、こりゃ。今後も無理なく続けていって欲しいところです。

演劇ユニット「漢熟」のホームページ
http://otokojyuku.tuzikaze.com/


◆伊東四朗生誕?!七十周年記念『社長放浪記』 in 本多劇場(下北沢)
三谷幸喜が伊東四朗のために書き下ろした脚本を、三宅裕司が演出したお芝居。

こちらも満員。出演者からして、客層の年齢はかなり高め。

先日の「コンフィダント」とは打って変わって、今回はドタバタ劇・・・と言っても勢いやテンション高いだけで引っ張るようなことを決してしないところはさすがです。

タイトルや宣伝チラシからなんとなく植木等の無責任社員的感じを想像してましたが、以前観た、東京ヴォードヴィルショウの「戸惑いの日曜日」にチャップリンの傑作映画「独裁者」の雰囲気を加えたような、そんな内容でした。

伊東四朗が「二役一人」を演じるんですが(ホントは一人しかいないのに、二人に見せかける)、本人含めて「今どっちの役か」をきちんと把握してなきゃならないから、役者さんは大変そうでした。
まぁ、間違えたところでそれが脚本に書いてあるのかホントに間違えたのかは判断しようがないんですが(笑)

途中、佐藤B作が「次になにするか」が完全に分かんなくなって、三宅裕司に向かって思わず「今、(台本の)何ページだっけ?」(笑)
直前の所作を繰り返して必死に思い出そうとしてたから、やっぱこういうのは流れで覚えるもんなんですね。

話は、最初仕事の話から始まってそこに少しずつ家族の話が混ざってゆく展開。
終盤、伊東四朗と中村メイコが二人で語り合うシーンがあるんですが、それ聞いてたら色々思い出して涙出てきましたよ。
笑わせながらも泣かせる芝居ってやっぱスゴイよなぁ…

今回の芝居で、脇役ながらいい味出してる役者さんがいたんですが、後で公演パンフレット読んだら伊東四朗の息子だったのでビックリ。今まで見たこと無いヒトなんですが、今後が楽しみです。

今日は、山本耕史と八嶋智人が観に来てました。
ふつ~に入ってきて、ふつ~に出て行くのでちょっと驚いた(笑)

『社長放浪記』
http://www.atari.co.jp/hourouki-info.htm
作:三谷幸喜
演出:三宅裕司
出演:伊東四朗/中村メイコ/佐藤B作/三宅裕司/藤澤恵麻/山口良一/東貴博/伊東孝明/河本千明


ところで、奇しくもどっちの芝居でも「千の風になって」がネタになってました。
この歌、2~3ヶ月前に「そんな歌、知らない」って言ったら実家で「コレ知らないなんてヒトぢゃない」的扱いをされましたが(笑)、こうしてネタに取り上げられるくらい、みんなに認知されてるんですねぇ。


---
関連記事:
2014.12.04 Yakult プレゼンツ 伊東四朗生誕?!77周年記念「吉良ですが、なにか?」 in 本多劇場
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2014/12/yakult-77-in-b5.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.13

してやられる日々

なんだか最近「してやられる」ことが多くて、身もココロも絶賛疲弊中ですよ(苦笑)
こう毎日してやられてると、「明日は一体、どんなことでしてやられるんだろう」なんてちょっとドキドキしちゃったりするのは、M体質だからなんでしょうかね(笑)

まぁそんなわけで、最近少しブログの更新が滞ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.08

とうがらしさん、UP式

今日は昨日はとうがらしさんのレベル52UP式が夢幻の島にて開催されました。

UP式に参加するのも三回目となると、やっとその進行とか流儀?ってのが分かってきますね。
まぁ、相変わらず会場である旧コンバには一人ぢゃ辿り着けないんですがね(苦笑)(今回はブルーアイさんに案内してもらいました、ありがと~)

パインを振って無事とうがらしさんがレベルアップすると、時を同じくしてブリさんもレベル65に。
二人ともおめでとうございます(^_^)/
しかし、レベル上がるの早いですねぇ。確か一方のヒトは、つい最近アップしたと聞いた気が・・・この早さ、通常の三倍どころか、やっぱヒトぢゃないんだ(笑)

で、UP式の締めはバトルロワイアル。
今回は不覚にも、CtrlとESCを同時に押しちゃって強制的に窓モード復帰 → あわててリネに戻ると既に横たわってました…
う~ん、次の機会には、マウスの中央ボタンのESCキー割り当てを解除しとかなくちゃ(笑)

しかし、最後の藤さん&アルさんのバトルは、まるで事前にネタ合わせしてるかのような戦いで面白うございました、次回も期待してます(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

遊佐未森 ササノハ オトノハ ~七夕夢一夜~ in めぐろパーシモンホール

今日は、たゆたうヒト遊佐未森の七夕の夜の一夜限りなスペシャルライヴに行ってきました。場所は、めぐろパーシモンホール
東急東横線、都立大学駅から徒歩10分弱。目黒区民キャンバスの中にある、なかなか立派なホールです。
なんか雰囲気が府中芸術の森劇場と似てるかも。

収容人数は1200人と大きめですが、前後の座席間がかなり狭いので、ちと窮屈ですね。
今回TVカメラ収録があったんですが、最前列とステージの間も狭いために1列目は誰も座れないようになってました、なんかもったいない(苦笑)
あと、座席のプレートが後方からだと全く見えないので、開演後に来たヒトは座席位置確認するのが大変だったと思います。

椅子は背もたれがリクライニングするやつだったので、座っていて全然疲れませんでした。


さて本日のライヴ。
怪しい楽器を奏でる、なんか見たことのあるおっさんがドラムを叩いてる思ったら、廃品打楽器パフォーマーな、山口ともさんでした(笑)
以前、谷山浩子のライヴのゲストで来てたんですが、あの姿は一度見たら忘れられませんね~。
今回、楽器だけではなく色々なパフォーマンスも披露してくれました。

そしてこれが本日のメンバー。

 今堀恒雄[guitar]
 吉野弘志[wood base]
 山口とも[percussion]
 谷口英治[clarinet]
 遊佐未森[vocal & piano]


遊佐未森のライヴ、広い会場で観るのは久しぶりなんですが、その分「たゆたい感」もアップしてたと思います。
終盤に「夏草の線路」、アンコールで「クロ」「ベージュ」が聴けたので、大満足。この辺りの曲聴いてると、勝手に涙が出てきますね、いい曲だなぁ。

今回、特にクラリネットのやらかい音色が、曲によくあってたと思います。
こうゆうスペシャルエディションなライヴ、今後も定期的にやって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.06

いたスト買いました

DS版のいたスト買ったので、早速遊んでみました。

◆1回目
最初のマップでプレイ。
相手は、ももんじゃ、キノピオ、スライム。ま、ザコですな(笑)
いたストはファミコン版以来なんですっかり内容忘れてましたが、とにかく遊んでみることに。
・・・結果、ももんじゃに独走されて2位。

つい、モノポリー感覚で土地の独占に走っちゃったのが敗因のようです(2地区独占したから、モノポリーなら間違いなく勝ってたパターン)。
まぁでも、一回遊んだらやり方思い出しましたね。


◆2回目
このまま負けっ放しでは悔しいので、同じマップ、同じメンツでプレイ。
今回は、土地も株もバランス良く投資したのに、またしても、ももんじゃに敗れる(^_^;)
しかもトップ独走してたけど、「勝利条件を満たして先にゴールしたヒトが勝ち」なルールのため、先を越されての2位。
ムキー!、ももんじゃ、許すまじ!


・・・まぁそんなわけで、なかなか楽しいです(笑)
相手のキャラ見ただけで「手強そう」とか「弱そう」とかなんとなく分かるのが、マリオ&ドラクエといったキャラ使ってる利点でしょうか(ボーナスゲームやBGMも、うまいこと取り込まれてると思う)

ただ、この一番小さいと思われるMAPでも、90分近くかかったから短時間でサクッとってわけにはいかないですが。

空き時間に腰を据えて遊ぶには最適ですね。


いただきストリートDS
http://www.square-enix.co.jp/itastds/
(なんか音が鳴るので開く時は注意)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.05

アルタイル誕生4周年イベント

7/3から始まった「アルタイル誕生4周年イベント」のおかげで、期間限定ではありますが、色々便利になってますね。


やっぱ、アサシンマスター変身は快適ですなぁ。歩くのも攻撃するのも速いから、殲滅速度アップ。
おかげで、アサシン変身と比べて経験値効率は2割増しって感じです。

ところで、マスター様には街では変身させてくれないんですね。
確かに「封印されたモンスターはダメ」って言われるけど、マスター様は「隠されたモンスター」の中にあると思うんだけど…
まぁ、変身スクロール使えばいいわけですが、イベント期間中は節約できると思ってただけに、ちょっと残念。

節約といえば、ヘイストワインのおかげで緑POTのストックが増えてます(最近はよくHCに行くので、割と貯まる)。
このワインもイベントジュースも軽いので、長時間狩りをするにはいいですね。

時間取れれば、普段一人ではなかなか近づかない場所(傲慢とか傲慢とか(笑))にちょっと行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.04

シャッフルクラハン?

ログインしたら、すでに11時過ぎ。
「さすがに今日の定期クラハンは欠席だなぁ」と思っていると、みんな「勝手にアジト」に帰還してきた様子。
「おや、今日は終わるの早いのね~」と思ったのも束の間、気がついたらSKTCに、ゆきさんと二人。

まぁ正直、何がどうなってんのか全然分かりませんでした(笑)
ガンガン流れるドロップログと、クラチャの会話を聞いて、やっと状況を理解した次第。
便箋で指定された狩場で、同じ行き先になったヒトと協力して狩りしてたんですね。

この回の他の組み合わせは、ブリさん&レサさんが火山、とうがらしさん&アルさんがDVC、そして水さんが傲慢単騎。

SKTCは3F~4Fへ行ったんですが、メタボ兄弟(笑)に囲まれても、割とあっさり倒せるもんですね。二人でも殲滅力高いなぁ。
30分という滞在時間の割には数をこなしましたが、アデナ以外はほとんどドロップ無し。
この階層にはあんまり来ないので、当然のように行き止まりに愛されまくりでした(^_^;)
(単騎で来る時は、だいたい2Fで狩りするので)

こうゆう変化球なクラハンも、時にはいいですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

Wiiでジェダイになれる日が?

Wiiのライトセーバーゲーム開発中、秋にはゲーム登場
http://japanese.engadget.com/2007/06/29/wii-lightsaber-game-prototype/

Wii発売直後、購入レポートとか色々読んだ中で一番やってみたかったのが「Wiiリモコンをライトセーバーにする」ってヤツだったんですが(笑)、実際にWiiでゲームとして実現できちゃうヤツが出るようですね、楽しみだ~。


Wiiリモコンをライトセーバーやマッサージ器にする「Wii-Saber」「Wiibrator」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/12/11/wiisaber.html

ま、実際にWii買った当日に↑のMacで動くヤツを落としてわくわくしながら試したんですが、家の環境だと何度かリモコン振ってるとソフトが強制終了しちゃうので、満足に使えませんでした。
でもリモコン振ったり捻ったりした時に、あの独特の音が鳴るのは感動モンです。

Wii持っていてPCがBluetooth環境なヒトは、ちょっと試してみるといいかもしれません。楽しいよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

ダークストーンを精製す

「よもぎ祭り」の時にたくさん作ったダークストーン、さすがに残りが少なくなってきました。
そんなわけで久々に精製に挑戦。

MPR回復装備して、魔力回復ポーション飲んで、宿屋に籠もって開始です。
以前ならMPR装備くらいしか思い浮かばなかったけど、少しは知恵もついてきました(笑)

120個の黒魔石から、56個のダークストーン精製に成功。
成功率は約47%なので、まぁSD型にしては悪くない結果です♪

これで所要時間は12分ほど。
もっと時間かかるかと思いましたが、意外に早くてびっくり。

これなら割と頻繁にダークストーン作ってもいいですね。
あとは使いどころだな。今は割と緊急用って感じで使ってますが、うまく利用して効率よい経験アップにつなげたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.01

木根尚登 NAOTO KINE CONCERT 2007 -Talk & Live 番外篇 Vol.7- in 渋谷 DUO MUSIC EXCHANGE

今日は木根さんのライヴに行ってきました。
今年の元旦から始まった、50本ツアーの29本目。
28本目の昨日は「ギターの日」ってことでギター一本だったようですが、本日は「ピアノの日」。
電子ピアノとグランドピアノを使ってのライヴでした。

木根さんのライヴは、チケット取ったのに行けなかったりやむを得ず遅刻したりと、ここ数年まともに観られたことがなかったのですが(苦笑)、今日はちゃんと観ることができました。
定刻通りに始まって、約2時間半。


のどを痛めていたようで、のどスプレー使ったり色んな飲み物飲んでたのが見ていてつらそうでした。
・・・が、それでも「しゃべるのが喉に一番悪い!」と言いつつも盛り上がるトーク(笑)
今日は大作「京本正樹に誘われていった六本木でのパーティ」(勝手に命名)が聞けました。いやぁ芸能界やマスコミって、ホントすごいところですね(苦笑)

肝心のライヴも、最近の曲に混じって懐かしい曲も色々聴けたので満足です(「Close to the night」、いいなぁ、でもこれ聴きながらコーラスしてた朋ちゃんの事思い出したらちょっとせつなくなった…)。

そういや、木根さんのライヴって、さすがに比較的年齢層高めですね。Spin Offの時よりも↑な感じ。
会場に広がるアットホームな雰囲気は、やっぱ長年ファンやってるヒトが多いからなんでしょうね。谷山浩子の猫森集会と同じような雰囲気を感じました。

今回のツアーファイナル、日本青年館でのライヴも見に行く予定です、楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »