« してやられる日々 | トップページ | 激闘!ハイネケイヴ »

2007.07.15

お芝居二本立て

昨日は芝居のはしごをしました。一日に二本観たのは初めてのことですが、どちらもなかなか面白い芝居でしたよ。


◆漢熟公演「マンガン電池」 in メガバックスシアター(荻窪)
職場の後輩が座長を務める劇団のお芝居。その本人が脚本も演出も出演もこなしてます。

事前にコメディだと聞いてたから、「コメディって難しいけどどうなんだろ?」と正直あんまり期待してなかったんですが(笑)、見終わったときの感想は「やべぇ、面白かった」。
なんか、してやられた感じ。

最初にドラクエのテーマが流れ、ドラクエ3的展開で最後にきれいにまとまったのが見事です。
登場した五人のキャラがきちんと書き分けられてるから、話も分かりやすかった。

途中、アニメや特撮のネタがふんだんに盛り込まれてましたが、それに頼り切ることなくうま~く利用してました。元ネタも大半は分かったから、世代的にはギリギリ同じってとこでしょうか(笑)
個人的には、「ベルばら」歌ったところがお気に入りです。

しかしよくもまぁ、普通に仕事もしながらこんだけの脚本書いて演出してセリフ覚えられるもんですね。
客席も満員だったし、次回公演も期待大だね、こりゃ。今後も無理なく続けていって欲しいところです。

演劇ユニット「漢熟」のホームページ
http://otokojyuku.tuzikaze.com/


◆伊東四朗生誕?!七十周年記念『社長放浪記』 in 本多劇場(下北沢)
三谷幸喜が伊東四朗のために書き下ろした脚本を、三宅裕司が演出したお芝居。

こちらも満員。出演者からして、客層の年齢はかなり高め。

先日の「コンフィダント」とは打って変わって、今回はドタバタ劇・・・と言っても勢いやテンション高いだけで引っ張るようなことを決してしないところはさすがです。

タイトルや宣伝チラシからなんとなく植木等の無責任社員的感じを想像してましたが、以前観た、東京ヴォードヴィルショウの「戸惑いの日曜日」にチャップリンの傑作映画「独裁者」の雰囲気を加えたような、そんな内容でした。

伊東四朗が「二役一人」を演じるんですが(ホントは一人しかいないのに、二人に見せかける)、本人含めて「今どっちの役か」をきちんと把握してなきゃならないから、役者さんは大変そうでした。
まぁ、間違えたところでそれが脚本に書いてあるのかホントに間違えたのかは判断しようがないんですが(笑)

途中、佐藤B作が「次になにするか」が完全に分かんなくなって、三宅裕司に向かって思わず「今、(台本の)何ページだっけ?」(笑)
直前の所作を繰り返して必死に思い出そうとしてたから、やっぱこういうのは流れで覚えるもんなんですね。

話は、最初仕事の話から始まってそこに少しずつ家族の話が混ざってゆく展開。
終盤、伊東四朗と中村メイコが二人で語り合うシーンがあるんですが、それ聞いてたら色々思い出して涙出てきましたよ。
笑わせながらも泣かせる芝居ってやっぱスゴイよなぁ…

今回の芝居で、脇役ながらいい味出してる役者さんがいたんですが、後で公演パンフレット読んだら伊東四朗の息子だったのでビックリ。今まで見たこと無いヒトなんですが、今後が楽しみです。

今日は、山本耕史と八嶋智人が観に来てました。
ふつ~に入ってきて、ふつ~に出て行くのでちょっと驚いた(笑)

『社長放浪記』
http://www.atari.co.jp/hourouki-info.htm
作:三谷幸喜
演出:三宅裕司
出演:伊東四朗/中村メイコ/佐藤B作/三宅裕司/藤澤恵麻/山口良一/東貴博/伊東孝明/河本千明


ところで、奇しくもどっちの芝居でも「千の風になって」がネタになってました。
この歌、2~3ヶ月前に「そんな歌、知らない」って言ったら実家で「コレ知らないなんてヒトぢゃない」的扱いをされましたが(笑)、こうしてネタに取り上げられるくらい、みんなに認知されてるんですねぇ。


---
関連記事:
2014.12.04 Yakult プレゼンツ 伊東四朗生誕?!77周年記念「吉良ですが、なにか?」 in 本多劇場
http://luckydragon.cocolog-nifty.com/happy/2014/12/yakult-77-in-b5.html

|

« してやられる日々 | トップページ | 激闘!ハイネケイヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/15759039

この記事へのトラックバック一覧です: お芝居二本立て:

» 歴史に残る傑作SF映画は [SF映画が凄いです]
SF映画が凄いです。SFホラーからSFファンタジーまで、 特殊メイクや音楽が炸裂! [続きを読む]

受信: 2007.07.19 22:55

« してやられる日々 | トップページ | 激闘!ハイネケイヴ »