« 秋の気配 | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2007 Aプログラム<由貴ちゃんとにんじんポテト>1日目 in 全労済ホール/スペース・ゼロ »

2007.09.13

ゼルダ、その素晴らしき箱庭世界

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」を少しずつ進めています。

微妙な操作はパッドの方が落ち着くので、今回はゲームキューブ版を選択。
ちなみに、キューブ版とWii版の違いはこんなところ。

 ・操作方法(パッド/リモコン)
 ・画面サイズ(4:3/16:9)
 ・ゲーム画面(利き腕を変えた関係で、地図が左右反転してるらしい)

ワイド画面+パッド操作って選択肢がないのが悲しい…
画面サイズを機種差別化の対象にするのは、ちょっとひどくないですか?>任天堂


「よくまぁこんだけ色んなアイディア思いつくなぁ」と感心することが、先に進むとどんどん出てくるこのゲーム。
ゲーム好きなヒトなら、是非とも試しに遊んでみて欲しいと思います。傑作!


現在、3つめのダンジョンの手前まで話を進めましたが、ダンジョンの難易度は低めですね。
「そこにあるものを活用することで道が開ける」のがゼルダですが、今作でもその辺りはちゃんと踏襲されており、しかも割と分かりやすくなってるからあんまし迷うところは無いです。
場所によっては、Zボタン(キューブ版の場合)でヒント聞けるし。


それよか、フィールド画面の方が悩みます。

初めてハイラル平原に出た時、あまりの広さに呆れました(笑)
64版でも広いと思ったけど、更に広い。しかも最初は徒歩だし(^_^;)
次に行く場所探すのに、だいぶ迷いましたよ。

それから、ゼルダに限らず3Dゲームによくある「そこに見えてるのにどうやって行くのか分からん」状態にもよく悩まされます。
まぁ大抵の場合、「ここしかない!」って思い込みがダメなので(苦笑)、一拍おいてMAPよく見たり、別の場所から挑戦したりすると解決することが多いです。


しかし、最大の問題は「酔い」ですかねぇ(苦笑)
実際、序盤はかなり酔いました。
最初のうちは勝手が分からずに視点をあちこち移動させることが多いので、多分それが原因で酔うんだと思います。
最初のダンジョンをクリアする頃には操作にも慣れて、割と平気になりました。
そういや、ドラクエ8も最初は酔ったなぁ…

わたくし的酔い対策
・画面に集中しすぎない
・画面よりも目線を高くする(床に座ってテレビを見上げるより、椅子に座って見下ろすほうがいい)


ところで、Wii版の操作は実際どうなんでしょう?
コントローラーでは照準とかうまく合わせられなくてイライラすることがあるけど、Wii版だとその辺甘くなってるんですかねぇ?
機会があれば遊んでみたいところです。

|

« 秋の気配 | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2007 Aプログラム<由貴ちゃんとにんじんポテト>1日目 in 全労済ホール/スペース・ゼロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/16450039

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルダ、その素晴らしき箱庭世界:

« 秋の気配 | トップページ | 谷山浩子・猫森集会2007 Aプログラム<由貴ちゃんとにんじんポテト>1日目 in 全労済ホール/スペース・ゼロ »