« 恐怖、あかはっく | トップページ | ネットカフェで狩り三昧 »

2007.10.27

Sound Horizon Live Tour 2007 -第二次領土拡大遠征凱旋-「幻想楽団メジャーデビュー三周年記念大記念祭」当夜祭 in 品川プリンスホテル・ステラボール

Sound Horizonのライヴに行ってきました。
長~いツアータイトルに示されるように、メジャーデビュー三周年を記念したこのライヴ、三日連続公演の本日が二日目です。

彼らのライヴに来たのは初めてですが、先週購入した「聖戦のイベリア」に付属のDVDを見て「曲の世界観そのままに映像化するのか!」と軽くショック(笑)
実際のライヴではこれがどう展開されるのか、期待と不安が入り交じる中、ライヴが行われる品川ステラボールへ。

ここ、ライヴハウスだったんですね、「ステラボール」はユーミンが命名したそうですが、そう言われればそんな気もする言葉の響きだ(笑)
会場が横長な構造になってるから、なんだか映画館にいるみたい。
天井が高くて開放感があるのは非常にいいんですが、高さに余裕があるなら床に段差か傾斜つければいいのに。後方からだと、ステージかなり見づらいです。


さて実際のライヴですが、やっぱり世界観のままに演じ、歌い、舞うんですね。
あ~でも全然違和感ないや。
Sound Horizonは曲にのせて物語を紡いでるから、むしろこれを普通に棒立ちで歌われた方が変に感じたことでしょう。

ライヴ序盤、「聖戦のイベリア」が演じられる間は、ステージには薄幕が張られたまま進行され、その幕に映像を映し出す、なかなか凝った作り。
この間、楽器演奏してる姿が見えるのはバイオリンのみだったから、ライヴと言うより芝居を観に来たようで、自然と没入できました。

とにかく、演出がうまい。
舞台進行はもちろん、観客を左右で分けて別々に盛り上げるようにしたり、入場時に「青の光」と呼ばれる焔(サイリウムとも言う)を配ったり(しかもここで使ってくれって言われたのは一曲だけ その曲のためだけに全員に配るなんて!)。

まぁこれで盛り上がらないわけ無いわけで、会場の一体感はすごかったです。
Sound Horizonは移動王国なので(ファンは臣民)国歌が存在するわけですが、みんな当たり前のように歌ってるもんなぁ(笑)
アンコール前、普通のライヴなら手拍子でアンコールを促すところも、自然とこの国歌が斉唱され、しかも終わると同時にアンコールの幕が開く…

とにかくこんな感じで、臣民を楽しませるための仕掛けを十重二十重に用意する国王陛下(Revo)は圧倒的にスゴイと思いました。
この上、奏でられる曲は名曲揃いだからねぇ。
大満足の3時間15分。今日はSound Horizonの虜になって帰ってきました。


ぜ~ひ~と~も、またライヴに来たいですね(ファンクラブ入ろうかなぁ…)。

|

« 恐怖、あかはっく | トップページ | ネットカフェで狩り三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/16897755

この記事へのトラックバック一覧です: Sound Horizon Live Tour 2007 -第二次領土拡大遠征凱旋-「幻想楽団メジャーデビュー三周年記念大記念祭」当夜祭 in 品川プリンスホテル・ステラボール:

« 恐怖、あかはっく | トップページ | ネットカフェで狩り三昧 »