« レベル50! | トップページ | アロエヨーグルトレビュー »

2007.11.26

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」 in シアタークリエ

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観てきました。プレビュー公演に続き、二度目。
話の内容すっかり分かっていても、やっぱり面白かったです。
今回は真ん中のちょっと後方の席だったから、全体の流れが非常によく分かりました。

あらすじや出演者については前回書いたので、今日は気づいたことなどをいくつか。


まず上演時間。
18時半に始まって、終わったのが22時20分。途中で20分の休憩が入ったので、正味3時間。
プレビュー公演時と、ほぼ同じ長さです。

そんなわけで話の展開も全く同じ(まぁ、当たり前か)。

大きな変更点で気づいたのは一カ所。
マチャアキが「ヴェニスの商人」の内容説明をするシーンがあるんですが、プレビュー時はデカイ紙に書かれた人物相関図使って解説していたのが、それ使う部分がカットされてました。
まぁこの芝居中に演じられる「参加型ヴェニスの商人(笑)」は終始笑いっぱなしだから(この部分だけでも充分満足できます)、登場人物や話の筋なんて頭に入ってくる余裕ないんで無問題。

あとは、笑いの部分が強化されていたように思います。
元々笑えるシーンに、さらに動きを加えたり強調したりでさらに笑いが畳みかけてくるようになった箇所がいくつか。

それと「参加型ヴェニスの商人」の冒頭にマチャアキの一人芝居があるんですが、ここもヴァージョンアップ。
さながら「新春かくし芸大会」見てるようでしたよ。

ユースケが関わる箇所で「あれ? 前よりも内容増えた?」と思った部分がありましたが、ユースケはプレビュー初日に台本何ページか飛ばして演技したらしいので(笑)、そのせいかもしれません。
ちなみに彼は昨日やっと台詞を全部覚えたらしいです、と、芝居冒頭でマチャアキが暴露。


芝居が大変面白かった反面、劇場自体に関しては「ちょっとなぁ…」と思えるところがいくつか。

前回は最前列だったからあんまり気にならなかったんですが、ここの座席は前後の間隔が非常に狭いです(足が伸ばせないよ…)。
今回席に着いたときに「16列目なのに舞台から近い!」と思ったけど、それは通常の劇場よりもかなり前詰めになってるからですね(^_^;)

おまけに座席は左右も狭いから、あんまりゆったり座ることもできません。

幕間の休憩20分は、残り時間を表示してくれるので親切なんだけど、この表示が5分前のブザーと共に消灯、それ以降は何分経過したがが分からない…
これは演出ぢゃないよね?(笑)

あと、襲撃終劇後に客電点けるのが早すぎな気もするので、カーテンコールの拍手がなんか中途半端に。
まぁ終演時間が遅いから、やむを得ないのかもしれないけど、も少し余韻があってもねぇ…


とわ言え、劇場の不満足を差っ引いても観る価値のある芝居だと思います。
できればもう一回くらい観たいところ。

|

« レベル50! | トップページ | アロエヨーグルトレビュー »

コメント

『襲撃』があるんですかぁ
怖ろしいですねぇ-w-

投稿: ゆきむすめ | 2007.12.01 10:15

そう、最後に一座が襲撃されるところで舞台が暗転して、いきなり客電が点くんですよねって、んなわけない(苦笑)
…最近変換ミス多いなぁ(sigh)

投稿: らきどら | 2007.12.01 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/17218029

この記事へのトラックバック一覧です: 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」 in シアタークリエ:

« レベル50! | トップページ | アロエヨーグルトレビュー »