« メニコン presents Premium meets Premium 2008 斉藤由貴 in 浜離宮朝日ホール | トップページ | Googleのロゴ »

2008.12.24

「428」終了

Wiiの「428」がとりあえずエンディングを迎え、ボーナスシナリオも鑑賞しました。
終わっちゃうのが哀しいと久々に思えたゲームです。傑作!

ファミ通レビュー40点満点も納得のデキでしたね。
音楽よし(サントラ出たら即購入)、シナリオよし、テンポよし。
気になったのは上木彩矢が目立ちすぎなことくらい(笑) あとはもう、文句なし。

サウンドノベル好きなら、Wii本体ごと買うべし!

これまで、わたくし的サウンドノベルのナンバーワンはず~っと「かまいたちの夜」(スーファミ版)だったけど、これからは「428」でウッドボール!


ネタバレにならない範囲で良かったところを挙げていくと…

・フローチャート導入以降のサウンドノベルにありがちな、「ゲームってゆうより作業してる感」を感じさせなかった
・かといってただの読み物では終わらずに、複雑に入り組んだ現代社会パズルを解いていくような楽しみがある
・1時間単位で話が進むので、テンポがいい
・いいところで次の話に進から、続きが気になってしょうがなくてやめられない止まらない(笑)
・時折挿入される動画も効果満点 これのおかげで、なんだか全編動画みたいな錯覚を覚える
・話の内容や展開にあわせて、文字や帯の表示速度を調整する具合が絶妙! 間の取り方がうまい


まだやりのこしたことが色々あるので、しばらくは428の世界に浸っていられそうです。

|

« メニコン presents Premium meets Premium 2008 斉藤由貴 in 浜離宮朝日ホール | トップページ | Googleのロゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/43533201

この記事へのトラックバック一覧です: 「428」終了:

« メニコン presents Premium meets Premium 2008 斉藤由貴 in 浜離宮朝日ホール | トップページ | Googleのロゴ »