« プラチナ会員の試練 | トップページ | ドラクエ9と10 »

2008.12.10

UTSU&KINE EXPO フォーク・パビリオン-Revival- in 府中の森芸術劇場どりーむホール

宇都宮隆と木根尚登の二人によるフォークだらけのコンサートに行ってきました。ゲストは浅倉大介。
あ、ちなみに小室哲哉が逮捕される前からこうゆう構成だったので念のため(苦笑)
TMが三人揃ってフォークソング歌ったら違和感ありまくりだからね。

かつてライヴツアー(TMN EXPOツアー) の1コーナーとして行われていた「フォーク・パビリオン」を超拡大しちゃったのが、今日のコンサート。
開演前にかかる音楽も当然フォークソングでした。徹底してるなぁ。

そして開演と同時にひらく緞帳。そこにはすでにギター演奏を始めているウツ&キネ・・・こうゆう登場の仕方を、やりたかったらしいですよ(笑)

演奏される曲は、もちろんその大半がフォークソング。
中にはちょっと新しめの曲もあったりして(フォークとしては、ね)、新鮮でしたね。古いヤツばっかだと思ってたから。
 →あずさ2号(狩人)とか異邦人(久保田早紀)、最後のニュース(井上陽水)など

全く知らない曲は2~3曲。1/3くらいはタイトルも分かる曲でした。


合間にTMの曲が少々演奏されましたが、なんかTMがかかると違和感を覚えてしまう、そんな展開でした(笑)
「あれ?どっかで聴いたことあるけどこんなフォークソングあったっけ?」ってな感じ。
TMのは↓の5曲。

 FANTASTIC VISION
 Fighting
 Winter Comes Around
 パノラマジック
 DREAMS OF CHRISTMAS

木根さん曰くTMの曲は自粛中らしいです(苦笑)
でもこのコンサート内容なら、もともと少なかったんだろうけどね。


途中、まさかのリクエストコーナーが登場。
歌本を見ながら演奏するって内容でしたが、できない曲は却下されるし即座にチャラランと弾いて終わったりと、なかなかグダグダ感あふれる展開(笑)

こうゆうの見ると、「歌つるべ」でのアルフィー坂崎さんの偉大さが再認識できますね。
即興で何でも演奏できちゃうからな~。


全体にまったりした感じで進行した約3時間。
3人ともすごく楽しそうだったけど、でもなんだか寂しそうに見えてしまうのは気のせいか。
今日の三人の中では、ウツが一番しっかりしてるように見えました(笑)

TM本編ともトリビュートとも違った雰囲気で、とても楽しかったです。今年一番笑ったライヴだなぁ。
この企画、是非今後も続けていただきたい!
TMとしての活動は、しばらく先になりそうだしね・・・

|

« プラチナ会員の試練 | トップページ | ドラクエ9と10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/43386303

この記事へのトラックバック一覧です: UTSU&KINE EXPO フォーク・パビリオン-Revival- in 府中の森芸術劇場どりーむホール:

« プラチナ会員の試練 | トップページ | ドラクエ9と10 »