« ボンレスハム | トップページ | どこでもWi-Fi、値段がなぁ… »

2009.01.21

レーザーディスクの想い出

パイオニア、レーザーディスクプレーヤーの生産を終了 -国内累計360万台。「部品調達が困難に」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20090114/pioneer.htm

「あ~まだ作ってたんだ」ってのが、この記事見たときの第一印象。
家にLD/DVD/CDコンパチプレイヤーありますが、最近は年に一回くらいしか出番なし。
プレイヤーが使えるうちにLDのコンテンツをDVDで保存しようと思いつつ、放置したまま幾年月…(苦笑)


学生時代に授業でパイオニアの企業研究をしたことがあって、その時見たパイオニアの社史にLDが付属していたのが印象的でした。
その昔、VHDに比べて圧倒的に不利だったLDが最終的にフォーマット戦争に勝利したのは、盟主パイオニア(って他のメーカーは全部VHD陣営だったけど)の努力と先見性によるわけですが、今思えばこの会社、あの頃が一番輝いていたような気が・・・

せっかくLDに規格統一されたものの、その後のDVDの普及でどんどん影が薄くなっていきました。
あの画像の滑らかさはDVDに劣ってないと今でも思うけど、ディスクの重さや使い勝手の悪さからすれば、これは致し方ないところか。


昨年のVHSビデオ生産終了のデキゴトといい、映像記録媒体の移り変わりの激しさはハンパぢゃないよなぁ。

|

« ボンレスハム | トップページ | どこでもWi-Fi、値段がなぁ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/43861693

この記事へのトラックバック一覧です: レーザーディスクの想い出:

« ボンレスハム | トップページ | どこでもWi-Fi、値段がなぁ… »