« 1.5倍速再生の功罪 | トップページ | 久々の名古屋 »

2009.02.07

榎本くるみ ライブツアー2009 NOTEBOOK II ~冒険ノート中~ in ell. FITS ALL

榎本くるみの東名阪ライヴツアー。その名古屋公演に遠征してきました。
ライヴ会場はell. FITS ALL
大須観音の近く、伏見通りに面した場所にある、収容人数200人くらいのライヴハウスです。

片側5車線ずつ+中央分離帯な伏見通りを見て、「お~さすが名古屋、100m道路は広いなぁ」と思ったら100m道路ってのはこれより広かったですね、十数年ぶりに来たからすっかり忘れてたよ(苦笑)

ライヴハウスは3Fにあるので、外階段にて開場まで待機。
階段には踊り場毎におおよその整理番号が書いてある手際の良さ。
初めての会場は勝手が分からずに色々戸惑うことが多いんですが、ここは分かりやすくて助かった。

会場内は、真ん中あたりに仕切りバーがあり、後方は一段高くなってました。
仕切りバーは一番前にもあるので、その分ステージが少し遠くなります。今回最前列だったのですが、邪魔にならずに荷物を置くには丁度いいスペース(笑)

ステージは割と広く、会場の大きさの割には高い位置にあるため、これなら後ろからでもけっこう見やすいと思います。


本日のセットリスト。

オープニング.note
01.リアル
02.ファントム
03.RAINBOW DUST
04.愛すべき人
05.みんな元気
06.EPISODE I
07.朝顔
08.未来記念日
09.サンタさんはいないんです。
10.エメラルド
11.スピードウェイ
12.素晴らしい世界
13.冒険彗星

EN1.CURE
EN2.昨日の未来

EN3.冒険彗星


あっという間の1時間半。あと5曲くらいは聴きたかった・・・・・・
MCはいつもの如く少なめでした。

アコースティックぢゃないライヴは初めてでしたが、「エメラルド」とかいいですね~。
その「エメラルド」からアップテンポな曲が続く辺りでは、ヴォーカルがバンドの音にかき消されちゃってるような感じあり。
音のバランスの問題なのか、音が抜けづらい会場なのか、はたまた最前列で見たからか・・・

彼女の地元ということもあってか、アンコール後の鳴りやまぬ拍手を受けて再登場。
これは完全に想定外だったんでしょうね、ダブルアンコールは再び「冒険彗星」でした。

今回、歌ってるときにすごくリラックスしてるように見えたのは、ここが地元だからかもしれないな~。
貴重なダブルアンコールも見られた、密度の濃いライヴでした。遠征した甲斐があったよ♪

|

« 1.5倍速再生の功罪 | トップページ | 久々の名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/43974492

この記事へのトラックバック一覧です: 榎本くるみ ライブツアー2009 NOTEBOOK II ~冒険ノート中~ in ell. FITS ALL:

« 1.5倍速再生の功罪 | トップページ | 久々の名古屋 »