« 複雑な対戦表 | トップページ | Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征 in 横浜Blitz(一日目) »

2009.03.20

坂本龍一 Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009 in 東京国際フォーラム ホールC

「大物アーティストのライヴに行こうシリーズ(笑)」、ジュリー吉田拓郎井上陽水(奥田民生)に続く第4弾として、坂本龍一のコンサートに行ってきました。

教授の曲で知ってるのは、戦場のメリークリスマス/オネアミスの翼/ラストエンペラー、くらいなので今日演奏された曲はまったく知らず。
知らないんだけど、どの曲もかつてどこかで聴いたことのあるような郷愁を感じずにはいられない、不思議な気持ちになりました。

MCで言ってましたが、今回の選曲はみんなその時の気分しだいとか。
序盤は暗めの曲が続き、途中で本人曰くイタリアな気分になり、終盤は割と忙しい感じの曲が続く展開でした。

演奏中、ステージ後方のスクリーンに映像が流されるんですが、それがすごくセンスよかったな~。
後半に映し出された光点の集合体とかずっと見入ってしまいました。あの映像はちょっと欲しいな。

そのステージにはピアノが二台向かい合わせに置かれ、演奏してない方も鍵盤が動いてるように見えたんだけど、あれは何だったんだろう?


途中に一曲だけ「ケータイで撮影OK」な曲があって(SAMSUNGのケータイCMに坂本龍一が出てるからみたい)、この時は真っ暗な場内のそこかしこで浮かび上がるケータイの画面と、絶え間なく続くシャッター音の中で続くピアノ演奏、というのがなんだかシュールな光景でしたね(笑)

|

« 複雑な対戦表 | トップページ | Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征 in 横浜Blitz(一日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/44425035

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本龍一 Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009 in 東京国際フォーラム ホールC:

« 複雑な対戦表 | トップページ | Sound Horizon Live Tour 2009 第三次領土拡大遠征 in 横浜Blitz(一日目) »