« カントリーロードの思い出 | トップページ | Tシャツ作りました »

2009.05.31

サラウンドの日体感視聴会 in パナソニックセンター東京

東京・有明にあるパナソニックセンター東京で開催された、「サラウンドの日体感視聴会」に参加してきました。

最寄り駅は、りんかい線の「国際展示場」駅。
イベントも展示会も無いと、休日でもこの辺りは閑散としてますね~。
パナソニックセンターにもあんまりヒトがいなかったんですが(案内役のヒトの方が多そう…)、この視聴会は満員でした(事前予約制で、定員20名)。

サラウンドの日ってのは5.1チャンネルにちなんで5月1日だそうです(2008年に制定)。
で、その記念日の近辺にサラウンドの啓発を兼ねた体験会を行っているようで、調べてみたらデノンやヤマハ、パイオニアといった音響機器メーカーも同様のイベントやってますね。
業界挙げての啓蒙活動ってとこでしょうか。


で、このパナソニックの体験会。
通されたのは、103インチのプラズマディスプレイに7.1チャンネルの音響を配した、さながらミニシアターのような小部屋。
もちろん機器はすべてパナソニック製。

この環境で、地上波デジタルの映像/ダイハード4/WALL・Eを視聴しつつ(映像ソースはすべてブルーレイ)、サラウンドの仕組みや映像の解説などをしてもらいました。
以下、雑感。

やはり映画作品と比べると、地デジは5.1チャンネルで配信されているとは言え音が弱い。
なんか薄っぺらい感じ。

ダイハード4は音がすごかった。ホントに映画館にいるような感じ。
「パナのウーハーはすごいんです」って解説のヒトが言ってたけど、確かに足下がビシビシ震えるのが分かります。音響設備の整ったコンサート会場にいるようでした。
でも映像はDVDと比べてもあんま変わんない気がする。

そしてWALL・E。
音も良かったけど、画質がスゲ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
昔、「ファインディング・ニモ」をHD画像で見たときも衝撃的だったけど、あれより圧倒的にスゴイ。
真剣に見入ってしまいました。
「ブルーレイでアニメはキレイに見られるようになる」とは聞いてたけど、これほどまでとわ…
初めてブルーレイが欲しくなったよ!

パナのヒトも絶賛してたけど、ピクサー(WALL・E作った会社)のCGの作り込みはハンパぢゃないですね。
大画面で見てようやく分かるような細かい部分もきっちり描かれている。
そして本物よりも本物っぽく見える質感がスバラシイ。
見たのは日本語吹き替え版だったけど、声に加えて画面内に登場する文字などもきちんと日本語化されていたのに感心しました。


わずか35分の体験会でしたが、中身が濃くてよかったな~。また行きたい。
解説も画像や音声を実例に出しながらだから、とても分かりやすくて◎。

終わった後で製品コーナーにご案内・・・とかあるかと思ったけど、あっさり終了。純粋な体験会でした。
「実際に使った機器リスト」配って、それがこの建物のどこに置いてあるか、くらいの案内があっても良かったかも。

|

« カントリーロードの思い出 | トップページ | Tシャツ作りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/45210567

この記事へのトラックバック一覧です: サラウンドの日体感視聴会 in パナソニックセンター東京:

« カントリーロードの思い出 | トップページ | Tシャツ作りました »