« EPSONのネオン | トップページ | 1Q84を探して »

2009.06.09

aluto自主企画イベント 泣き笑え 泣き唄え in 原宿アストロホール

alutoのイベントライヴに行ってきました。彼らを見るのは、これで三度目。
この「泣き笑え 泣き唄え」というのは、デビュー前から不定期に続けているイベントだそうです。フライヤーみて知りました。


開演すると、お笑いのヒト(チョイチャック)が登場して驚く(笑)
進行役だそうで・・・ライヴの途中では鬼の格好をしてネタも披露してくれました。
テンポが良くてなかなか面白かった。
もちっとアドリブを交えながら展開するともっと良かったと思うけど・・・そこまでの余裕はないか、アウェイだし(笑)


ライヴは、まずゲストの二千花が登場。ヴォーカルとギターの二人組です。
彼らを見るのも三度目だけど、なんかこれまでよりも歌の表現力が増してる気がする。
歌い方に特長があるから、どの曲聴いても「あ~これは二千花の曲だ!」って分かりますね。これはなかなかすごいことだと思う。

アンコールではalutoと二千花のセッションでレミオロメンの「3月9日」を歌ったんですが、二千花が歌うとそれは確実に「二千花の3月9日」だった。
カバーですら自分の曲として歌ってしまうところがスゴイ・・・これからが楽しみです。

とりあえず、「エーデルワイス」は名曲。


そしてaluto。ギターとヴァイオリンの二人組。
最近よくアルバム聴いてたんですが、やっぱりヴァイオリンの存在がデカイな~としみじみ実感。
曲はイイしヴォーカルの声もよく通ってステキだけど、このヴァイオリンがあるからalutoがalutoとして成り立ってるんだと思います。

サポートメンバーがオッサンだらけなのもステキです(笑)
みんな味のある演奏をする人たちだ。
alutoの二人も含め、みんな本当に楽しそうに演奏してるから、見てるこっちもすごくいい気分になりますね~。


あっという間に2時間が経ち、サクッとライヴ終了。
もっと聴きたかったなぁ・・・・・・色々と凝縮された、よいライヴでした。
次は10月のライヴに行くつもり。

|

« EPSONのネオン | トップページ | 1Q84を探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/45296673

この記事へのトラックバック一覧です: aluto自主企画イベント 泣き笑え 泣き唄え in 原宿アストロホール:

« EPSONのネオン | トップページ | 1Q84を探して »