« Sound Horizon 第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 in NHKホール(一日目) | トップページ | どこでもマグネットせんぷうき使用レビュー »

2009.06.27

Sound Horizon 第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 in NHKホール(二日目)

国王生誕祭の二日目。

今宵のみの出演者は、井上あずみ/大塚明夫。
当然、この二人の関わった曲がフィーチャーされるわけですが、まさかセットリストがほぼ全部入れ替わるとは思わなんだ!
(同じだったのは、「緋色の風車」と「遺言」 でも前者はヴォーカルが一日目とは違う)

国王陛下(Revo)は相変わらずサービス精神旺盛ですね~、感服します。
でもがんばりすぎないでほしい(´・ω・`)


「冥王」から始まった今日のライヴ、序盤が大盛り上がりだったのは一日目も同じ。
その後に聴かせる曲が増え、「立つタイミングが無くなった」のが昨日の展開。
今日は「終端の王~」「奴隷達の英雄」「朝と夜の物語」といった盛り上がる曲が随所に配置されたおかげで、「座るタイミングが無い」状態でした。

まさに、昨日とは真逆。
しかもMC少なめで、これでもかと言わんばかりの怒濤の展開。

ライヴ全体の構成は昨日と変わってないけれど(中盤までライヴ→終盤でお祝い→新曲「遺書」披露→みんなで国歌斉唱してアンコール無しで終了)、今日の方が「サンホラのライヴに来たな~」と思えたのは参加型の曲が多かったからでしょうか。
演奏する曲が変わるだけで、ライヴ全体の印象もずいぶん変わるな~。


今日は新曲「海を渡った征服者達」も登場。サビの部分が印象に残る、テンポの良い曲でした。
アステカが舞台で征服者が出てくる、ってことはイベリアから繋がるお話なのかなぁ。
ライヴ中、随所に「第七の地平線」(=次回アルバム)って言葉が出てきたから、ひょっとしてアルバム収録曲?
次回作は「イベリア三部作を含めた、スペイン~南米にかけてのストーリー」なんて予想をしてみます。


今日、びっくりしたことその1。大塚明夫がかっこよすぎ(笑)

声もものすごくステキですが、立ち振る舞いも美しい・・・ローランコートがすげぇ似合ってました。
大塚さんも王国の臣民なわけですが、どう見ても王様より威厳があるんですけど・・・(苦笑)
なんか、どこぞの超大国からやってきた将軍、って雰囲気。


びっくりしたことその2。パイプオルガン生演奏。
NHKホールと言えばパイプオルガン。
生誕祭がNHKホールと聞いたときから「パイプオルガン演奏しないかな~」とずっと思っていたんですが、まさか本当に使ってくれるとわ!
「冥王」「黒の預言書」の冒頭に鳴り響くパイプオルガンの荘厳な音色。
もうこれが聞けただけでも大満足です!


国王生誕祭の二日間、「静の一日目」「動の二日目」って感じでしたね。二日でワンセット、みたいな。
両日とも見られて本当に良かったな~。
今日もカメラが入っていたから、映像化に期待します。

|

« Sound Horizon 第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 in NHKホール(一日目) | トップページ | どこでもマグネットせんぷうき使用レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/45496994

この記事へのトラックバック一覧です: Sound Horizon 第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 in NHKホール(二日目):

« Sound Horizon 第三次領土拡大遠征凱旋記念 国王生誕祭 in NHKホール(一日目) | トップページ | どこでもマグネットせんぷうき使用レビュー »