« ますます進化する宅急便 | トップページ | リネージュイベント「真夏の陽炎」後半戦 »

2009.08.07

アンジェラ・アキ Concert Tour 2009 ANSWER in 東京国際フォーラムホールA

1年半ぶりにアンジェラ・アキのライヴに行ってきました。これが2回目。
前に来たときよりも客層が広がってるように感じられた(年配の人の姿が目立った)のは、やはり「手紙~拝啓 十五の君へ」とNHK朝の連ドラ主題歌の効果でしょうか。

まぁ、自分も毎朝めざまし代わりにアンジェラ・アキの歌を聴いてるうちに「久しぶりにライヴ行くか~」と思ったクチですが(笑)
でもこの曲(愛の季節)、まだシングルになってなかったんですね、意外(2009/9/16発売)。
今回初めてフルヴァージョンを聴いたけど、イイ曲だなぁ♪ 「ハレルヤ」の次に好きだわ。


本日のライヴは、本人のピアノ演奏に加えてドラム&ベースの三人編成。
基本的な流れは、前回見たときと同じでした(最初に今日初めてライヴに来たヒトを確認~注意事項(笑)説明~「勝手に英語でしゃべらナイト」のコーナー~アンコールでは自分が歌いたいカヴァー曲披露)。
ピアノが体の一部かと思えるが如く一体化してるように見えたのも、前の時と同じ。

ちなみに、「英語でしゃべらナイト」(洋楽の歌詞解説&みんなで合唱)の課題曲はビートルズの「ヘイ・ジュード」。
途中、話の展開から「与作」や「ねえ!ムーミン」(昭和版ムーミンの主題歌)を1フレーズ歌ってくれました。
そしてアンコールのカヴァー曲はLINDBERGの「今すぐKiss Me」。

こうやって曲名書いていくと「なんてカオスな…」って感じだけど、実際その場にいると全然違和感ないですね(笑)
全編とおして、アットホームであたたかく、その場にいるだけで楽しいライヴだと思います。


今回見ていて思ったのは、ライヴ構成の巧みさ。
聴かせるべきところ、盛り上がるところ、笑えるところ、などのメリハリがきちんとしているのが見事です。

(本人も最初に説明するように)アンジェラ・アキはものすごく「しゃべる」ヒトだけど、全体の流れをきちんと意識した上でしゃべってますね。
ライヴの構成にあわせて、しゃべりをコントロールしてるような感じ。しかもすごく自然に。
だから場面ごとの転換がスムーズだし、(しゃべり好きなヒトのライヴにありがちな)グダグダ感がぜんぜん無い。

いろいろと緻密に計算された上でこのライヴが成り立っているんだなぁ、という印象を受けました。

緻密と言えば、「『ヘイ・ジュード』がなぜこんなにキャッチーなのか」というアンジー理論?もなかなか筋が通っていて面白かったです。

また機会があれば、ライヴを観に来るつもり。

|

« ますます進化する宅急便 | トップページ | リネージュイベント「真夏の陽炎」後半戦 »

コメント

Hello.
The interesting name of a site - luckydragon.cocolog-nifty.com, interesting this here is very good.
I spent 3 hours searching in the network, until find your forum!

投稿: Shoumpamopyk | 2011.03.17 12:08

Thx a lot!

投稿: luckydragon | 2011.03.18 03:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/45886588

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・アキ Concert Tour 2009 ANSWER in 東京国際フォーラムホールA:

« ますます進化する宅急便 | トップページ | リネージュイベント「真夏の陽炎」後半戦 »