« コムロ… | トップページ | 斉藤由貴DVD-BOX 特典ディスクレビュー »

2009.09.19

広沢タダシライヴ "Atomic Monster Festival Vol.4 in Tokyo" in DUO MUSIC EXCHANGE

広沢タダシがゲストを招いて行うライヴ「Atomic Monster Festival」に行ってきました。
昨年はゲストが二組だったけど、今年は七組もいてびっくり。
前半まったり、後半ヒートアップなライヴでした。充実の3時間弱。

道玄坂はちょうどお祭りだったようで(金王八幡宮例大祭)、会場近くで御輿の練り歩きに遭遇。
こうゆうお祭りの光景、久しぶりに見たなぁ。

会場のDUO MUSIC EXCHANGEは整理番号順入場。
「B6」って番号だったんですが、Aが150番まであって、Bは番号毎に5人ずつになってるようでした。
この会場、ライヴによっては番号のみだったり、Aが400番くらいまであったりするんだけど、なにか理由があってパターン変えてるんだろうか?


さて本日のライヴ、アーティストごとの雑感を登場順に。

アサダマオ
ほとんど語り、サビだけ歌って感じのヒトでした。特徴のある歌だ。
メモ読みながらのMCが微笑ましい。

タニザワトモフミ
広沢タダシの「ブルー」を熱唱。
彼とのコラボでは、とても楽しそうに歌う様子が印象的だった。
持ち歌も良かったから、今後要チェック。

木根尚登
トーク中に「当て逃げ」って何回言ったんだろう?って感じにトコトン自虐ネタ(笑)
アンコールでは木根さんが歌う「Get Wild」なんて珍しいモノも聴けました。
今日はAWAYだからか、なんだか緊張していたように見えた。
「LUCY」「君への道」「色づく街に」を広沢タダシとコラボ。

東京60WATTS
昨年に引き続きゲスト。今年も「ビールとコーラ」が聴けました。
相変わらずボーカルのヒトの歌声がステキです。
広沢タダシのライヴに無くてはならない、杉浦琢雄のキーボード&ボーカルも聴き応えあり。

ヒロシ
「このヒト、ヒロシのモノマネうまいな~」と思ったら本人だった(笑)
生で見られてちょっとうれしい。

GAKU-MC
彼の曲をちゃんと聴いたのは初めて。
ラップだからと敬遠してましたが、J-POPとラップをうま~く融合させてるんだなぁと感心。
お客さん盛り上げるのも、うまいね。

aluto(アンコール一曲のみ) ※リンクは音出るので注意
10/4のライヴで広沢タダシとコラボ予定のalutoが最後に登場。
ライヴを見に来ていたところを、ステージに引っ張り出されたようです(笑)

・広沢タダシ
新曲を披露してくれました(あたたかい季節)。
方向性の違うアーティストを一堂に集めちまうのがスゴイ。
本人が言ってたように、「新しい風」が吹いた気がします。


「Atomic Monster Festival」って意味はよく分からないけど、その字面にふさわしい内容だったんぢゃないかと思います。
各アーティストとの絡みがもっとあったら良かったのに。こんだけ大勢出演して3時間弱はちょっと短いかな。
でもすごく楽しいライヴだった。

|

« コムロ… | トップページ | 斉藤由貴DVD-BOX 特典ディスクレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/46266032

この記事へのトラックバック一覧です: 広沢タダシライヴ "Atomic Monster Festival Vol.4 in Tokyo" in DUO MUSIC EXCHANGE:

« コムロ… | トップページ | 斉藤由貴DVD-BOX 特典ディスクレビュー »