« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

セカイカメラでiPhoneが欲しくなった!

9/24に登場したiPhone用アプリ、セカイカメラ
iPhoneのカメラを利用した、「色んなヒトが情報を書き込んだGoogle Mapをリアルなストリートビューで歩き回る」ような代物です。

初披露された昨年から注目はしてたんですが、紹介映像など見てもピンと来なかったのが正直なところ。

しかしリリースされて実際に使ったヒトのレビューなどを見ると、その凄さが実感できますね。
これは電脳空間と現実空間を結びつける、とんでもない代物なんぢゃないんだろうか・・・

セカイカメラで秋葉原にエアタグのテロ?
http://www.youtube.com/watch?v=UyRsPLb_fnY


・・・今まで「カメラなんて使わないからiPod touchで充分」って思ってたけど、セカイカメラのこのアイディアには脱帽。
あ~iPhone欲しいなぁ。セカイカメラが使いたい!
ソフトバンクとドコモ以外が電撃的にiPhone発売してくれないかしら(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.29

インベーダーゲームの進化っぷりに驚く

スペースインベーダー(インベーダーゲーム)が登場して、今年で31年。
元々はアーケードゲームだったのが、今ではいろんなゲーム機に移植されています。
「こんな古いゲームを移植して、誰が遊ぶんだろ?」なんて常々思っていたわけですが、iPhone/iPod touch版の評判がやたら良いので試しに購入してみました。

・・・なんですか、このスタイリッシュなインベーダーは。
音楽良し、テンポ良し、画面センス良し、中毒性あり。
なかなかの傑作だと思います。
このゲームのためにOS3.0に有料アップデートしたのは正解だった!


いわゆる普通のインベーダーゲームなのは最序盤のみで、あとは「インベーダーっぽい」縦スクロールのシューティングゲーム。
自機は上下左右に移動可能。
指で自機を動かすんだけど、自機に指を重ねなくても操作できるのでスリリングな弾よけもできます(やりづらいけどね~)。
ショットは連射で打ちっぱなしだから(※変更も可能)、自機の移動に専念できるのも◎。

各ステージをクリアしたときに一定のスコアがあると、様々なオプションが開放されていく仕様。
(自機数、武器選択、サウンドテストで選べる曲の種類など)
これのおかげで、行き詰まっても手前のステージでスコア稼いでオプション開放→強力な武器手に入れてリベンジ、なんてことが可能に。
だからシューティングゲームにありがちな「先に進めないからどうしようもない」とゆう事態が避けられます。


これ遊んでいて思い出したゲーム:シルフィード/ザナック/グラディウス/R-TYPE/REZ、など。
まぁ、その辺りのゲームに近い雰囲気を持ってるってことで。
ワイヤフレームで描かれた画面が美しい・・・
スクリーンショット見てピン!と来たヒトにオススメです。

[iPhone]スペースインベーダー インフィニティジーン
http://www.4gamer.net/games/096/G009607/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.28

イープラスは配送より発券がオトク

イープラス、チケットの受取をずっと「配送」にしてたんだけど(前はこれしか無かった)、最近「セブンイレブン発券」が選択できることに気づく。
これ、どう考えてもセブンイレブン発券の方がいいよね(近所にセブンイレブンがある場合)。
以下にメリット列挙。

・手数料が安い
とあるライヴの申し込み時に配送と発券の費用を比較したところ、配送は600円、発券は315円だった
(※共にシステム利用料含む/発券は発券手数料込みの値段)

・早くチケットが入手できる
配送開始日よりも、発券開始日の方が早い

・家でチケットが届くのを待ってなくてもOK
宅急便(ヤマト運輸のセキュリティパッケージ)だと届けてもらうのを待たなきゃいけないけど、発券なら自分の都合でできる


逆にデメリットは・・・発券し忘れる可能性があることか(苦笑)

ちなみに代金支払もセブンイレブンにすると、「払い込み」と「チケット受け取り」が別の日で二度手間になる場合があるので注意。
クレジットカード払い+セブンイレブン発券、が理想の組み合わせですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.27

トロステ、週刊へ

夜、寝付けなかったのでトロステ(まいにちいっしょ)をまとめて視聴。
すると「B級グルメ」や「目黒のサンマ」を特集していて、今度はお腹が減って眠れなくなりました(笑)
トロステで紹介する食べ物は、美味しそうなものをホント旨そうに伝えるから困る。
焼きそばが無性に食べたくなったよ…


『週刊トロ・ステーション』 2009年11月サービス開始
『まいにちいっしょ』3周年を機に名称を変更し、大幅リニューアル
http://www.scei.co.jp/corporate/release/090924l.html

とまぁそんな視聴スタイルだから、週刊になっても特に影響なし。
でも今回のリニューアル、「誰でも見てね!」っていう無償サービスから、ある程度は採算を考えるサービスへの転換になるんぢゃないかな。
「良き時代」の終わりの始まり、といったところでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.26

のぞみがこだまの通過待ち

東海道新幹線(こだま)に乗っていたところ、熱海-三島間の線路内に人が立ち入ったとかで小田原駅でしばし停止。
30分ほどで運転再開するも、前に列車が詰まってる状態のため徐行運転。
アナウンスによると熱海-小田原間で5~6本の列車が足止め喰らったらしく、ダイヤ順に運行中との事。

東海道新幹線は(停車駅の異なる)のぞみ/ひかり/こだまの3系統が走ってるから、列車の順番で走らせりゃいいってわけぢゃないのが、ややこしい。

通過待ちができる駅(小田原・三島)をうま~く使って、順番の調整してました。
こういうのって手作業で順番決めるのかなぁ、なかなか芸術的な光景でした(ちと大袈裟か)。


おかげで、三島駅の追い越し線路で減速した「のぞみ」を「こだま」が追い抜くという、珍しい場面に遭遇。
走行中のこだまの車窓からのぞみの車内がゆっくり見られるなんて、滅多にないからねぇ。


三島で新幹線線路内に人 25分後に運転再開
http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20090926215423.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.25

記憶の美化

ものすごく久しぶりに実物に触れた時、「あれ?こんなんだっけ?」って思うことはありませんか?
実物から遠ざかっていた期間が長いほど、そのギャップは大きいように思います。

Wiiでバーチャルコンソールアーケードのスペースハリアー遊んだ時がそうでした。
「あれ、こんなに画面きたないんだっけ?」
まぁこれは、モニタの解像度や大きさが違うからそう感じられちゃうわけですが(だから小さい画面で見ると気にならない)。

PS2で発売されたギャラクシーフォースも同じような感じ。
このゲームはグラフィックを大幅に向上させたモードが入ってるんだけど、記憶に残っていたギャラクシーフォースはまさにこんな感じのヤツ。
まぁ、記憶ってのは自分に都合良く変わっていくわけですね。


なんでこんなこと書いたかと言うと、今日食べた「チキンタツタ」が意外と微妙だったから(笑)
いや、これは昔食べたチキンタツタと同じ味であることに間違いないんだけど、「あれ、もっと旨かったような…」。
冷静になって考えてみれば、当時からモスの「テリヤキチキン」の方が圧倒的に旨かったわけで。
それがいつの間にか「チキンタツタこそ至高!」みたいになっちゃってたんだよねぇ。

・・・勢いで一度に2個注文しちゃう程のモノではなかったってことで(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.24

実物大メタルスラム

先日、新宿ヨドバシのおもちゃ売り場で発見したメタルスライム。

ドラゴンクエスト ビッグソフビモンスター メタルスライム
http://ssl.square-enix-shop.com/jp/detail.php?id=372

その大きさと質感がよろしくて、思わず連れて帰りたくなる出来映えでした。
で、近づいてパッケージをよく見ると、そこに「1/1スケール」の文字が。


1/1すなわち実物大。
実在しないモンスターなのに実物大とは、これいかに(笑)

「高さ30cm」となっているから、けっこうデカイね。
このサイズが集団で出てこられたら、ちょっと怖いな…

しかしまぁ、この大きさで金属でできていれば、そりゃあなかなか攻撃があたらないのも理解できるわ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.23

チキンタツタ、先行発売中

マック渋谷5店舗で“復活チキンタツタ”が先行発売!
http://news.walkerplus.com/2009/0916/21/

9/25(金)より、全国で発売されるマクドナルドの「チキンタツタ」。5年ぶりの“復活”とあって、発売前から大きな話題を呼んでいるが、なんと、9/19(土)10:30から、渋谷のマクドナルド5店舗で、先行発売されるという。


エエエエェェェェ(´Д`)ェェェェエエエエ
9/19は渋谷にいたのに・・・チキンタツタ食べ損なった・・・

休みの日ってあんまりニュースサイト見ないから、こうゆう情報見逃すんだよなぁ。
う~ん、情弱、乙。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

VIDEO GAMES LIVE in JAPAN ~ゲーム音楽と映像の祭典~ in 東京国際フォーラムホールA

VIDEO GAMES LIVE」に行ってきました。
様々なゲーム音楽を映像と共に楽しむこのイベント、海外ではメジャーなようですが日本では初開催。
自分も、チケット予約時にこのイベントの存在を初めて知ったクチです。

だから正直あんまり期待してなかったんだけど、いやぁこれはスゴイ!
神々と神曲が一堂に会するライヴでした。

ライヴの内容は、↓のファミ通の記事に詳しく書かれてます。
これは前日の様子だけど(9/21と22に1回ずつ公演あり)、内容はほぼ同じ。
だから詳しい内容はこの記事見てもらうとして、これを補完する形で色々書いてみようと思います。

豪華ゲストの競演に酔いしれる“VIDEO GAMES LIVE in JAPAN~ゲーム音楽と映像の祭典~”で迫力のゲーム音楽を堪能
http://www.famitsu.com/game/news/1227791_1124.html


会場となった国際フォーラムホールAですが、2F席は開放せずに1Fのみ使用。
休憩時間にウロウロした限りでは、わりと空席がありましたね~。まぁこのホール、デカイからなぁ。
ホールCで丁度いいくらいな感じでした。

多分、ホールAを使ったのはステージが広いからだと思います。
フルオーケストラ+合唱団で100名以上はステージにいましたから。
ちなみに今回、座席は最前列でした。しかも真ん中付近。
こんだけデカイホールなのに、ステージと客席の距離がけっこう近いのにオドロイタ。
しかしこんだけ間近だと、見ていて緊張するんだよねぇ(苦笑)


開演直前、スクリーンに「マイケルクエスト」と「実写版パックマン」の映像が流れた時は、「このイベント、どうなるんだろう」と正直不安でしたよ(笑)


最初のクラシックゲームメドレーで記憶にあるタイトルは、ドンキーコング/フロッガー/ドラゴンズレア/ダッグアウト/パンチアウト/アウトラン/魔界村・・・など。
ちゃんと映像に合わせた演奏になっていて感心。
序盤で「ワルキューレの騎行」が聴けたのもよかった(ゲーム音楽ぢゃないけど)。
この曲、生演奏で聴くとその迫力に鳥肌立ちますね。


指揮者の手元にコンソールがあって、演奏開始時にこれを操作して映像を出しているようでした。
なるほど、これなら音楽と映像のタイミングがずれることはないね。


FFのピアノソロはメドレー形式になっていたので、正直どれがどれやら・・・(苦笑)
すぐに分かったのは、戦闘に勝った時になる音楽とFF10の名曲「ザナルカンドにて」くらい。

演奏中にスクリーンに曲名表示してくれると分かりやすいんだけどね…
今回のライヴ、スクエニ作品は「FF」「キングダムハーツ」「クロノトリガー/クロス」がありましたが、全て映像無し!
他のパートはすべてゲーム映像が出るのに何故。。。
「スクエニが許可しなかったのかなぁ」と思ったけど、このスクエニパートが日本ライヴオリジナルだとすれば主催者側が許可を求めなかっただけかもしれません。

ちなみに、FFとスーパーマリオのピアノソロを披露したヒト(マーティン・レン)は、スーパーマリオをピアノで超絶演奏しちゃうヒトです。
いやはや、この演奏が生で聴けるとは思わなかった。すげぇもの見せてもらいました。


途中で「FF」「ゼルダ」「マリオ」なんて有名どころの曲が演奏されるから、一体最後は何をやるんだろう?と思ったら「悪魔城ドラキュラ」。
・・・なんてマニアックなんだ(笑) まぁドラキュラは海外で大人気だからなぁ。名曲揃いだし。


あっという間の3時間(途中15分の休憩あり)、ゲームへのリスペクトに溢れたライヴでした。
また開催されたらゼヒ見に来ようと思います。
次は「グラディウス」とかも演奏してくれないかしら。

でもこうして映像付きで演奏を聴くと、昔のゲームの方が印象に残る音楽が多いことに気づかされますね。
最近の曲って、どのタイトルも似たような曲が流れるような・・・音はゴージャスなんだけど個性がないってゆうか・・・
かつて様々な制約の下で「いかに印象的なBGMをつけるか」を考え抜いて作られたゲーム音楽の方が、フレーズがシンプルで覚えやすいからなのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.09.21

konozamaなお急ぎ便

amazonお急ぎ便を使ってみました。これが三回目。
プライムサービスには入ってないので、別料金です。
二回目の時は(当日配達の)締め切り時間ギリギリに注文してみたのですが、今回は余裕を持って前日注文。

前より早く届くかな~、って思ったらまさかのkonozamaでしたよ!(笑)


今回のタイムテーブル。

前日の22時過ぎに注文、注文完了メールがすぐ届く
13時過ぎ、amazonから発送のお知らせメール届く
17時前、ヤマト運輸amazon支店(こんなんあるのか!)より、「今日は届けられそうにない」と電話がある
20時過ぎ、amazonからもお詫びのメール届く
翌日9時頃 荷物到着

ちなみに遅れた原因は、ヤマト運輸の手配ミスの模様。
なるほど発送を知らせるメールが届いたのは前回とほぼ同時刻だから、amazonに非がないのは確かなようです。


当日届くはずのモノが届かないってなった時に気になるのは、お急ぎ便の配送料がどうなるかってこと。
これについては、amazonからのお詫びメールに返金される旨の記載がありました。

こちらがクレームつける前に、一番知りたいこと(いつ届くのか/配送料はどうなるのか)を向こうから教えてくれたので、まぁ悪い気はしませんでしたね。荷物も翌日受け取れたし。
やっぱクレーム対応ってのは、先手を打つことが大事だね。


まぁ、こんなわけで「お急ぎ便」もその日に確実に届くとは限らないようです。
しかし「お急ぎ便」がkonozamaになるとわ、さすがamazonですな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.20

斉藤由貴DVD-BOX 特典ディスクレビュー

「斉藤由貴デビュー25th記念DVD-BOX」を予約したって9/7に記事にしましたが、9/16にamazonから届きました。

随分とずっしり感があるなぁと思ったら、中はそれぞれトールケースに収められた12枚のDVD。
これが特製ボックスに入ってます。
けっこう場所取りますね・・・置く場所のことは全然考えてなかった(苦笑)


内容は、既発作品11枚+特典ディスク1枚。
前者は↑の記事に書いたので、本日は特典ディスクの内容について。
ちなみに各ディスクにはDVDが入ってるだけで、内容をまとめた冊子が別にあります。


特典ディスクにはパッケージ裏に以下のような記載が。

これは斉藤由貴25th DVD BOXをお買い上げいただいた方々に
斉藤由貴より感謝と皆様の幸福を祈るコメント
そしてデビュー25年目を迎えてしまった心構え
今後へ向けての誓いなどを収録したDVDです。

そしてコメントの後には1985年1月5日にデビューSg「卒業」の
1st.Recordingのフルサイズ映像も収録いたしました。


「Greetings from Yuki Saito」ってタイトルが付いたこの特典DVDは全11分で、うち7分がコメント。
コメントの内容は上にまとめられてるとおりですね。
「こんなものわざわざ買ってくれてありがとう」って感じがよく伝わってきます(笑)

「卒業」は、昨年の「live @ PARCO」で公開されたもの。
あの時と同じように、「今」と「デビュー当時」が同時に見られるこのディスク、特典としては悪くないと思う(もう少し長くコメントしてくれると良かったんだけど)。

しかし、あの当時と容姿が全然変わってないところはサスガです。
またコンサートやってくれないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.19

広沢タダシライヴ "Atomic Monster Festival Vol.4 in Tokyo" in DUO MUSIC EXCHANGE

広沢タダシがゲストを招いて行うライヴ「Atomic Monster Festival」に行ってきました。
昨年はゲストが二組だったけど、今年は七組もいてびっくり。
前半まったり、後半ヒートアップなライヴでした。充実の3時間弱。

道玄坂はちょうどお祭りだったようで(金王八幡宮例大祭)、会場近くで御輿の練り歩きに遭遇。
こうゆうお祭りの光景、久しぶりに見たなぁ。

会場のDUO MUSIC EXCHANGEは整理番号順入場。
「B6」って番号だったんですが、Aが150番まであって、Bは番号毎に5人ずつになってるようでした。
この会場、ライヴによっては番号のみだったり、Aが400番くらいまであったりするんだけど、なにか理由があってパターン変えてるんだろうか?


さて本日のライヴ、アーティストごとの雑感を登場順に。

アサダマオ
ほとんど語り、サビだけ歌って感じのヒトでした。特徴のある歌だ。
メモ読みながらのMCが微笑ましい。

タニザワトモフミ
広沢タダシの「ブルー」を熱唱。
彼とのコラボでは、とても楽しそうに歌う様子が印象的だった。
持ち歌も良かったから、今後要チェック。

木根尚登
トーク中に「当て逃げ」って何回言ったんだろう?って感じにトコトン自虐ネタ(笑)
アンコールでは木根さんが歌う「Get Wild」なんて珍しいモノも聴けました。
今日はAWAYだからか、なんだか緊張していたように見えた。
「LUCY」「君への道」「色づく街に」を広沢タダシとコラボ。

東京60WATTS
昨年に引き続きゲスト。今年も「ビールとコーラ」が聴けました。
相変わらずボーカルのヒトの歌声がステキです。
広沢タダシのライヴに無くてはならない、杉浦琢雄のキーボード&ボーカルも聴き応えあり。

ヒロシ
「このヒト、ヒロシのモノマネうまいな~」と思ったら本人だった(笑)
生で見られてちょっとうれしい。

GAKU-MC
彼の曲をちゃんと聴いたのは初めて。
ラップだからと敬遠してましたが、J-POPとラップをうま~く融合させてるんだなぁと感心。
お客さん盛り上げるのも、うまいね。

aluto(アンコール一曲のみ) ※リンクは音出るので注意
10/4のライヴで広沢タダシとコラボ予定のalutoが最後に登場。
ライヴを見に来ていたところを、ステージに引っ張り出されたようです(笑)

・広沢タダシ
新曲を披露してくれました(あたたかい季節)。
方向性の違うアーティストを一堂に集めちまうのがスゴイ。
本人が言ってたように、「新しい風」が吹いた気がします。


「Atomic Monster Festival」って意味はよく分からないけど、その字面にふさわしい内容だったんぢゃないかと思います。
各アーティストとの絡みがもっとあったら良かったのに。こんだけ大勢出演して3時間弱はちょっと短いかな。
でもすごく楽しいライヴだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

コムロ…

小室哲哉、仰天復活プラン表明! 5億円詐欺事件を激白http://www.zakzak.co.jp/entertainment/movie_music/news/20090917/mov0909171606002-n2.htm

「50曲同時発売」なるプランがあるそうで。

え~これ風呂敷ぢゃないよね? ちゃんと広げたものは畳んでくれるんだよね?(苦笑)
でもさぁ、量より質だと思うんだけど…

ここ数年の曲を聴いてる限りだと、かな~り不安なんだよなぁ。
それにだいたい、avexのアーティストだって曲を提供されて嬉しいヒトとそうでないヒトがいると思うんデスガ。
なんか、「曲を提供してあげる」って上から目線が感じられちゃうんですけど。
同時発売したいってのも小室都合なわけだし。


地道に良曲作ってくれれば、それでいいんだけどなぁ。
曲作りとプロモーションは本来別物なんだから、売り方とか考えずに作曲にだけ専念して欲しいと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.17

「1Q84」すがたをあらわした第3部

村上春樹氏:「1Q84」を語る 単独インタビュー
http://mainichi.jp/enta/book/news/20090917mog00m040001000c.html

上のインタビュー記事によると、来年初夏の出版を目指して1Q84の第3部を執筆中とのこと。

お~、速攻で読んでおいて良かった!
「続きがある」と知っているのといないのとでは、読後の感じ方が全然違ってくるからね。
実際、「ページがどんどん残り少なくなっていくのにどうやってこの話は収束するんだろ?」ってドキドキしながら第2部を読んでましたから。

読み終えて、「え~ここで終わりなのこの先の展開が気になるんですけどでもこの呆気ない終わり方でもいっかぁ」と思っていただけに、続きが非常に楽しみであります。


しかしこれってまさに「ねじまき鳥」的展開。
あのときは話の内容をすっかり忘れた頃に第3部が発売されたわけですが(2部→3部の間が4年半)、今回は比較的はやく続きが読めそうでよかった。

ま、最初から読み直すのは同じだけどね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.16

谷山浩子・猫森集会2009 Cプログラム<トモトモと愉快なオールリクエスト(増量)> in 全労済ホール/スペース・ゼロ

12日に引き続き、谷山浩子・猫森集会に行ってきました。
本日はCプログラムの一日目、オールリクエストの日。
ゲストは、昨年からCプログラム担当?の廃品打楽器奏者・山口とも


コンサートタイトルに「増量」って書いてあるからてっきり時間が増えるのかと思いきや、さにあらず。
今まで「リクエストできるヒト」を決めるために行っていたゲームや質問を止めて、座席抽選方式に変更することでの(演奏以外の時間短縮による)増量でした。
これを谷山さんが説明したとき、会場からはけっこうなブーイングが(笑)

まぁ、あれを楽しみにしてるヒトもいるだろうから、なかなかムツカシイところではありますね。
個人的には、基本は今回の形+1コーナーのみ従来パターンってのがいいかな~と思いました。
・・・時間増やしてくれるのが一番いいんだけど(笑)


今日は山口ともの演奏(パフォーマンスと呼んだ方がふさわしいか)目当てに来たんですが、いやぁ相変わらずスバラシイ。
全く知らない曲なのに、その曲調にあった演奏を瞬時に行う姿、神がかってます。
普通にドラム&パーカッションを叩いているかと思えば、波音を出すためにアズキ使ったり、実際に水を流して水音を演出したり、様々なガラクタ楽器で音を奏でたり…

そんな目立つパフォーマンスをしつつも決して音が前面には出ることは無く、その加減具合がお見事!
来年もCプログラムの担当、お願いします。また観に来ます。

自分が座った場所は丁度ともさんの後方で、その演奏を堪能できました。
ちなみに前の列に相曽晴日さんを発見。
「すごく似たヒトがいるな~」と思ってたんですが、ご本人のブログに「今日観に来た」と書いてあったから間違いないでしょう。
そういえば、このエリア(谷山さんが一番遠い位置に見えるブロック)って以前から関係者が多い気がする…
FLIPSIDEでチケット取るとだいたいこの付近だから、さすがプロモーターエリアと言ったところでしょうか。


今日印象に残った曲:「神様」と「真夜中の太陽」
「真夜中の太陽」ってすごく知ってる曲なのに手持ちライブラリには無いんだよなぁ…いつどこで聴いたんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.15

銀河英雄伝説とSound HorizonのBlu-ray

「銀河英雄伝説」アニメ版のBlu-ray BOXが12月より発売-全165話/4,320分。劇場版や電脳フィギュアも
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090904_312272.html

BOXは全4巻で、本編と外伝を合わせて全165話/総時間4,320分を収録。BOX全巻の合計額は25万2,000円で、既発売のDVD-BOX版(24万2,500円)との価格差は9,450円となる。


銀英伝はDVD-BOX発表時に一式衝動買いしましたが(笑)、Blu-ray版はもちろんパス。
DVDでも画質キレイだから、あれで充分です。

しかし今回のBlu-rayBOX、枚数は減ったけど(45枚→33枚)、値段は大差なしか…
枚数減ったら値段も下がりそうなもんだけど、なんとかならんのかね、これは。
タダでさえ日本のアニメは値段が高いってのに。


Blu-rayと言えば、先日NHKホールで執り行われたSound Horizonの国王生誕祭がDVDとBlu-rayで発売になるようで。
ついにサンホラもBlu-rayですか。
しかしDVDには「コンプリートDVDボックス」があるのにBlu-rayには無いってのがなぁ(苦笑)
とりあえず、限定商品のDVDボックスのみamazonで予約。
Blu-ray版は今後の情報待ちですね。

・・・どうせまだBlu-ray再生環境ないし(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.13

谷山浩子・猫森集会2009 Aプログラム<ネコのさとがえり> in 全労済ホール/スペース・ゼロ

谷山浩子の猫森集会に行ってきました。今回で8年連続です。
8日間の日程をA~Dの4つのプログラムに分けて二日間ずつ行うこのコンサート、今日はAプログラムの二日目。
ゲストは斎藤ネコ

開演前。
客席が4面ある独特の舞台とそこに流れるピアノの調べ…この空間の心地よさとあたたかみを感じると「今年もここに帰ってきたな~」ってしみじみ思いますね。


ほぼ定刻どおりに開演。
通常、谷山さんが1~2曲歌ってからゲストが入ってくるのですが、斎藤ネコさんは最初から登場。
さすが、準レギュラーだけのことはあります。

去年も思いましたが、谷山さんが斎藤ネコさんに質問を投げかける時って、目がすごく挑戦的でいたずらっぽく見えるのは気のせいでしょうか?(笑)
なんてゆうか、勝手知ったる戦友同士の会話って感じがしますね。
この二人の掛け合い?は、すごく面白い。

しかしまぁ、斎藤ネコさんのヴァイオリンは相変わらず絶品ですなぁ。
あまりにも心地よすぎて、油断してると眠りの世界にイザナワレテしまう…(苦笑)

今日のコンサートで印象に残った曲は、「銀河通信」と「夜のブランコ」。

「夜のブランコ」を聴くたび、大昔に斉藤由貴がコンサートで「すごく好きな曲です」とこの曲を歌ったことを思い出します。
アイドルには似つかわしくない曲なんだけどね(苦笑)、思いを込めて歌った斉藤由貴はあの頃から大物だったと思う。

斉藤由貴 夜のブランコ
http://www.youtube.com/watch?v=20EVSXVScjk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢熟公演 開花ホルモン in メガバックスシアター

職場の後輩が主宰する演劇ユニット「漢熟」の公演を観に行ってきました。
前回の公演を観たのが2007年7月だから、あれから2年と2ヶ月。場所は前回と同じ、荻窪のメガバックスシアター

この劇場、シアタートップス(新宿…今年3月で閉館)を縦に半分にした位のサイズ。
パイプ椅子がすげぇ座りづらかった(苦笑)ことを除けば、ほどよい大きさで見やすい小劇場だと思います。

さて本日の芝居、ジャンルはコメディで内容はこんな感じ。

 3年以内に地球滅亡する世界(の神社)を舞台にした物語。
 所々でパロディっぽい妄想世界?に出入りしつつ、メインストーリーが展開していく。

話の内容は全然違うけど、構成は前作と似てますね。
こうした展開の仕方って、なんかに似てるなぁと思ったら「スクールランブル」だった(笑)
あれも、ひたすら妄想世界に突き進んでいくからなぁ。
「スクールランブル」大好きなんだよねぇ、アニメ版しか知らないけど。


芝居の感想など、以下に列挙します。

・セットや小道具がしっかり作り込まれていた(着ぐるみバナナとか、不発弾の質感に感心)
・選曲のセンスとタイミングがよい(クライマックスでかかる洋楽が良曲で気になった)
・「蝉の声」がいかにもループしてます的感じだったのが、ちと気になった
・浮浪者役のヒト(荒瀬俊行)の存在感がハンパない…一度見たら忘れられないインパクトがある
・脚本が◎ 展開を予想しながら見てましたがいい意味で裏切られまくり 長丁場なのにグダグダにならず話がきちんと収束したのも良かった
・前回と比べて体を張った芸が減った気がするのは年齢に寄るところでしょうか?(笑)

事前に「2時間くらい」と聞いていた上演時間は、実際には100分強。
当初予定よりも20分近く削ったのか…この筋書きからしてこれ以上削ると話の内容が訳分からなくなるんだろうから、これは妥当なところですかね。

役者さんたちはもちろんだけど、現場にいたスタッフのヒトたちからもすごくエネルギーを感じたので、こりゃあ次回公演も期待しとかないと!

「開花ホルモン」ブログ
http://ameblo.jp/gofukuya-machine/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.11

Googleの検索窓が…

昨日の夕方くらいかな、Googleの検索窓がデカくなったことに気づく。
デカイと言っても一回りほど。フォントにして1ポイント程度だから大したことないんだけど、でもなんだか違和感が…
IEの設定をいじった覚えはないんだけどなぁ…色々試したけど、元の大きさには戻らず。


その後、以下の記事を発見。

Google先生の検索窓が異様にデカくなった件
http://guideline.livedoor.biz/archives/51313640.html

ああなるほど、Googleが設定を変えたが原因なのね、納得。
しかし自PCを疑って表示サイズ変えてみたりとか、みんな試すことは同じだね(笑)
Googleg自体に原因があるとは、なかなか考えないもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.10

「ブログのネタ」が邪魔すぎる

ココログ使ってるヒトしか分からない話なんですが、ブログ編集画面にデカデカと「ブログのネタ」が表示されるようになりました。
以前は非表示にできたから全然気にならなかったけど、ここ数日は非表示にしても画面リロードすると再び表示される始末。

サポートページを見ても仕様変更したとかの記述は無いんだよねぇ。
「消したのにまた表示される」なんて嫌がらせ以外のナニモノでもないと思うんだけど。
画面右側に出てるヤツはそんなに気にならないけど、編集画面の目立つところだからね。邪魔なことこの上なし。


で、色々と調べたら「https://blog-neta.cocolog-nifty.com/」を遮断することで表示されなくなることが判明。
IE7で上記アドレスを「制限付きサイト」に指定したところ、ようやく表示されなくなりました。

この方法をIE6でも試したところ、こちらは何故かうまくいかず・・・だったけど今はちゃんと表示されなくなりましたね。
制限付きサイトが有効になったのか、ニフティが仕組みを元に戻したのかは分かりませんが、ようやく平和な編集画面にもどりました。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.09

イープラスのe-special

イープラスが新サービス「e-special」を開始。

案内のメールによると、「700万人のイープラス会員のなかから、イープラスが独自の方法で選ばせていただいた方をご招待し、ご提供する限定サービス」だそうです。
お得意様向けサービスってとこですかね?

(色んなサイトに登録しているおかげで)イープラスの会員番号はたくさんあるんですが(笑)、そのうちの2つに「e-special」案内メールが届きました。
・・・1つはメインで使ってるヤツだけど、もう一方は普段あんまり使わないんだよね。となると必ずしも「お得意様」対象でもないってことか?

先週届いたサービス開始のメールに続き、今週からは公演案内のメールも来るようになりました。
それで気づいたんですが、公演案内メールって、届くタイミングも内容も微妙に違いますね。

今回届いたヤツは、片方は6公演の案内。もう片方は同じ6公演+1公演、の案内でした。
単純にメールばらまいてるわけぢゃないようだから、今後の展開に期待できるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.08

佐川クオリティ

・amazonが発送した翌々日に配達(同じ都内なのに…)
・不在通知をもらってWebから再配達申し込みをするも、翌日も不在通知が投函される
・時間指定しても時間内には持ってこない

これが佐川クオリティ。
もうね、amazonは「オプション:配送にヤマト運輸を使用(プラス100円)」ってのをやればいいと思うよ。
申し込むヒト、けっこう多いと思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.07

斉藤由貴DVD-BOX

斉藤由貴のデビュー25周年を記念して、既存の映像作品を12枚のDVDに収めた「斉藤由貴デビュー25th記念DVD-BOX」なるものが発売されることを知る。
そして速攻で予約する(笑)

いや~CD-BOXだったら興味ないんだけど(過去の作品はだいたい持ってるから)、DVDなら買うしかないね!
これで家にあるVHSやLDのソフトが片付けられる…(笑)

セブンアンドアイの商品ページによると、収録作品は次のとおり。

 ・「微・少女」(富良野で撮影された音楽ドラマ仕立てのビデオ)
 ・「由貴 燃えます スケバン刑事」(スケバン刑事のメイキングビデオ)
 ・「漂流姫」(香港で撮影された市川準監督書き下ろし短編映画)
 ・「ORACION」(映画『優駿』メイキングを含むイメージビデオ)
 ・「斉藤さんちのお客様」(フジテレビで放送されたトーク番組)
 ・「PANT」(映画監督4人がコラボレーションした音楽ビデオ)
 ・「ONE-TWO」(1991~92年越しコンサート・ツアーを収めたライブ映像)
 ・「聖夜」(弦カルテットを生かしたアコースティックなコンサート形式で演出された音楽ビデオ)
 ・「MOONY MOON」(アルバム『MOON』をテーマに5人の監督がコラボレーション)
 ・「LOVE」(アルバム『LOVE』をテーマに長谷川康夫がプロデュースした短編映画風映像作品)
 ・「Concert 95 moi」(アルバム『moi』を中心としたアートスフィアでのコンサートを収録)
 ・特典ディスク

持ってるのは4作品くらいかなぁ(随分見てないから、記憶が曖昧…)。
ってか、こんなに色々発売されていたのか。


斉藤由貴の映像作品で一番印象に残っているのは、「PANT」に入っている「終りの気配」のプロモーションビデオ。
淡々とした情景を描いているのにものすごく暖かみを感じる映像で、曲の雰囲気ともすごくマッチしている秀逸なこの一本(昨年亡くなった映像作家、市川準の作品)。

今見ても古さを感じませんね。YouTubeで見られるので、興味ある方は是非。
これ見ると、図書館に行きたくなりますよ。

終りの気配
http://www.youtube.com/watch?v=6W8djIY754Y


---
2009/9/22追記
特典DVDの内容紹介を別記事にしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

落語に行きたい!

少し前の日曜日、早朝にテレビを点けると落語を放送中。
すぐ消すつもりだったけど、自分の生い立ちをネタにした咄に引き込まれて、結局最後まで見てしまいました。

番組おわりに出たテロップで、今の咄が三遊亭圓歌の「中沢家の人々」だと知る。
前にも続きが気になって最後まで見ちゃったことがあるんだけど、声の感じや話し方からして多分同じヒト。

すっとぼけた感じだけど洒落ていて、いやぁ巧いわ。
これはちょっと生で聞かないと、人生損してる気がする!

そんなわけで、近いうちに圓歌師匠の落語を聞きに行こうかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.05

セブン銀行

セブン銀行に口座を開設。

ヨーカドーの中にあるリアル店舗に赴いて、そこで口座開設の申し込みをしてきました。
セブン銀行はWebで口座開設申し込めるんですが(てか、それが主流)、わざわざ店舗に行ったのには訳がありまして。

以前インターネットで口座開設依頼をして申込用紙を送ってもらったんですが、印鑑の押印に失敗・・・
印鑑は押し直しがきかないんだよねぇ。。。

で、もう一回申し込むのも面倒なので、近くにあったリアル店舗(全国に6箇所ある)に行った次第。
申込書に記入する際、まずは印鑑を押すように促されました。
わざわざ説明するくらいだから、やっぱり押印ミスは頻発するんだろうね(苦笑)

手続きが済むと、口座開設依頼受付書の控えをもらって終了。
ネット経由の申し込みだと必要な、公共料金の支払い証明は不要でした(免許証などでの本人確認のみ)。
それから1週間後、キャッシュカードが届いて利用可能に。

通帳は存在しません。Webで明細確認することになります。
この辺りはネット専業銀行と同じですね。

さて、定額給付金の手続きするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

洗濯機、こわれる

洗濯機が壊れました( ´・ω・`)

脱水してたら突然エラー音が出て、停止、沈黙。
「脱水から開始」の設定にして運転再開しても、すぐにエラー音で止まってしまいます。
最初から運転させてもダメ。

「あとは脱水だけだから、手で絞ればいいや」と思って挑戦してみましたが、いや洗濯物絞るのがあんなに大変だとは思わなかった(苦笑)
Tシャツ1枚絞るだけでえらく力がいりますね。

なんとか全部絞り終わったときには、もうヘトヘト。
でもちゃんと絞れてないから、洗濯物の重量がいつもと全然違う・・・これ通常の3倍はあるな(笑)


落ち着いてから色々ググってみましたが、脱水時にエラー音出て故障する事例はメーカー問わずけっこうあるようで、「あ~洗濯機は成熟商品なのだなぁ」と感心しました。

まぁうちの洗濯機は15年近く使ってるから、故障って言うよりは寿命なんだろうけど。
せっかくこないだ、洗濯槽を洗浄したのになぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.03

360買いました

マイクロソフト、「Xbox 360 Media Briefing 2009」を開催
「Xbox 360 エリート」を29,800円へと値下げ
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090902_312535.html

先日、1万円安くなった新型を発表したPS3に対抗して、Xbox360が現行機を値下げ。

さっそく店頭でも安くなっていたので、Xbox360エリート買ってきました。
製造ロット0848XのJasper基板です。
RAIDEN FIGHTERS AGES」を購入してから約1年半、これでようやく遊ぶことができます(笑)

本体がちゃんと起動するか、ちと不安だったんですが・・・何事もなく立ち上がってアップデートなども問題なく終了。
24インチのPCモニタ(三菱MDT242WG)にHDMIで接続しましたが、いや~画面キレイですね。
HDMIはケーブル一本で映像も音声も賄えるから、接続がスッキリしてよいな~。

試しに「ガンダム無双2」で遊んでみたところ、ボールやジムが雲霞の如く表示されるところに次世代機を感じました(笑)
ゲーム自体は・・・ガンダムゲームって言うよりは「無双ゲー」そのものですな。

ハードディスクに丸ごとゲームを収録できるから、ゲーム中のアクセスが速いのが◎。
開始時にディスクを読み込む時も、意外と静かだし(かなりうるさいんぢゃないかと思ってた)。


さぁ、とりあえずLIVEカード(Webから有料ゲームダウンロードするのに使う)買ってこないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.02

ガリガリ君のうた

「ガ~リガ~リ君」のフレーズがお馴染みの、赤城乳業「ガリガリ君」のCM曲。
この曲ってフルヴァージョンがあんのね、こないだ初めて知りました。

ガリガリ君のうた/ポカスカジャン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5336814

・・・なんか「サビの部分以外は後から付けました」的な感じですが(笑)、このフル版はなんと小西康陽プロデュース!(このヒトも色々やってんなぁ)
「トランスミックス」が耳に心地よくてステキ。


ガリガリ君のCMはYoutubeで発見。全部見るとお腹一杯に(笑)

ガリガリ君CMを集めて見た!!
http://www.youtube.com/watch?v=2c1jnXutRsA&feature=related


ちなみにこの曲聴いて真っ先に頭に浮かぶのは、「ガキの使い」だったりします(笑)

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 出囃子メドレー
http://www.youtube.com/watch?v=NAZBLKaA2KU

あ~、タクシードライバーとか懐かしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.01

ラウンジゲームの結果(2009/08)

先月(2009/08)のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×8
ビンゴ(50パール) ×1

計130パール

最終日、3箇所リーチ状態で村人が出現すると萎えるね( ´・ω・`)
宝箱は、なんかコツがつかめた気がする(笑) 来月もがんばるぞ~。


これまでの結果。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計:40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計:80

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »