« カリフォルニアバーガーを食す | トップページ | ヤフオク »

2010.03.24

東京スカイ座曳舟寄席(第一回) in 曳舟文化センター

曳舟文化センターで行われた寄席に行ってきました。
「東京スカイ座曳舟寄席」と銘打たれていますが、ここ墨田区曳舟はスカイツリーのお膝元。
ここで定期的に寄席を開催しようってことのようです。主催は東京MXテレビ。
ちなみに第二回も同じ会場で、4/30に開催予定。

本日の出演者と演題は以下のとおり。
好楽と王楽は、実の親子で兄弟弟子の間柄。

前座
 三遊亭好吉「つる」

 三遊亭王楽「宮戸川」
 三遊亭好楽「紙屑屋」
仲入り
 柳家三三「茶の湯」
 三遊亭圓歌「中沢家の人々」


面白かった順に並べると、こんな感じ。場数の差、かねぇ。

圓歌>好楽>三三>>王楽>>好吉

圓歌師匠目当てに行ったわけですが、「中沢家の人々」はテレビも含めればこれで3回目。
でも何度聞いても面白いんだよなぁ。微妙に内容違うし。

今日思ったのは、落語って聞く側に知識が要求されるってこと。
茶の湯の話なんて、お茶の作法とか道具とか知らないと笑いどころが分からないもんね。
最近テレビのお笑いがどんどん分かりやすく安易になっている気がするから、こうして落語を聞いているとなんか安心できるんだよなぁ。
昔から変わらないものってのも、大事なことだと思います。


寄席の帰り、曳舟駅に向かうときにスカイツリーの実物を初めて見ました。
まだ完成してないけど、十分なデカさ。迫力あるなぁ。
今はまだ、タワーって言うより「塔」って言葉がしっくりするような感じでしたが、完成したら印象が変わるんだろうか。

|

« カリフォルニアバーガーを食す | トップページ | ヤフオク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/47910770

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイ座曳舟寄席(第一回) in 曳舟文化センター:

« カリフォルニアバーガーを食す | トップページ | ヤフオク »