« 容器の矛盾 | トップページ | シティボーイズのFilm noir ~トーク祭り~ in ゆうぽうとホール »

2010.05.13

ゲームレビュー:北斗無双

最近、北斗無双(Xbox360版)にハマってます。現在、プレイ時間は40時間ほど。
「北斗の拳」にはそんなに思い入れ無いけど、無双シリーズは幾つか遊んでる・・・そんな視点での感想など。
ちなみに、北斗無双の主要ゲームモードは、原作をなぞる「伝説編」と、従来の無双ライクな「幻闘編」の二つ。

◆良いところ
・画面がバツグンに綺麗
・他の無双と違って、拳の力が感じられる(攻撃に重みがある)
・ナレーション(若本規夫)の、はじけっぷり
・二人同時プレイはなかなか楽しい(幻闘編)
・幻闘編のifシナリオはなかなか面白い


◆気になるところ
・ロードが若干長い
・伝説編の難易度調整に難あり(自分だけダメージ受ける床や沼、崩れる柱とか理不尽なんですけど…)
・伝説編が冗長で、中途半端なアクションゲームみたい
・キャラを強化しないと爽快に遊べない(特にケンシロウ)
・キャラを強化しても、あんまり強くなった気がしない


他の無双シリーズと比べると、爽快感では劣りますね。
まぁ北斗は「拳で闘う世界」だから仕方ないんだろうけど。
でも雑魚キャラくらいはもう少しバッタバッタとなぎ倒したかったかなぁ、と。
ちなみに遠距離攻撃可能なキャラを使えば、かなり爽快&豪快に遊べます(ジャギ、マミヤ)。

伝説編がもう少しテンポ良ければなぁ…
ケンシロウは伝説編をクリアしないと幻闘編で使えないから、行き詰まったら幻闘編でキャラ強化…ってわけにいかないのがつらかった。
最終話のラオウになかなか勝てなかったから、最後は黒王に乗ってヒャッハーしながらひたすらキャラ強化してました(笑)
ま、不満に思いつつも最後まで遊ぼうって気になるわけだから、も少しバランス調整されてればなぁ、ってところですかね。

そんなわけで、北斗無双はオススメ度:★★★★☆。
伝説編を調整して、幻闘編のシナリオ数を増やしてくれれば名作になれるヨカーン。

|

« 容器の矛盾 | トップページ | シティボーイズのFilm noir ~トーク祭り~ in ゆうぽうとホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/48364147

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームレビュー:北斗無双:

« 容器の矛盾 | トップページ | シティボーイズのFilm noir ~トーク祭り~ in ゆうぽうとホール »