« なんか今年はやけに暑くない? | トップページ | チケットぴあのキャンペーンに当選 »

2010.07.22

傑作になりそこねた良作「世界樹の迷宮」

最近、DSの「世界樹の迷宮」で遊んでました。
タッチペン使って自分でマッピングしながらより深い階層を目指す、迷宮探索型RPG。
先日クリアしたので、簡単にレビューなど。


◆良いところ
・音楽がサイコー
このゲームの音楽担当はイースなどの音楽を手がけた古代祐三。どこか懐かしい感じのするBGMは、ゲームにおける音楽の重要性を再認識させてくれました。

・ゲームのテンポがいい
特にレベル上げなどせずとも、普通に遊んでいれば無理なく先に進めます(最序盤は、ちと厳しいけど)。
次のフロアに辿り着く頃には適度にレベルが上がっているので、ストレス無く迷宮探索が可能。
戦闘がAボタン押しっぱなしで早送りできるのでサクサクこなせるのも○(これに気づいたのは終盤になってから…)

・自給自足がおもしろい
最初、街では装備やアイテムがほとんど売ってない状態でスタート。戦闘や探索で素材を手に入れ、それを店に売ることでいろいろなアイテムが作られるように。
つまりいい装備を作りたければ戦闘するしかないわけで(探索では手に入る素材が限られる)、この仕組みのおかげで戦闘時に逃げようなどと考えず、積極的にモンスターを倒そうって気になります。


◆残念なところ
・マップオブジェクトの制限
あらかじめ用意されたオブジェクト(扉/宝箱/落とし穴など)をマップに配置して地図を作っていくわけですが、どうやら置ける数に制限があるようで泣く泣く地図の完成をあきらめたフロアが2つほど。
まぁ遊ぶのに支障はないんだけど、でもちゃんとマッピングしたかったなぁ。なんか中途半端な気分。

・簡単にレベル上限に達してしまう
今まで色んなRPGで遊んできましたが、経験値稼ぎとか全然してないのにレベル上限に達してしまった(カンストした)ゲームはこれが初めて。これになっちゃうと、敵を倒して経験値を得ても全く成長しなくなるので、味気ないことこの上なし。
これ、カンストしたのが最終フロアだったから良かったけど、もっと手前のフロアなら多分そこで投げ出してたと思う(エンディングを迎えた時点では、パーティ5人のうち4人がカンストしてた)。
おそらく戦闘に緊張感を持たせるための措置なんでしょうが、あっさり上限に達してしまう上にそこで打ち止めってのは芸が無さ過ぎ安易すぎ。
リネージュみたいに一定のレベルから必要経験値を倍にするとか、上限に到達させないための努力をして欲しかったところ。
ちなみにパーティメンバーは随時入れ替えOKなので、別のキャラ作ってそれを育てればいいわけなんですが、なにぶん面倒くさがりなもんでね(苦笑)


まぁこんな感じ。
レベルカンストだけがすごく残念。これ無かったら傑作なのにな。
オススメ度:★★★☆☆

とわ言えマッピングがすごく楽しいし、迷宮探索型RPGにしてはかなり取っつきやすい(遊びやすい)タイプだと思うので興味ある方にはオススメします。
最近、廉価版も発売されたし。

|

« なんか今年はやけに暑くない? | トップページ | チケットぴあのキャンペーンに当選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/48950657

この記事へのトラックバック一覧です: 傑作になりそこねた良作「世界樹の迷宮」:

« なんか今年はやけに暑くない? | トップページ | チケットぴあのキャンペーンに当選 »