« 「素麺」と「冷や麦」 | トップページ | トリック・アートの世界展 in 損保ジャパン東郷青児美術館 »

2010.08.16

スーファミの平成新・鬼ヶ島をクリア

今年は「積みゲー消化年」にあたるので(笑)、最近は日々せっせと積みゲーを崩す毎日。
今日はそんな中の一本(いや、前後編だから2本か)、平成新・鬼ヶ島のクリア報告。

この作品はファミコンのディスクシステムで発売されていた「新・鬼ヶ島」の外伝にあたるモノで、それを補完するストーリーになってます。


と言っても只のテキストアドベンチャーでは無く、反射神経が求められるシーンやコマンド入力に時間制限があったりします。
まぁこれがかなりくせ者で、だいぶ苦労させられました(アドベンチャー部分は全然難しくない)。

・・・山姥に追っかけられるシーンがすげぇ怖かった。このゲーム、発売当時に遊んでいたらトラウマになっていたに違いない(笑)
そして一番つらかったのはジャンケンのシーン…あまりにも勝てなくてスーファミのコントローラーを久しぶりに投げつけたくなった(苦笑)


で、本編をクリアすると「新・鬼ヶ島」も遊べるようになるんですが、これ今遊んでもすごくよく出来てるわぁ。
ユーモアのあふれたテキスト、シンプルゆえに印象に残る音楽、味のあるグラフィック。
グラフィックなんて「平成~」の方が断然綺麗なのに、「新・鬼ヶ島」の方が生き生きして見えるから不思議。あんなに粗いのに…

そんな「平成新・鬼ヶ島」のオススメ度は★★★★☆(平成版が★×3、ディスク版が★×5で間をとった)。
ディスク版はWiiのバーチャルコンソールでも配信されているので、興味あるヒトは是非!

|

« 「素麺」と「冷や麦」 | トップページ | トリック・アートの世界展 in 損保ジャパン東郷青児美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/49173189

この記事へのトラックバック一覧です: スーファミの平成新・鬼ヶ島をクリア:

« 「素麺」と「冷や麦」 | トップページ | トリック・アートの世界展 in 損保ジャパン東郷青児美術館 »