« 久々だ木皿泉 | トップページ | 酢飯でしょ! »

2010.10.12

七ツ風の島物語

七ツ風の島物語」をクリア。
不思議な生物が住む島を探索しつつ、(探索の経過をまとめた)絵本を作るのが目的のアドベンチャーゲームです。
1997年にENIXがサターンで発売。
キャラクター&ゲームデザインは、雨宮慶太。


住民たちの悩みを解決しつつ話を進めるお使い型のゲームなんですが、あちこち移動する必要があるのにそれが割と苦痛。
もう少しモーション改良してワープ(特定の場所間はワープ可能)の成功判定を甘くしてくれれば、だいぶ改善されるのに…


「あ~移動がかったるいなぁ」などと思いながら話を進めていったんですが、終盤に来てしてやられました。
主人公の出生前の記憶(このゲームでは「前身年」とゆう言葉で表現される)が明らかになることで様々な謎が解けるんですが・・・・・・

これまで色んなゲームで遊んできたけど、こんなに胸を締め付けられる思いをしたのは初めて。なんか涙出てきたし。
ジャンルは異なるけど、ファミコンで「MOTHER」を遊んだ時のような感覚です。
でも衝撃度が全然違う。
いやはや、すごい作品だわ。

色々と検索したら「このゲームのためにサターン本体取ってある」ってヒトを何人か見かけましたが、それも今なら納得。
DSあたりに移植してくれればいいんだけど、まぁ無理だよなぁ。これ全然売れなかったみたいだし…

このゲームに少しでも興味持ったら本体ごと買って遊ぶべき。
そんなゲームだと思います。
音楽も、すごくいい。

オススメ度:★★★★★

|

« 久々だ木皿泉 | トップページ | 酢飯でしょ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/49734364

この記事へのトラックバック一覧です: 七ツ風の島物語:

« 久々だ木皿泉 | トップページ | 酢飯でしょ! »