« Re: iTunesカードを削りそこなう | トップページ | 大熊紹詮作品展 in S.C.WORKS »

2010.11.05

手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで in そごう美術館

横浜そごう内にある、そごう美術館に手塚雄二展を観に行ってきました。

展示会の紹介記事に「雨明」(あめあける)とゆう作品が載っていて、それに興味を惹かれた次第です。
ちなみに手塚雄二は、現役の日本画家。


写真で見ると普通の日本画っぽいんですが、実物は(この作品に限らず)所々で重ね塗りされた絵の具が盛り上がっていて、まるで油絵のよう。
また、様々な技法を凝らした金彩やプラチナ箔が画面を覆っていて、鑑賞時の距離や角度によって見え方が変わってくるのが面白かったです。
(作品を保護する)ガラスが、これらを反射して作品を引き立ててました。
普段は邪魔でしかないガラスも(照明が反射して作品がよく見えない…)、今日は役に立ってましたね(笑)

↑に書いたようなことは画像や写真ではまず分からないから、美術館に行った甲斐があったってもんです。

先に挙げた「雨明」以外に、「きらめきの森」「夜奏」といった作品がすごくよかったので、絵はがき買ってきました。
どれも幽玄な風景画って感じが素敵。

あと、いくつか出展されていた素描画がシンプルな筆運びなのにすごく巧くて、惹きつけられました。


ところで今回の展示でひとつ残念だったのが、出展作品一覧のペーパーが無かったこと。
さすがにそれ目当てで図録買うわけにもいかないし…
まぁ今回、購入するかずいぶん迷ったんだけど、図録ってヤツはけっこう場所を取るのでスルーしました。

こうゆうものこそ、電子書籍版を発売すべきだと思うんだけどなぁ。

|

« Re: iTunesカードを削りそこなう | トップページ | 大熊紹詮作品展 in S.C.WORKS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/49958297

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで in そごう美術館:

« Re: iTunesカードを削りそこなう | トップページ | 大熊紹詮作品展 in S.C.WORKS »