« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010.11.29

面白いじゃなイカ!

10月からのクールはけっこうアニメ番組を見てるわけですが、中でも「侵略でゲソ!イカ娘」が面白いでゲソね。秀逸でゲソ。

最近は、あざとかったりきわどかったりな深夜アニメが多い中、イカ娘のかわいらしさを前面に押し出した展開が清々しいでゲソ。
ってかこれ、もっと早い時間に放送すればいいのに。

30分で3話放送されますが、話によっては中々面白いでゲソ。
出オチのキャラがいるかと思えば、全然話が落ちない回とかあるし。


とりあえず、Blu-ray第3巻を予約してみましたでゲソ。ミニイカ娘が混入されてるそうなので(笑)
この「ミニイカ娘」が登場する回も良かったなぁ。
まぁちょっと反則気味な気はしたけど、「カワイイは正義でゲソ」ってことでゲソ。


---
↑の文章、普通に書いたものをFirefoxのイカ娘プラグインで変換した結果です。
う~ん、ちょっとくどいな(苦笑)

あらゆるサイトを侵略するイカ娘 Greasemonkey を書いたでゲソ
http://tezawaly.jp/archives/2010/11/ikamusume-de-geso-greasemonkey-de-geso/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.28

五臓六腑に染み渡る

だいたい二日に一回のペースで、ヨーグルトを食べてます。
(ヨーグルトは腸内に48時間くらい留まる…って昔なにかで読んだから)

たまに買い置きが無くなって間があくことがあるんですが、そんなとき稀にヨーグルトが体の隅々まで吸収されていく感じがする時があります。
なんか、五臓六腑に染み渡る感じ。

ペース守って食べてる時はそんな風にならないから、あれは体がヨーグルトを欲してるってことなんだろか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.26

そんなに売れ行き違ったのか…

あまりにもパッケージにセンスが無くて愕然とし、過去に二回も(2004年2009年)ネタにした「ことばのパズル もじぴったん」。
このパッケージについて、元もじぴったんプロデューサーの方が最近語ってました。

ゲームソフトでのパッケージの重要性
http://ameblo.jp/takashi0nakamura/entry-10716879473.html

オリジナル版は発売1年半で5万本出荷、廉価版は発売1年半で30万本出荷って・・・
そんなに売れ行き違ったんだ( ´-`)


まぁ、オリジナル版のパッケージはゲームソフト史上最悪(と勝手に決めつける(笑))だもんなぁ。
どうしてあんなデザインにしたんだろ?
あれ、引くことはあっても惹かれることは無いと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.25

東山魁夷写真複製画展 in アイ・リンクタウン展望施設

昨日、東山魁夷記念館の帰りに「東山魁夷写真複製画展」に行ってきました。
場所は、JR市川駅前にそびえ立つアイ・リンクタウンの展望施設

・・・これ、ものすごく目立つ建物ですね。こんなところに巨大な建物があったなんて全然知らなんだ。
京成の市川真間駅から歩いたんですが、おかげで全く迷いませんでした(笑)

ビル3階から直通エレベーターで45階の展望台へ。
これ、シースルーになってるので見晴らし最高です。


写真の複製画は、全部で5点。すべてピエゾグラフでした。
さすがに本物の絵の具のような質感はないけど、少し離れてみれば十分本物っぽく見えます。
で、あっという間に鑑賞終了(笑) どれも過去に実物を見てるんだよね~。

ここから階段を上がると、展望デッキのある屋上に出られます。
いやぁ、すごくいい眺め。地上約150メートルだそうです。

展望施設から見たスカイツリー

展望デッキから見た、スカイツリー。
これを頂点とした正三角形を描いた付近に、新宿のドコモタワーや東京都庁が見えます(クリックで拡大)


ここ、四方はガラスで覆われていますが、ところどころ天井がないので(半分屋外)ちょっと寒い。
ぐるりと回廊になっているんだけど、東側(千葉方面)はガラスの見通しを悪くしてあり(立ち止まらせないため?)、北側(JR市川駅方面)は建物設備があってほとんど景色は見えず。
そんなわけで、360°ぐるりと見渡すってわけにいかないのが、ちと残念。

でもかなり広いので、眼下に見える風景は圧巻です。

展望施設から見た夕日

江戸川に映り込む夕日。
時間が経つにつれてヒトが増えて来たんですが、みんなきっと夕日目当てだったんだろうな。


ちなみにここ、入場無料。
JR市川駅に直結してるから気軽に立ち寄れるし、素敵な場所ですね。
(下には図書館もある)

市川駅付近には今日初めて来ましたが、なかなかいい雰囲気でした。
ちょっとこの辺りに住んでみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.24

東山魁夷《晩照》《光昏》とその時代 in 市川市東山魁夷記念館

5ヶ月ぶりに東山魁夷記念館に行って来ました。
現在、開館5周年を記念した特別展を開催中です。

風見白馬と記念館入り口

↑は記念館の入り口と、風見白馬(クリックで拡大)。
日本画家だけど西洋風(ドイツ風)の建物が似合うところが、なんとも東山魁夷らしい。

中に入ったら丁度、学芸員による作品解説が始まったところでした。
行ってみたらヒトが多くてびっくり。
前に解説聞いた時は5人くらいだったんだけど(笑)、今日はその5倍くらいの人数。
さすが特別展だけのことはあります。
(まぁそれでも、充分すいてるんだけど)

解説は1階で行われていたので、その間に2階で絵画鑑賞。
(1階は生い立ちや雑誌の挿絵などに関する展示なので、絵画は無い)
みんな解説を聞きに行っているようで、2階には見学者の姿なし。
おかげで独占鑑賞できました。あ~しあわせ♪


前は展示作品の多くが版画だったけど、今日はオリジナル絵画のみの構成。
展示されているのは、1953年~59年までの作品です。
これは作風を色々と模索していた時期のようで、その変遷や葛藤が絵から伝わってきます。

作品によっては、実際の作品(完成品)とその大下図(完成品の設計図のようなモノ)、それにスケッチ画を並べてあり、作品の出来上がる過程が分かるような展示になってました。
この試みは面白いなぁ。

これまで見た東山魁夷の作品展って、(展示数が多かったこともあり)作品をバババンとテーマごとに並べて展示してあったので、こうして一つの作品を掘り下げて見ることが出来るのは興味深いです。
大下図にあったものが完成品には無い、でもよく見ると描いた上から塗りつぶしてある・・・なんてものがあったりして、いやぁ観に来た甲斐がありました。

まぁ正直なところ「すごく有名な作品」ってのは今回の展示物には含まれてないわけですが、それでもこの展示方法のおかげですごく有意義な時間を過ごすことが出来ました。


KAIIの森から見た風見白馬

↑は「KAIIの森」(記念館横に設けられた小さな庭園 様々な木々や植物が植えてある)から見た、記念館の建物。
ちなみにこの建物は、生前に東山魁夷が過ごした家のすぐ近くにあります。

・・・前に行った時も思ったけど、この記念館の土産物コーナーには「白い朝」の絵はがきを置くべきだよなぁ。
これ、自宅の庭で見た風景を描いた作品なんだから。
今度ここを訪れたら、アンケートに書いてこよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.23

アクションゲームとしては、より面白くなったけど…「NO MORE HEROES2」

前作に続いて、Wiiの「NO MORE HEROES2」をクリア。
まずは、前作との比較。

●良くなったところ
・ゲーム全体のテンポが上がった(ランキング戦が登録料不要になった)
・前作ではほとんど成功しなかった特殊攻撃がバンバンできるようになって、アクションシーンの爽快感がかなりアップ
・飼い猫のダイエット(笑)が楽しい ネコ好きにオススメ
・グラフィックがより綺麗になったので、キャラクターの造形が美しくなった
・クリアすると素敵なモードが追加される

●悪くなったところ
・音楽にキレが無くなった(コンポーザーの高田さん、退社しちゃったのね…)
・ゲーム中に登場する、味わい深いセリフやメッセージ、解説文が減った
・前作同様にコレクションアイテムが登場するけど、説明もなく部屋に置かれているだけなのでなんだか集めてる気がしない
・ミニゲームがほとんどファミコン風になって味気なくなった
・ミニゲーム、ヌンチャクだと細かい動きがすごくやりづらい(リモコンの十字キーも使えることをクリアしてから知った…)

前作がスカッとした青空が似合うゲームだとすれば、今作は曇天模様なけだるい感じ。
途中に映画「パリ、テキサス」っぽいシーンが出てきますが、あんな雰囲気です。
(ちなみにこの映画、面白くて音楽も良いのでロードムービー好きなら是非!)

やってることは前作と同じなんだけど、今作は「復讐」がテーマなだけにそんな感じになったのかも。


↑に書いたように、ゲーム全体のテンポが上がって爽快感もアップしてるから、アクションゲームとしての完成度は今作の方が断然上。
(特に、終盤に登場する月をバックに戦うステージはBGMもよくて秀逸)

前作で「面倒だなぁ」と感じていた登録料を稼ぐためのアルバイトや街中の移動などが無くなり、色々とブラッシュアップもされてます。
・・・でも、前作の持っていた「NO MORE HEROESっぽさ」って言うか独特の味わいも一緒にそぎ落とされてしまったように思えてしょうがない。
(特にメッセージやセリフ)

そんなわけで、オススメ度は★★★★☆
充分面白いけど、前作に比べると物足りない。そんなトコロ。
アクションゲームとして割り切れば、五つ★なんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.21

「ゲゲゲの女房」面白かったなぁ

ゲゲゲの女房」をようやく見終わりました。
いやぁ、面白かった!
先の展開が全然読めなかったし、いろんなヒトにさりげなく(これ重要!)焦点が当たるところがよかった。
朝の連続テレビ小説を最後まで完走したのは久しぶりです。

今年の4月に作った表(過去に見た朝の連続テレビ小説を時系列で4段階評価)を更新。

◎:すごく面白かった ○:面白かった △:最後まで見たけどイマイチ ×:途中で見るのを止めた

 ○心はいつもラムネ色
 ◎はね駒
 ◎あぐり
 ○天うらら
 ×やんちゃくれ
 △あすか
 ○私の青空
 △オードリー
 ○ちゅらさん
 △ほんまもん
 ○さくら
 ×まんてん
 △こころ
 ×てるてる家族
 ×天花
 ×わかば
 ×ファイト
 ×風のハルカ
 △純情きらり
 ◎芋たこなんきん
 ×どんど晴れ
 ×ちりとてちん
 ×瞳
 ×だんだん
 ×つばさ
 ×ウェルかめ
 ◎ゲゲゲの女房

これで◎を付けたのは4作目。
「はね駒」を除いた3作品は、全部実話ベースなんですね、これが。
この3作品に共通する点として、ドラマを見ていて不自然な流れが全然ないし、登場人物達も各々のキャラが立ってます。

普段の連続テレビ小説って、途中で話に変化を付けようしてるのか余計なこと(わざとらしいこと)ばかり起こるんだよねぇ。
週替わりでサブキャラクターのエピソードに焦点あてたり、いきなり恋愛問題を持ち出したり・・・
計算尽くで作ってるのが裏目に出てる感じ。

事実は小説よりも奇なりと言いますが、まさにその通り。
オリジナルストーリーを作る脚本家のヒトにはもっとがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.19

コタツの季節

だんだん寒くなってきたので、コタツを出しました。
まだスイッチは入れてないけど、とりあえず中に入るだけでも暖が取れるので。

コタツの使用は2年連続。
去年久々にコタツを出したところ、1~3月の電気代が前年比23%ダウン!
家にいる時間は確実に増えたのに(笑)、こんなに電気代が減ったのはもちろんコタツ効果。


ただ、コタツを出すと部屋が散らかるんだよね。手の届く範囲に必要なモノを配置しようとするから(苦笑)
出したモノはその日のうちに元あった場所に片付ける・・・うん、この冬の目標はコレダ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.18

音楽ギフトカード、払い戻し期限後の取り扱い

2010/8/31に利用できなくなり、10/31で払い戻しの期限を迎えた音楽ギフトカード。
11月に入ったらどうなるんだろう?と思っていたところ、それ以降も払い戻しを受け付けてるんですね。

音楽ギフトカードをお持ちのお客様へ
http://www.musicgiftcard.com/

11/20まで到着分は、11月中に払い戻し(振り込み)
11/30まで到着分は、2011/2月以降に払い戻し(振り込み)

払い戻しの日程が空いているのは、会社清算に関する法律の規定のため。
おそらく、会社清算まではギフトカードの払い戻しに応じるんでしょう。
期限過ぎても対応するのは企業として真っ当な姿勢。

12月になったら、またホームページの表記変わるんだろうなぁ。
引き続きウオッチします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.17

絶品ミュージシャン

今までいろんなライヴに行きましたが、その中で「このヒト、すげ~」と思ったミュージシャンをご紹介。

・小室等(アコースティックギター)
・斎藤ネコ(ヴァイオリン)
・山口とも(パーカッション)
・手嶌葵(ヴォーカル)


決して主張するような音を奏でているわけではないけど、いつの間にかその演奏に釘付けになってしまったヒトたちです。
みんな音色(声色)がすごく柔らかいんだよね~。
同じ楽器なのに、このヒトたちが使うとなんでこんなに音が違うんだろうと驚きます。

・・・あまりにも演奏が気持ちよすぎて、眠りの世界に誘われてしまうのが難点なんですが(苦笑)
まさに、絶品。

この四人が一堂に会したライヴを一度でいいから見てみたい!
ありえなくもない組み合わせだと思うんだけど、実現しないかしら・・・

---
2011/2/9追記
絶品ミュージシャンに、武部聡志(ピアノ)を追加します。
あのピアノの音色は美しすぎるし、まるで生き物のようにピアノを操る姿がスゴイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.16

Amazon MP3ダウンローダーを再インストール

先日、「AmazonのMP3ダウンローダーがiTunesに曲を自動転送してくれない」って記事を書きましたが、本日AmazonからMac用最新版ダウンローダーの案内メールが届きました。

で、この新しいヤツ(Version1.0.11)を使ったら、あっさりと自動転送に成功。
あぁ、自分のPC環境の問題では無かったのか。

ところでこの転送、ライブラリにそのまま放り込むだけなのね。
ホントは専用フォルダ(プレイリスト)作ってそこに入れてほしいところだけれど(iTunesStoreから購入した時みたいに)、そこまでは外部から制御できないんだろうなぁ。

結局、転送された曲を探して自分でプレイリストに登録するから、手間は今までと変わらない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.15

セブンのビーフカレー

セブンイレブン売っていたレトルトカレー。
じっくり煮込んだごろっと牛肉の、ビーフカレー」とゆう商品(長い名前だ…)ですが、これが旨かった!

名前のとおり牛肉がゴロゴロと入っていて、味もまろやか。
レトルトカレーの中では頭抜けてる感じ。要冷蔵な商品だからでしょうか?
210gってところもポイント高し。だいたいのレトルトカレーって200g以下だから、多い分ご飯がたくさん食べられて助かります。
値段は少し高めだけど(348円)、この味なら納得。
これからは冷蔵庫に常備せねばっ。

オススメ度:★★★★★


ちなみに姉妹商品に「やわらか鶏もも肉と、21種のスパイスが効いたチキンカレー。」とゆうのもあります。
こっちはその名のとおりスパイスが効いていて、ちょっと本格的な感じ。
でもビーフカレーの方が旨いと思う。
値段は少し安くて298円。

オススメ度:★★★★☆


セブンイレブンって昔から総菜が旨かったけど、それにこのレトルトカレーが加わって「ご飯のおかず」はかなり充実しましたね。
もうおにぎりや弁当には期待できなさそうだから(苦笑)、よりこっちの分野に特化して欲しいトコロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.13

作り手の愛が感じられるゲーム「NO MORE HEROES」

Wiiの「NO MORE HEROES」をクリア。

いやぁ、面白かった。
とにかく、リモコン+ヌンチャクを使った操作がすごく気持ちいいゲームです。
簡単な操作で臨場感あふれるチャンバラができるし、手首のスナップを利かせてリモコンを振るのも心地よい。
リモコンを、ポインティングデバイスとして使ってないのも◎(画面にポインターを表示して操作させるタイプって、うまく照準が合わないとイライラするからね~)。


これは、全米殺し屋ランキング11位の主人公が1位を目指すアクションゲーム。
アルバイトでお金を貯める→ランキング戦→アルバイト・・・の繰り返しなわけですが、単調にならないように色々と工夫されてます。
数々の演出もココロ憎いし、会話のセリフも深い。

なんてゆうか、作り手の愛がすごく感じられるんだよね。
きっと、ものすごく楽しみながらコレ作ったんだろうなぁ。

製作は、グラスホッパー・マニファクチュア
花と太陽と雨と」や「シルバー事件」の会社です・・・って普通のヒトは知らんか(苦笑)
まぁ色々と、個性的なゲームを作り続けている会社です。


オススメ度:★★★★★

映画「パルプ・フィクション」が好きなヒトなら、このゲーム気に入るハズ(ノリが似てる)。
街中をバイクで移動するのがチト面倒ではありますが・・・まぁこれも味わいのうちか。
Xbox360とPS3でも発売されましたが、このゲームはリモコンとヌンチャク使ってナンボだと思う。

ああ、高田雅史の音楽もスタイリッシュでGood! 思わずサントラ買ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.12

iTunesStoreで映画をレンタルしてみた

アップル、日本国内でiTunes Storeの映画配信を開始 -HD/SDでレンタルは200円から。Apple TVも発売
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101111_406087.html

昨日から始まったiTunesStoreでの映画配信サービスを早速利用してみました。
「イヴの時間」のHD版をレンタルです。お値段500円ナリ(※SD版は400円)。
レンタルするとダウンロードが開始され、完了までの所要時間は約68分(ファイル容量3.14GB)。
ファイルは「iTunesMedia」フォルダとして指定された場所の中に「Movies」ってフォルダが作られて、そこに格納されます。

レンタルした映画は、iTunes上の「ライブラリ」の下に「レンタルムービー」とゆう項目が作られるので、そこから選択。
最初に視聴する際には「48時間以内に見てね」とのメッセージ表示が。
(レンタルムービーには、30日以内に見始める&見始めたら48時間の視聴時間制限、がある)

なお、HD版はiPad/iPhone4/第四世代iPod touchでの視聴が可能です(ムーブ扱いなので、携帯デバイスに転送したら一旦iTunesからは無くなる)。
うちの第一世代touchで試したら、移動画面までは出たけど実行時にエラー表示が出た;-)


ところで実際に再生してみて気づいたんですが、うちのMac miniではHD再生には非力すぎました(苦笑)
音声も映像もコマ落ちしまくりorz
アップルのサポートページでHDコンテンツに関するFAQを調べてみると・・・

HD コンテンツに必要な Mac のシステム条件は以下の通りです。
Mac OS X v10.5 以降
iTunes 10 以降
2.0 GHz Intel Core 2 Duo 以上のプロセッサ
1 GB 以上の RAM
解像度が 1024 x 768 以上の HDCP 対応ディスプレイ

2つしか条件満たしてない・・・そりゃ無理か。
iTunesがVer9の時点で警告を出してくれ・・・るわけないよね、アップルだし。


でまぁ、ダウンロードしたムービーファイルをWindowsのiTunesで見ようと色々試してみたけどダメでした。

再生しようとすると「他のPCまたはデバイスで認証されているため再生できません」って表示が。
いったん、認証するPC台数を上限の5台にして「認証リセット」すればOKな気がするけど、そんなに認証させるPCないし(苦笑)
iTunes上の共有を利用しても「レンタルムービー」って項目が出てこないから、この辺かなり厳密に作られてるみたい。

改めてSD版レンタルするかなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.10

Twitterは便利なツールだけど

昨日書いた「Amazon MP3ダウンロード」サービス開始は、Twitterで知りました。
この件に限らず、最近はTwitterで第一報を聞くことが増えてます。
(前はYahoo!のトップページだった)

メールやWebの場合、1クリックして内容を確認(あるいはサイトにアクセス)する必要があるけど、Twitterはクライアントソフトさえ立ち上げておけば、勝手に情報が飛び込んでくるので手間いらず。
プッシュ型サービスここに極まれりって感じ。
140文字制限のおかげで、情報がシンプルにまとまってるところもありがたい。


とまぁかなり便利なTwitterですが、手軽なゆえに使い方に気を付けなきゃなぁとも思うわけで。
情報の伝播速度がとんでもなく早いから、勘違いの情報/意図的に間違った情報などもあっちゅう間に広まります。
手軽に見書きできるから、随意反射的に反応してると誤った情報をそのまま理解したり、リツイート(拡散)してしまう可能性も・・・

結局メールを書く時と同じで、一拍おく/落ち着いて考えてみるってことは必要なのよね。

ツールが便利になると自分の(人間の)能力が上がったように勘違いしがちですが、そこは今までと変わらないわけだから(笑)、対処方法も昔と同じなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.09

Amazon MP3ダウンロードを利用してみた

Amazon.co.jp、DRMフリーのMP3楽曲配信を開始 -1,100万曲を用意した「Amazon MP3ダウンロード」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101109_405625.html

AmazonのMP3ダウンロードが本日よりサービス開始。
海外で始まったのが2007年9月だから、それから3年…。
あまりにも間が空きすぎたので、AmazonがiTunesStore(iTS)に対抗してこのサービス始めたことすら忘れてました(笑)

サイトには無料曲が色々あったので、早速利用してみることに。
ブラウザからの直接ダウンロードもできるけど、ここはiTunesにも曲を直接転送してくれるとゆう「Amazon MP3 ダウンローダー」をチョイス。

ソフトをインストールしてブラウザを再起動すると使用できるようになりました。
普通にAmazonで買い物をする時のように曲をクリックすると、MP3ダウンローダーが起動してダウンロードが始まります。
・・・が、iTunesへの転送に失敗(メッセージが表示される)。

何度か試したけど、結果は同じ。
うちの環境(MacOS10.4+iTunes9.02)だとiTunesとの連携はうまくいかないようです。
まぁ、曲を直接iTunesにドラッグ&ドロップすればいいから、とくに不便は感じないのですが。

アートワークや作曲者の情報など、ちゃんと入力されてますね。
コメント欄にAmazonのSong IDなるものが入ってるから、あとで「Amazon song」とかで検索かければAmazonストア利用した曲は判別可能。
今は、iTunes上にプレイリスト作ってAmazonから取り込んだ曲はそこに登録するようにしてます。


その後調べたら、Mac環境だとなにやらダウンローダーに不具合がある様子。
あの目立つゴミ箱ボタンはそんなに危険なヤツだったのか(苦笑)

マカー注意、Amazon MP3で購入したMP3が削除されるバグ?
http://d.hatena.ne.jp/heatwave_p2p/20101109/p1


今のところ使い勝手はiTSの方が上だから、Amazonストアを利用するのはiTSに曲がない時に探しに来る場合かなぁ。
「ここでしか買えない」って曲の充実を望みます。


---
2010/11/18追記
11/16にAmazonから最新版ダウンローダーの案内が来たのでそちらを利用したところ、iTunesへの自動転送ができるようになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.08

けいかん!

先週末、馬車道~みなとみらいを徒歩で移動したんだけど街は警官だらけ。
11/7~14にかけて開催される横浜APECの影響ですが、なかなかモノモノシイ(ちなみに会場が、みなとみらい)。
まさに、石を投げれば警官に当たるって感じ。
会場付近では、すでに通行証持ってない車は立ち入り禁止になってました。

平日の昼間にウロウロしてたら職務質問されるかなぁってちょっとドキドキしたけど、それは無かった(笑)
なんか軽く会釈はされましたが。

横浜行きを11/12にするつもりだったのを、早めて正解だったわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.06

大熊紹詮作品展 in S.C.WORKS

昨日、そごう美術館の後で大熊紹詮作品展を観てきました。
会場は、馬車道にあるアートギャラリーS.C.WORKS
これも、新聞記事を読んで興味持ったわけです。


載っていた写真(↑の作品展リンク先の2つめの画像 ちなみに読んだ記事もこれ)を見て、これが布を立体的に貼り付けた作品だと思ったら然に非ず。
これはアクリル絵の具を使った平面作品でした(ツルっとしていて写真みたいだった)。

布を貼り付けた作品は、白や黒に塗られた木枠に入ってました。
四角に切り取られた織物のような布を三次元に配置した立体作品(↑の作品展リンク先の1つめの画像)。
規則性無く色鮮やかな布が箱に収まっているサマは、なんだか不思議な感じ。
これ、木枠の底面に鏡を仕込んだら無限世界が見えて面白いだろうなぁ・・・などと思ってみたり。
この木枠、削りだしで作られてるんだそうです、すごい! 枠も作品のうちなのね。


この作品展、週末(金土日)のみ開催されているのが不思議だったんですが、会場に入って納得。
事務スペースの横にある応接場所を利用して展示してました。
ソファーでいびきかいて寝てたブルドッグが可愛かったなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.05

手塚雄二 一瞬と永遠のはざまで in そごう美術館

横浜そごう内にある、そごう美術館に手塚雄二展を観に行ってきました。

展示会の紹介記事に「雨明」(あめあける)とゆう作品が載っていて、それに興味を惹かれた次第です。
ちなみに手塚雄二は、現役の日本画家。


写真で見ると普通の日本画っぽいんですが、実物は(この作品に限らず)所々で重ね塗りされた絵の具が盛り上がっていて、まるで油絵のよう。
また、様々な技法を凝らした金彩やプラチナ箔が画面を覆っていて、鑑賞時の距離や角度によって見え方が変わってくるのが面白かったです。
(作品を保護する)ガラスが、これらを反射して作品を引き立ててました。
普段は邪魔でしかないガラスも(照明が反射して作品がよく見えない…)、今日は役に立ってましたね(笑)

↑に書いたようなことは画像や写真ではまず分からないから、美術館に行った甲斐があったってもんです。

先に挙げた「雨明」以外に、「きらめきの森」「夜奏」といった作品がすごくよかったので、絵はがき買ってきました。
どれも幽玄な風景画って感じが素敵。

あと、いくつか出展されていた素描画がシンプルな筆運びなのにすごく巧くて、惹きつけられました。


ところで今回の展示でひとつ残念だったのが、出展作品一覧のペーパーが無かったこと。
さすがにそれ目当てで図録買うわけにもいかないし…
まぁ今回、購入するかずいぶん迷ったんだけど、図録ってヤツはけっこう場所を取るのでスルーしました。

こうゆうものこそ、電子書籍版を発売すべきだと思うんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.04

Re: iTunesカードを削りそこなう

削りすぎてコードが読めなくなったiTunesカードについてAppleに問い合わせたのが10/28(この記事)。
昨日、回答が届きました。

回答メールには正しいアクティベーションコードが記載されていて、これをiTunes上で入力して一件落着。
質問から回答までは、7日ほど。4営業日ってところ。

「お問い合わせを受け付けました」メールには、「通常受け取ってから48営業時間以内にメールでご返答をさせていただいております」と書かれていたので、まぁ妥当ですね。
・・・ってかこれ最初「48時間以内」って空目したから「なかなか回答来ないな~」と思ってたわけです(苦笑)
でも、48営業時間=約7営業日=休日を考慮すれば約10日。

「48」という数字ゆえに、ちょっと紛らわしい表記だよなぁ>48営業時間
・・・狙ってるのかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

ラウンジゲームの結果(2010/10)

リネージュ、10月のラウンジゲームの結果。

宝箱(10パール) ×3
ビンゴ(50パール) ×2

計130パール

いやぁ、久々のビンゴだわ(笑)
今月はすごく調子よくて「これなら過去最高狙えるかも…」なんて思っていたんですが、最後の1週間で村人5回出て撃沈されましたorz


これまでの結果はこちら。

2009/05 宝箱:7  ビンゴ:2  合計:170
2009/06 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40
2009/07 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2009/08 宝箱:8  ビンゴ:1  合計:130
2009/09 宝箱:7  ビンゴ:3  合計:220
2009/10 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2009/11 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2009/12 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/01 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/02 宝箱:4  ビンゴ:1  合計: 90
2010/03 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/04 宝箱:3  ビンゴ:1  合計: 80
2010/05 宝箱:6  ビンゴ:1  合計:110
2010/06 宝箱:3  ビンゴ:0  合計: 30
2010/07 宝箱:7  ビンゴ:0  合計: 70
2010/08 宝箱:8  ビンゴ:0  合計: 80
2010/09 宝箱:4  ビンゴ:0  合計: 40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.02

iTunesデータベース

最近、手持ちのアルバムをせっせとiTunesに取り込んでます。
近年に購入したアルバムであれば、聞く前に取り込むことが常態化してるからいいんだけど、問題はiTunes導入以前から持ってたモノ。
主に80年代~90年代のCDなわけですが、数えるのも面倒な程たくさんあるんだなこれが(苦笑)

取り込む際には「年」「作曲者」の二項目は必ず入力するようにしてるから、なかなか作業も捗らず・・・
(ベストアルバムや再発版の場合、そのアルバムの発売年が登録されちゃうことがあるので、これをオリジナルの発売年に曲単位で訂正したりしてる)

まぁでも、この地道な作業のおかげで最近ではiTunes自体がデータベースとしての役割を果たしてくれつつあります。
iTunesって、スマートプレイリストを活用すると色んな条件で絞り込みが容易にできるから便利なんだよね。

管理してる曲数も14000近くあるから(ちゃんと情報入力してるのは2割弱だけど…)、色々と検索しては「へぇ~××はこのアーティストにも曲を提供してたのかぁ」などと悦に入っている今日この頃です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »