« Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 二日目 | トップページ | Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 四日目 »

2010.12.25

Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 三日目

今日もサンホラコンサートに行ってきました。パシフィコ横浜、三日目です。

これまでの座席位置と、そこからのステージの見え方についてまとめてみました。

1階B38~40列中央付近
・ステージはよく見えるけど、歌ってるヒトの表情までは見づらい
・時々オペラグラス使用
・段差が適度にあるから、立っても座ってもステージがよく見えた
(直前の席が背の高いヒトの場合、ちと見えづらいけど)

1階B30列中央付近
・ステージはよく見える 歌ってるヒトの表情はギリギリ見える感じ
・オペラグラスは全然使わなかった
・段差が緩いので、立った時前方に背が高いヒトがいるとステージ手前の視界が若干遮られる
(ちなみに段差は前に行くに従って緩くなるから、Aブロックになるとより顕著だと思う)

10列の違いで、けっこう見え方違います。
しかしこの会場、座席シートの色が赤や紫が混じったような模様になっていて、なんだかすごくサンホラっぽい(笑)
そして座り心地が良くて全然疲れない、いい椅子です。


メル(Revo)って、各曲の復讐時に登場して屍揮(誤変換にあらず)するんですね。今日初めて気づきました(苦笑)
でも「磔刑の聖女」では最初からステージに。
「この風景になんだか見覚えが…」って感じで戸惑いながら歩く姿が切ない…(´・ω・`)

その後のエリーゼの悲痛な叫び、三日間ともかなり聞き取りづらかったのが残念。
すごく重要なシーンだから、ここはちゃんと聞こえるようになるといいなぁ。
しかしエリーゼがメルの後を歩くシーン、どんどん歩行距離が伸びてる気がするんですが(笑)


今日は黒狐亭の女将であるところのJimangがメンバー紹介。
紹介時に色々ツッコミが入るから盛り上がります。
クリスマスってこともあり、バンドメンバーが披露する曲はそれにちなんだモノが多し。

そして今日のオマケの曲は「夜と朝の童話」。名曲「朝と夜の物語」のMärchen版でございます。
謡い手は、Ceui、井上あずみ、MIKI、そしてサンタコスのイヴェール(Revo)。
「生と死を別つ境界の古井戸」の途中からこの曲になるのがココロ憎いわ~。

これまでの感じからすると、劇中の曲単位の参加メンバーでおまけ曲を歌うようですね。
ってことはこの先の謡い手の組み合わせも予想できるわけで、となると誰が何を歌うのか・・・楽しみだなぁ。
順番的には、次の歌姫は下川みくにor黒沢ともよってところでしょうか。

それを確認するために、明日も行って来ます(笑)

|

« Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 二日目 | トップページ | Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 四日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50389984

この記事へのトラックバック一覧です: Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 三日目:

« Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 二日目 | トップページ | Sound Horizon 7th Story Concert in パシフィコ横浜国立大ホール 四日目 »