« さすがガンダムである | トップページ | 東京スカイツリーの辺りをウロウロ »

2011.01.21

桃鉄100年

今年の頭に「ちょっと正月らしいゲームを」と思って桃太郎電鉄16GOLD(Xbox360版)で桃鉄100年プレイした時の記録(笑)

人間1、COM2でスタート(COMは、まめ鬼&むじゃ鬼:一番弱い二人)
始める前に「100年だと30時間くらいかかるよ」って言われてびっくりしたけど、実際遊んだらそんなもんでした(1年にだいたい15~20分くらいかかる)。

最初から最後までトップの座は譲らず、圧勝でゲーム終了。
79年目で全物件と鉄道を制覇し、90年目に本社100階建てにしたところでやることが無くなりました(笑)
(全物件のフル増資は、早々にあきらめた)
最後には毎年4兆円の収入があったから、もはや企業と言うよりミニ国家ですね。


実は桃鉄をちゃんと遊んだのは初代ファミコン版&PCエンジン版以来なんですが、基本的なところは昔から全然変わってないですね。さすが桃鉄。
それでも、途中で新駅ができたり地形が変わったり橋が立派になったり空路が増えたり・・・と色々と飽きさせない工夫を施してあるのはサスガ。

駅到着時やキングボンビー登場時などゲーム上の演出も、後半には短縮ヴァージョンになるのも地味にうれしい。
・・・その反面、そうした演出をスキップできないのは改善して欲しいトコロ。
桃太郎ランドを買った時にスペシャルな演出があるけど、それまさか途中でスキップできないとわ思わなかった(苦笑)

でも気になったのは演出スキップ関連くらいで、それ以外は無問題。
ゲーム中の読み込みもほとんど無く、快適なプレイが楽しめました。
まぁ、普通に遊ぶなら10年くらいが手頃なところでしょうか(笑)

|

« さすがガンダムである | トップページ | 東京スカイツリーの辺りをウロウロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17963/50661534

この記事へのトラックバック一覧です: 桃鉄100年:

« さすがガンダムである | トップページ | 東京スカイツリーの辺りをウロウロ »